合宿セミナーの全貌が出た! 2013.8.5



 ようやくと「宇宙となかよし合宿セミナー2013 in 河口湖」の案内文を作成しました。今後もこのイベントは毎年恒例になる可能性はありますが、今回のテーマは「自分らしく生きるための技術」として、割とまともにやるつもりです。てなこと言うと、いつもはマトモじゃないのかい。いえいえ、そんなことないですよ。常にマトモです。ただ、やっぱり「宇宙となかよし」ってタイトルは普通に考えたら怪しいですもんね。魅かれるか引くかどっちか、両極端。だからいいのですが、とりあえずタイトルはそのままで、中身はいたってマトモです。特に今回は次の3つがテーマ。

・価値観に基づいた目標設定
・ビリーフチェンジ
・キーサクセスファクターの導入


 大きなテーマは「目標達成の技術」なんですが、その中でも特にネックになる要素。目標達成にためには「何をするか?」、「誰とするか?」などよりも、「どの順番でするか?」が何よりも重要。とにかくある「順番」の通りに積み上げれば、目標なんか勝手に達成してしまう、願望なんか勝手に実現してしまうのですが、ただ、そのプロセスにおいても重点化すべきことはあります。それが上の三つ。案内文にも書いていますが、まず、「目標設定」においては「価値観」が重要。単純に「儲かりそうだから」とか「人がやっててよさそうだから」が動機では、途中で苦しくなります。あくまで自分自身の「価値観」に結び付いた「目標」でなければなりません。

 例えば私の場合、「人生は『考え方』で決まる」って価値観を持っています。もっと深めると、「人は自ら成長できる」となり、「成長」や「変化」に対する強い信念・価値観を持っています。だからこそ、人を成長させたり、変化を促すような仕事が合っていると言えるでしょうし、その限りにおいて、長期的には絶対に失敗しないのです。もっと直接的に言えば、その限りにおいて収入が減ることはないのです。では、なぜにそのような「価値観」を持つに至ったのか。それは私の父親が教師だったことも関係あるでしょうが、覚えている限りのインパクトで言えば、やっぱり「ドラえもん」の第1巻ですね。生れて初めて読んだ漫画です。そしてこのシーン。
b0002156_16543726.jpg

 突然、未来からやってきたドラえもんが持ってきたのび太の「未来アルバム」です。今読むと、「就職できなくて自分で会社をはじめた」ってすごいなあ、と思うのですが、よくよく考えると、オレも似たり寄ったりか。結局、私が会社に入ったのは恩師のツテであって、まともに試験や面接受けて入ったのではありません。それでも合わずに4年で辞めて、もう就職しないと決意。今では法的にも社長(代表取締役)ですもんね。

 で、のび太は花火が原因で会社を丸焼けにしてしまい、それでできた借金が22世紀まで残ってて、子孫のセワシはたいへんな貧乏生活をしている、その原因を正すためにドラえもんが派遣されたわけです。ちなみにこれ以外にもジャイ子と結婚してやせ細る姿とか、まあ、ろくな未来が待っていません。気を落とすのび太に対し、ドラえもんとセワシがこう言います。
b0002156_16553263.jpg

「そんなに気を落とすなよ」「運命は、変えることだってできるんだから」

 おいおい、そんなに簡単に言うなよ、と思いましたが、実はこれは私の「価値観」にバチッと入ってるんです。だからこそ、会社辞める直前に聞いた「人生は『考え方』で決まる」って話に感銘を受けてしまったのでしょう。だったら変えてやろうじゃないか。「考え方」で変えてやろうじゃないか。そして今、確かに変わりました。10年前とはまったく違う地点に立っている自分がいます。収入的にも健康的にも人間関係的にも、そして人生的にも。だったら、今度はもっともっと人を「成長」させるお手伝いしたいじゃないですか。コーチや講師という職業はやはり与えられたものなのでしょう。オレは「のび太」であり「ドラえもん」だったんだ。

 こんな感じで、自分の「価値観」が明白になれば、「目標」も立てやすいし、ブレがなくなる。まずはそんなワークをしたいと思っています。ただ、それができても、いろんな障壁が立ちはだかります。それが「制限ビリーフ」です。この場合の「ビリーフ」には二種類あって、一つが「言語的ビリーフ」と呼ばれるもので、単なる思い込みレベルの話。これはメタモデルやリフレーミングなどのような言語的アプローチでチェンジすることができます。もう一つは「非言語的ビリーフ」と呼んでおり、自分でも気づかないような無意識に埋め込まれた制限のこと。代表が「存在してはいけない」などの禁止令。これは言語レベルで取り除くことは難しくて、セラピーなどの非言語的、感情的アプローチが有効となります。そして私はこの二つをやります。合宿セミナーでも、数名の参加者さんに対して「公開コーチング」と「公開セラピー」をしますので、実際に見てもらうのが一番早いでしょう。
b0002156_1659372.jpg

 そしてもう一つ。キーサクセスファクター(KSF)と呼ばれるもの。プロセスの中では「戦略」に入るのですが、目標を設定した、動機も完璧、ビリーフもチェンジした、、、だけどその方法論がわからない。「答えは自分の中にある」は半分正しくて、半分間違ってます。その間違いとなるのは、そもそも人は経験していないことを再現することは難しいって現実にあります。

 例えば月収100万円に到達したことがない人が、月収100万円になるコーチングをすることはちょっと抵抗があるでしょう。もちろん不可能ではないと思いますし、だったら10億のプロジェクトを動かすには、10億を稼いでないと無理なのか、と言えばそうでもありません。きちんとしたスキームを持っていれば、10億円稼いでなくてもコーチングはできるでしょう。ただ、10億にはそれなりの多大なリソースが必要となりますが、月収100万円くらいなら、コーチを名乗る以上、体験しておく必要はあるでしょう。特にプロコーチ、売れるコーチになるためには。クライアントから見ても、まったく稼いでないコーチと、稼ぎまくって忙しいコーチと、どちらのコーチングを受けたいと思うものでしょうか。

 そこでもし、「月収100万円」を目標とするならば、その世界を知らない人たちがどんなに頭をひねっても限界があります。だけど、知ってる人からすれば一発です。私も6月は500万円、7月は300万円近い月収がありましたので、月収100万円はすごく簡単に思えるし(実際8月5日現在ですでに80万円を売り上げています)、ちょっと話をすれば何がネックで、どうすればいいかはすぐにわかるようになりました。もちろん100万円に到達するにはそれなりのことをしなければなりませんけど。ちなみに堀江さんのコーチング講座でボランティアクルーをするには、2か月間で100万円以上を売り上げることが条件となっています。100万円の世界を知らないクルーが、100万円を目指す受講生をフォローすることなどできませんから。

 何が言いたいのかと言うと、「答えは自分の中にある」と言いながら、あらゆる「情報」がすでにあるわけじゃない。必要な「情報」は外から持ってくる必要があるのです。そしてその「情報」は常に手を延ばせば届くところにあります。先日、あるグループセッションにて、英語検定試験を目指している人がいらっしゃいました。セッションではそれがテーマとなったのですが、実はオブザーバーさんの中に、同じ検定試験ですでに高得点を持っていらっしゃる方がおり、昼休みにいろいろとアドバイスをもらっていました。私は生憎と英語検定試験に対するKSFはすぐには出せませんが、そのオブザーバーさんからすれば簡単なこと。

 では、もし私のクライアントが英語検定試験をテーマに持ってきたらどうするか。もちろん「わかりません」では済まされません。まずはクライアントさんにKSFを決定するための「情報収集」をしてもらいます。そして私も人脈を使って情報収集します。英語に関しては何人かいます。ダイエットに関してもいます。収入アップに関してももちろんいます。男女関係についてもいます。コーチもリソースを拡大する中で、どんどん成長していくもの。自分自身にKSFのリソースが蓄積されることもあれば、人脈によってフォローすることもできます。今の私はだいたいのジャンルについて専門的な人脈があると思います。

 では、合宿セミナーではどうするか。私にリソースがあればそれを提供できますが、なかったら他の30人の参加者の誰かが持っているでしょう。よほど突拍子もないものでなければ、ほとんどはカバーしてると思います。例えば「占い師として稼ぐ」であればいます。「本を出版する」に関してもいます。「美しくなる」についてももちろんいます。ちなみに私は今、ある出版編集者と企画を進めている途中ですが、その方は過去に100万部の大ベストセラーを担当されていました。100万部を知ってる編集者と知らない編集者とでは、やはり持つべきリソースが違うのは当然のこと。今日もタイトルについて、あれこれとメール交換をしたところ。知ってる人に聞く、知ってる人に近づくのが一番早いのです。
b0002156_16563785.jpg

 そんなわけで、ようやくと合宿セミナーの全貌を固めることができました。ただ、私の合宿セミナーは「夜」もまた楽しみの一つ。「価値観」のある人たちばかりなので、会った瞬間からバチッと響き合うことは間違いないし、セミナーでもグループワークを中心に進めるので、そこで横のつながりもできてくるもの。温泉入って、美味しいもの食べて、お酒飲んで、語って、楽しい合宿になるイメージが完全にできました。定員32名中、案内を出す前にすでに25名のお申込みを頂いてますので、残り7名です。ワークの都合上も32名が限界なので、開催まで3週間弱ですが、まだ、お待ちしています。今年は富士山が熱いし、素晴らしい波動だと思います。それだけ学んで体験して交流して食って飲んで語って遊んで、、、しめて49,000円。ヤバい数字が出ましたね。私の3時間の個人セッションが5万円であることを考えたら、、、どうでしょう。すみません。もちろん個人セッションはマンツーマンであるメリットは大きいのですが、それにしても合宿セミナーはヤバ過ぎですね。でも、楽しいからいいのです。そんなとこで、残り7名、お待ちしています。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
Commented by トッティ at 2013-08-07 13:59 x
今普通の花屋で働かせてもらっているのですが、生計が苦しく、そんなに色んな経験もなく、人生に悩んでいる私でも、このイベントで自分を変えることができますか?
質問自体がすがるような感じでおこがましいのですが、スゴく興味がある内容です!!何かコメントをいただけるとありがたいです。
Commented by nana at 2013-08-07 14:27 x
上の人のコメントと真逆なんだけど、私は今ほとんどの願望がかなっていて、残りの願望もじりじり叶えていくのが楽しいからこのままでいいんだけど、そういう人も「合宿、楽しそうでいいな」って理由だけでの参加はOK?
Commented by katamich at 2013-08-07 17:39
■トッティさん!
質問に対しては「わかりません」としか答えようがないですが、スゴク興味があるならば、つかんでいいんじゃないですか。私は今までずっとつかんできたし、これからもつかむと思います。よかったらお待ちしています。
Commented by katamich at 2013-08-07 17:39
■nanaさん!
楽しそうって動機が一番いいですよね。楽しむための合宿ですので。
by katamich | 2013-08-05 23:39 | ■セミナー・研修・講演 | Comments(4)