熱かったね! 2014.1.29



 まあ、毎年の話ではあるのですが、今の季節は何かと冬眠したくなりますね。寒いし。早く春にならないかな~、と思っていたら、今日は暖かい日でしたね。夕方、知人と会う約束があったので、外に出るとポカポカでした。ただ、もうすぐしたら花粉がやってくるのはブルーだなあ。だけど、今年の3月は一週間は沖縄にいますし、9ステップセミナーもあるので、例年よりは花粉の被害は少なそう。それと昨年と比べて体重が10キロも違うので、どのように体質が変わっているか楽しみ。

 ところで実は昨年の11月頃でしたか、無性に一人で海外に行きたくなってる時期がありまして、気持ちの中では1月末から2月の熱海までの10日くらいでどっかに行くつもりでした。家族の了解を得れば本当に行くつもりで情報も集めていました。そのとき、モロッコに行く感じで、カタール航空を使って、ドーハでトランジットして二泊、モロッコのカサブランカに到着してすぐに片道国際線で南スペインのマラガ、そこでレンタカーを借りてウロウロして、そしてジブラルタル海峡を船で国境越えしてタンジェへ、などと考えていました。いつかは「アルケミスト」をトレースした旅をしたいと思って。

 もしあのとき、本当に行くようにしていたら今頃はスペインでしょう。ただ、それとなしにツレに聞いてみたところ、当然却下されるんですが、譲歩案として「本が10万部超えたらひとり旅していい」と言われて、それを吞むことにしました。アジアも好きですが、やっぱヨーロッパ好きですもんね。ところでヨーロッパと言うと、今から18年ほど前、所属していた地域のオーケストラでヨーロッパへの演奏旅行に出ていました。今日はその当時に一緒に行ってた団員と二人で飲みました。後からその男の彼女さんも合流して。当時私は大学4年生。その彼は小学5~6年だったと思います。今はプロのヴァイオリン奏者になっています。今日、もしかしたらマトモにしゃべったのは初めてかもね。

 その前にその彼より3つほど上の男とも飲みに行ってて、そいつもプロのヴィオラ奏者であり指揮者になっています。今にして聞いてみると、まだ子どもだった彼らからすると、「なんだか、面白いお兄ちゃんだな~」って風に感じていたとか。だけど、どういうわけか、先日飲んだ男の方はいつの間にか私に感化されて、「好きなことやろう」的な流れで音大に行きました。その後、メキメキと腕前を上げたのを見てしまい、それに感化されて今日の男も音大に行きました。そう言う意味では、「好きなことやろう」的な遺伝子は受け継がれてたわけですね。私も一時期はサラリーマンとかしてましたが、今では完全に好きなことしかしてませんものね。これからもそうだけど。

 で、いろいろ懐かしい話をしてたら、忘れていたことを思い出しました。それは、オレは当時からちょっとネジが取れていたってこと。先ほどのヨーロッパ演奏旅行については、私がテンション上げまくってることに感化されて実現したのも、数ある要因の中の一つだと聞いたことはありました。なので、願わくばそのときのメンバーで行きたかったわけですが、一人30万円もかかりますので兄弟などいようものなら家計も大変ですよね。そして当時、割と仲良くなっていた二人の姉妹が行かないことになりました。それを聞いてオレはどうしたか。「○○さんのお母さんですか?」って突然その姉妹の家に電話をして、ヨーロッパに行かせろって説得を試みたのです。今思うとアホですね。

 でも、家庭にはいろんな事情もあるし、オレが無責任に言ったところでその決定が揺らぐはずもない。そこはオレも納得するしかなくて、だけど、電話したことは絶対に内緒にしといてください、という感じで切りました。次の練習のとき、やっぱり内緒にはできなかったようで言われちゃいましたね。知らんぷりして、電話してないことにしましたが、正直な話、今ならそんなことできません。それだけ大人になったってことでしょうが、だけど、どうかな、と。その熱さは大切やないでしょうか。若さゆえ、とも言えるでしょうが、その時々の感情に任せてすぐにアクションに出てしまう瞬発力はいつまでも持っていたいと思うのですよ。そのエピソードを飲みながら急に思い出したのですが、よく考えると、それと似たようなことは割とやってたな~と。

b0002156_16153721.jpg 要するに熱かったんですよ。そして振り返ってみると、確かに自分でも気が付かないうちに周囲に影響を与えていたこともしばしば。高校の後輩に対しても、当時から「これ聴けや!」とか言って、無理やりにモーツアルトとかジャズを聞かせて、そのときの空気に感化されて「プロになりました」って話を先日も聞いたところだったし。それ以外にもいろいろありますが、じゃあ今はどうか。実のところ、こうやってブログ書いたり、セミナーをすることによって、昔以上の多くの人に「影響」を与えてるって実感が強くなっています。実際、「Qさんの影響で・・・」というメールやコメントをよく頂くようになっていますし。

 それを一言で「影響力」って言うのでしょうが、では、その「影響力」って何が源泉になるのでしょうか。文字通り「影響力の武器」ってマーケティングの本があり、そこでいろんな分析がなされてはいますが、それはそれとして、私的にそれを一言で言うと、やっぱり「熱さ」だと思うのです。では、この「熱さ」ってどうやって生まれるのか。それは、やはり「理想」や「願望」を大切にするってこと。こうなりたい、と思う。そしてらそうなるために自分のできることを一生懸命に考える。そして片っ端からやっつける。その結果、願望が叶い、理想の状態に近づく。すると嬉しい。そしたらまた新たな「願望」やらが出てきて、そのためのできることをする。その繰り返し。

 やっぱですね、願いを叶えるのに大切なのもまた「熱さ」ですよ!「やりたいこと」をやり続けるにも「熱さ」ですよ!「熱さ」があるから勇気を出せるし、羞恥心も捨て去れる。そして行動できる。

「オレは~!!!熱い男なんだ~!!!/わたしは~!!!熱い女なんだ~!!!」

と叫んでみる。握りこぶしを振りかざしながら。少なくとも体温が瞬時に一度は上がるくらいに渾身の力で叫んでみる。すると、瞬間湯沸かし器のように熱くなれます。オレってこんなにエネルギーがあるんだ、ってことを実感できる。そうなんですよね、私もセラピー等を通して多くの人と出会っていますが、ほとんどすべての人がエネルギーを内側に貯めています。下手したらそのエネルギーを自分を攻撃するのに使って病気になってることもある。

 そう、実のところ病気の原因って「エネルギーの使い方のミス」であって、もしもそのエネルギーを適切に使うことができれば、それはそのまんま創造的エネルギーへと転化することになる。逆に言うと、病気の人は「病気になれるほどエネルギーを溜めこんでいる」とも言えるわけで、それをちょっとした転換によって一気にパワフルになれるわけです。と言うわけで、これからも熱く生きましょう!冬は寒いけど。

 今日は6時から飲み始めて、家に着いたのは12時前でして。よおしゃべった。なつかしい話もさく裂した。そしてパワーもらった。また明日から頑張ろう。来月もその当時のオーケストラのメンバーと4人で飲む予定。フェイスブックがきっかけなんだけど、ほんと、いい時代ですね。そんなとこで今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■2月7日(金)/東京/実現体質になるための「人生脚本」の作り方セミナー

■2月10日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション
by katamich | 2014-01-29 23:39 | ■人生哲学