オレの卓越性の正体? 2013.6.26



 金曜日からの出張が楽しみでしょうがない私です。金曜日の午前中に福岡を出て、午後から打合せ。夜はイブニングセミナー。定員が少なかったためかすぐに満員となり、ただ今、キャンセル待ち中ですが、またやります。最低でも月一は東京に来ますので。そして土日はコーチングのセミナー受講。月曜日は一日中個人セッションで夜はスペイン料理って流れです。火曜の朝に帰って、その週末から出雲ツアー。楽しいことばかり。その次は何を楽しみに生きればいいのか。あ、そうか。8月末は合宿セミナーで9月はアイルランドですもん。で、その次は。10月に家族で宮古島の予定。その次は。今のところ遊びの予定なしだけど、なんか出てくるでしょう。と言うか、最近は本当に仕事と遊びの区別がまったくない。それでいて収入はうなぎ上りですから、人生、楽し過ぎですね。

 今朝は滝行に行って、幼稚園に送ってからコーチング。白石さんのコーチングを受けたのですが、またも大きな気づきあって、さらに加速ですね。自分で積極的に受けるようになって、なおのことコーチングの素晴らしさを体感する今日この頃。なぜか、来月、とある法人でコーチングに関する講演をするのだけど、依頼を受けたのはテンションが低いとき。だけど、完璧な流れですね。今はめっちゃ高い。そっちの講演も全力を尽くします。それから、、、ついに私も出動しました!


「“思い通りの自分”になるためのメンタルコーチング」のご案内


 実は今日の夜もとあるセミナーを受けてきたのですが、そこでも爆発的に気づきのオンパレード。どうしてこんなに気づくんだろう、、、って自分でもほれぼれするんですが、最近は動けば動くほど加速的に成長し、そして人間関係の幅も広がり、さらに収入もガンガンと積み重なるのですから、動くのが楽しくてしょうがないですね。まるで赤ちゃんのように。やっぱりですね、家でネット見てても何も変わりませんよ。歳だけ取って、ずーっと同じ。いつかアセンションのように、周りが勝手に変わって、勝手に人生が変わることを期待してても、断言します。それは、ない、ですから。

 今もあるのかな。以前、なんとかって人が、立て続けに「宇宙人が助けにやってきます!」って本を書いてて、それだけシリーズ化されてるのだから、そこそこ売れてるんでしょう。だけど、著者本人もわかってるはず。宇宙人なんて助けに来ないことを。結局、本を売らんかな、です。何もしなくても誰かが助けてくれるって考えてる人が多ければ多いほど、その手の本も売れる。だけど、もう一度言います。ない、ですから。例えば最近、私の周りにも年収1000万円以上の人が普通にたくさんいて、どうすれば収入を上げたんですか、って聞くと、結局は目の前のことをコツコツやりながら、きちんとリスクを取って決断してきたって言うのです。まさに「小さな行動、大きな決断」です。

 今朝も白石さんと話をしてたのですが、やっぱ、世の中に何のリスクも取らずに卓越した成果を出してる人など「存在しない」って見解で一致しました。だけど、本当に多いんですよ。リスクを取らずに結果だけ求めようとする人が。こんな風に言うと、「リスクを取らなければ成功しないってのもビリーフじゃないですか?」って聞く人も出てこようけど、おっしゃる通り。それもビリーフ、思い込みです。だけどですね、「リスクを取らなければ成功しない」を「リスクを取らなくても成功する」って書き換えるより、「適切にリスクを取れば成功する」って信念のもとで実行した方が、早く結果を手にできるんです。求めたい結果はなんですか。「リスクを取らない」ってことですか。それなら、そのままでOK。何も文句ありません。だけど、成功とか幸せとか、具体的には収入のアップとか理想のパートナーとの結婚とか、何らかの成果を求めるのであれば「リスク」を取ってしまった方が速いんですよ。

 私の場合、これまで最大のネックとなってきたのが「収入」でした。だって最初は本当に何もない状態でしたからね。それでいかにして「考え方」だけで収入をアップするかを考え続けて、それなりに自己投資もして、それでようやくと年収1000万円超えた程度です。だけど、この二か月で400万円を超えてますので、このトレンドで行くと年収2000万円超えは軽いでしょう。なぜ、そうなれたか。適切にリスクを取ってきたから。だからわかるんです。あ、これはいけるな、とか。いわゆる「目利き」もかなりついてきた。

 ちなみに今日参加したセミナーは無料だったのですが、堀江さんのプロデュースだから間違いないだろうと参加。リスクはほとんどないですが、これは匂うんです。と言うか、この場合は「誰が紹介するか」が重要だったのです。ついでに言うと、世の中、「稼ぐプロ」はナンボでもいますけど、「稼がせるプロ」は本当に一握り。その数少ない一人が堀江さんであることは間違いない。で、行ってみたら、やっぱり当たりだった。前半は堀江さんによる「コーチング」の話。参加者から3~4名、お題をもらってその場で解決。もちろんこの短時間で完全解決にまでは限界があるけど、少なくとも方向性を示すことはできた。鮮やかに。そして後半は今日のメインと言っていいのかな。「ブレインコピー」なる技術に関する講義。

 実はこの「ブレインコピー」自体は知っていました。だけど、非常に地味な展開で、パッと見、よくあるNLPの応用版としか思わず、ぱっぱと自分なりの理解だけで閉じてました。オレもまだまだだ。だけど、改めて聞くとすごい技術でした。もちろん全貌はまだまだだけど、触手は動きました。言うことは極めてシンプル。成功してる人の「脳の使い方」を移植しましょうって話。NLPでもよくあるし、いわゆるモデリングかなんかの類と思ってた。NLPでモデリングと言えば、ロバート・ディルツ氏なんだけど、やり方は結構複雑。五感をそれぞれの神経論理レベルにマッピングするとかなんとか。これ、きちんと活用できる人いるんかよ、のレベル。それに対して、今日聞いた「ブレインコピー」なる技術は十分活用できるシンプルさ。つまり再現性がある。

 ようはこういうこと。成功した人に「成功の秘訣はなんですか?」と聞いたところで、確かに「やり方」は教えてくれる。だけど、それは本人が「意識」してる範囲のやり方であって、本当の肝は「無意識」の領域にある。ここでは「意識:無意識=2:8」としてたけど、実際には「無意識」の領域の方がケタ違いに多いでしょう。で、その「無意識」の中には何があるのか。それが「感覚」と「考え方」です。ん、どっかで聞いたことある。今回、新たにご案内するメンタルコーチングでも、重視するのはまさに「感覚」と「考え方」です。「感覚=感情」と言ってもいいので。このような概念図。
b0002156_15243171.jpg

 ここでの「行動」とは、計画ややり方を含む、文字通りの「行動」のこと。だけど、その領域は多くても2割。2割にどんなに注力したところで2割は2割。肝心の8割に触れずじて結果を得ることは難しい。だからこそ「考え方」と「感覚(感情)」なのです。そこで、どうやればこの「考え方」と「感覚」を引き出すことができるのか。それが技術。例えばこの板書を見てください。
b0002156_15244533.jpg

 これは私の事例です。例によって一番前に座ってたのは、いち早く「実験台」に手を挙げるため。この手のセミナーはだいたいあるんです。参加者を実験台にするミニセッションが。「では、どなたか試しにやってみましょうか」って言われるのを待ち構えてた。0.2秒で挙手。題目は「私の卓越性に関する無意識の領域の正体」とでもしましょうか。私の卓越性ってなんだろう。一つはこれですね。そう、ブログ(文章)を書くこと。9年間毎日欠かさず平均4,000字の記事を高いテンションで継続してきたこと。自分で「天才」とはとても言えないけど、「天才」の定義にもあるのです。同じことを常に高いテンションで継続できる人ってのが。

 そこで「文章を書くこと」を私の卓越性として、その秘訣は何ですか、聞かれます。「楽しく書くこと」と答えました。即座に。だけど、それは全体の2割以下の「やり方」の部分。本当は8割の無意識にその秘訣があるのです。そこで、「ある特殊な質問」をされることによって、出てきました。私はまず、あまり考えずに書いています。人の文章の真似はしません。時間もかけません。そっからそれぞれ「よい文章にこだわるな」、「自分の気持ちを書け」、「一貫性を持て」が出てきました。なるほど。確かに。よい文章を書こうとするから続かないのです。自分の気持ちを素直に表現できないから苦しいのです。一貫性がないから文章が流れないのです。私は「意識」では「楽しく書くこと」と答えましたが、それって再現できますか。それに対して「無意識」には「よい文章にこだわるな」、「自分の気持ちを書け」、「一貫性を持て」があったのです。これならどうでしょう。少なくとも「楽しく書くこと」よりは再現しやすいんじゃないでしょうか。もちろんセッションはこれで終わらず、もっともっと無意識の深い領域にまで入るんですが、この段階でもこの技術の可能性を体感することができました。

 そうやって数多くの人の「卓越した才能」を次々とコピーして自分のモノにする。それを再現して同じくらいの効果、結果を得る。この技法は当然のこと、コーチングにも生かされます。ですので、即座に次のシークレットセッションへの参加申し込みをしました。二日間で3,000円。え?3万円じゃないの?3,000円でした。そこでは堀江さんの「卓説性」の正体がわかるセッションだそうで。参加しないわけにはいかない。オレの脳にもその卓越したビジネスセンスを移植しようかね。それはともかくとして、そんな感じで今日もまたパワーアップ。

 話を戻しますが、今日のセミナー自体はほとんどリスクはなかったけど、それを聞いて私の参照枠からいろいろなアイデアが出てきたのは、それまでリスクを取って得てきた「情報」がベースにあるから。この技術をマスターすれば、例えばクライアントさんの「隠れた卓越性」を発見することができるかもしれないし、本人も気づかない卓説性が言語化できれば、それをより強固なものにして、その人のオンリーワンの武器を磨くことができる。いろんな可能性が見えてきました。私の脳内にはあるクライアントさんとのセッションが完全に再現されてましたから。

 と言うわけで、またパワーアップ。そしてこの週末も間違いなくパワーアップして、ヤバいことになるのが目に見えてます。本日、一年ぶりに完全リニューアルしてコーチングの受付をしましたが、なるほど、安くはない。だけど、それくらいのリスクを取っても、その数倍のリターンを約束できるほど、自信を持って提供できるのプログラムです。ただ、私もあまり多くのクライアントさんを持てないので、規定人数に達し次第、今回は受け付けは終了します。とにかく、面白くなってきました。週末が楽しみ過ぎる。ではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2013-06-26 23:39 | ■ビジネス・事業 | Comments(0)