その方が楽しいからね 2013.12.28



 福岡に戻ってまいりました。午後の新幹線で着いたのは5時過ぎ。なんやかんや疲れましたで。
b0002156_14502393.jpg
 
 ところで昨日、2014年にあたって「どんな自分になるか」って話をしたのだけど、この手の話題、苦手な人も多いみたいですね。ただ、言うまでもないことですが、「どんな自分?=自己否定」では決してありません。私の言う「どんな自分」とは「成長できる自分」のことであり、現状維持(むしろ後退)に留まらず、どんどんハッピーな自分になろうぜって話。だって、その方が楽しいからね。

 結局、楽しいかどうかなんです。「変化しろ!」って言われると、どうも批判されてるようで苦しくなる、むしろ「そのままでいいのよ」と言ってもらった方が安心する、そう言ってくれる人の話ばかり求めてしまう。昨日の記事のコメントでは、やや「辛口」なコメントをさせて頂きました。あえて。まず「Qさんのブログは刺激が強く、一日一杯の青汁のようだ」ってご意見。ありがとうございます。私もそうありたいと思っています。毒にも薬にもならない、単に甘っちょろいだけの糖尿まっしぐらよりも、青汁か漢方薬のようなメッセージを発していきたいと思ってます。何様だと言われようと、これからもそうしたい。だからこそ、自分自身に対しても厳しくありたい。甘さ、ぬるさに浸かるよりも、少しでも自分を「成長」させる環境に身を置きたい。だって、その方が楽しいから~。

 「来年は本気になります!」って話も、毎年毎年聞く。では、具体的にどう本気になるのか。大前研一さんはこう言います。

人間が変わる方法は3つしかない。

1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。

この3つの要素でしか人間は変わらない。

最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。


 「本気になる」って言うのは最も無意味な「決意」でしかない。何度も言うけど、「決意」と「決断」は違う。「決意」の多くは単に心に思うだけでリスクがない。それに対して「決断」は具体的な言動とセットになるのでリスクが必ず付随する。例えば「タバコをやめる」って言う人は多いけど、それが「決意」で止まってる限りまずやめられない。しかし、「オレがタバコを吸ってるところを見たら100万円あげる」とかって言葉にして自分を追い込むと、言い訳さえしない限り絶対にやめられる。もちろん程度問題ではあれ。

 いずれにせよ、「本気になる」って言うなら、具体的にどう本気なのか。これまでと具体的に何が違うのか。そしてどうなりたいのか。そのために何をして、しなかったらどうなるのか。有名なコピペ。

b0002156_1453137.jpg
【1月】 初っ端から飛ばすと後でばてる。2月から本気を出す
【2月】 まだまだ寒い。これではやる気が出ない。3月から本気出す
【3月】 年度の終わりでタイミングが悪い。4月から本気を出す
【4月】 季節の変わり目は体調を崩しやすい。5月から本気を出す
【5月】 区切りの良い4月を逃してしまった。6月から本気を出す
【6月】 梅雨で気分が落ち込む。梅雨明けの7月から本気を出す
【7月】 これからどんどん気温が上昇していく。体力温存の為8月から本気を出す
【8月】 暑すぎて気力がそがれる。9月から本気を出す
【9月】 休みボケが抜けない。無理しても効果が無いので10月から本気を出す
【10月】 中途半端な時期。ここは雌伏の時。11月から本気を出す
【11月】 急に冷えてきた。こういう時こそ無理は禁物。12月から本気を出す 
【12月】 もう今年は終わり。今年はチャンスが無かった。来年から本気出す


 ここまで極端でないにせよ、似たようなこと言う人は少なくない。例えば、大前さんも言う「住む場所を変える」ってのは、いつも言うように、ものすごく人生に影響する。特に、実家暮らしから一人暮らしに移るってのは、それまでの実家暮らしが長ければ長いほど、そのインパクトも大きい。もしも、30代実家暮らし(特に男)であって、今の仕事に満足してないのであれば、さらに言えばフリーランスで稼ぎたいと思ってるなら、まずは東京に行くこと。そして家賃2万円のアパートに引っ越すこと。そんなとこは敷金・礼金ほとんどなくて、初期費用は10万円で事足りる。もちろん劣悪な環境だろう。だからこそ、「このアパートから出たい!」って気持ちがエネルギーを産むわけ。

 先日、ある人と話をしてたのだけど、その方も30代後半独身男実家暮らしで満足はしていない。仕事もやめるつもり。だったら、まずは東京でひとり暮らしでもしてみてはと提案。しかしながら、お金がないなどの「しない理由」が出てくる。そこで聞いてみた。もしも「ひとり暮らし」だけを目的とするなら、それこそ家賃2万円からある。初期費用は10万円で足りる。「10万円持ってませんか?」と聞くと、当然、「それくらいはある」と答える。だったら、引っ越さない理由がなくなった。もちろんのこと、2万円のアパートは寒いかもしれない、汚いかもしれない、住民もよくないかもしれない。それに比べると、いつも美味しくてあったかいご飯が出てくる、掃除洗濯もしなくていい、自由に使えるお金も多い、つまり、めちゃくちゃ快適。出たくないよね。

 だけど、そんな生活は永遠ではない。他に「依存」してる限り、依存先がなくなったらすべてが崩壊する。そしてその日は必ず訪れる。しかし、「自立」してる限り、世の中がどうなろうと生活を守られる。どっちがリスクあるか。短期的には「自立」の方がリスクありそうだけど、長期的には「依存」の方がはるかにはるかにはるかに怖い。オレが会社を辞めたときも、そんな計算は確かにあった。32歳だったけど、給料も上がらないし、辞める日が延びれば延びるほど不利になる。だから、決断できた。今思うと、そんな過酷な状況に置かせてくれたことを、本当に皮肉抜きに感謝。

 おっと、言いたいことはね、実は「できない」って言葉を探ってみると、ほとんどの場合、勝手にそう思い込んでるだけのケースが多い。ひとり暮らしで言うなら、引っ越しするのにかかる費用がどの程度のものかの計算もなかったりする。当面は贅沢や快適を求めなければ、不可能なことなどない。漠然と感覚で生きるんじゃなく、何ごとをするにも「計算」は必要。オレだっていつもしてる。ぶっちゃけ、オレの生活状況を言うと、社会保険10万円、生命保険5万円、家賃光熱費10万円、役員報酬+給料43万円、プラスで合計約70万円が毎月必要な「経費」。いや、これ以外にも出張経費などあるから、毎月100万円は死守しなければならない。でないと赤字。漠然と「月収100万円」じゃない。計算したら必要な額が月に100万円。

 すると脳は勝手に「月に100万円稼ぐにはそうすれば・・・?」と情報を検索し始め、そのためのリソースを引き寄せる。そして何とか今年は10月以外は100万円以上をキープ。何だかんだ「計算」って大切なんですよ。「計算」もしないで無理と言ったり、または、無謀な願いを立てたりって、どういうことかってね。「直観で生きる」とか言う人、特にスピ系には多いのだけど、それは「計算苦手です」って告白してるようなもの。似たようなのに、「わたしアナログだから~」と言って、ちょっと細かい作業を避けようとする。ブログやフェイスブックするだけでも、「アナログだから無理」って言う。いやいや、もし、本当に「アナログ」って言うなら、じゃあ、10万人を引き付ける25字のコピーを3分以内に書いてくださいって。それができてアナログって言うならわかるけど、単に頭使うの苦手って意味でアナログとは直観とか言ってはいけませんて。基本、オレは「直観」って言う人は信用してませんから。

 話がそれたけど、今一度、「本気」の意味を考えようってこと。で、三つめ。「財布の値段×200=年収」って話は知ってる。確か、「お金持ちはなぜ長財布を使うか?」ってな本に書いてあったかな。なので、一万円の財布を使ってると年収200万円、10万円の財布を使っていると年収2000万円。その本を書いたのはどっかの税理士さんだったと思うけど、確かに経験的データに裏打ちされたものではあるみたい。しかし、普通に考えて、、、ブランド物好きなOLって世の中にたくさんいるけど、確かにヴィトンの財布とかって10万はするだろうし、何度も見たことはあります。と言うか、皆さん、普通に持たれてませんか?バッタもんでもない限り。

 先ほどの本って確かめちゃくちゃベストセラーになったはず。で、いつの間にか「財布の値段×200=年収」って式だけが独り歩きしちゃって、それに感化されて10万円の財布を買った人は一万人くらいはいるかもしれない。と言うか、私の周りには結構そんな人が多い。霊感財布買うよりヴィトンの方がいいけどね。そこでね、手取り20万円のOLさん(に限らずサラリーマン)が、奮発して10万円の財布買ったところで、どうやって年収2000万円になるのか。もし、そこに確実な再現性があれば誰だって買ってる。と言うか、「10万円の財布さえ買えば年収2000万円になる」って言う根性が浅ましい。似たようなのに、「素手でトイレ掃除すれば収入が一ケタ増える」って話もあって、オレも実践したけども、言うまでもなくそれ「だけ」やってても無理。年収2000万円にはそれなりのエネルギーがあるんです。

 むしろ、「年収2000万円の人が10万円の財布を買ってる」と考えた方が自然。「10万円の財布を買うと年収2000万円になる」ではなくてね。そう考えると、オレの財布、一応ネーム入りの長財布だけど16,000円程度。もっとも、昔のオレからすればそれでも高い財布だけど、10万円なんてとんでもない。だけど、これでいいと思ってる。と言うか、オレ的には10万円の財布は「買うもの」じゃなくて、「もらうもの」と思ってますから。もちろんねだるわけじゃないですよ。それくらいは自然と「もらえる人間」になろうってこと。

ゲイリー・ペイトン「オレは金もたくさん稼いだしそろそろフェラーリを買おうと思ってる」
マイケル・ジョーダン「結構だな。そんなの俺だったらタダで貰える」


 ようは、どっちがカッコいいかってこと。オレは別に10万円の財布が欲しいわけじゃない。もちろん、くれるならもうらけど、重要なのは「10万円の財布をもらえる人間」であり「年収2000万円を稼げる人間」になる方がカッコいいじゃないってこと。年収300万円の人が、たいした努力もせずに年収2000万円のために10万円財布を奮発する姿はカッコ悪い。それならば、財布の中身の方が重要。

「では今、財布の中に現金はいくら入ってますか?(普段はいくら入ってますか?)」

 実は「財布の値段×200=年収」よりも、「普段から財布の中に入ってる金額×200=年収(追伸:ここは「200」ではなく「50~100」程度かも)」の方が感覚的には自然。ちなみにオレの財布には今、「10万円」が入っている。ただ、、、正直に言いましょう。一か月前までは多くて3万円くらしか入ってませんでした。その頃、とある敏腕編集者がプロデュースした本がフェイスブックであおられていました。何となく面白そうだったので購入。キャンペーンには参加しないけど。それが原田翔太さんの「不純な動機で始めよう」って本。思ったほど刺激的でもないと思いながら、それでも「やられた!」って思った部分がいくつか。それがまさに、

「オナニーを1日5回してみる」

ではなくて、143ページに本当にそう書いてあるんだけど、真意としては「リミッターははずせ!」ってことで、それはそうだとうなずけるけど、ぶっちゃけ、5回って本に書くほど多くもないってのが本音。学生時代、彼女がいなくてフランス書院で一日7~8回やってたオレからすれば5回なんてどうってことない。原田さんも長倉さんもリアルにヤリチンだからわからないんだよね。オナニーを1日8回しなきゃならないカルマが。そうじゃなくて、

「財布に10万円つっこめ」

ってとこ。それ、ちょうどポール・マッカートニーのコンサートが始まる前に読んでて、財布の中身を見てゾッとしましたね。1万円ちょいしか入ってない。翌日、急いで10万円入れたのだけど、確かに考えてみると、「財布の値段>財布の中身」だとすれば、悲し過ぎるよね。奮発して10万円財布買ってる奴には多そう。なぜ10万円なのかは読んでもらえばわかるけど、ようは、「財布の中身=自分の行動範囲」って考え。まあ、普通に生活してて、現金10万円もあればいざと言うときにも事足りる。リッツにも泊まれるし、ちょっとした飲み会で奢ることもできる。だけど、一万しか入ってなかったらどうか。道端で高校時代の後輩と20年ぶりにばったり会った。お互いハゲたり太ったりしてるけど、見りゃわかる。オレもそいつも暇。飲みに行こうって話になって、寿司屋にでも行くじゃない。ここは。そして当然、先輩面して出したいところだけど、そこは美味いんだけど小さなお店でカードはダメ。その時、財布に1万円しか入ってなかったらカッコ悪すぎでしょ。そんなことも実はありうるってことがリアルに想像できて、翌日に急いで10万円入れたのだけど、これには速攻で後日談がある。

 その一週間後の金曜日、名古屋でセミナーしたとき、その懇親会でさっそくその話をしたら、さすがは麻井ちゃん、その帰りにATMから10万円おろしたって。それはいいとして、さらに月曜日、伊勢神宮にグループで行ったのだけど、内宮で特別参拝するのに初穂料ってのが御神楽とセットで4万円かかる。ま、1~2万円くらいと思ってたけど、思ったより取られる。で、あの時もし、普段の通り1~3万円しか入れてなかったら大恥かくとこだった。4万円と言われてすずしい顔して出せたのは原田さんの本のおかげ。書いてある通りになったもんね。

 そんなわけで、財布の話は、その値段よりも「財布の中身」を重視しろってのがここでのまとめにしときます。とりとめない話が続いたけど、昨日の続きってことで。コメント頂いた方、失礼いたしました&ありがとうございました。それではまた明日。あ、そうそう、明日29日は福岡忘年会だけど、まだ2~3名は大丈夫だし、なんと、またオレ以外女性ばかり8名ほど。ヤリチンはつらいね。

 うそうそ。いつも言うように、女性ばかりは苦手なので、誰か男~。もっとも、女性ばかりの酒の席も今回に始まった話じゃないわけで、それはそれで楽しいだろうけどね。ではでは。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
Commented by poo at 2013-12-30 06:24 x
私の人生の目標の一つに、
「デザイン・イラストの分野で成功する事」があります。
一応、そういう分野の仕事はしていますが、クライアントに指示されてデザイン・イラストを描くのではなく(受け身)、自主的に発信したいのです。ギャラもこちらで自由に決める!作風もこちらの描きたい作風で描く!(クリエーターよりアーチスト志向)
日々の仕事に追われてなかなかオリジナル作品が描けない(作品がないとPRできないので)。一体いつやるのか?こんな状態で数年、十年続いています。このままだと死ぬまでこの状態でしょう。「時間がない」は今の自分を肯定する言い訳で、その気になれば時間は絶対つくれるはず。
今から作品を描きます!これも「毎日」描きます!

甘々で成功した者はいません!スピ系にある、傷をなめ合うブログは要りません。どんどん胸をえぐられるようなブログでお願いします。
Commented by magicoflove at 2013-12-30 12:13
Qさん、こんにちは。昨日の◯×行動管理のエクセルシート、ダウンロードさせて頂きました!!ありがとうございます^o^
年始から海外に居を移し、新しい生活が始まりますので、ぜひこの機会に◯×行動管理をやってみたいと思っています。
そこで、数値目標のセルの4,8,・・・や毎日の行動計画の93,94・・・の意味を教えて頂けませんか?お願いいたします。
Commented by ナツ太 at 2013-12-30 13:09 x
どこのブログ会社を使っているのですか? 同じところを使いたいのですが、ここはお金がかかるところですか?
Commented by katamich at 2013-12-30 16:13
■pooさん!
はい!やりましょう!
Commented by katamich at 2013-12-30 16:14
■magicofloveさん!
どの話かと思ったら、私の参考のシートですね。私にしか意味はないので、参考にしてみてください。
Commented by katamich at 2013-12-30 16:14
■ナツ太さん!
エキサイトブログです。
お金はかならないプランからありますよ。
私は月500円のプランですが。
by katamich | 2013-12-28 23:39 | ■人生哲学 | Comments(6)