宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

言葉になんないよ 2013.5.19



b0002156_16251057.jpg ふう、終わった。金曜日のイブニング、そして土日のグループセッション。今回の出張ではのべ60名ほどの方々とお会いしてきました。うち3分の2は初対面かな。ですが、私だけでなく、参加者さん同士でも旧知のような初めてとは思えないような。やっぱ、なんかあるんかなあ。それにしても疲れました。いつものごとくヘロヘロに。でも心地の良い疲れです。

 まあ、とにかくセッションはいつも全エネルギーが投入されます。そう言えば昨日は14名、今日は10名でしたが、用意した部屋に対してピッタリの人員でした。両国のKFCビルの会議室がグループセッションの常会場なんですが、ここだけじゃなく、いつも部屋に対してピッタリの参加者でおさまるのです。つくづく潜在意識の存在を身近に感じます。そして昨日も今日もドタキャンなどがあり、セッションはいずれも6名。だけど、時間的に6名が限度。セッションや説明が長引くこともあるので、いつもギリギリいっぱいです。そして今日のセッションも、、、かなりのハードコアが続きました。思い出す範囲と守秘義務に触れない範囲で振り返ってみると、それぞれ、愛着、存在、愛着、感情などビリーフを扱い、最後のお二人はファミリーコンステレーション、そしてメタモデル、イメージングなどのスキルで対応しました。
 
 だけど、昨日もそうなんですが、今日もすべてが「その場」の対応です。セッションを受ける方はもちろんのこと、私だって蓋を開けてみるまでわからない。中には自分である程度の見当を付けてセッションに望まれる方もいらっしゃるのですが、ほとんどがその通りにはなりません。と、書いていたら昨日の参加者の方からブログにコメントを頂いていました。

Qさん!土曜日のセッション、ありがとうございました!正直……こんな事で、私の問題が解決するのかすら…なんて思ってたのですが…。一昨日、昨日と、体の中ですごい事が起こってます。昨夜は夢も見ずに爆睡八時間。ふと、気づけば、昨日も今日も肩こりしてないんです。いつもなら朝は肩こりとともに目覚め、食後のナボリン、就寝前の温感シップが欠かせなかったのに、わけわかりません。「あれ、昨日から忘れてたぞ…」って、自分でもビックリ!!!

嘘ーーこれ?これなの、セッション効果ーーーって、のけぞっちゃいました。体が、二十代に若返ったみたい…とまでは言いませんが、あんなに簡単な事で変わっちゃうなんて、私のビリーフっていったい…。ほんと、呆れましたよ。セッション中の予想外な展開も、最後の飲み会も、ほんと奇跡の連続。楽しかったーー!!ああ、また会いにいきたいです。どうぞ、お元気で〜。
(40代・女性、マネーセッション)



 私は基本的にセッションの内容をすぐに忘れてしまうのですが、、、この方は確か、その場で思いついたサブモダリティに関するワークで対応したと薄ら記憶しています。正直言って、私自身もいつも確信を持ってやってる、と言うより、その場その場の対応が90%なんですが、パッと思いついたことをやると上手くいくパターンが多いようです。無策の策。Know nothing state。0次元。そして、アホ。セッション中はいかにこのモードに入るかがカギです。セッション中、しばしば、長い沈黙をすることがよくありますが、あれは半分考えてて、半分考えてない。何かが降りてくるのをただ待ってるだけ。たいてい降りてくるので、そこで「来た!」と思ったことをやってみるだけ。今日も半分以上はその場の思い付きです。確かにベースにはきちんと再現性の確保された方法があります。しかし、人間の心理は皆同じ(by加賀田晃)であると同時に、人間は心理は千差万別。様々なパターンに対応するには、第一にきちんとやり方を学ぶこと。そして第二に、フレキシビリティ(柔軟性)が必要。今日のセッションも半分以上は型通りにはなりませんでした。

 特に「結婚」や「お金」のビリーフチェンジには、だからこその難しさがあります。以下の図を見てください。
b0002156_16242734.jpg

 ここには2パターンの「コリ(ビリーフ)」があって、一つ目は「現在、生きづらい状態」からのコリ、二つ目は「未来の前向きな願望」に対するコリです。つまり、前者は「現在」すでにコリがある状態なのに対し、後者では現在はコリがありません。では、どっちが困ってるか。言うまでもなく前者、現在、生きづらい状態です。困ってるからどうにかしたい。場合によってはわらをもつかむ思いでやってこられます。それだけ人生に対して「再決断」する意思が強い。一方、「結婚」や「お金」については、少なくとも「今この瞬間」は困っていません。いつかは結婚しないとな~、とか、将来の収入は不安だな~、などと思う人はいても、もう一度言いますが、「今」は困っていません。だから難しいのです。

 ただ、それでも未来の「願望」に向かうのを制限するビリーフはあるので、そこを扱うと加速するのですが、それでもしぶとく「現状」に留まっていたいと願うのでれば、セッションは成立しません。進むのか進まないのか。その「決断」だけはクライアントに委ねられているのです。結婚したいと思ってきたけど、やっぱりいいや。それも一つの決断であり、セラピストはそれ以上は介入できないのです。

 でも、、、やっぱり結婚したい。収入をアップしたい。そのような意思がある限り、あの手この手で探ってみる必要があり、だからこそ通り一遍の対応が難しくなるのです。ただ、単純に結婚や収入と言っても、かなり深いビリーフを持っている方は決して少なくない。現状は困ってないと思ってたけど、本当は生きること自体に疑問を感じていた。今日もありました。最初は比較的表面にあるビリーフで対応できると思いながら、どうも違う。もう一段下がってみよう。ある。これで行くか。それでもどうも違う。もう一段下がってみよう。やはり、ある。これか。でも、どこか違う。もしかして、、、「存在してはいけない」に近いビリーフがあるのでは。ああ、そこだったか。時間はかかりましたが、どこか「違う」なる違和感があれば、もう一つ深く、もう一つ深く探ってみる。すると、その水脈に到達してしまった。そこで初めてセッションが成立して、解放されるのです。

 まあ、とにかくいろいろですけどね、、、先日からの話の続きになるようですが、最も大切なのは何よりも「自分が好き」ってこと。存在してはいけない、重要であってはいけない、あるがままであってはいけない、愛着を感じてはいけない、、、などのコアなビリーフもすべて「自分が好き」で解放されます。ただ、それらのビリーフを解放しないことには、「自分が好き」もない。卵が先かの論理になりますが、いずれにせよ「自分が好き」に到達することだけが「幸せ」になる唯一の道です。

 身体的な問題等に関しても、すべては「自分が嫌い」から発している。嫌いだから攻撃する。それもまたビリーフ。逆に言うと、本当に自分のことが好きになれば、どんな難病でも完治します。医学的なことだけに、素人が軽々しく口にするべきじゃないとわかっていますが、それでも断言します。「自分が好き」になれば、あらゆる問題は解決し、次々と願望も実現する。結局、そこか。この二日間でいっそうの理解が深まった。自分が好き。大好き。愛してる。そのためのだけの活動をしていきたい。そしてどんどんどんどん自分を楽しませ、喜ばせ、、、いいじゃないですか。言葉になんないよ。

「言葉になんないよ」

 すみません。このフレーズはこの二日間のセッション及び懇親会で妙に受けた言葉。参加者しかわかりませんが、こんな人生がいいと思いませんか、内輪ネタでごめんなさい。とにかく進みましょう。そしてもっともっと自分を楽しく、喜ばせ、そして素直に、そして笑いあり涙ありの人生。言葉になんないよ。と言う感じの二日間でした。ヘロヘロなってますが、楽しかったです。またお会いしましょう。ツアーもまだ席あります。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■5月31日(金)/名古屋/「心のコリ」のほぐし方実践セミナー(宇宙となかよし塾)
by katamich | 2013-05-19 23:39 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン