奇跡のアイルランド三日目!〜イニシュモア島 2013.9.25



 今日はいよいよアラン諸島(イニシュモア島)に渡ります。事前にフェリーをネット予約していたのですが、天気も順調で無事に就航されそう。朝食はコンチネンタルメニューです。
b0002156_1564014.jpg

 こんな感じ。ここのホテルは街中にあり、簡素ではありましたが、必要十分であり満足。朝食も美味しかったです。この後、ロンドン在住のマサコさんとお別れして、再び9名に戻って旅を進めるのでした。マサコさんは2006年か2007年くらいから私のブログを読んで頂いていて、こうやって一緒に旅ができて私もとても嬉しかったし、それだけにお別れは寂しいものがありました。他のメンバーもすごく寂しがっていましたが、また日本ででもどこでもお会いしましょう!
b0002156_15185150.jpg

 そしてゴールウェイを出て西に走ります。アラン諸島行きのフェリーが出る港。
b0002156_15194991.jpg

 こんなフェリーです。
b0002156_15202233.jpg

 おっと、島に着いたら晴れていた。
b0002156_15412180.jpg

 そして本日の宿まで徒歩15分をかけて歩きます。
b0002156_15415429.jpg

 チェックインは3時なので、荷物を預けてそれまで自転車で島を散策。いや~、楽しいです!
b0002156_15431457.jpg

 走ります。いい天気。
b0002156_23174895.jpg

 マリア様はいたるところに。
b0002156_23185996.jpg

 牛。
b0002156_23214285.jpg

 途中のカフェでランチにします。
b0002156_23225286.jpg

 スープとサンドイッチ。アイルランドではやたらとスープを頂きましたね。
b0002156_23282452.jpg

 ああ、素晴らしい。
b0002156_23303065.jpg

 この道はドン・エンガスに向かう上り坂。島の全貌が見渡せます。
b0002156_2332309.jpg

 着いた。断崖絶壁。
b0002156_2335993.jpg

 落ちたら命の保証はないけど、柵もありません。あくまで自己責任。
b0002156_2338329.jpg

 UFOと交信中のオレ。
b0002156_23434875.jpg

 こちら側も素晴らしい景観。
b0002156_23404021.jpg

 断崖絶壁で寝るオレ。
b0002156_23464171.jpg

 いつも間にか寝るオレの周りに。。。
b0002156_23582058.jpg

 ドン・エンガスを降りて、再び自転車で帰ります。ちなみにこの日は2時間以上は自転車に乗ってたと思います。思った以上に広いのです。この島は。
b0002156_23595464.jpg

 また、牛。
b0002156_014395.jpg

 ちょっと久高島に似た雰囲気もあります。形もよく似てるしね。来年3月にはまた久高島行きます!
b0002156_075740.jpg

 ヤギ。
b0002156_095869.jpg

 本日の宿。表記はゲール語(アイルランド語)で、よく聞くと、英語じゃない言葉が普通に話されてます。
b0002156_0141887.jpg

 オレのティンホイッスルとジュン君のフルートでセッション。ジュン君はどんなキーでも瞬時に伴奏を付けられる才人。ジャズ研出身なので、いろいろと遊ばせてもらいました。私の口ベースとジュン君のフルートで、チャーリー・パーカーのコンファメーションとか、、、マニアックな曲なんかもね。ほんと、楽し過ぎます。
b0002156_0162985.jpg

 港近くのレストランで夕食。サイダーと言われるお酒と、スープと、ステーキと、いろいろ。だけど、一つ一つの量がやたらと多いので、3分の2ほどの注文で十分。最初に共通経費として100ユーロ集めて、そっから夕食とか必要なものを出してるのだけど、思った以上に減りません。グループで行くとそれだけ安上がりになりますね。
b0002156_0173786.jpg

 実は帰り道、UFOと接見しました。該当もない暗い道、スマホの光だけを頼りに戻っているときのこと。神秘的な出来事でした。そして宿に着くとすぐにバタン。日中にフル活動して、酒飲んで、たくさん食べて、9時には勝手に就寝。食べた直後に寝るもんだから、やっぱり太るよね。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-09-25 23:39 | ■旅・ツアー