払わせて頂きありがとうござます 2014.1.15



 今日もいろいろ動きがありました、、、ってことはないかな。たくちゃんがおそらく卒乳完了。意外とスムーズだった。おっぱいをやめてから、二日連続で朝までぐっすり。そして欲しがりません。ご飯たくさん食べます。なんだかちょっと大人になったかなあ。そして今日は税理士さんとこ行って年末調整、そして半年分の所得税納税。今期から役員報酬も上げたので、納税額も増えるはずなんだけど、諸控除がいろいろあって思ったより払わんかった。ただ、4月末の決算がちょっと心配。法人税どうなるか、とか。ま、それだけ売上げたってことですから、よしとしますか。ちなみにできる節税はしますけど、一切ごまかすつもりなし。当たり前の話だけど、ようは、税務署から突かれてもどうぞって感じにしてますからね。

 ところで最近思うんですけど、「収入」を「感情」で測ると何になるか。それは「快」だと思うのです。って当たり前の話に聞こえるけど、通常はお金を「払う」って不快に感じますよね。だって、減るわけですから。だけど、最近の私は「払う」ところでも「快」を感じるのです。税金なんか一番払いたくないお金ですが、払うべきを払う分はなんだか気持ちがいい。もちろん税金よりも自分のことに使った方が楽しいですよ。そしてもらったときももっと楽しい。だけど、以前は払うときに不快を感じるのは当然のこと、もらうときも心地よかった気はしませんでした。その感覚がまさにお金に対するリミットなんでしょうね。

 じゃあ、それをどうやって外すかですが、一番いいのは「自己投資」だと思っています。だって、「自己投資」って「払う」ことで「増える」、その最もいい使い方なんですよ。昨年一年間、私は結構、自己投資に費やしました。セミナーとか講習はもちろんのこと、旅行なんかも私にとっては自己投資です。素晴らしい仲間たちと飲むのもまた自己投資。セミナーの懇親会なんかももちろんそう。ようは、直接的な自己投資に限らず、私がお金を使う大半が「自己投資」に感じてしまうのです。こんなこと書くと、「意識高い系(笑)」などと揶揄されるかもしれないけど、でも、本当にそう思いますもんね。
 
b0002156_2149429.jpg だって、「お金」を使うことで、こんなに豊かな思いにさせてくれるんですから。以前も書いたと思いますが、「お金に恵まれる人の考え方」をもう一度書きますね。最近は妙にアクセスも増えてるようですし、これは大事な事であり、この話を読んだだけでもこのブログに舞い込んできた価値があると思う話。って言うか、リンクを貼ればいいので詳しくはそちらで簡単に。つまり、お金を払うことで得た価値が、そのお金以上だと思って感謝すればいい。ただそれだけ。具体的に言うと、いつも同じ喩えですが、1,200円のジントニックって普通のバーだと当たり前の値段。でも、ほぼ同じ材料のものをコンビニだと200円くらいで買える。居酒屋でも500円くらい。それを倍以上の値段で飲むとかもったいない。そう思う人もいるかもしれませんが、そのジントニックが飛びきり美味しいのはもちろん、その空間や一緒に飲んでる仲間、会話の価値に換算すると、1,200円なんてとても安い。価値的には4,000円くらいに感じることも。

 と言うことは、私は1,200円のジントニックを飲みながら、2,800円も得してることになるんですよ。例えば直接的な話にすると、誰かとバーで飲んでたとします。会計に1万円使いました。だけど、そのバーで「ブログネタ」が産まれることしばしば。私のブログってどれくらいの資産価値があるかわかりませんが、おそらく最低でも1,000万円はあるはず。と言うことは、一記事で3万円の価値はある計算となり、1万円払ったおかげで3万円手にしたことになり、差し引き2万円の儲け。もちろん、いつもいつもそんな計算してるわけじゃないけど、毎回、毎回、お金を使うときにそれ以上の価値を感じて感謝してるのは事実。

 そこで、ジントニックの話に戻るけど、1,200円だけど、いろいろ合算して4,000円の価値を感じ、差し引き2,800円。で、ここからが重要なんだけど、その2,800円ってリアルマネーとしてちゃんと戻ってくるんですよ。検証したんかい、と言われると困るけど、実感値としてはまさにそう。つまり、「感謝」ってそうやって現金化されるものでもあるんですよ。これはジントニックに限らずあらゆる商品、サービスがそう。セブンイレブン・カフェで100円のコーヒーを飲んでも、もし、このコーヒーを自分で全部調達したらすごい手間と額になるぞ、、、と極端な話をせずとも、あれだけ美味しいコーヒーがあんな値段で手軽に飲めるなんて、、、奇跡と言っていいでしょ。

 そうなると、だからこそお金を使うことが「快」になるのおわかりでしょ。そうやって価値を感じてるから、使えば使うほど増えるんです。本当の話。逆に490円のファミレスランチを食ってる客の中に、ちょっとした定員の不手際に逆上する人っているじゃないですか。日本は過剰にサービスを求め過ぎだってよく話題になるけど、本当に極端なバカな客っているもんです。実際には、ファミレスでさえも、外国に行ったら高級レストランの対応ですよ。ほんとにマジで。なのに、490円で何を期待してんのかいって。そんな人は、490円払いながら100円の価値もない、なんて思う。感謝もしない。そこで単純な話、差し引き390円がリアルマネーとして消えていくんです。そうやってますます貧乏になる。

 これらの話からまとめると、お金払うときに「感謝」する客はお金持ち、「不満」を思う人は貧乏で決まり。単純な話。「感謝」する人はますますお金が寄って来るから、どんどん使えるお金も増えて、そしてますます感謝できる。「不満」ばかり思う人は、どんどんお金が離れていって、わずかながらに残ったお金を使うときもまた不満思うから、また貧しくなる。そうやって「二極化」するんですよ。

 どうです、この話。この秘訣を知っただけでも、「宇宙となかよし」にやってきた価値あったでしょ。ほんとだな~、と思った人は、よかったらランキングにクリックをお願いします、、、なんてね。でもほんとにこの「考え方」は効くんですよ。ですので、明日から、お金を使うときは必ず「ありがたいな~」と心の中で思って感謝すること。時々は店員さんに「ありがとう(ございます)」と言うのもいい。私は割と言う方。だからこそ、私自身もお金を頂くときは、本当にありがたいな~、感謝だな~と心から思うことができるんです。つまりは、すべて「感謝」ですよ。人生は、、、と言うか「宇宙」は「感謝」そのものなんですよ。「感謝」するってことは、まさに「宇宙」と同調した生き方。豊かにならないはずないでしょ。

 ってとこで、今日は所得税を払いに行きましたって話です。払わせて頂きありがとうございました。ニートとか生活保護者は払いたくても払えませんものね。これからも払うべきはケチケチせずにガンガン払って行こうと思います。ただ、できれば払い先は税金じゃなくて、直接的に楽しいこととか、学べることに払いたいですけどね。

そう言えば今日はやたらとメールの多い日でもありました。セミナー等へのお申込みメールも含めて。ありがたい話です。私がやってることは、セミナーであれ、セラピーであれ、コーチングであれ、ツアーであれ、すべてプライスレスな価値を提供したいと真剣に思っています。だからと言って、価値決定権はすべて私にあるのではなく、参加者に依る部分も多いのだけど、それでもやっぱり「値段の数倍の価値がある!」と言ってもらえたら嬉しいもんです。

 2月の熱海ワークス(満席)で、いつものように交流掲示板への書き込みをスタートしたのですが、その中でこんな書き込みを頂きました。

昨年3月の沖縄ツアーでQさんツアーに初参加した○○です。Qさんとも初対面、もちろん他の参加者の方とも全員初対面という、緊張のツアー参加でした。この交流掲示板もかなり眺めて様子見してから重い腰を上げて書いたことを、今思い出してます。

あれから10か月。こんなに張り切って掲示板に我先に書けるようになるとは・・。
というくらい、参加者の皆さんとはすぐに仲良くなれました。1年経ってないとは思えないくらいです。そして、そこから楽しいことしか起こってません♪



 いいですね。「そこから楽しいことしか起こってません♪」ってのが最高です。参加すると楽しいことしか起こらなくなるツアー、、、どこにも売ってまへんで、奥さん、ってとこですが、そう言う声を頂けるからこそ、どんどん企画してしまうんですね。その沖縄も、、、まだもう少し席がありますので、よかったらお待ちしています。

 そんなとこで、今日はもう少し本の執筆も進めたいので、この辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■2月1日(土)/大阪/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー

■2月2日(日)/大阪/ビリーフチェンジ個人セッション

■2月7日(金)/東京/実現体質になるための「人生脚本」の作り方セミナー

■2月10日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション
by katamich | 2014-01-15 23:39 | ■人生哲学