絶対悪の話 2013.5.14



 もうさあ、ええかげん、聞いてて腹立つんですよね。橋下市長の「慰安婦発言」だけど、また、この手の話か、、、と思われるかもしれないけど、つい吠えてしまいたくなる。今朝、フェイスブックにこんな投稿をしました。

橋下市長の慰安婦発言がバッシングの嵐にあってるけど、ネット上では概ね好意的な気がする。橋下も極端だし空気読まないとこあるけど、発言内容自体は必ずしも間違いではない。戦時下という特殊な状況を考えれば仕方ないし、どの国でもやってること。

韓国だって、ああ言って批判してるけど、朝鮮戦争時に韓国軍慰安婦を設けてたじゃん。それもまさに自分たちが批判してるところの軍による強制によって。女性をドラム缶に入れて搬送するなど、まさにモノ扱い。

まあ、どっちが酷いことしたとか言いあっても仕方ないことだけど、事実を言うなら、慰安婦問題は人工的に作られたもの。サヨクで作家志望の吉田セイジがまずウソでっち上げて(後に本人もフィクションだと認めてる)、当時弁護士だった福島瑞穂が朝日に売り込んで(おかげで政界進出のチャンスをつかんだ)、そして拡散。最後は外交取引のために意に反して出した河野談話がとどめ。いつの間にかやってないことまでやったことにされて、いつまでも謝れと言われてる。

でもまあ、慰安婦問題なんてのは表面的なことで、問題の本質は日本が「敗戦国」だってことにある。戦勝国が敗戦国を事後法で裁いた東京裁判の史観がいまだに残ってて、つまり「勝ちは正義」の論理から脱してないだけ。

この考えは非常に危険で、正義を取り戻すためにまた戦争なんて流れを生み出してしまう。それこそ最悪の帰結。結局、戦争なんてどっちもどっち。正義なんてそこになく、自分の私利私欲をぶつけ合った結果に過ぎない。どっちも悪。

だからますはそのことを戦勝国も公式に認めるべき。そもそも大空襲や原爆なんて明らかに国際法違反だし、そのことを公式に問い質す政治家がいないのは、単に敗戦国だから。悪への鉄槌として正当化されてるのは、普通にヤバいでしょ。

戦争した日本も悪いけど、連合国も悪いよね。喧嘩両成敗。だから、これからはあんなバカなこと繰り返さないようにしないとね、という対等のテーブルを築くことが唯一の解決方法。勝ちは正義なんて思考が残ってる限り、いつまでたっても解決せんよ。

戦争そのものが絶対悪って当たり前のことに共通認識を持たない限り何発言しても堂々巡り。戦争は絶対悪なんです!



 ちょっと補足するけど、今の価値判断で是非を論じる前に、戦時中に慰安婦制度はあったんですよ。合法的に。それはどこに国でもそう。今問題になってるのは、「軍(国家)」による強制連行があったかどうか。それについては一つも証拠がなく、2007年には「証拠がない」と閣議決定してます。だけど一方で、ほとんどの日本人は朝鮮戦争以来の韓国における「特殊慰安隊」の存在をしらない。あれは軍による暴力的な強制があったと証拠があります。そして今頃になって、韓国内ではその被害者が名乗り出て問題が表面化しています。だけど、そっちは国際的に顧みられることはまったくなく、日本の従軍慰安婦制度、それも吉田セイジと福島みずほが捏造した問題にばかりバッシングが当てられる。

b0002156_2326147.jpg 結局、あれもこれもすべて日本が「敗戦国」だから。橋下のインタビューでヤバいと思ったのは、「日本は敗戦国だからその責任を負うべき」なる発言。それはまさに「勝てば官軍」を正当化してるようなもの。勝ちが正義で負けるが悪、、、なんて認識がある以上、「戦争」は永遠になくなりませんよ。私はウヨクでもサヨクでもありません。日本が悪い部分はある。だけど、連合国だって悪いんです。戦争における勝敗で善悪を決めるのではなく、「神」の目から見たらどうでしょう。戦争に加わった人類が悪いんです。戦争は絶対悪。勝ちが正義なんて言ってるうちは、だったらまた戦争して正義を勝ち取ろうって論理に結び付くでしょ。それが一番ヤバい。(もっとも、橋下は骨の髄まで法律家に染まってるので、いかにそれが茶番であろうと「東京裁判」という「裁判」において負けを認めたのだからその責任はある、との論理自体は一貫してますが)

 日本は敗戦国としての謝罪は何度もしています。だけど、謝っても謝っても次から次へと因縁吹っかけられて、従軍慰安婦問題もその一つです。韓国サイドがその証拠として掲げてるのが、なんと吉田セイジと河野談話なんですよ。そんなバカげた話ってありますかい。私が言いたいことは、戦争は絶対悪だってこと。それが大大大前提。サヨクもクソだけど、田母神俊雄もクソですよ。その意味では。重要なのは、戦争がどれだけ「悪」かをしっかり教育すること。その点では今の日本もちょっとヤバい。ネトウヨ(ネット右翼)や在特会なんてのも台頭して、変に世論を煽ろうとしている。でも、ネトウヨに関しては単なるオタクなんでほっとけばいいけどね。そんなに戦争したければ2ちゃんに書き込んでるオマエ!徴兵行くか!って問いたい。行かないでしょ。

 オレが思う最終的な理想はアメリカが憲法第9条を持つこと。つまり、絶対の平和憲法です。そのためには、まず、日本に原爆を落としたことへの総括が必要。国際法的にも人道的に完全なる悪なのは誰もが知ってる。アメリカ人だって思ってるよ。だけど、外交上の力関係から、誰もそのことを公式に言おうとしない。なぜならアメリカは強いから。

 そもそもですね、強いやつとか、勝ったのが正義ってどうよ。それが一番危険なんです。オレ個人の話だけど、もうね、弱いものイジメって大っ嫌いなんです。その辺は日本人のメンタリティにはありますよね。判官贔屓なんて言葉があるくらいだから。弱いものの味方するのが日本人でしょ。戦争に勝った国と負けた国と、どちらが弱いか。そりゃ、負けた国に決まってる。ただ、日本は戦後の経済成長によって決して「弱い国」ではなくなった。アメリカは日本を弱いままにしておきたかったのだけど、朝鮮戦争が始まってしまって、共産主義と闘わなくてはならなくなった。そうなると、日本のポテンシャルは利用価値が高い。その結果、、、あれよと大きくなってしまったのが戦後の日本です。頑張ってるよ、日本。

 だけどやっぱり日本は敗戦国。戦後70年たつのに、いまだに「戦後」です。何度も言うけど、戦争は絶対悪。今までの歴史は歴史として、今後はいかなる場合においても、人を殺すことがあってはならない。ましてや合法的に殺人するなんて絶対にあってはならない。オレにも子どもが二人いるけど、そんなことはないだろうけど、万一、戦場に駆り出されるなんてことがあったら、胸張り裂けるよ。幸い今の日本には平和憲法があるから、その限りでは守られてる。だけど、世の中に「戦争」なんて概念がある限り、いつどうなるかわからないし、自分の子どもを戦地に出したくないのは、どの国の親だってそうでしょ。アメリカだって韓国だってそう。なんかさあ、勝ったから正義、負けたから悪、それでも近代国家ですか。戦国時代から進歩してないじゃん。平和が正義、戦争が悪。そんな当たり前のことをなぜ「現実的」に訴えないのか。サヨクは訴えてるって言うかもしれなけど、だったらなぜ北朝鮮を野放しにしてる。同じ「共産党」なら、直接体当たりで金なんとかを説得しろって。日本ばかりdisってないで。

 この手の話になるとなぜか熱くなる。でも、こう言っちゃ言い訳に聞こえるかもしれないけど、私の根底にあるのは愛ですよ。ほんとに。子どもができてからかな、この手の話にうるさくなったのは。とにかく、戦争は「絶対悪」だって言わない限り、右翼も左翼もクソです。橋下も石原も安倍も田母神もみ~んな、クソ。もちろん鳩山も福島も辻本もクソったれじゃ。ちなみにさっき、福島みずほのフェイスブックにかみついたった。スルーされるとは思うけど、「慰安婦は女性に対する人権侵害」って言うなら、今の「風俗」はどないやねん、とか、韓国の特殊慰安婦を追及しないのか、とか。いい時代ですね。政治家に直接声を出せるなんて。

 すみません。すぐ熱くなってしまって。でもこれからはいい世の中になっていくと信じています。そのためには吠えることも大切。こんなちっぽけなブログだけど、ちょっとずつ吠えていこうと思います。88歳の誕生日まで毎日吠えます。もっとも、この手の話はほどほどにしときますけどね。とりあえず今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
Commented by naomin at 2013-05-16 04:45 x
この漫画のシーンの画像は裸足のゲンですか?酷い表現ですね?これは調査して描いたのか、思い込みやプロパガンダで描いたのか、聞きたいですね。
Commented by たかし at 2013-05-16 05:08 x
在特会や彼らに賛同する人たちが出てきたのは
そもそも、大元の原因をたどれば
マスコミのせいなのではと思います。

マスコミが報道すべきことを「普通に」報道していれば
在特会のような極端な形で不満が出ることは無かったはず。
マスコミはつくづくクソだと思います。
Commented by katamich at 2013-05-16 10:08
■naominさん!
確か、作者の実体験に基づくものだったかな。絵のような時代背景があったのは想像はできます。ただ、この絵はかなりのトラウマになりますね(笑)
Commented by katamich at 2013-05-16 10:09
■たかしさん!
でもこれからですよ。10年後には今とまったく違う世の中になってると思います。
by katamich | 2013-05-14 23:39 | ■時事問題 | Comments(4)