呼吸の質が人生の質 2013.10.31



b0002156_2385399.jpg 今日で10月も終わり。2013年も残り2か月ですね。ですが、頭の中はすでに2014年に向いています。1月はまず21日滝行をするわけですが、2月は熱海合宿ワークスと、そしてできればチュニジア・マルタに行っておきたい。3月は9ステップと沖縄久高島ツアー(宮古島オプション)、4月はアンソニー・ロビンズにおそらく2冊目の出版で大忙しでしょう。いや~、初っ端から飛ばしそうだな~。ついでに今年のスケジュールもお伝えしておきますと、11月22日(金)は名古屋で「宇宙となかよし塾」です。新しい内容を考えているので受付が遅れていますが、週末には発表します。18:30スタートで6千円。いわゆる願望実現の「秘伝」を中心とした内容になるでしょう。翌日23日はグループセッションで、セッション枠はもうすぐ埋まりますのでお早めに。そして24日は名古屋観光して25日・26日で伊勢神宮。ちなみに10月頭の段階で伊勢神宮周辺の宿に片っ端から電話したのですが、10名以上空いてる宿は絶望的になくて、かろうじて11月25日のみ17名空いてる宿がつかまりすぐ予約。割と面白い宿で、人数も必然的に17名満員となりました。募集はフェイスブックの「宇宙となかよしツアー」ってグループでして、過去にツアーに参加された方が入ってます。該当するのに入ってないって方はお知らせください。あと、12月は東京と大阪でセミナー・セッションをする予定です。福岡でも一日くらい個人セッションをしようかな。

 そんな感じで10月も終わり。何度も言うけど、2013年はほんとに楽しかったな~。40年間の人生で最高でしたが、これは毎年更新されてるので、来年もまた生涯最高の一年になること間違いなし。88歳まではブログ書くので、その頃が人生のピークになればいいなあ、と思います。もちろん88歳以降も書きたいとは思いますが、願わくば、ブログの更新ボタンを押した瞬間に「ありがとうございました」とつぶやきながら大往生したいものですね。ま、今の読者さんの半分はすでにあの世でしょうし、その頃の大半はまだ産まれてない。ちびQもたくちゃんも還暦。うわ~、考えられんね。自分が還暦になるのもイメージできなけども、20歳から今までの時間がもう一度繰り返せば還暦。時間感覚はもっと早くなってるでしょうが、若々しい還暦になっていたいですね。旅行もバンバンしまくって、宇宙なんかにも行ったりしてね。渡辺貞夫や北村英治が80歳超えてバリバリ現役でライブもツアーもしまくってること考えたら、60歳なんてまだまだ若いね。

 そう言えば管楽器奏者って長寿の人が多い。80歳超えて現役なのは、パッと思いつくだけでも、ウェイン・ショーター、ソニー・ロリンズ、フィル・ウッズ、リー・コニッツ、オーネット・コールマン、バディ・デフランコがいますね。ほとんどが40年代から活躍してるジャズレジェンドですが、40年代って、、、第二次世界大戦じゃねえか!40年代後半、マイルス・デイヴィスが「クールの誕生」って斬新なアルバムだしたんだけど、そこでカミソリのような鋭いアルトサックスを吹いてたのがリー・コニッツ。同時期、コニッツは「サブコンシャス・リー」なるアルバムを出してるのだけど、それがまたすごいもんね。剣の達人の名刀にかかれば、切られたことすら感じないままに肉片になるって言われますが、あの当時のコニッツのアルトはまさにそんな感じ。そんなのが今も現役ってのだから、時代ってなんなんでしょうね。それより後で流行った「リンゴの唄」とか「青い山脈」とか戦後の唱歌を聞くと古くさく感じるけど、当時のコニッツとかロリンズ、パーカーを聞くと、なんてイケてるんだろうって今でも感じますもん。これが古典なんだろうなあ。

 で、ジャズの話ばかりしててもアレですが、管楽器奏者が長寿で元気なのは、やっぱり「呼吸」と関係してると思うんです。私もクラリネットやサックスを吹いてたからわかりますが、いい音を出すには、のどを開いて、倍音成分の豊かなスピード感のある鳴らし方が不可欠ですもんね。浅い呼吸ではまずいい音は出ない。つまり、管楽器奏者は普段から絶えず深い呼吸をしているからこそ長寿なんです。実はですね、人生って「呼吸」なんです。実際の話、呼吸が止まると人生自体が終わってしまいますが、ようは「人生の質」とは「呼吸の質」なんです。あまり大声では言えることじゃないですが、個人セラピーなどをしていると、私は常に目の前のクライアントさんの呼吸に注目しています。そして制限となるビリーフ、特に「存在するな」とは「愛着を感じるな(この世は危険)」などのビリーフを持っている人は、例外なく呼吸が浅いです。ここだけの話ですが、先日は「深呼吸ができません!」と言われるクライアントさんがいらっしゃいました。

 で、セラピーで強い感情とともにビリーフがチェンジしたら、見違えるほどに呼吸が深くなります。「とりあえず深呼吸しましょうか」と促すこともありますが、ある方は「あ~、空気がおいしい!」と言われました。それもそのはず、深刻なビリーフ(トラウマ)を抱えている人は、普段から浅く濁った空気しか吸ってませんから。一時期、深海水ってのが流行りましたが、深いところにある水は美味しくて当然。水たまりやため池の水とか飲めたもんじゃないでしょ。「存在するな」ってビリーフのある人は、そんな水を普段から飲んでるんですよ。そりゃ、寿命縮めて当然じゃないですか。

 そこで、今この場でできること。まずは深い深い深呼吸をしましょう。深海水を、100万年前の太古の水をゴクゴク飲むように、新鮮な酸素を肺の中にいっぱい入れましょう。そしてはきましょう。それだけで寿命が2秒延びました。あと、できれば呼吸法もいろいろ試してみると良いと思います。例えば、「吸う・止める・吐く」の秒数を「7秒・3秒・3秒」でスターとして、それができれば「7秒・3秒・7秒」へ、次に「10秒・5秒・10秒」、次に「15秒・5秒・10秒」などとやってみる。最終的には「15秒・7秒・15秒」ができればOKかな。達人になると「1分1呼吸」などと言って「20秒・20秒・20秒」でやる人もいますが、ここまで頑張る必要はないでしょう。ちなみに私はできますが、5分(5回)が精一杯かな。「15秒・15秒・15秒」は普段やってますが、実はこのカウントは、、、かなり深い意味があるのです。

 「15秒・15秒・15秒」、、、これだけは特別なカウント。15秒って聞いて何を連想するでしょうか。そう、テレビのCMの時間ですよね。たまに短いのも長いのもありますが、15秒が平均。実はこの15秒が最も潜在意識にインプットされやすい秒数でして、経験的にか、学術的にかはともかく、15秒のCMが日本では最も多い。小さな子どもが集中できる時間とも言われます。で、この15秒×3なんですが、これを願望実現に活用する秘術が実はありまして、それは前も書いたと思うのですが、「息を止めている間に願望をイメージする」なるやり方です。何度も言うように「願望」はストレスです。そして人はストレスを感じているとき、例外なく呼吸が止まっているから浅くなっています。その状態ではさすがに苦しいので、願望そのものを放棄してしまうのが、実現しないメカニズム。

 ここで先日も書いたように、願望を実現するには、ストレスを「圧縮」する必要があるんです。そこで起こっている身体反応こそが「呼吸を止める」です。詳しい話はまたどっかでしようと思いますが(11月の名古屋でもしますよ~)、この呼吸法はまさに願望実現のメカニズムそのものなのです。私は毎晩の瞑想のとき、10分くらいはこの呼吸法を実践しています。潜在意識がガンガンに動かし、同時に深い呼吸でリラックスを導くわけです。これで寿命は延びるは、健康にはなるは、願望は叶うはで言うことなしですね。

 そんなとこです。ところで昨日書いた「完全成功約束型コーチング」ですが、問い合わせがすでに数件。まだやると決まったわけじゃないですし、よく考えると、そこまで時間と労力を集中する余裕があるかもわかりません。また、成功約束型とは言え、実際にやることはかなりシビアなので、簡単に月収50万円になる、とは考えない方がいいと思います。その意味では、もう少ししっかり準備をしてからでないと不発に終わりそうなため、慎重に進めさせて頂ければと思います。ただ、通常で募集されるコーチングでは、その辺のノウハウはしっかりとお伝えすることはできますので、それもあわせて、人生の決断の時期がやってきた人はお申し込み頂いても大丈夫です。まずは1回3時間の単発のコーチングからでもOKですが、これもまた不定期募集なのですみません。

 それから昨日書いた「〇〇から△△を得ること」ってお金のビリーフチェンジは主にサラリーマン(フリーター含む)に関してであり、すでに経営者やフリーランスである人には関係ありません。しかし、サラリーマンを脱出してフリーランスで稼ぎたい人は、必ず通らなければならない道でして、それができなければサラリーマンのままの方がいいです。逆に、それができればフリーランスもOKってとこかな。今日はセッションが数件あって、「ブログに書いてたことを教えてください」と言われたので詳しく説明しました。なるほど、ブログに書くと誤解されますね、とご理解は頂けました。ですが、時期を見て、そのうち記事に起こしますのでお楽しみに。そんなとこで、今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■11月23日(土)/名古屋/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション
by katamich | 2013-10-31 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)