あの法律の話 2013.12.6



 まあ、この話をすると、ものすごい反発買いそうだから遠慮してたんだけど、今日、成立しちゃうのかな。ニュースではまだ継続中のようだけど、あの法律に関しては、何も問題ないってのが私の、と言うか、普通の見解です。フェイスブックにちらっと書いたら、さっそく反対意見が出ましたので、そこへの返答とあわせてご理解頂ければと思います。


Q)まあ、反対意見の多い法律ではあるけど、主旨をきちんと理解すれば、至極まっとうな法律。世界各国には普通にあるし(例えばスパイ防止法)、今さら感さえある。原発だなんだと、拡大解釈しては声高に反論するのだけど、本来の主旨を理解する、条文をきちんと読めばなんら危険でもない。もしこれが戦前の治安維持法のようになれば、それこそ世論は黙ってない。なぜ必要か、その背景は、まずはきちんと理解すべし。

--
反論)放射能被ばくの実態、健康への影響、拡散情報、これら全て、特定秘密として扱われるのです。今でさえ高い線量の元、生活せざるを得ない人間も私を含め沢山おります。言いたい事は山程ありますが、石田さんも所詮対岸の火事、他人事なのでしょう。私の周りだけでも風評被害等で生活が困窮し、自殺した友人が5名、行方不明が3名おります。福島県人を救い、手を取り合い、元の生活に戻す仲間はやはり福島県人しかいないのでしょうか。悲し過ぎて呆れます。

--
Q)>放射能被ばくの実態、健康への影響、拡散情報、これら全て、特定秘密として扱われるのです

条文には書いてませんよ。日本は法治国家ですから、もしこれらが特定秘密として扱われるとすれば、国家の根底が覆されます。原発問題とは全く別物じゃないでしょうか。

そもそも、ここでの「特定秘密」とは一般の民間人が知りえないような国家機密のことであって、被爆の実態云々は福島県民はおろか、知ろうと思えば誰でも入手できる情報ですよね。民間人にとってはほとんど無関係な法律であって、そもそも成立の背景を反対論者はほとんど理解してないように思います。

例えば、古い話ですが、「プルトニウム運搬船がいついつに日本に到着する」なんて情報は完全に特定秘密。関係者のごく一部しか知りえない情報で、もし、こんな情報が北朝鮮にでも漏洩されたら、国家の安全を著しく脅かしますよね。だけど、今まではその漏洩を防ぐ法整備が万全じゃなかったことが、そもそもの成立の背景なんです。もっとも、全世界が平和であれば、こんな法律自体、必要ないのに。。。そうなることを願います。

--
反論)そうですか。実態云々は誰でも入手できる、とありますが、(内部情報につき削除)。多分ではありますが、放射能、線量、健康被害等は、テロリズムの防止、に含まれてしまう可能性があるのではないでしょうか。今でさえ本当の情報が届いてない中、これ以上県人に真実が隠されるのを危惧しています。八つ当たりのような態度、お許し下さい。

--
Q)>多分ではありますが、放射能、線量、健康被害等は、テロリズムの防止、に含まれてしまう可能性があるのではないでしょうか。

この辺が拡大解釈であり、マスコミが反対のためにこぞって煽った主張。もし、原発に関する「本当の情報」を漏らした人がいて、その人が逮捕されようものなら、法曹は黙ってませんよね。そうなったら私だって反対しますし、法治国家には裁判という強い味方があります。原発の話は別問題。それよりもこの法律が必要な、優先すべき理由があること自体、周知されていないことが問題かな、と思います。なので、原発については、どんどん本当の情報をお伝え頂ければと思います。




 なぜこんなに世論からの反発を買うのか。簡単な話。マスコミが騒ぎ立てるからです。反日勢力云々の話はさておき、マスコミってのは、政府と対立するのが基本姿勢であり、特に情報を売ってナンボなので、客観的に見ても反対して当然の立場なんですね。もちろんこのような法律が成立すること自体が、世界平和の観点から嘆かわしいことなんですが、それでも現実的な成立背景があることから目を瞑ってはならないと思っています。

b0002156_0225685.jpg 国家の役割は国民の生命と財産を守ること。地方自治体の役割は市民の生活を守ること。そのような意味で、この法律の意義はあくまでも「国民の生命と財産を守る」ためにあるのです。原発情報が「特定秘密」になるかどうかって話がありますが、そもそも一般市民が入手できるような情報が特定秘密になどなり得ませんから。ここでの特定秘密とは、あくまで「国家の安全保障を脅かす情報」のことであり、戦中の真珠湾攻撃やゾルゲ事件を引き合いに出すまでもなく、日本って国は昔からその辺のシメがものすごく甘かった。それを国際標準に合わせましょうってのが、この法律の成立意義なんです。

 原発情報を始め、一般市民が知ろうと思えば知れる情報など、絶対に特定秘密にはなりませんから。だから、恐れずにどんどん啓発していいし、拡散してもいい。なんら表現の自由を束縛するものでもない。だけど、安全保障のためには「知ってはならない情報」があることは理解すべき。特定秘密になるかわかりませんが、例えば、街中かどっかには飛行機の離着陸を安全に運航するための目印のようなものがあると聞きます(「探偵ナイトスクープ」でやってました)。それは、普通の人は知りえない情報。が、もし、関係者が漏らして、不特定の人に知れ渡ってしまったらどうなるでしょう。テロリズムがその情報を入手してしまうとどうなるか。乗客の安全は保障できたものじゃなく、ひいては、飛行機の運航それ自体にストップがかかります。と言うことは、交通手段が著しく制限され、日本はおろか世界の移動、物流、交流のコストがあり得ないくらい激増し、世界経済がパニックになります。

 「知ってはならない情報」とはそのようなものとお考えください。って、オレが説明するようなことじゃないとは思いますが、何でもかんでも「知る権利」を通していいわけじゃんないんです。実際問題として。一般人が知るととんでもないことになる情報がある。その漏えいを防ぐのがあの法律の意義。あの法律によって、「可能性がある」レベルのデメリットよりも、既に現実に必要とされるメリットの方が大きい。その事実をゆがめているのがマスコミ。実際、あの法律よりももっとヤバい法律が審議されてたのに、そのことはほとんど報じられませんでした。人権擁護云々の法律のことね。民主党がマニフェストそっちのけで通そうとしてましたが、幸い潰れたのでよかったです。

 ですのでまあ、マスコミにはそれ自体に主張があって、決して中立ではないと思って接するのが基本ですね。と言うわけで、今日は久々に時事ネタを取り上げましたが、心配なしってこと。本当は別に書きたいことあったけど、寝る時間なのでこの辺で。ありがとうございました。


今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■12月14日(土)/東京/90日で願いを叶える「引き寄せの法則」実践セミナー
Commented by purin at 2013-12-07 10:59 x
Qさん、さすがです。
Commented by ラブミドリ at 2013-12-07 11:36 x
あーー、良かったーー。
Commented by nana at 2013-12-07 14:13 x
一言一句同意。

今回、石破さんがミスったのが意外だった。
あの方はすごく言葉選びのうまい人だなと思っていたんだけど。。
Commented by もきき at 2013-12-07 15:19 x
反対派の人たちの顔ぶれを見れば絶対に通すべき法案ですよ〜。成立してよかったです〜。
Commented by poo at 2013-12-07 19:04 x
可決してよかったです。反対派は思い込みばかりで全く反論になってません。原発はめくらましです。
Commented by 日咲野 at 2013-12-07 21:39 x
なるほど〜。気になってました、実際のところどうなんだろう??どっちなんだろう?どう考えたらいんだろう?って。
趣旨とか背景ちゃんと知らないとダメですね…。
ありがとうございます。
Commented by にこえがお at 2013-12-08 13:44 x
リチャードコシミズとか見て裏側の情報も考慮すべきです。
Commented by katamich at 2013-12-08 22:43
■purinさん!
ありがとうございます1
Commented by katamich at 2013-12-08 22:43
■ラブミドリさん!
はい!
Commented by katamich at 2013-12-08 22:43
■nanaさん!
ま、感情的に反対するだけの人を相手にするのは疲れますよね。
Commented by katamich at 2013-12-08 22:44
■もききさん!
おっしゃる通りです。
Commented by katamich at 2013-12-08 22:45
■pooさん!
原発はまったく関係ないのに、ナイーブな人たちをひっかけてるだけ。原発を持ち出せば正義になれると思ってる。アホです。
Commented by katamich at 2013-12-08 22:45
■日咲野さん!
ちゃんと読めば普通にわかるはずなのに。
Commented by katamich at 2013-12-08 22:47
■にこえがおさん!
リチャードコシズミ、ベンジャミンフルホードらは単なるファンタジー作家。ブログ等でアナタが読めてる時点で、それはすでに裏の(真実の)情報ではありませんから。
by katamich | 2013-12-06 23:39 | ■時事問題 | Comments(14)