宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

別人になる 2014.1.14



 正月、連休も終わり、今日から本格始業のようですね。メディアでは東京都知事選がなかなか注目です。目玉はやはり田母神氏でしょうか。まあ、本人も本気で当選すると思ってるか疑問だし、マスコミでも完全な泡沫扱い。ネトウヨの間ではやけに盛り上がってますが、どうなんでしょうね。個人的にはいわゆる売国奴の連中よりは思想的にはマシだと思うけど、もし東京都民だったら入れるかどうかわかりません。だからと言って、細川氏、舛添氏もいろいろケチがついてるし、今さら感もある。その他は論外。田母神さんが怖いのは、あの人はマジで軍国化を目指してるような節があるからね。それがマジのマジなら絶対の論外だけど、でも、さすがにそれは国民、都民が許さないだろうし、いずれにせよ票数には興味あるところですね。

 さて、今日は始業と言うこともあり、私もいくつかアナウンスしました。まず、新年一発目のメルマガの配信。もちろん音声付き。特にテーマを設けてしゃべったわけじゃないのですが、やっぱり「R⁻1」の話は避けられない。それから以下のセミナー・セッションも受付開始。

■2月2日(日)/大阪/ビリーフチェンジ個人セッション

■2月7日(金)/東京/実現体質になるための「人生脚本」の作り方セミナー

 2月2日は昨日の記事にも関連する「婚活ビリーフチェンジグループセッション(大阪)」で、7日は東京で「イブニングセミナー(別名:宇宙となかよし塾)」です。テーマは「人生脚本」ってことにしていますが、当日はまたとっておきのネタを披露しよう思ってます。お笑いネタはやりませんが。あとは、年末に東京でやった「90日願望実現」のフォロー音声を送りました。タスクを一気に片づけた感じですね。あとは、心置きなく執筆に専念できる。来週の福岡でのビリーフチェンジ個人セッションも満席になりましたし。

 それからメルマガでは3月の沖縄ツアーの再案内もしています。Q州と沖縄に関しては、レンタカー等の都合上、定員15名にしてたのですが、昨年はうっかりとキャンセル待ちが4名ほど出てしまい、どうにか20名まで増やして開催しました。とにかく盛り上がりましたね。そして今回も初期の受付で15名はすぐに埋まったのですが、余裕をもって昨年と同じく20名にしたため、まだ若干の席は残っています。このツアーは久高島の真栄田苗さんにご案内して頂くことが条件となるものでして、今年は何とかお約束頂きましたが、今後はどうなるかわからない。だから来年あるかもわからない。チャンスは常に今。ちなみに苗さんと初めてお会いした日の衝撃の記事がこちら。

奇跡の久高島! 2009.3.15

 ところで、先日、R1 に出た日の日記でこんなフレーズを残しました。

「R1に出たオレと、出ないオレとでは、明らかに別人」

 実はこれ、昔からよく言ってるセリフ。「残り30分勉強したオレと、勉強しなかったオレとは別人」みたいな感じで。中村天風はこの宇宙の存在意義を「進化と向上」とし、人間が生きる意味もまさに「宇宙の『進化と向上』に順応するため」と説いています。私もこれまで、「なぜ、人間は生きるのか」ってことをずっと考えてきたつもりで、さかのぼれば二十歳前後で哲学にハマった理由もその辺にあるんじゃないかと思うことが。

 そして大人になってからも、特に会社を辞めてからは、まるで中二病のようにそんなことばかり考える日々あり、インドに行ったのもそんなことを知りたいがために。そして2005年に会社辞めてすぐ言ったときは、結局、世の中、「大丈夫」ってことを悟り、それが独立後の指針になってわけだけど、そもそも宇宙の根本原理に関する悟りにまで至ってない。

 2008年11月に初めてグループでのインドツアーに行ったのですが、その時も中村天風の「運命を拓く」を持っていってました。まだほとんど読んでない状態で。その二日目、デリーからタージマハルのアグラに電車で行くのですが、インドではよくある話。電車が二時間遅れてるとアナウンスがありました。現地ガイドさんは当然のように駅に座り込み電車を待ちます。私もそのように悠然としていればいいのですが、手持ちぶさたに手に取ったのがその文庫本。そしてちょうどそのとき、ややスピリチュアルモードに入ってて、「人間ってどうして生きてるんだろう・・」なんて考えながら、パッと開いたページに、

「人間は、宇宙の進化と向上に順応するために生れてきたのだと思います(87頁)」

と書かれてて、身体に雷が鳴りました。これだ!こういのは体験を超越して「真理」だとわかるもの。それ以来、悩まなくなりました。人間は「宇宙の進化と向上に順応する」ために生れてきた。つまりは、別の言い方をすれば、「成長」するために生れていたと言える。

 アイルランドの詩人イェイツはこう言います。

「幸せとは、成長のことである。人間は成長しているときこそ、幸せなのだ」

 しばしば、「人間は幸せになるために生れてきた」という言説をよく聞きます。それはその通りだろう。と言うことは、「幸せ」が「成長」であるならば、「人間は成長するために生れてきた」とも言えるわけで、つまりは「宇宙の進化と向上に順応する=成長」という図式もまた成り立つ。

 だからこそ、今の自分から一歩踏み出し、時には高いハードルを乗り越え、「成長」していくことこそが、生きる意味なんです。現状維持するだけなら、人間である必要もない。このドロドロした3次元にせっかく人間として生れてきたのだから、生きることを味わい尽くしたい。そのことを最も実感できる瞬間がまさに「成長」なのです。

 その結果として、「以前の自分と今の自分とでは別人」ということへの喜びを実感し、こないだのR1出場は、結果は一回戦敗退だったものの、自分の中で明らかに弾けた何かがあった。生きるって、そして成長するって素晴らしいことなんだな、と。

 実はこのセリフ、昨年の沖縄ツアーに参加された方からも言われました。「このツアーに参加した私と、しなかった私とでは別人だろう」、と。それもよくわかる気はします。やっぱり、知り合いが一人もいない、それも海を隔てた場所に一人で泊まりのツアーに参加するなんて、普通ならばハードルが高すぎて尻込みして当然。だけれども、それを乗り越えてきたわけで、「別人」にならない方がおかしいでしょってね。それは主催者である私も同じ。だから今回も何が起こるのか、そしてどんな変身を遂げるのか楽しみなんです。
b0002156_23174034.jpg

 上の写真は昨年の久高島。北端のカベール岬に着くまでは雨が降っていた。そして到着して、苗さんとともに亀を呼び出したりしているうちに、いつの間にか南の空が明るくなり、雲が鱗のようにまばらになり拡散していった。そのとき、「奇跡」とともに「祝福」って言葉が頭に浮かびました。で、その後も苗さんの車で島をガイドしてもらい夕食。その後、宿泊施設のロビーで小一時間ほど苗さんからいろいろお話をうかがい解散。その前の年は静かに瞑想に入っていたのですが、昨年は高級スコッチが登場してまして、飲むしかないでしょって。結局、そこからが本番になり、宇宙人は呼び寄せるは、夜中の3時にみんなで海岸に行くわで、本当に思い出深いツアーになったのです。今年もまた、面白いメンバーがたくさんで、間違いなく最高に濃いツアーになることでしょう。

 毎年1月は21日滝行、2月は熱海、3月から沖縄ツアーなどが始まり、今年一年が活気だってくるんです。しかも今年の3月は9ステップのセミナーにも参加するし、4月はアンソニー・ロビンズ。さらにその時期に出版もあろうから、ますます加速間違いなし。いよいよ面白くなってきた。滝行は明日から折り返し。最近はあまりにも日常になってしまい、滝の話ってあまり出てきませんが、しっかりやってますよ~。今朝は2度でした。そんなとこで、今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■2月1日(土)/大阪/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー

■2月2日(日)/大阪/ビリーフチェンジ個人セッション

■2月7日(金)/東京/実現体質になるための「人生脚本」の作り方セミナー

■2月10日(月)/東京/ビリーフチェンジ個人セッション
by katamich | 2014-01-14 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン