世の中が進んでも・・・ 2013.8.4



 滝行二日目ですが、8月とは言え、朝は少しひんやり。もしかして、、、秋の到来か。個人的には「秋」って季節が大好きです。ブドウとか梨とか果物も美味しいし、何より実りの秋です。毎年のこと、私自身もどんどん実っていきます。思えば昨年の9月からプロセラピスト講座に通い始めて、今ではおそらくは150人以上のセッションをしています。7月だけでも30人近いし、8月も20名以上はさせて頂きます。もしかしたら述べ200名はいったかも。講座に通う前は単に「ビリーフ」について学びたかっただけ。私は「口」と「紙」で生きるつもりだったので、個人セッションなどには興味なし。だけど、学ぶとやりたくなるじゃないですか。7月のコーチングもそうですが、学ぶと実践したくなる。秋からまたブレインコピーなる講座に通うのですが、それもすぐに実践するでしょうね。あと、8月の末には東京でちょっとしたセミナーにも参加。棚田先生から勧められたセミナーです。そして私自身も各セッション、セミナー、そして「めざめランド」でのワークショップ。ビジネス系からスピリチュアル系まで、どんどん範囲が広がっていきます。9月の頭にも東京に行くのですが、そこでは某スピ系のパーティに参加。またしても人の輪が広がりそう。その翌週は大阪、さらにその翌週はアイルランド。今はちょうどお休みでのんびりしていますが、8月末からまたまた忙しくなりそうです。

 それから10月もちらほらと予定が入ってきてるのですが、末には家族で宮古島に行く予定。そして結婚記念日を迎えるのですが、6周年になるのかな。その日は毎年、「家族の願い」ってのを紙に書いています。10項目。健康とか普通に叶うものから、収入とか頑張りが必要なものまで10項目書いて、だいたい7割は叶っています。ちびQとたくちゃんの誕生も書いてたし、ツレはなんと友達の結婚や出産まで書いていた。そして私は毎年、「年収2000万円」、「著書10万部突破」、「ダイエット」を書いてるのですが、それらがもう一つスッキリしない。収入に関してはずっと右肩上がりなので、一応、50点にはしてるけど、ダイエットはダメダメ。だけど、今年は行けそうです。年収もダイエットもきちんと「〇」が付けられそう。「10万部」はさすがに難しいけども、来年には叶うかな。今進めてるのがきちんと進めば、かなり近づきます。

 もう、何度も何度も言いますが、書けば叶うのです。「未来日記」のように100日間は毎日書く方法もあるけど、年に1~2回の記念日に項目だけ書いて、翌年まで寝かせる方法もかなり効きます。実際、その結婚記念日の儀式のも、毎年7割は叶いながら、3~5年以内にはすべて叶うのがパターン。なので、「年収2000万円」だって、すぐには叶わなかったけど、今年は軽く突き抜けそう。実際、この4か月で1000万円近く入って来てるのだから、一年だと3000万円の計算。さらに私は今、「加速中」なので、もしかしたらもっと行くかもね。それだけあると、まあ、お金で得られるものはほとんど得られるでしょう。だけど、私の野望って、大きくは一つしかなくて、それは「88歳まで毎日ブログを書き続けること」でしかない。50年後に「ブログ」がどんな形態になってるかはわかりませんが、なんにせよ個人が情報発信できる仕組みは変わらないでしょう。日本の国家体制が変わらない限り。それでもゲリラ的に書くとは思いますが。

 「今ここ」に生きるのは大切。そして実際にこの世界には「今ここ」しかないのもまた事実。だけど、私たちには高度な「脳」があり、それゆえに「幻想」を生きてるのもまた事実。だから悩みが生じるのだけど、同時にだからこそ「希望」や「喜び」を得ることができる。だったら、せっかくなのでこの人生をよりよく楽しむために、積極的に「喜び」を求めていいじゃないですか。それが「未来」を決めるってこと。もちろん未来はどうなるかわかりません。だからこそ面白いのだし、だからこそ決める自由があるんです。だから私は決めました。88歳までは毎日ブログを書くことを。その間に社会はどうなるか。この10年だけでも相当なことが起こりましたもんね。ネットの世界では動画が当たり前になったとか、それだけでも革新的。確か2005年だったか、あるネットワークビジネスの説明会に参加しました。誘われたので。それはネット上でのバーチャルコミュニティがコンテンツで、確か「サイバーブレイン」って言ってたかな。その説明会に出て笑いました。一口25万円の登録料で口数に応じて勧誘の際のコミッションが高くなるとか。で、そのときの講師が力説してたのが、「うちはブログに動画が貼れるんですよ!これは世界的な偉業です!」とかなんとか。アホかと思いました。確かにその時点ではブログに動画は貼れなかった。だけど動画はあった。技術は進歩するもの。2~3年待てばそんなの当たり前になると思っていたら、案の定。

 ようは、近い将来の「希望」ってのは、まず社会的には実現する方向。ましてや個人の「希望」なんて簡単に叶います。どうでしょう。今、2013年ですが、2~3年後に出てそうなサービスを私なりに考えると、、、翻訳アプリは劇的に改善してて、ニュースレベルだとどの国のも日本語で読める。クラウドによりニュース用語くらいはすぐに網羅してしまうでしょう。そのうち個人ブログなんかもボーダレスに。そうなると、私のブログを海外の誰かが普通に読むようになり、世界のどこ行っても読者、友達がいるようになる。そして必然的に海外オフ会やセミナーにも発展。言葉はまた翻訳アプリで同時通訳。英語はもちろんヒンズー語もOK。また、グーグルストリートビューがさらに拡大して、写真だけでなく、詳細な情報まで記載されることに。プライバシーの問題はあろうけど、お店とか観光地とかフリーを選べばストリートビューマーケティングができる。もちろん今のようなカクカクした動きじゃなくて、ドライブゲームのようにスムーズに動く。最近、アイルランドの下見をストリートビューでしてます。レンタカーで動くのでね。

 あと、もっと進めば、食べログなんかも、写真や口コミだけでなく、香りや味まで伝わるような仕組みができるでしょう。画像が何種類かの光(色)の組み合わせなんだから、香りや味も成分にわけて、インクジェットのように組み合わせれば再現できるでしょう。実際に味わわなくても、脳を刺激すれば体験はできます。実際、腹減ったときに焼きそばの写真を見ただけで、香りや味が何となく再現できちゃうでしょ。それは焼きそばの成分が経験者の脳にインプットされてるから。なので、未知のものについても、脳に成分をコピーすればどんな体験でも可能。今のところ、視覚、聴覚はネットでも実現してるから、次は嗅覚、味覚、そして触覚。手触りなどもネットで体験できる。となると、、、限りなくリアルに近いバーチャルセ〇クスが可能になる時代が。そもそも人はなぜコミュニケーションを取るのか。それは突き詰めると、セックスがしたいから。種の保存のために力が強く、見た目が良く、そしてコミュニケーション力が長けてる人間が残っていく。だから、人はそれらを磨くのです。力、見た目、コミュ力。今は腕力はあまり重要じゃなくなった。見た目はある程度は誤魔化せる。整形もあるし、ネットならなおのこと。だけど、コミュ力だけは誤魔化せない。だから、頑張って磨いて、、、そして行き着くところは恋愛であり、それと前後してのセックス。そうでないと、種が保存されませんから。

 ただ、もしもセックスがバーチャルで出来るようになればどうなるか。今でもAVとかアダルトサイトでかなりレス化が進んでるって言うのに、それが限りなくリアルに近いそれになるとどうなるか。それもアイドル級の最高の相手と。どんなタイプでもお構いなし。すると元々面倒なコミュニケーションをする必要がなくなり、リアルセックス産業も退廃。もちろん個々人の回数も減る。と言うことは、少子化が進み、いずれ人類は滅びるでしょう。

 しかし、それをとどめる価値観が一つだけ残っています。それが「愛」です。純粋に人を愛する気持ち。例えば、私は子どもたちに対しては完璧な純粋な「愛」の気持ちがあります。もちろんツレに対しても、と言っておこう。その「愛」の気持ちだけはネットでは代替できない。昔、今もあるのでしょうか、バーチャルな恋愛を楽しむゲームってありますよね。確か20年ほど前、私の同級生の周辺で噂になりました。ある男が「ときめきなんとか」ってのに完全にハマってしまい、ゲームの登場人物に狂ってしまったとか。あ、でも今はそれに課金が入るから問題だったんだ。

b0002156_15271131.jpg じゃあ、その場合の登場する女の子への気持ちは「愛」かと言うと全然違うでしょ。それは自分に対する「承認」を買ってるだけ。所詮は裏で男のプログラマーが作った笑顔や言葉による「承認」を巧みに買わされてるだけ。金払うと純粋無垢な顔で「ありがとう」ですからメロメロになる人はいるんでしょう。だけど、時が過ぎれば覚めてしまう。まさか、あの同級生が今でもときめきなんとかの主人公にハマってるとは考えられず、もしかしたら発展した何かに変わってることはあろうけど、それとて時間の問題。

 話を戻すけど、ネットの世界は視覚と聴覚は完全に支配してしまった。あとは、嗅覚と味覚とそして触覚。それらをすべて制覇すると、もしかしたらレストランなんかも不要になったり、セックス産業やセックスそのものもなくなる可能性がある。しかし、セックスってのは単なる欲望の消費ではなく、純粋な「愛」を確認する行為でもある。つまり、「愛」がある限りは人類は存続するだろうし、あらゆるものがネットで代替されつつある今、愛とか感謝とか、ネットでは実現できな価値こそがより重要視される。だから、オレも愛に生きようと思います、、、とは簡単には言えないけど、これからの世の中も、「ネットでは絶対に実現できないことは何か?」を考えると、自ずといろんな答えが出てくるものでしょう。

 とりあえず今は「リアルな交流」はネットにはありません。もちろんネットはそれを補完する働きはありますが、究極的には「リアル」がやっぱり求められる。例えばこのブログだってそうですが、書いてるにはリアルな人間(オレ)ですが、読んでる側はあくまでバーチャルな文字を通して交流してるだけ。だけど、実際にリアルに会うと、ブログにはない「情報」を感じることができる。それは私との一対一でもそうだけど、セミナーやツアーを通して、まったく未知なる交流がそこにあり、そればかりはネットでは決して完結しない。7月に出雲ツアーをやりましたが、それは今までのツアー参加者を限定に呼びかけました。すると、今年の沖縄とQ州ツアーのほとんどの人が参加されました。フェイスブックにもバーチャルな交流の場はあるはずなのに、なぜに時間と費用をかけてくるのか。それは、ネットにない「本物」があるからです。

 話が脱線しまくってますね。すみません。ぐぐぐ~って戻すと、さすがに2~3年後には実現してなくても、そんな方向には進んでるだろうし、私なんかが思いもしない何かが起こるはず。それ考えると、個人の「願望」なんて簡単じゃないか、と私は思うのです。だって、数年前から願いを紙に書くだけで次々叶ってるんですから、急がなければいずれ叶うものなのです。きちんとそっちを向いてさえいれば。と言うわけで、今年の結婚記念日はこれまで到達しなかった項目についても大きく「〇」が付けられそうで楽しみです。次は何を願おうかなあ。やっぱり10万部だね。これもいずれ叶うとは思うけど。ではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-08-04 23:39 | ■時事問題 | Comments(0)