興奮のアイルランド四日目!〜バレン、古城 2013.9.26

こちらの宿は夜、パブで音楽ライブがあったのですが、とにかく夜更かしができない状況だったので、音楽をゆっくり楽しむことは少なかったかも。朝はこんな感じでブレックファーストになります。
b0002156_1185853.jpg
質素なコンチネンタルですが、これくらいで十分かもですね。
b0002156_119147.jpg

朝はたいてい曇ってるみたい。島を出ます。
b0002156_1335311.jpg

ゴールウェイに戻り、ランチタイムはゴートって街に寄ります。何があるって街じゃないけど、この手の小さな街はお気に入り。
b0002156_1335974.jpg

こちらでランチ。四川風牛肉とライス、スープ、サンドイッチなどをまたもシェアして十分。物価はそこそこ高いのですが安上がりです。
b0002156_134469.jpg

そしてグーグルマップに従って、バレン国立公園なる場所に向かいます。狭い道を通りながら、こんな場所に出てしまいました。イギリスの征服者が「溺れさせるための水も、首を吊る木も埋めるための土すらない場所」と形容するほどに荒涼とした大地。
b0002156_1341037.jpg

まさに「最果て」です。
b0002156_1341870.jpg

「巨人のテーブル」と呼ばれる名所。思ったより小さくて肩すかしながら、近寄って見ると、なかなか。パワースポットでもあり、ここに来るだけで願いが叶うとか。
b0002156_1354680.jpg

いろいろ遊べます。楽しいね。
b0002156_1355149.jpg

パワーを感じながら寝るオレ。
b0002156_1355550.jpg

本物の石はどんなに火や太陽に照らされても熱くならない。アラブの商人が言ってましたが、確かにそう。汗ばむほどに熱かったのですが、寝転ぶとひんやりと気持ちがいい。それでいて、何とも言えないパワーを感じる。本物です、ここは。
b0002156_1355937.jpg

本当に美しい空。
b0002156_136240.jpg

そして間もなく宿に到着。B&Bです。こんな小さな宿も、私が一つ一つネットで予約したのです。マメでしょ。今日の客はオレたちだけ。
b0002156_142335.jpg

部屋の窓から風景。心が安らぐね。
b0002156_141403.jpg

寝るオレ。
b0002156_1414486.jpg

フルートを吹くジュン君。
b0002156_1415084.jpg

ティンホイッスルを吹くオレ。曲目は、ダニーボーイ、大きな古時計、ふるさと、なだそうそう、Cジャムブルース、ワンノートサンバ、スイートメモリーズ、バットノットフォーミー、上を向いて歩こう、卒業写真などなど、ジャンル関係なく思いつくままにセッション。
b0002156_1415441.jpg

古城に向かいます。宿に着いてすぐに飲んでしまったので、運転は交代。
b0002156_1454593.jpg

う~ん、素晴らしい。 
b0002156_1455041.jpg

駐車場に到着。向うに見えるのが古城です。
b0002156_1455687.jpg

で~ん。今日はここで晩餐会。こんな催しも見つけてはネットで予約。この細かい準備があってのこと、と自分で言っておきます。
b0002156_146368.jpg

入ります。
b0002156_1461062.jpg

ミード(蜂蜜酒)で歓迎。梅酒を強くしたような味です。美味いです。
b0002156_1461560.jpg

アイリッシュハープの演奏で歓迎。
b0002156_1462278.jpg

晩餐会の時間までこうやってミードを飲みながら待ちます。
b0002156_1503749.jpg

スタート。席に着いてワインなどを飲みつつ、食事を楽しみます。
b0002156_1504375.jpg

前菜はサーモンとサラダ。ソーダブレッドもあります。
b0002156_1505071.jpg

本日のお客さんの中から王様と王女様を決められます。
b0002156_1505787.jpg

ジャガイモのスープ。
b0002156_15133.jpg

スプーンを使わずに頂くのが中世風だとか。
b0002156_1511136.jpg

次々と料理が運ばれてきます。
b0002156_253531.jpg

魚、ポテト、茹で野菜にマッシュルームソースがかかってます。ソースが美味い。けど、量が多い!
b0002156_255515.jpg

歌や芝居で楽しませてくれます。アイルランドの歌はいいなあ。
b0002156_26477.jpg

晩餐会が終わっても、まだちょっと明るい。日没は8時頃。 
b0002156_262631.jpg

あっという間に暗くなります。
b0002156_264557.jpg

私たちは最後までお城に残っていました。
b0002156_265011.jpg

宿に帰ってからも、ジュン君とセッションしていました。女子部屋では大きな笑い声が。いいな~、旅って。だけど、もうすぐ終わりに近づく。切ない。終わりがあるから始まりもある。もっともっと楽しいこと考えよう。ありがとうございました。


Commented by joy at 2013-09-29 19:10 x
アイルランドを満喫してますね^^。
妖精さんはいましたか?
Commented by purin at 2013-09-30 12:26 x
いつもある、「寝るオレ。」に受ける私です^^ 。
Commented by katamich at 2013-10-01 17:49
■joyさん!
いました!
Commented by katamich at 2013-10-01 17:49
■purinさん!
まずはお決まりで。
by katamich | 2013-09-26 23:39 | ■旅・ツアー | Comments(4)