女はネ申 2013.12.20



 今日は5時半に起きて滝行。滝場はまだ真っ暗。電気を付けて仏様に線香をあげ、本堂でお参り。そして滝行。さすような冷たさ。最高。滝から出て着替えると、周囲は明るくなっていました。と同時に、薄っすらと雪が積もっていました。いい感じですね。家に帰って写経。今日で106枚目でしたので、残り2枚。ちびQは幼稚園の終業式で早く帰ってきました。

 そうそう、22日から大阪に帰省するので、25日にサンタさんは来れません。なので、特別にお願いして18日の朝に来てもらいました。大きな赤い靴下の中にプレゼントが入っています。いつもは「眠たい~」とか言って、なかなか布団から出てこようとしないので、「サンタさん来たよ」って言うと、ガバッと起きて見つけました。プラレールアドバンスのセットです。一番欲しかったのをサンタさんが持ってきてくれました。「やった~!」と大喜び。もう楽し過ぎるみたいで、大阪にも持って帰るそうな。今日も一日それで遊んでいました。たくちゃんにはアンパンマンの転がるおもちゃ。こちらも大喜びでした。

 そんなわけで、幼稚園も冬休みに入り、私も半年ぶりに帰省です。22日に家族で新幹線に乗り、3時過ぎに新大阪。天王寺まで母親に迎えに来てもらい、オレはそこから再び梅田へ。ツアー参加者限定の忘年会なのです。2次会も合わせて20名くらい来られるかな。で、今、知ったのですが22日は冬至。冬至には「かぼちゃ」を食べて、「ゆず湯」に入るとめっちゃ開運らしい。で、その忘年会のお店ですが店名に「ゆず」がついてる。幹事はオレじゃなくてAちゃんなんだけど、これ、狙ってたらめちゃくちゃ格調高いよね。狙ってなかったら、それもまた何たるシンクロ。Aちゃん、ヤバいね。Aちゃんを嫁にする男は幸せだよ。
 
 そんでまあ、冬至と言うと、一年で最も日が短い一日なんだけど、陰と陽で言えば「陰」。浄化のエネルギーって話もあるので、22日は酒飲みながら、一年のコリを一気に落としてしまいましょう。「心のコリ」も落として、来年はスルスル願望が叶うモードだね。最高。そして冬至を境に一日一日、日が長くなるのもテンション上がるよね。もうしばらく寒くはなるのだけど、どんどん春に向かってる感じでね。オレも2014年はまたさらにブレイクの予感だし。春頃にはすごいことなってそう。1月はR-1に出て自己を解体し、2月は熱海、3月は9ステップセミナーと沖縄、4月はアンソニー・ロビンズと、まあ、飛ばしまくります。その頃には新刊も出てる段取りだといいな。

 そんな感じ。で、今日はメルマガを配信しました。もちろん音声も。テーマは「セッション中に泣いた話」ってことで、ブログに書かずに音声でお話することにしました。で、そのメルマガに3月の沖縄・久高島ツアーのご案内もしましたので、検討される方はメルマガを確認するか、または直接ご連絡ください。と言っても、定員20名まで残り僅かで、フォームが閉じたらキャンセル待ちになりますので。あと、2月の「熱海合宿ワークス」も定員30名まで残席9名ほど。女性向けのテーマではありますが、今現在、21名中男性は4名。ま、少ないは少ないですが、こんなもんじゃないでしょうか。オレとひーこーさん合わせて6名ですもんね。もちろんまだ募集中ですよ。男性も女性も。また、盛り上がるだろうなあ。ちなみにフェイスブックグループにひーこーさんが興味深い投稿をしてくださいました。貼り付けますね。

----
b0002156_23151593.jpg「子宮で引き寄せる」

Qさんのブログで熱海の紹介をしていただいてから、
僕のブログアクセス数に瞬間最大風速が吹いています。
ちなみに今朝Qさんから連絡がありまして、
熱海の申し込み者が既に20/30になっているそうです。
告知2日で、もうあと10人ですよ。すごいですね。

ということで、
その熱海のワークでもご紹介する「子宮」について書きたいと思います。
「子宮=潜在意識」だと解釈していただければ男性にも当てはまる内容です。

潜在意識との付き合い方の1つのメタファーとして読んでみてください。

願望はアタマ(顕在意識)でつくるものですよね。
で、願望を実現するには、潜在意識の力を借りたいんです。

アタマでつくった願望を潜在意識にお願いして受け入れてくれたとき、
願望が実現します。

潜在意識はカラダに宿り、女性の場合は子宮がすごい影響力を持っています。

だから、簡単に言うと、「願望は子宮にお願いする」のです。

ただ、一方的なお願いばかりしていても、なかなか聞き入れてくれません。

アタマのお願いを子宮にきいてほしいなら、
子宮のお願いもきいてあげなきゃ。

子宮のお願いもきいてあげて、子宮が喜ぶことをやり「続け」ていれば、
子宮も

「わたしのお願いをきいてくれているから、じゃあアナタ(顕在意識)のお願いもきいてあげるわ」

と、なります。

子宮がそうなってくれたときに願望をお願いすると、割と叶いやすくなります。

だから、アタマの願望を実現したいなら、まずはカラダ(子宮)の願望を叶えてあげる。

そうすると、カラダはアナタの望みを叶える強力なサポートをしはじめます。

自分に置き換えたら、そうじゃないですか?

自分のことを一生懸命サポートし続ける人がいたら、
自分もその人にために何かしてあげたい・・・と自然に思っちゃいますよね。

アタマとカラダの関係も、そんな感じです。

じゃあ、「子宮のお願い」って何でしょう。

一言でいうと「温めてほしい」です。

カラダを冷やすものの飲食を控えるとか半身浴とか腹巻きとか筋トレとかホッカイロ貼るとか、もちろんそういうことも有効なんですが、
もっとダイレクトに子宮が喜ぶ温め方があります。

そして、子宮が温まった状態を維持するためのエクササイズがあります。

それが、熱海の女性限定ワークで紹介する内容です。

まず、自分(アタマ)の願望を実現する前に、子宮の願望を実現してあげませんか♪

なんか女性びいきの文章になってしまいましたが、男性も基本的に同じです。

ただ男性の場合は子宮がないので、「腸」になります。

そのやり方も、しっかりお伝えしますので、楽しみにしててくださいね♪
----

 面白いですね。私なんかには「子宮」の話などできませんもの。で、これに関する記事はないかな~と思ったらありました。ここでいいかな。

「骨盤のねじれ=子宮のねじれ(かも)」

 こないだの14日東京セミナー懇親会でも、しきりに「子宮が歪んでる」みたいな話をされてました。女性は食いつきまくり。しばしば「子宮=地球」とメタファーにされる方もいらっしゃいますし、ひーこーさんもご指摘の通り、「子宮=お宮」でもあるんですよね。お宮と言えば神宮。身体の中に神社がある、つまり、「神」が宿ってるようなもの。もちろん、何らかのトラブルで子宮摘出された方もいらっしゃいますが、ひーこーさんがおっしゃる通り、摘出しても「存在」としてはあるので、つまり、女性であれば産まれてから死ぬまで「神」が宿ってることになるわけ。

 その14日の懇親会でも言ってたのだけど、しょせん男はヘタレですよ。ヘタレだから腕力に訴える。ただ、それだけ。男性とは何か。それは「不完全な女性である」と誰が言ったのか忘れましたが、その通りでしょうね。男と女が向き合ったら、女が勝つに決まってる。それは生物としても、そして精神性においても。男なんか女から見れば釈迦の手の平に転がってるだけの存在。そのことを男も女もきちんと理解することが重要ですね。

 なので、まあ、男なんて女次第とも言えるわけ。そう言えば、久高島の真栄田苗さんも言ってました。まずは男の子のことからお祈りするんだと。なぜなら男は病弱だし、何かと弱いから。ヘタレだから。だからこそです。女性は「私を幸せにしてくれる男性」なんて探しちゃダメ。何度も言うように「私が幸せにしてあげる男性」を探して、結婚する方がハッピーになれるんです。弱いやつに頼ってどうするねんて。アゲマンって言葉はありますが、実はその反対語ってない。いや、アゲチンなんて下品な言葉もあるにはあるでしょうが、それは帳尻合わせであって本来は存在しない言葉。そしてアゲマンとはもっぱら女性のことを言う。なので、女が男を上げるはあっても、その逆はない。女が男を幸せにするのであって、その逆もない。もし、男で「オレが幸せにしてやる」なんて言ってたら、それまた勘違い甚だしい。

 ただ、だからと言ってヒモになれってんじゃないです。そもそもヒモにする女自体が男を上げてないわけで、男を上げる女とは、決して男を甘やかすわけじゃない。おだててもいいし、脅してもいい。何やってもいいから、男を育て上げるのが女の役目。そんなこと言うと、ヒステリックなサヨク連中から怒られそうだけど、実際そうなのよ。男をガンガン鍛えて育て上げて、それで一人前にしてあげるのが女の立ち位置なんです。

 と言うことは、女は男に依存するようじゃダメ。もちろん女は子どもを産む役目が生物学的に備わってるから、外で働くにも男とまったく同じとはいかない。だからこそ鵜飼のように男を操ればいいのです。男なんてしょせんは鵜飼の鵜ですよ。その意味では、オレなんかも見事に嫁さんから操られてる感がありますものね。でさあ、実際の話だけど、「私が幸せにしてあげる」って心の底から思ってる女性って顔はブサイクでもモテるんですよ。この話には実際例があるのですが、ブログに書くのは支障があります。知ってる人に読まれるとマズいので。今回の東京では何名かにその話をしたと思いますが、それね。具体例はともかく、究極的に女がモテるのは「私が幸せにしてあげる」って思ってる女なわけですよ。一緒にいるだけでエネルギーが湧くような女。逆にエネルギーを吸い取るような女もいますけど、申し訳ないけど、オレは近づきたくないね。まあ、オレの周りにはいないけど。

 と言うわけで、女は「ネ申」ってこと。男はね、女を見たら神と思うこと。そして女は、自分を神と思うこと。それで世界は平和になりますよ。とにかくまあ、楽しくいきましょう。熱海も沖縄も、ご縁を感じる方はお待ちしています。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
Commented by poo at 2013-12-21 18:20 x
当方、女ですので、一言、言わせてもらいますが、
「私が幸せにしてあげる男性」というより「私が支えてあげる男性」「私が尽くしてあげる男性」と表現したほうが、しっくりします。
Commented by ボロディン at 2013-12-22 10:06 x
いや~~~~~
清々しい!!
嬉しくて何回も読みました。
やっぱ、そうですよね!女が男を幸せにしてあげるんですよね!
っていうか女性はもともと素晴らしい存在だったんですよね。
最近分かりました。
自分は女性ですが、男尊女卑の家庭に育ち、
常に女性は男の3歩を下がって歩かなければならないという観念を強く持ったままでした。3歩下がれない自分を軽蔑していました。
こういう時代に、Qさんのように言って下さる方が増え、嬉しくて嬉しくてたまりません。
男性を愛し、共に手をとりあって生きていきます。
主人をもっともっと幸せにしてあげよう!そう思いました。
ありがとうございました。
Commented by katamich at 2013-12-24 09:43
■pooさん!
支える、尽くすって語感は社会的に形成された、旧来の男高女低の価値観そのもの。私はしっくりこないですね。
Commented by katamich at 2013-12-24 09:45
■ボロディンさん!
男尊女卑もいわゆる「腕力至上主義」が作った偽りの社会観。
これからの時代では通用しない、と考えています。
Commented by Kylie at 2013-12-26 00:47 x
初めてコメントします。
「私が幸せにしてあげる」って思ってる女性は一緒にいるだけでエネルギーが湧く。
これ驚きました。
素敵な女性のキーワードが「」だと気付いてなかったので。
私もこんなセリフが言える(思える)女性に早くなりたいものです。まだまだ途上なもので(-。-;

Qさんのブログ、面白いです。
どういうわけか、父なし子の私にはまるで父のような喝をくれます。その性質は唯一のブログですね。本当、ブログなのに…って勢い。でも人生のこの時期にそれを頂けることが私にはありがたく、出会いに感謝なのです。と言ってもただの読者ですが 笑。
いつもお礼などコメント出来ずスルーしておりましたが、いい刺激というか、まさに痛い喝を頂いてます。でも、それがやけにありがたいのです。この場を借りて、ありがとうございますm(_ _)m
Commented by katamich at 2013-12-26 21:45
■Kylieさん!
コメントありがとうございます!
結局、男も女も、相手をハッピーにしてあげるって思いのある人がモテるんですよね。
by katamich | 2013-12-20 23:39 | ■精神世界 | Comments(6)