あいかわらずの超激務 2005.3.5

激務・激務・激務

 トラックバックの記事は私の同僚で、共に激務を楽しんでいる人です。昨日、家に帰り着いたのは5時。すぐに布団に入り、目が覚めたのは11時。でも、すぐに二度寝で1時に上司からの電話で起き、シャワーを浴びて出社。現在、3月6日午前4時過ぎ。まだ仕事が続いています。

 ちなみに今週の動きを見ると、
土曜出社(滝の後、2時に出社して遅いと言われる、休日なのに)、
日曜正午に出社その日は徹夜、
月曜も徹夜、
火曜は2時帰宅、
水曜は徹夜、
木曜は3時帰宅、
金曜は5時帰宅(朝の)、
そして今、土曜も徹夜、
明日日曜は、、、今の仕事が片付いたら、また新しい仕事で遅くなることは必至。

 正直言ってこの一週間、仕事と即席の飯とわずかの睡眠とブログ以外は何もしていません。テレビも見てないし、新聞も読んでない、本も読んでない、おまけに家賃も振り込んでいない。おまけに霊は見るわ。。。

 ご察しの通り、「この会社はやばい」です。私はある「預言者」から、今の会社にいるのは「あと一年」と言われています。このあと一年というのは、私が辞める前に、「倒産」又は「事務所崩壊」を意味するのかもしれません。これだけの激務をさせておいて、来月からはさらに給料が減るのです。

 しかし、さっきもトラバ先の同僚と話していたのですが、これから一年、会社がどうなっていくのか、それを内部から冷静に見ていくのもまた面白いものです。めったに味わえるものではありません。仮に会社がなくなってしまっても、私は「大丈夫」に決まってますので(笑)。そうなったらそうなったで、話のネタは増えるし、「どぎつい」ブログが書けることでしょう。また、どうすれば会社が悪くなっていくのかを客観的に観察し、その法則を見つけることで、これからの武器にもなっていくことでしょう。まあ、どうなったら会社が悪くなるかなんて、もちろん社会の客観情勢もあるのでしょうが、結局は「人間」ですよね。特に「トップ」。そのトップは、本日、「降格」されることが正式発表になりました。まあ、当然といえば当然。そこに最大の原因があることがわかっていても、なかなか言い出せないんですよね。われわれ下っ端からは。。。

 まあ、長くてあと一年。この状態をとことん楽しんでいきたいと思います。さあ、仕事再開。

あとちょっとでこの激務もちょっとは緩和されます。頑張れ、俺。励ましのクリックを願いします。(ブログランキング)
by katamich | 2005-03-05 23:14 | ■ビジネス・事業