自由に向けて 2013.7.1



 今日から2013年も下半期スタート。早いものです。私の成長も近頃急ピッチ。今日は一日、個人セッションでした。「ビリーフチェンジ」とは言ってますが、特に棚田式とかにこだわってはいません。クライアントさんの目的に最も合致した手法でさせて頂くだけ。ですので、今日は8名中、4名はコーチング的なセッションになったと思います。何度も何度も言ってることですが、ビリーフチェンジセラピーを受けたからと言って、突然、お金が降ってきたり、理想のパートナーが出現するようなことはありません。ないわけじゃないけど、それを期待されても困ります。

 特に今日は「お金」をテーマとする人が多かったです。その人の収入を決めるのは、その人のビリーフ。自分で「これくらい」と無意識にも思っていたら(決断していたら)、「これくらい」しか入らないのは明白です。では、この程度をどうすれば広げることができるのか。ビリーフチェンジセラピーでしょうか。いえいえ、この場合はコーチングの方がはるかに効果的です。確かに収入とビリーフは連動してて、例えば「重要であってはいけない」なるビリーフが強ければ、入ってくる収入もそれだけ制限されてしまいます。ただ、そのビリーフ自体は誰にでもあって、ようは困るか困らないか。仮にお金に困ってると感じていても、生命の危機に瀕してるでもない限り、それは「困ってない」ことになります。

 私が思う、最悪なパターンは「月収10万円で何とか生活している状態」です。月収10万円だとろくに貯金もできないけど、地方なら貧乏暮らしでやっていけないことはない。つまり死ぬことはない。だけど、不自由。それが月収2万円だと実家住まいは別として、自立して生活することはほぼ不可能。潜在意識的には危機の状態。だから何とかする。私も何度も危機に瀕した経験があるからこそ、潜在意識の力を信じて、頑張ることができた。ようは「生かさず殺さず」の状態が何よりも最悪。潜在意識は安心安全にしか目を向けないので、「自由」まで担保してくれることはない。では、その「自由」はどうやって得られるのか。それは本人の意思力、決断力でしかありません。

 私が今回、大きく飛躍できたのは、ビリーフチェンジセラピーを受けたからではなく、コーチングの力が強かった。白石コーチの。私が提供するコーチングの値段設定の際、最初はちょっと低めで出そうとしていた。しかし、白石コーチは「ダメです!石田さんなら最低でも50万円です!100万円でもまったく問題ありません!」と言われて、最初はポカーンとなったのだけど、最終的にはそれでも譲歩してもらって今回の設定でスタートした。すると、告知して半日で定員に達した。しかも希望者はもっといるので、際限なく受け入れられたらさらに収益も上がっていたでしょう。だけど、時間には制限があるし、他にもすることがたくさんあるので、とりあえずストップ。今のクライアントさんに全力を注ぎます。

 結局のところ、「お金のビリーフを取っ払いたい」と求める人は非常に多いのだけど、実はすごく簡単なのです。それは単に「値上げ」すればいい。自営業など、自分で値段設定できる人はなおさら。収入(売上)とは単純化すれば「値段×販売個数」でしかありません。例えばのケースですが、自分でアクセサリーを作って出品するとしましょう。アクセサリー系の相場はよくわかりませんが、一個1,000としましょう。もしアクセサリーから月に10万円の売上を得たいのでればどうすればいいか。一個1,000円なら100個売る必要があるし、その前に100個作る必要があります。それができるならそうしてもいい。だけど、私なら単純に一個1万円に値上げして、1万円で売れるようにする。するとたったの10個で目標達成です。

 結局、お客様目線に立った時、お客様はアクセサリーに何を求めてるんでしょうか?それは「心の満足」ですよね。だったら、1万円のアクセサリーと1,000円のアクセサリーと、どちらが「満足度」が高いでしょうか?言うまでもなく1万円のでしょ。と言うことは、1万円で売る方がいいに決まってる。お客様のためにも。ようは、1,000円で売ろうとするのは、「安い方が売れるんじゃないか」って自分目線でしかない。自分目線の商品など誰が買うでしょうか。この感覚がしっくりくれば、「お金」に対してはかなり自由になってると見ていい。今日はなぜか「値上げ」系のセッションが多くて、半分は再決断療法もやりましたが、半分はコーチング的なセッションになりました。ぜひ実践する勇気を持って欲しい。その際、自分目線か、お客様目線か、その辺をしっかり認識すること。

 私自身もかつて3万円のコーチングを受けたことありますが、50万円のコーチングを受けてみて、こっちの方がはるかに満足度も高いし、しかも効果的。たった一回のセッションで、私自身のお金に関するリミッターが一瞬に外れたんですよ。と言うことは、私もクライアントさんのリミッターを簡単に外せるってビリーフが定着した。だから今では抵抗なく50万円のコーチングを提供できるのです。「安い方がいい」って考えているうちは、永遠にお金の自由を手にすることはできません。もちろん安いものであっても、それ自体に価値があるものだってあります。例えば沖縄の安宿の屋上で飲むオリオンビールなどそう。リゾートホテルのバーで飲むラフロイグもいいけど、夜風に吹かれながら飲むオリオンもまた別格。それは安い高いは関係なく、楽しい方を選べばいい。少なくとも私にはどちらも選択できる「自由」があります。どっちも選べる。これが「自由」です。

 なので、何かを売る際に「値上げする」のと同様、何かを買う際も「高い方を選ぶ」こともまた大切。「安い」を基準にしてたら、その人は永遠に安いまま。お金のビリーフを外すためには、セラピーに頼る前に自分でできることもたくさんあります。それがまさに「自由」に向けた決断なのです。

 と言うわけで、今日はやけにその手のセッションが続きました。もちろん悩み解決型のセラピーもしましたが、クライアント目線でその「目的」を達するために最善の方法を選択する。これが私の基本的な前提。そのためには普段から自分自身の参照枠を広げ、もっともっと自分の技術にも磨きをかける必要がある。永遠に学び続けないとですね。

b0002156_0463853.jpg 9時から17時まで8名ぶっ通しのセッションの後、ホテルで小休止して、今日は飲み会です。私のツアー参加者限定コミュの。新宿のスペイン料理。ああ、笑った。しゃべった。楽しかった。飲んだ。食べた。最高。また今月も東京来ますので、飲みましょう。7月からコーチングの本セッションもスタートします。初回は基本的に「対面」でやりますので、そのために東京出張します。ただ、それだけで帰るのも効率的じゃないし、本セッション自体は募集停止してるものの、リクエストは頂きます。そこで、若干名ですが、単発3時間の対面セッションを都内でやりたいと思います。7月20日か21日。場所が決まったら明日にでもアナウンスします。料金は単発で3時間5万円。興味のある方はお問合せください(定員に達しましたのでいったん締切りとさせて頂きます)。準備ができ次第、優先的にご案内させて頂きます。あと、これも場所の確保次第ですが、どちらかの日にビリーフチェンジの個人セッションもするかもしれません。こちらは1時間2.5万円。明日、場所の予約ができたらご案内させて頂きますね。

 そんなとこで、2013年も下半期がスタート。まだまだ加速は続きます。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
Commented by さてぃ at 2013-07-03 09:30 x
 イチローは小学生の時から五万円のグローブを使っていたみたいですね、ありがとうございました!
Commented by 佐諦 at 2013-07-03 09:31 x
 徳川家康は百姓を生かすな殺すなと言っていたそうです。
Commented by ue at 2013-07-03 09:40 x
結局ほかの人がどうこうというより問題はオレですね。
Commented by katamich at 2013-07-03 12:42
■さてぃさん!
ハンドルネームを変える必要ありますか?
Commented by さてぃ at 2013-07-03 13:22 x
 ありません。
Commented by あんちゃん at 2013-07-03 19:29 x
いつも拝見させていただいています。

なんだろう、うまく言えないですけど、文章にものすごくパワーがこもっていて
自分は自分でいいんだ!!って勇気をもらいます。
いつも
ありがとうございます♪
Commented by katamich at 2013-07-04 00:34
■あんちゃんさん!
こちらこそありがとうございます!
Commented by sachio at 2013-07-04 00:52 x
Qさんにお聞きしたいのですが、価格による満足度の違い(高い方が満足度も高い)も又、マネービリーフのなせる技でしょうか?
後、3万円と50万円のコーチングの効果の違いは、金額の違いによるもので、コーチ個人の能力の違いによるものでは無かったという事でしょうか?
Commented by katamich at 2013-07-04 07:54
■sachioさん!
いいご質問、ありがとうございます!
価格が高いから満足度が高い、ものによりますが、これは十分にあるでしょう。
まったく同じラーメンなら安い方が嬉しいと思いますが、ブランド物なんかは高い方が満足度は高いですよね。
3万円と50万円の効果の違いは、お互いの「決断」の度合いです。もちろん50万円のコーチングを提供するためのリソース(参照枠、技術)がありきですが、50万円の方がなんとしてでも達成するんだという、お互い(コーチ、クライアント)の意気込みが違ってきます。それが効果に直結します。
by katamich | 2013-07-01 23:39 | ■ビジネス・事業 | Comments(9)