宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

はい、できます 2013.8.16



b0002156_1812280.jpg 福岡に戻ってまいりました。暑いのと、子どもたちが元気なのとで、ぐったり疲れました。新幹線の狭い座席でたくちゃんが動き回る。二男はやっぱり腕白だなあ。ちなみに今回はちびQが大変でした。大阪が余程気に入ったのか、前日から「帰るのいやだ~」と言って泣き出してしまってまして。でもまあ、帰ってしまえば何ともないんですけどね。ちなみに右写真は今回の戦績です。いい仕事してます、二人とも。

 そんなわけで、明日からの3日間を経て、火曜日からまた東京です。この3日で資料作成などすべてやってしまわねば。面倒な用事もいろいろ増えちゃってるんですけどね。そして来週は河口湖での合宿。実を言うと、今回の合宿セミナー、、、定員は32名でこれまでのツアー・合宿では最多ながらも、当然のこと、キャンセルも多かったです。キャンセルがなかったならばとっくの満員になっているのですが、一週間前にして残席3名とまではなっています。一応、そして、今回は新規の参加者がとても多いです。一人で参加されるってどんな心境なんでしょうかね。きっと、申込みフォームを開いて書き込んでは閉じての繰り返しばかりでなく、フォームを送信してしばらくしてキャンセルなんて方もいらっしゃいました。気持ちはわかりますが、その「抵抗」を突破してこそ次のステージに進むのまた事実。私なんかもその連続でしたもんね。

 ちょっとまたお金の話で恐縮なんですが、今月の帳簿を会計ソフトに入力したところ、8月も現時点で200万円を突破していました。何が起こってるのかよくわからないのですが、お金がどんどん追いかけるように入ってくる。今年に入ってからはずっと100万円は超えてましたが、ここ3か月は200万円超えで、6月は300万円も超えていました。で、この「300万円」って数字を見て、ふと思い出したのです。2005年の12月だったか、めちゃくちゃ怪しい講演会に行きました。友人から誘われて。その話をブログにも書いたので、その後、何かと鬱陶しいことがあったので、珍しく全削除した記事でした。イニシャルはKK。検索するとまだやってるようです。その会は紹介でしか参加できず、初回は1万円。決して安くはありません。で、何をするかと言うと、「氣」による骨格調整とかがメインで、あとはダジャレ聞いたり、内容だけからすると1万円の価値はありません。しかし、その会に参加すると「奇跡」が起こるようで、最後の方に生の体験談がどば~と聞けました。サクラではなさそうです。セールスの成績がよくなった、彼氏ができた、妊娠したなど、割とまっとうなものから、「預金残高が勝手に増えてた」など、完全にヤバいのまで様々。

 で、その会でですね、私は一番前に座ってて、その講師から何度かいじられました。笑うと開運、なんて話では、私が前に出て馬鹿笑いする実演などもさせられたりとか。そしてその講師から聞かれました。「月収いくらがいい?」って。いきなりだったけど、とっさに「300万円!」と答えたら、2秒くらい握手して、「はい、できます」と力強く言われました。怪しい新興宗教そのまんまですが、言われて嫌な気はしません。あれから8年。確かにあの時はすごく経済的に苦しくて、何やったらいいかもわからなかったけど、今にしてその「300万円」に到達したことは無関係ながらも、ちょっと思い出すに足りるインパクトだったのでしょう。

 本当に「氣」を注入してもらったから実現したのか。だけど、そうだったら、私以外のすべての参加者もそうでなければおかしい。ようは、「思い込み」を注入しただけで、私がたまたま素直だからなのかもしれませんが、だけど、その講師を持ち上げるわけじゃないけど、「はい、できます」って言われたとき、本当にできそうな気がしたのもまた確かなこと。だからこそ、私もそうやって人に言っていこうと決めたのです。するとどうなるか。Qさんと会うと運が良くなるって言って頂ける人も増えてきて、ま、確かにそうだろうと思いながら、その理由も自分なりにわかるようになっています。

 ようは、前向きなことしか言わないんですよ、私って。確かに他人をdisったりすることも頻繁にあるし、時には面と向かって批判することもある。だけど、それは批判のための批判でもないし、もちろん感情任せでもない。それでもdisるのはよくないと思う人もいるでしょうが、だからと言って、人を心から嫌いになることはまずありません。「不幸な人は必ず誰かを憎んでいる」とは、斎藤一人さんも石井裕之さんも言ってましたが、私も同感。その点で言うと、私は誰も憎んでないし、もちろん憎むべき人もいません。社民党の福島某なんかも、政治思想的には腹立つけど、人間としてはいい人なんだろうな~って想像力は持ってますから。

 では、私は普段はどんなのかと言うと、本当に「絶対いける」しか言わないんですよね。こればかりは独立してから一貫してそう。ツレだとか、オカンだとか、身近な人から何度か「だいじょうぶか~」って言われたりもしたけど、どんな状況であって「大丈夫」しか言わない。それも強がってるわけじゃなく、本当にそう思って言ってる。だって、大丈夫なんだもんね。まず、一番大丈夫なのがお金。今でこそ、今回の帰省でも言いまくってきたけど、預金残高が決して多くない時期から言いまくってたもん。人生は「考え方」で決まる、っていつもいつも言ってますけど、これは寸分違わずそう。

「考え方=人生」

です。だからですね、「人生って思い通りになりませんね~」っておかしな言い方で、なってますって、普段から「思い」の通りの人生に。「商売は計算通りにいきませんね~」ってのもそうで、そりゃ単に計算が間違ってるだけじゃないの、その間違った通りの人生になってるだけ。目の前の人生は自分の「考え方」とまったく同じ。だから、目の前の状況を見れば、自分の「考え方」がよくわかるわけで。

 だけど、「考え方」って目に見えないですよね。では、どこで判断するかと言うと、普段から口にしてる言葉ですね。私も普段からいろんな人と接してて、それこそコーチングやセラピーをしてると、嫌でも「言葉」に聞き耳を立ててしまう。それこそ無意識でしゃべっているような言葉にこそ、その人の「人生」がある。ハッピーなのは、その人の言葉が普段からハッピーだから。人生うまくいかないのもまた、その人の言葉が普段からうまくいかないようなことばかりだから。普段からどんな言葉を発してるかで人生は決まります。しばしば私のところに人生相談のようなメールが来ます。正直言って、どうしようもない相談も多いです。生活苦しいけど、働きたくない。やりたいこともない。どうすればいいか、など。申し訳ないけど、それはその人の言葉の通りにすべてが現実になってるだけ。生活苦しいのも事実だろうし、働きたくない、やりたいこともないのもまた事実でしょう。だけど、それ、言ってどうするの。私に言ってどうするの。

 確かにワラをもすがりたい気持ちはわかるけど、私には直接はどうしようもないんですよ。もし言えるとしたら「考え方」を変えてください、それじゃわからなけければ、「言葉」を変えてください、しかないんです。逆に言えば、苦しいとか、働きたくないとか、やりたいことない、なんて「言葉」をやめて、「苦しいこともあるけど楽しいこともある」とか、「働きたくないけどなんとかなる」とか、「やりたいことないけどそのうち見つかる」とか言ってれば、その通りになるんですよ。この場合の「けど」はかなり使えますよ。日本語っては語尾の方が重要なんで、マイナスな状況であっても、「けど」でプラスに向ければそのうちそれが現実になるんです。すごくシンプル。

 話を戻しますけど、そのKKって講師から「月収いくらがいい?」って聞かれて、とっさに「300万円!」と答えたオレに感謝したいですね。もしそのとき、「え?20万くらいでいいです」なんて言ってたらそれ以上にならなかったかもしれませんからね。ちなみ意味、来週の河口湖合宿に向けて「掲示板」への書き込みが始まっています。いつもやってる通りの。そこで「短期・中期・長期」の「願望」を書いてもらっていますが、それ、書いただけ叶いますからね。ちなみに私は、

・短期(~半年):とりあえず二冊目の出版(現在、編集者が企画を出してるとこ)
・中期(半年~3年):著書が累計10万部突破(一年以内)、40万部突破(3年以内)
・長期(3年~):何らかの「養成講座」のようなことをスタートし、稼げる人を育てる


と書きましたが、普通に叶うじゃないですか、どれも。こういうのって難しいと思う人もいるだろうけど、だからこそ書くんです。書いたら、「はい、できます」ですよ、マジで。そのKKって講師も、初めて会う人だし、素性もわからないながらも、「はい、できます」って言った以上、それなりの根拠のない自信があるんでしょうね。私もそう。書いたり、言ったり、普段から思ってることて間違いなくその通りになるし、それがそのまま人生なんですよ。と言うわけで、いよいよ来週ですが、残り3名。間違いなく人生変わりますね。はい、できます。今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-08-16 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン