成功するためには・・・ 2013.11.9



 本日より3週間目の滝行に入ります。21日行は一月に続き二回目なんですが、なんだかあっさり終わりそうな感じかな。今日から一週間の滝行に入ると同じような感じで。まだ、そこまで冷たくもないのですが、やっぱり、滝に入る直前は身がひるみますし、終わったら爽快。楽しいです。

 ところで今日は一日、書き物をしていました。あまりネタ的な話はないのですが、せっかくコメントでご質問を頂いたので答える形で今日の日記にしたいと思います。昨日の記事コメントより。


質問なのですが、願望実現するためには身体的強靭さは必要なのでしょうか?


 必要と思えば必要だし、関係ないと思えば、それほど必要でもないと思います。もちろん弱いより強い方がいいとは思いますが、だったら、どれくらい強ければ満足か、また、どのような願望に対してなのか、も無関係ではないでしょうね。


Qさんは年間100日以上の滝行を10年継続という超人的な身体を持っているので成功されていると思っているのですが、無関係なのでしょうか?


 無関係だと思います。まず、私自身、決して超人的な身体を持っているわけではありません。滝行ができるのは、第一に時間があるから。そして場所が近くにあるから。今思うと、正直なところ、2005年2月に初めて21日滝行をしたのですが、当時はサラリーマン。あれ以上に過酷な滝行はなかったと思っています。もし、何か関係あるとすれば、身体能力と言うより、精神力でしょうね。当時はある種のどん底でもありましたし、わらをもすがる思いで行じていた感じ。

 そして今となっては、確かに当時と比べると恵まれた環境にはなりましたが、それでも滝行を辞めると、グダグダな生活になりそうな気がするので、ま、ライフワークであり、精神的支柱のようなものでしょうか。今となれば、滝行は辞める方が苦しいと思います。滝行できるくらいの普通の健康状態は維持していきたいですね。

 蛇足ですが、私が滝行をやってるからある程度の状況を実現したんだと思うのは勝手ですが、ただ、そうなると「滝行をしなければ成功しない→家の近くに滝がないから成功しない」などの制限を作ってしまうことが考えられますよね。実際はそんなことは絶対ないわけで、滝行に限らず、「〇〇しないと成功しない」などの条件付けは妨げにしかならないでしょう。

 さらに蛇足ですが、もし仮に近くに滝があったとしましょう。すると、「滝行をしさえすれば成功する」と考えて、本来すべきことをおろそかにするようでは逆効果だと思います。例えば「年収1000万円」を目標にしたとしましょう。そのためには、きちんと結果に結び付いた「行動」をすることが不可欠であり、ほとんどの場合、滝行とは無関係なはず。私の場合は己を律するために滝行を活用はしていますが、今も昔も、目標達成に向けて、滝行だけしていたのではありませんから。

 さらに言うと、滝行をすれば成功する、と考えるのはある種の逃げでしかありません。滝行に限らず、座禅、瞑想、写経、ウォーキング、武道、など、その道のプロになるなら別ですが、ほとんどのビジネスにおいて、直接役立つものにはなりません。収入をアップさせるには、そのための当たり前の「行動」があるはず。優先順位の高い行動があるはず。しかし、多くの場合、それはかなりストレスだったりします。それをせずに「やってる気」になるだけの滝行であれば、目標達成に向けてやらない方がマシ。100日やろうが1000日やろうが、お金は入ってきません。ビジネスはオカルトではありませんから。

 思い出した。これは本人に言ってないので、ちょっと気が引けるのですが、重要なことだから書いておきたいと思います。先日アイルランドに行きましたが、ホテルのベッドの枕元に名刺を置いているメンバーがいました。仕事用の名刺と思います。「忘れものだよ」と言ったら、わざと置いてるとのこと。これはハッキリ言って、ムダを通り越して、決してやってはならないこと。

 「何もしないよりマシ」との論理があるかもしれませんが、実は違うんです。もっとも、本人が地元の企業などに飛び込みで名刺やチラシを配りまくり、そうでなくともポスティングをしまくった上でならいいと思いますが、それをせずに、ほとんど仕事に関係ない日本の裏側の国のホテルに名刺を置いたところで、自己満足以上にはなりません。もちろん自己満足が目的って意見もあるでしょうが、問題なのは、それをやったことで、「やってる気」になること。

 物事にはすべて優先順位があって、「80対20の法則」に見るように、優先順位の高い上位2割が全体の8割の実績を作っている経済原理があります。もし収入を上げたいのであれば、必要な上位2割に集中すべきであって、8割は切り捨ててもいいくらい。アイルランドで名刺を配るという行為が、日本でのビジネス展開においてどれだけの優先順位になるかは言うまでもないでしょう。もっと言えば、優先順位の低い下位2割には決して手を付けてはならないのです。「何もしないよりマシ」という大義名分をかざして、その下位2割に手を付けそうな誘惑には決して負けてはなりません。

 これはコーチングのクライアントさん対しても当てはまるのですが、「目標」に向けて優先順位の高い2割にとことん集中すること。8割は捨てる覚悟で、ましてや下位2割にだけはできたとしても決して手を付けてはなりません。

 滝行も同じこと。もし、収入をアップすることが目標であれば、滝行の優先順位はどの辺か。今の私にとってはかなり高いところにはありますが、そうでない人の方がほとんどでしょう。写経も瞑想もその他諸々、その道のプロなら別ですが、目標があるならそれに直結した行動を最優先すべき。ちなみに私の場合は、会社を辞めた直後、何をしていたか。滝行もしていましたが、当時はマルチビジネスくらいしかやることなくて、そのために日中はアポを取りまくっていました。4~5か月で200人近くと商談めいたことをしていました。ほとんどが不発に終わったものの、当時の量稽古がその後の展開において大いに役立ったことは事実です。

 話がそれましたが、滝行と成功はほとんど無関係です。滝行して「やってる気」になるだけなら、それは目標達成に向けて害悪にしかりません。
b0002156_057264.jpg

幼少期の貧乏や容姿に対する強烈なコンプレックス等の心理的要因がない限りは、願望実現への行動を継続させるだけのパワーを引き出せないような気がするのですが、Qさんのお考えだとどうでしょうか?


 それも間違ってますね。確かにコンプレックスがパワーに転化することはありますが、その逆もまた真だからです。例えば貧乏がコンプレックスだったとしましょう。結果論から言えば、幼い頃、貧乏な成功者もいれば、金持ちの成功者もいる。逆に貧乏だから大人になっても貧しい人もいれば、お金持ちだから貧しい人もいます。

 以前、こんなことを言う人がいました。「石田さんは男だからいいですよね。男だからちゃんとビジネスをしようと思えるもの。私は専業主婦だから~」、と。その方も何らかの資格を取っていて、ビジネス展開する準備はあったのです。だけど、それが思ったように成果に結び付かない理由は「主婦だから」と言うのです。旦那の収入で生活できるから、もう一つ本気にならない、と言うのです。

 それを聞いて、私はめちゃくちゃ羨ましくなりました。もし、自分以外の人の収入をあてにできるのあら、もっともっと大胆にやってるのに、と思ったからです。そして自分が本当にやりたいことを後回しに、サラリーマンに甘んじている男性の多くが同じことを思っているはず。生活費の心配さえなければ、すぐにでも会社を辞めて、自分のやりたいことに集中できるのに、、、と。

 ようするに、すべては自分の気持ち次第。「〇〇だから成功する」の「〇〇」には何を入れてもいい。島田紳助は「自分はブサイクやったから、女にモテるためにトークを磨いた(結果、ブサイクのおかげえ女にモテた)」と言ってましたが、「ブサイクだから女にモテない」もまた真ですから。家が貧乏だったから成功した、家が貧乏だったから今も貧乏も、どちらも正しい。どちらを選ぶかだけが、重要なのです。


特に平穏に生活してきた人が成功するのにはQさんのような超人的な身体をなんらかの形で手に入れる必要があるのではと思います。


 これまでの意見とかぶりますが、まったくの間違いですね。繰り返しますが、私は超人的身体など持っていませんし、家庭環境も特に目立ったものではありません。コンプレックスもあるにはあるけど、その程度なら誰だってあるかもしれない。本当に、何ら特別ではないと思っています。では、何が違いを生み出したのか。それは「志」だけだと思います。まったくの精神論ですが、最終的には精神論でしかないのです。

 今ならば家族を幸せにするため、という明確な理由はありますが、それ以外にも「自由に海外旅行したい」とか「現金でマイホームを買いたい」など、個人的な理由も無関係ではない。だけど、それらはかなり本気で思っています。そして何か一つを実現したら、その「喜び」はさらなる「喜び」への期待へと拡大します。その拡大された「喜び」を満たすため、もっともっと、もっともっと自分の人生を愛し、そして楽しむための「志」があると思っています。

 ただ、そもそもその「志」がないんです、、、という人もいるでしょう。そうであって、目先に何か目標や願望はあるでしょう。だったら、それに向かって愚直に行動するところからスタートなんです。そしてどんな小さな願望であっても、実現すると嬉しいもの。その「喜び」をさらに膨らますために、また、愚直に行動する。その繰り返しの中で、自分でも納得できる「志」が出てくるかもしれません。

 と言う感じで、お答えになったでしょうか。また、何かご質問があれば、記事の中でもお答えしたいと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■11月22日(金)/名古屋/実現体質になるための「人生脚本」の作り方セミナー
■11月23日(土)/名古屋/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション
■11月30日(土)/福岡/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション
Commented by ドク at 2013-11-10 01:51 x
質問に答えて頂きありがとうございました。大変よくわかりました。

以前ラジオでドーバー海峡を横断するために過酷なトレーニングを積んでいた主婦の方が、プライベートでの家族の介護を「過酷なトレーニングを積んでいるからこそつらい介護も乗り越えられる」というようなことを言っていたので、願望実現に対する行動もそれと似ているのかと思いまして質問させていただきました。

また、滝行のように冷たい水に飛び込む覚悟が必要なものは、それを習慣化させることで腹をくくって行動することも習慣化されるのかとも思いましたので…。


まったく見当はずれの「推測」だったことがわかりました。ありがとうございました。
Commented by Osho at 2013-11-10 11:39 x
ときどき風邪ひきそうなことをブログに書いているQさんが超人的身体を持ってないだろうことはなんとなくわかるのですが、精神論で秘訣を言ってしまうのは不親切?な気がして、以前書かれていた、(コア)ビリーフがメインで関係すると思ったのですが、どうでしょうか。それが無意識下にあると、いろいろとやらない言い訳を言ってしまう、とか。なので、本来やるべきなんらかの行動をとるときに、なんかやりたくないなと思ったら、Qさんのセミナーなどでビリーフを解除し、超人的な身体ならぬ超人的な精神を手に入れるのがいい気がするのですが、どうでしょうか?
Commented by 千恵 at 2013-11-10 12:08 x
いつも楽しく読ませていただいています。

本来すべきことをおろそかにして。

というところが実現できなかった理由。
わたしは、ここだったなーと
思いました。

そして、ゼロを1にする。ということ。
昨日は、1にする意識を持ちました。

料理でお金をいただいたことは、
あるのですが。
意識がなかったことがわかりました。

1にする
意識をもつだけで、
こんなにも、重みがちがうのかと。

達成感がありました。
そして、1にすることをやっていきたいです。
Commented by joy at 2013-11-10 14:01 x
私はQさんの意志と行動力の賜物かと思っています。
年収も写経も滝行もブログも瞑想も。
スピであってもなくても、意志と行動力のある方は、みな現世でも成功しています。それこそがうらやましい、です。

継続はチカラなり。
そのうち一つでよいから私も続けたいです。
Commented by nana at 2013-11-11 00:25 x
前から思ってたけど、Qさんの写真ってすごくいいですよね。
この砂漠の写真もいいなあ。
お洒落だよね。
Commented by メガネ at 2013-11-11 05:28 x
行動が大事だとわかっているのですが、ストレスを感じてしまい実行に移すことができません。
石田さんの個人セッションを受けることで行動しやすいマインドになると思うのですがいかがでしょうか?



Commented by katamich at 2013-11-11 17:48
■ドクさん!
まあ、その方はトレーニングしてなくても、介護はちゃんとやるでしょうね。
でも、それでいいと思います。
Commented by katamich at 2013-11-11 17:50
■Oshoさん!
ビリーフが言い訳を生むってのは、そうかもしれないけど、ビリーフ探しばかりしてても始まりませんからね。
そんなときは、踏ん切りの意味でもセミナーやセッションを利用されていいとは思います。
Commented by katamich at 2013-11-11 17:51
■千恵さん!
ほとんどの人は、本来すべきことをわかってるんです。
だけど、いろいろあってストレスだから、安易な方に走って「やってる気」で済ませちゃうんですよね。
Commented by katamich at 2013-11-11 17:51
■joyさん!
ほんと、継続こそが重要ですね。
Commented by katamich at 2013-11-11 17:52
■nanaさん!
全部が自分で撮った写真じゃないですよ。
今日のは
http://www.wallpaperlink.com/info/worldheritage.html
からです。
Commented by katamich at 2013-11-11 17:53
■メガネさん!
ま、試しに一度来られて見てはと思います。
by katamich | 2013-11-09 23:39 | ■ビジネス・事業 | Comments(12)