「腹に入れば同じだろ」はクソ認定 2013.12.10



 今日は久々にメルマガを配信しました。もちろん音声セミナー付で。テーマは「願望実現の大大大前提」ってことで、いよいよ躍進のときがやってきた感じですね。ぶっちゃけ、このブログを読んでるような人って、かなり「前向き」な人が多いと感じています。いやいや、自分はそうじゃない、、、と思ってる人がいるかもしれませんが、本当に「後ろ向き」な人は続けては読めませんから。

 先日、ある人と話をしているとき、「Qさんのミッションは何ですか?」って話になりました。これは「Qさんの仕事は何ですか?」って問いに等しいのですが、こう答えています。

「ブログを書くことです」

 ちなみにこの答えは、ある方から頂いたも同じ。そのある方とは阿部敏郎さん。しばらく前に、福岡で飲みに連れてってもらったとき、何気なく聞きました。「阿部さんの仕事って本当は何なのですか」、と。ミュージシャンだったり、瞑想教師だったり、講演家だったり、作家だったり、いろんな背景があると思ってましたが、本当の仕事は「ブログを書くこと」だと言われたのです。あ、なるほどね。そう言や、オレもそうだ。

 オレ自身、この先のこととか想像もできません。2005年に会社を辞めた当時、まさかこんな感じになるとは予想だにできなかったように、これから5年後、いや、2年後の姿も想像できません。ただ、唯一、やってるだろうな、と思うのが「ブログ」です。いつかは「ブログ」って言葉も死語となるときが来るとは思いますが、それでも何らかの形で情報発信はしてると思います。だからこそ、今は40歳ですが、88歳まではブログを書き続ける。これが私のミッションです。でも、ほんと、その頃って世の中、どうなってるでしょうかね。私が88歳ってことは、次男たくちゃんは還暦ですよ。ははは。そして今日書いた文章もまた、48年後に見直す日が来れば面白いな~と思います。その頃も「宇宙となかよし」でいたいですね。宇宙旅行をしながら、「宇宙となかよし」を更新する。これが夢です。

 ちなみに今、大気圏くらいまでならば2千万円程度で行けるそうです。もちろん条件はいろいろあるでしょうが、ただ、ホリエモンの「ゼロ」によると、宇宙開発市場からアメリカが撤退したことにより、今、有人宇宙飛行に耐えられるのはロシアしかない。完全に独占市場なため、価格が高騰して、今では宇宙ステーションに一週間滞在するのに70億円もするそうな。ホリエモンは最終的に数千万円まで引き下げたいとの夢を持っている。もしかしたら50年後にはもっと安くなってるかもしれない。とにかくも、今からは想像もできない世の中になってるんだな~と思う。と言うか、間違いない。

 その意味で、今のこの時代に生きてるってことはものすごくありがたい。前世がどうとかって話は抜きにして、一万年前に生きてたら、人生50年(くらいかな)、まったく変わらない世の中に違いないけど、この時代の50年と言えば、本当に世界が、次元が違いますもん。ほんと、楽しみです。だから、生きてるだけで丸儲けじゃないですかね。目先の心配とか問題とかあっても、人生ってどうとでもなる。昨日までは「実家を出ろ!」とか吠えてたけど、実家を出ようが出まいが、オレたちはいつか死ぬ。いや、出るも出ないも、もしかしたら運命論的に決まってるかもしれない。出る運命だったら出るだろうし、出ない運命だったら出ない。ただそれだけ。だから、ほんとのこと言うと、何もせんでもそうなるときはそうなるし、ならないときはならない。なんて言うと、ホッとする人もいるかもしれないけど、そこで二つに分かれる。どうせ、「どうにかなる」んだったら、「動く」か「動かない」かのどちらか。どっちを選んでも結果は同じだとしても、どっちがハッピーか。いや、どっちが生きてる実感があるか。
 
 少なくとも、オレは「動く」を選びたいだけ。「動かない」を選ぶ人がいてもいいけど、ま、正直な話、オレはその人たちとは一緒に飲みたくない。どうせ飲むなら美味く飲みたい。「動く」を選ぶ人たちと飲む酒の方が美味いに決まってるからね。そう言や、かなり前の話だけど、オレのめちゃめちゃ嫌いな言葉と出会ってしまった。細かい状況は覚えてないのだけど、なんかを食ってたんだと思う。で、オレが食った何かが固いのかぬるいのか覚えてないけど、何気なく「固いなあ」みたいなことを言ったのかな。文句言うわけでもなく、ただ、固かったから固いと言った。もちろん、いい意味じゃないことは確かだけど、だからと言ってクレーム言うつもりもない。そのとき、一緒に食ってたオッサンがこう言った。

「腹に入れば同じだろ」

って。もうね、かなり年配の方なので何も言わなかったけど、正直、むかついたね。と言うか、こんなオッサンと一緒に何か食ってるオレ自身に対してもむかついてね。それ以来、悪いけどその場は避けてます。一緒に何か食って美味い人と食いたいからね。もっとも、その人からすれば「固い」なんて言うオレとは一緒に食いたくないかもしれませんが。

 ようは、オレが言いたいのは、「腹に入れば同じだろ」なんて人生はクソだってこと。それ言うなら、「死んだら同じだろ」ってことになる。極論かもしれなけど、オレは腹に入ってからのことはどうでもよくて、腹に入るまでを楽しみたいわけ。普通そうじゃない。だったら、そのオッサンもさあ、大根を丸かじりするかって。実際には自然界にある未調理のものを食うだけで生きてけるでしょ。肉や魚を食わなくても、豆や菜っ葉を食ってたらいい。腹に入れば同じだったら、栄養さえ取れれば何だっていいじゃん。

 だけど、オレはそうじゃないの。美味しいもの食いたいし、美味しく食いたいの。そして、死んだ後のこととかもどうでもよくて、生きてる今を楽しみたいの。美味いもん食うにはどうすればいいか。同じように人生楽しむにはどうすればいいか。オレはそっちが大切なわけよ。

 確かに、「腹に入ったら一緒」も「死んだら一緒」も真実だけど、そんなことってどうでもいいでしょ。大切なのは美味しく食べることだし、楽しく生きることなんだから。同じような言い方に、「いつ死んでもいい」とか「生きることに未練はない」なんてのもある。それも30とか40でまだまだ若くして言ったりする。アホかってね。死んでもいいわけないじゃん。だって、今、生きてるんだから。悟ってる風かもしれないけど、だけど、その言葉が本当に本当に本心だったら、もっとイキイキ生きてると思いますよ。少なくとも、面白くもない仕事は辞めてるでしょ。なぜ、したくない仕事するのか。それは将来のため。仕事辞めたら、将来が心配だから。だけど、本当にいつ死んでもいいと思ってるなら、将来のこととかどうでもいいじゃないですか。死ぬのが嫌だから働いてるんでしょ。素直になりなさいってね。斜に構えてないで。

 とにかくね、明日のこととか誰もわからない。死ねばすべて同じは真実だけど、生きてる今、考える必要はない。明日は来るかわからないけど、確率的には来ると思う。だったら、明日をどう生きたいかくらいは考えていい。楽しく生きるか、しょうもなく生きるか。美味しく食べるか、不味く食べるか。それくらいの姿勢は持っててもいい。オレは「楽しく」を選びたいだけ。実家を出ようが出まいが同じこと。だけど、出た方が楽しいか、ハッピーか、自分の人生を生きているか。その辺の観点からすれば、オレはもっともっと楽しみたいだけじゃん。だとすれば、オレは「動く」を選びたいだけ。
b0002156_23523010.jpg

 ちなみにこれは今年9月にアイルランドの前に寄ったアブダビの元遊牧民のご家庭で食べた子羊の丸焼き。もう、これ以上の羊(肉)を食うことはないだろうと思うほど美味かった。最高だね。それにしても、今年はいろいろエキサイティングだった。オレだけじゃなく、出会った人たちも、一様にエキサイティングだった感じ。ツアーもたくさんしたし、何度かご参加頂いた方もいた。結構いた。定期的に会うようで、そのたびに変化、成長してるんだって話したと思うけど、今月は東京・大阪・福岡でツアー参加者限定の忘年会をするんだけど、なんかね、すごく楽しみなんよ。それぞれ幹事を名乗り出て頂いて、日程が決まるや一気に人も集まって。その勢いを見ると、やっぱ、2013年はエキサイティングだったな~と思うわけよ。そして来年はさらにエキサイティングよ。マジで。腹に入ったら同じでも、腹に入れるまでがオレたちは大切なの。いつ腹に入るかわからないけど、味わって味わって味わい尽くそうぜ、人生をってとこ。

 今日は14日のセミナー資料を作ってたけど、明日には完成しそう。新ネタもたくさん登場するし、激しくいきたいね。楽しくいきたいね。そして、飲んで、じっくり語りたいね。てなわけで、そうそう、明日の早朝の滝で満行です。今年も「年間100日」を達成しそうです。感謝してお滝を頂きたいと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■12月14日(土)/東京/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー
by katamich | 2013-12-10 23:39 | ■精神世界