来年もガツガツやります! 2013.12.29



 いくつかご案内。来年2月1日は大阪でセミナー2日は個人セッションをします。2月10日は東京で個人セッション、あと、1月19日の福岡の個人セッションもまだ席があります。2014年もガンガンやっていきますね。ともに加速しましょう!

 いよいよ今年もあと2日ってことで、フェイスブック上でもたくさんの人が一年の振り返りをしていますね。中でも印象的なのが名古屋のAちゃんの日記。この方とは3月の沖縄で初めてお会いしたのですが、まだ一年経ってないなんて信じられない。この方だけでなく、今年はツアーをたくさん企画して、そのたびごとにいろんな人と知り合い、そしてそこで知り合った人同士が友達になって、改めて会ったり、飲んだり、付き合ったり、なんてことがたくさんありました。ぶっちゃけ、誰も知り合いがおらず、ただ、私のブログを読んでるって接点だけで、よくぞ一人で沖縄ツアーとか参加するな~と関心するのですが、結果的には皆さんに喜んで頂けて、本当に開催してよかったと思ってます。そのAちゃんの3月の話を転載。

・THE沖縄ツアー!なんて楽しい3日間!!

最初は車の中でも緊張したり猫かぶったりいろいろだったと思うのですが、帰りの首里城ではほんとうに行ってよかったわー、と思えました。初対面でもこんなに仲良くなれる人がいるんだ、という驚きと、好きなように話してもリラックスしても素の自分でもいいんだ、という喜びと、ね。

初日の夜に、みんなで酔いながら海に入った時に、パンイチでダイブしたピス〇ン高〇氏と、ストッキングを破り捨てて海に入った女(笑)さんのおかげかも。あの瞬間、心が解放され、そして心から笑って心から楽しめるスイッチが入った。学生時代を思い出したん。30歳過ぎても、大人になっても、初対面でもこんなことしてたって全然いいんやー!って。

Maoさんのハイヤーさん降臨も、Sちゃん&Yちゃんとの5人部屋での語らいも、苗さんとの出会いも、久高島でのラフロイグ30年&男前Kさんめっちゃかっこいいやん、ってのも、手をつないで歩いた朝も、いろんな出会いをありがとうー。



 そうだよなあ。楽しかったよなあ。なんやったんやろうなあ、あの時間と空間。確か全員がオーバー30で、40代、50代、60代もいたと思う、年代も背景もまるでバラバラなのに、いつの間にか一つになれる。それは沖縄、そして久高島って異世界だからこそもあろうけど、やっぱり「何か」が結びつけている、引き寄せている、その何かとは「宇宙」、、、なんてどうでもいい話ですが、そんなことも言いたくなる一年でしたね。2014年3月の沖縄もまた楽しみです。

b0002156_15554834.jpg で、今日はそんな一年の締めくくりとして福岡での「忘年会」でした。8名とこじんまりした飲み会になりましたが、いつものごとく、私以外は全員女性。この傾向は福岡で特に強くて、ま、個人的には男がいた方が落ち着くのですが、これもまたある意味慣れっこ。今日は女子向け辛口トークなどもかなり出た気もしますが、やっぱ、言えることは「動いてナンボ」ってこと。これは男女にかかわらず、そして仕事であろうが結婚であろう、どんなことでも同じ。自ら動かずして、状況だけ変えようとする人が世の中の9割と言っていい。しかし、そんな奇跡は起こらない。いつだったか、お医者さんと話をしているとき、例えばサジを投げた難病患者でも治ることがある、それは奇跡ですか、って聞いてみたら、「奇跡はない」と即答。どんなことでも理由がある。原因がある。それを解明するのが医者の仕事、とのようなことを言われてました。

 共感します。すぐには説明つかない結果。それを一時的には「奇跡」と言っていいかもしれないけど、この宇宙には本質的に「奇跡」はない。必ず理由がある。今さら飛行機が飛ぶのを見て、「奇跡だ!」と言う人はいないでしょうが、あんなのも100年前なら信じられないことですもんね。あと、喉に炎症が起こったりしたとき、抗生物質を飲めば一日で治まってしまう。あんな小さなアメみたいなのが、一発で治る。そのメカニズムも知らないながら、それを「奇跡」と言うことはない。

 これは日常でも同じ。願望実現でも同じ。結局のところ、正しいやり方をしっかりやれば望み通りの結果が出てくる。ただ、それだけのこと。と言うことで、2014年も「ガンガンやろう!」ってことになりました。加賀田晃先生の名言。

「一生懸命やるのが恥ずかしいんじゃない!売れないのが恥ずかしい!」

 同じように、オレもこう言いたい。

「ガツガツやるのが恥ずかしいんじゃない!何もせずに結果だけを求めて、変わらないままが恥ずかしい!」

 特に婚活なんか、一生のうちにする期間は限られている。いろいろ話を聞いてみると、「出会いがない」と言う割には、出会うための行動に出ていない。結婚相談所、パーティ、オフ会、知人の紹介、などなど手段はいくらでもあるけど、具体的な提案をすると、「いあ、それはちょっと・・」と言って「出会いがない」って状況に甘んじてしまう。しかし、それでも、一時的もガツガツした人は必ず結果を手にしてる。占いや神社に頼るのではなく、具体的な行動に移した人は全員が何らかの結果を手にしてる。

 稼ぐことも同じ。ガツガツするくらいなら成功しなくていい、と言うならそれでいい。どうぞ、ガツガツしないで親のすねをかじり続けてくださいってこと。だけど、今より豊かになりたい、自由になりたい、自分らしくありたい、と思うなら、ある一時期ではあれガツガツすることも大切なんです。

 1997年に世界一周をしたとき、ブダペストで面白いオジサンと出会いました。30年前からバックパッカーをやってて、それこそアフガニスタン(カブール)がまだ旅行者天国の時代からやってたそうだけど、今でもお金に困ることはない、と。なぜかと言うと、「人一倍仕事した時期があったからね、量も質も」とのこと。「ああ、それか」と24歳の私は思いましたが、その言葉はやっぱり正しかった。

 そんなわけで、硬派な忘年会になったかもしれないけど、2014年を最高の一年にすべく、私もガツガツ楽しんでいきたいと思います。7時からスタートした一次会ですが、気が付けば11時。そこからさらに1時頃まで中洲のバーで飲み(写真はその二次会)、それぞれタクシーで帰っていきました。二次会の一杯目はドライマティーニ、二杯目はタラモアデュー(アイリッシュウィスキー)をベースとした甘目のカクテル。他の方もそれぞれ自由に注文したカクテルが来ました。美味しかったね。話も濃かったかもしれないけど。
b0002156_1556354.jpg

 2013年、最高でした。来年もまた楽しみ過ぎてワクワクします。来年の年末もまた、中洲で忘年会したいと思います。どんな報告ができるかな。一年後に乾杯。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-12-29 23:39 | ■人生哲学 | Comments(0)