良いことしか起こらない 2013.6.13



 食事を変えてまだ2~3日しかたってないけど、どことなく体調が変化したような。ちょっとばかりダルい。そして眠い。だけど、朝はめちゃくちゃ目覚めがいい。夜8時以降は何も食べない、水以外飲まない。朝は果物。炭水化物と動物性蛋白質を同時に食べない。一日に2リットルの水を飲む。ただし、外食や旅行は例外。そんな取り決めでスタートしたのですが、まず、体重は減ってます。当たり前か。ただ、どことなくダルくて眠いのは何だろう。いきなりのことで、きっと身体がビックリしてるんだろうね。だけど、直観的にはなんかいい感じ。とにかくも続けてみます。さほど負担でもないし。

 ところで、今週から新しい料金体系で改めてコーチングをスタートしたのだけど、守秘義務上、あまり詳しくは言えないけど、私の中でもクライアントさんの目標達成のイメージがより強くなってきました。あ、すみません。メールの返信はまだできていませんね。ちょっと優先することがあって、まだコーチングの内容を固めてないのです。いや、内容は固まってるのだけど、それを表現・告知する準備ができてないだけ。よく考えたら、いわゆるコーチングのセミナー・講座としては、こないだの名古屋が初めてかも。ただし、コーチングのスキルではなく、目標達成の方法や契約の取り方が中心となるセミナー。すごく画期的。もしプロコーチとして収入を得たいのならば、その講座以外にはないでしょうね。私もその講座に出て、教えてもらったことを実行する「だけ」で、一気に100万円以上の収入が入ってきたのですから、その即効性には驚くばかり。1~2年前と今とを比べたら、お金の心配はほとんどなくなっています。ほんと、恐ろしいことですよ。これをもし、2005年の会社辞めたばかりのときに知ってたらどうだったか。よかったかもしれないけど、意味なかったかもしれない。今だから、はあるのでしょう。成功曲線を見る通り、下積みは長い方が安定感も高まりますから。

 いずれにせよ、私がまず9月末までに10キロ減になるのは予定調和でさえあるし、このまま行けば、来年の決算には年収3000万円は突破しそう。もっとも、これは会社の売上、つまり年商のことですが、私の場合は粗利が8割以上なので、ほぼ年収と考えていい。役員報酬はまだまだ低く設定されますから。だけど、年商3000万円になると、もっと役員報酬をアップしないと法人税をがっぽり取られます。とにかくいろいろと楽しくなってきました。2月は熱海、3月は沖縄、4月、5月はお休みして、6月はQ州、そして7月は出雲、8月は合宿セミナー(今のところ8月24・25日で河口湖を予定)、そして9月はアイルランドと、今年は例年に増してツアーや合宿が増えています。結局、「好きだから」なのでしょう。そして2~3年以内には北海道も考えています。キャンプファイヤーを囲んで踊り狂う的な儀式を取り入れつつ。あとは、来年11月はインドだし、バリ島も検討に入っています。いずれはハワイも。セドナもいいなあ。とにかくも、私が企画するツアー・合宿はこれから先もハンパないってこと。

b0002156_1415375.jpg 実は7月の出雲、、、こちらは過去のツアー参加者限定なんですが、告知後すぐに20名が満席に。だけど、実は1名のゆとりを残してました。そして本日その1名が決まったものの、さらに2名が希望。難しいな~と思ってたら、また奇跡で追加できることに。そしてさらに1名。合計24名の大所帯となりました。両日ともにかなりいい宿を予約していて、一つは江原啓之さんや、五日市剛さんなど、スピリチュアル色の強い方も泊まった宿。早くに予約しておいて正解でした。出雲はさほど移動範囲も広くないので、一つ一つをじっくり周って、宿でもゆっくりしたいと思っています。そしてまたもMaoさんのレクチャーやチャネリング大会が始まることでしょう。

 それはともかくとして、近頃、私の周辺では不思議なこと、奇跡的なことが頻発しています。Q州ツアーでの「輪葉葉」もそうでしたが、思いもよらない奇跡が起こる。なぜそうなるかと言うと、私自身がいつもワクワクしてるから。いつも「何かが起こる、何かが起こる」と思ってるから、やっぱり何かが起こる。ただし、その「何か」は楽しいことしか含まれない。ずっと晴男伝説を更新してたけど、今回のQ州ツアーではちょっと小休止。だけど、それはそれで天気が良くなかったからこそのラッキーもあり、やっぱりツイてるんです。いつもいつも楽しいことばかり。それは私の「状態」つまり「潜在意識」が常にそうなってるから。

 とにかく、あらゆることに「いいね~」と肯定する。もちろん否定することもあるけど、それはどうにかできるとき。雨が降ってきた。傘をさしたり屋根の下に隠れたり、行き先を変えることはあっても、雨そのものを変えることはできない。だったら、その限りでいいとこを探すしかない。それが、Q州ツアーにおける「幣立神宮」への目的地変更。そして「これは何かある」とワクワクするだけで準備完了。すると、本当に何かあるんです。もちろん思い通りに進んだら、「オレたちってツイてるな~」と感謝する。思い通りでなかったら「これは何かある」とワクワクする。どっちに転んでもOKじゃないですか。だから大丈夫なんです。

 私などは、もはや悪いことを考えられなくなってしまいました。この世はすべてOK。これは確信を通り越した真実です。だから、私はセラピーもできるし、コーチングもできるんです。セラピーは学んだばかりで行列状態。東京も大阪も個人セッションはすでにフル。またやりますけど。今度の大阪のグループセッションもセッション枠はフル。そしてそろそろスタートする、私のコーチングもお問い合わせをたくさん頂いています。なぜできるのか。それもろくに学ばずに。経験もほとんどないのに。それはこの世がOKであることを知っているから。だから、目の前のクライアントさんのことも全面的、全人格的に肯定できる。承認できる。ただし、「依存」が入ってきそうになったら、そこはきちんと距離を取り、言うべきことはしっかり伝えます。だけど、前提としては、全人格的な承認があり、それはまさにこの世は、この宇宙はOKであることを知ってるからなんです。

 ど~んなことがあっても大丈夫。物事にはすべてプラスとマイナスがあります。夏と冬。陽と陰。もちろんプラスがよくてマイナスが悪いってことじゃない。どちらもあるからこの世は成り立つ。私だってミクロレベルでは悪いこともたくさんありますよ。いや、でも最近はほとんどないかな。まあ、あるとすれば、セミナーにお申込みされた方からキャンセルの連絡を頂くときなど、やっぱり残念だな~って気持ちなる。だけど、その代わりにもっと必要な人が参加できる機会があるわけで、それはそれで気づきもあるから、すべてはOK。結局、これなんですよね。すべてにおいて、プラスの側面、自分にとって望ましいところばかりに焦点を当てる。その瞬間に学びがあり、成長があるもんです。

 いいとこしか見ない。いいじゃないですか、そんな人生があっても。悪いところばかり見る人生なんかより、一億倍いいでしょ。コーチングの役割も最終的にはそこかな。一点ばかり見て自分を苦しめているクライアントさんの「視点」をちょっとずらすだけで、その瞬間に世界が変わるような経験を与える。それだけで、どんどん幸運を引き寄せるようになりますからね。現に私が引き寄せまくっています。そしてそのコツがわかると、誰だって引き寄せまくりになる。お金も恋人も思いのまま。そんなわけで、これから始まるツアーやセミナーや合宿も楽しみ。参加してしまうと、もはや落ちることはありませんから。いや、厳密にはあるけど、そこは「ビリーフチェンジ」のセラピーでも受けてみて、その癖から自由になればいい。あとは、都合の良い考え方をするのみ。簡単です。とにかく、これからどんどん楽しくなります。ワクワク。血が逆流。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■6月28日(金)/東京/「人生脚本」の書き換え方実践セミナー(宇宙となかよし塾)

■7月14日(日)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション
by katamich | 2013-06-13 23:39 | ■精神世界