たくちゃんのおかげ 2013.9.13



 今朝は肝を冷やしました。いろいろ準備して寝たのが3時頃。6時の新幹線に乗らなければ大阪の10時からのセッションに間に合わないので5時に目覚ましをセットしていました。なんですが、バッハの「無伴奏チェロ組曲」の目覚ましが心地よ過ぎて目が覚めず。5時半にたくちゃんが泣き出してハッと時計を見ると一気に目が覚める。昨日のうちにすぐ出れる状態にしてたので、タクシーを呼んで洗顔歯磨きして15分後に家を出て何とかセーフ。たくちゃん、ありがとう。

 もし、この6時に乗れなかったら10時のセッションには間に合わず、最初の方に電話でお断りを入れなければならなかった。子どもとはやっぱどこかでつながってるんだなあ、と言うことを感じた今朝のことでした。そして10時15分前には無事に会場に到着して、19時まで9名連続セッションがスタートしました。一時間交代で次々と。休憩は5分もなく、ギリギリまで時には修羅場的なセッションをしつつ、終了と同時に次の方が入室、、、なんてことも多々ありました。だけども、それでOK。「一時間で終わらせる!」とコミットすると、そうなるんです。今日のアシスタントさんは養成講座の卒業生の方にお願いしましたが、専門的な目から見ても私のセッションは面白いと思います。例えば、テーマを聞いて、コーチング的なセッションを進めていると思ったら、いきなり根深いビリーフを発見して、そのまま流れるようにビリーフチェンジセラピーに突入、とか。そしてきちんと時間内に着地する。その辺の感覚は大量にやればやるほど磨かれる感じ。最初から教科書的なセラピーをする場面もあったけど、際物もいくつか。こればかりはブログに書けないのが残念。

 18時から最後の一名。私のセッションを受けられるのは二回目ですが、最初の15分である「発見」をしたので、それで終了。そのままアシスタントさんと三人でアルコールセラピーに突入。谷町九丁目駅の近くの居酒屋に入ったのだけど、それが大正解。お魚のめちゃくちゃ美味い店で、なんと北海道の高級魚キンキの煮つけがありました。一尾3,000円くらいするのですが、迷わず注文。前に一度食ったとき、その美味さに腰が抜けそうになったのを覚えています。このお店は素晴らしい。大阪でセラピーするときはまた寄ろう。アルコールセラピーでは、アシスタントさんへのお疲れさまと、クライアントさんへのサービスの意味で小一時間のつもりが、料理が美味しかったのでちょっと長くなり。ま、いいか(もちろん私がすべて支払いしましたよ~)。

b0002156_9223229.jpg その後、谷九から天王寺へ向かい、MIOの中の居酒屋へ。ちょうど一週間前、恩師である吹奏楽部顧問の先生がお亡くなりになり、そしてこの週末のために各地から集まってくることもあり、「献杯」の宴に私も参加。近しい後輩、同級生、先輩ら10名ほどいらして、私もお酒が入っていたこともあり、突然、クライマックス。湿っぽい席は恩師も嫌がるだろう。途中、なんどか涙がこみ上げる場面もあったけど、だけど、笑って笑って笑って楽しく過ごせました。そのまま二件目も。近くにホテルをとっていたので、何となく夢遊病のように帰って、気が付けば今日も全裸。しかも、布団に入らず、ベッドに大の字で寝てました。急いでシャワー浴びて、今ここ。この週末、私は新たなゾーンに突入します。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-09-13 23:39 | ■日一日