無明の煩悩 2013.5.7



b0002156_1440236.jpg 今日からまた新生活がスタートする人も多いでしょうね。ようやくとGWが明けましたが、世間では5月病なんてものが流行ろうとしている。私は今までほとんど実感がないのですが、おそらくはGWに息を抜き過ぎた人の症状かな、と。私にしてみれば、長い休みってのは恨めしい気さえしますもんね。それでもバーベキューしたり、写真館に行ったりなど充実したGWだったと思います。ともあれスタートです。

 さて、昨日もちょこっと書きましたが、来月は早々に自己投資があります。ちょっと高いセミナーに申し込んだのです。GWの初日に2日間のセミナーに参加した、いわゆるその「本編」となるもの。ついこないだまで普通のサラリーマンや主婦だった人たちが、たった2か月足らずで数百万、数千万を稼ぎ出す「秘訣」を吸収してこようと思って。世の中にはそんなのがあるんだな~、といろいろ動いてみてわかること。内容的にはアフィリエイトやってどうとかではなく、「考え方」をガラッと変えて、お金に対するブロックを極限まで下げてしまおう、というもの。具体的に何をやるかは人それぞれだろうけど、とにかく「考え方」が変わればそのまま「人生」も変わる、という私の関心に最もマッチする内容。その証拠も見てきたところ。

とにかくも「自己投資」ほどリターンの大きな投資はありません。昨年はビリーフチェンジセラピーを学ぶのに50万円ほど投資しましたが、学び終える前にすでに50万円は回収していて、半年でざっと数えると250万円には膨れ上がりました。差引200万円。しかもその200万円は株やFXなどと違ってなくなることがない。そればかりか、自己投資なのでスキルを奪われることもなく、これからはどんどん入ってくるばかり。なんと、ローリスク・ハイリターンな物件なんだろう。

 ただ、それだけに頼るとそれまでなので、定期的な自己投資は必要。今年はすでに三つほど参加することを決めており、それらを合計すると60万円くらいかな。そのうちの20万円はコンサルティングなんですが、申し込んだ一番の理由はコンサル内容だけど、それと同じくらい、その人と仲良くなりたいってのがあります。さっそく本日振り込み、今週末にお会いします。

 最近、本当に「確信」としてわかってきました。やるだけやったら、その分だけ得られることを。4月に参加した上祐さんのセミナーでも言われてたのだけど、人間にとって最も強い「煩悩」ってなんだと思いますか?それは、、、

「何もせずに何かを得ようと思うこと」

だそうです。よくわかります。具体的に言えば、何の努力もしないで、人並み以上のお金を得ようと思うこと。何の努力もしないで、人から認められようと思うこと。何の努力もしないで、異性からモテようと思うこと。その「思い」が苦しいのです。そのような強い煩悩を持つ人が多いからこそ「宝くじ」が売れるのです。数千、数万のわずかな出費であわよくば生涯所得くらいのお金を手に入れようとする。もちろん「宝くじ」が悪いっていうわけじゃなく、それはそれで立派に社会貢献している側面はあります。だけど、それでもやっぱり「煩悩」からスタートしたシステムってことは知ってていい。ギャンブルもそう。その人間生来の「煩悩」がパチンコや競馬業界を支えていることは純然たる事実ですから。

 私はパチンコもスロットも競馬も麻雀も一切やりません。ゲームとしての興味もありませんが、「何もせずに何かを得ようとすること」がどれだけ非効率か、そして逆に言うと「何かすれば必ず何か得られること」を骨の髄まで知っているから。もちろんその「何か」を選ぶセンスや情報は重要だと思いますが、最初から一番いい情報が得られるとも限らない。とにかく「動く」しかないんですよね。もちろん私自身はこのブログを通して「一番いい情報」を提供しているつもりではありますが、それはあくまで「私にとって」という意味。「加賀田晃がサイコー!」と書きまくって、それを真に受けてヤフオクからDVD落とした人がかなりいるようですが、「あんなの書くな!」なんて苦情をもらったこともありますしね。大きなお世話じゃ。

 とにかく動いてると、どんどんどんどん自分にとって「いい情報」が引き寄せられるようになる。それは脳のメカニズムであり潜在意識の法則とさえ言えること。私なんかも常に「いい話はないか、いい話はないか」と探し回ってますからね。すると必ずそのための情報が手に入る。

 「『考え方』が人生を決める」とはいつも言ってることですが、私自身はそれをこれでもかとばかりに納得しています。そして考えた通りに人生が展開していることも実感。だから自分のことはいい。昔、私がその言葉で人生が変わったように、これからは私の方からもっともっと言いまくらなければならない、と思っています。その上で、現実的には「お金」の問題が、「考え方」によってどのように解決していくものか。そのための情報をずっと探してたらついに出会ったというわけです。まずは来月の頭にそのセミナーを受けてきます。そしてそこで得たエッセンスをブログやセミナーを通してガンガン伝えていければな~と思っています。

 とにかく、私自身が今、確信してるのは、やはり「自己投資以上に効果的な投資はない」ってこと。ギャンブルはおろか、株や債券などのまっとうな投資であっても、確実にセンスが問われるもの。そのセンスにしても、環境がそうさせることもあれば、自己投資で磨くものでもあります。結局のところ、やったらやっただけ、やらなかったらやらなかっただけ、のこと。何もしないで何かを得る方法はないか。そんな「煩悩」に憑りつかれた状態だと、それを狙ってくる人たちの絶好のカモですからね。そうならないためには、やっぱり動くのが一番だと思います。

 そうそう、5月18日の「マネービリーフ・セッション」の案内文をようやく書きました。今回の「セッション」は初の試み。翌日の「婚活セッション」もまだ受付していますが、「マネーセッション」はまた違った目的となるもの。ある成功者の方が言うには、目標達成する人は、そのための共通した「無意識のプロセス」を持っているそうです。それがこれ。
b0002156_14383746.jpg

 これは単純なようで実に深いです。それぞれの説明を簡単に説明するとこう。

目標明確化 ⇒ 達成したい目標は(金額は)?
動機 ⇒ なぜ、それをするのか?
ビリーフチェンジ ⇒ 何が妨げているのか?
戦略 ⇒ どこで勝負するのか?
プランニング ⇒ どのように進めるのか?
行動 ⇒ いかに動くか?
習慣化 ⇒ いかに習慣に取り入れるか?
目標達成 ⇒ 次なる目標は?


 ここで重要なのは「目標明確化」、「動機」、「ビリーフチェンジ」です。それが8~9割を占めると言っていいです。考えてみれば当たり前のこと。「目標」がないのに、「戦略」が立てられますか。「行動」できますか。世の中には「戦略」さえしっかり立てれば成功できると思っている人がいる。大きな間違い。ビジネス書でどんなに戦略の勉強しても成功しないでしょ。「行動」さえすればも同様に大きな間違い。ただ闇雲に動いても意味なし。

 同じように「動機」がなければ、人って動かないもの。例えば私が「月に5人にナンパしてHする」って「目標」を明確化したとしましょう。だけど、そのための「動機」がまずない。理由がない。目標立てても動機がない。動機がないのに目標立てる。そんなバカげた話はありません。一方で「月に100万円稼ぐ」には動機があります。それが今のところ私にとって経営者としてのミニマムラインであり、それを切ることに恐怖さえ覚えるから。だから自己投資するんです。そんなモードになれたのも、やっぱり会社を設立してみて、そして二人の子どもを抱えてこそ。動機があるのです。そして今は「年収3000万円」に向けた動機が育とうとしています。それは第一に純然たる好奇心。年収1000万円から見る世界と3000万円から見る世界は違うだろう。どうせなら見てみたい。そしてそこまで到達すれば、とりあえずお金の不安からは完全に解放。自分の求める「自由」の一つがそこにあるから。

 「目標」が明確になった、「動機」もある。しかし、それでも進めないのは次の壁。それが「ビリーフ」です。自分は月収100万円にふさわしくない、年収3000万円にふさしくない、経済的な自由を得るのにふさわしくない、、、なんて思い込みがあると、頑張っても次には進ません。今回の「ビリーフ・セッション」の目的もここにあります。まずは目標を聞き、そのための動機を確認。その上で制限となる「ビリーフ」をセッションによって取り除く。それができれば後は簡単。

 例えば私の知人で最近独立した人の例。彼はイラストを描いて食べて行く決心をしました。9月にアイルランドにも行きます。初海外でレンタカーも運転します。以降、私の想像を交えて書くとこうかな。

 まず「目標」は。イラストを描いて生活をすること。まずは一年以内に月収30万円、三年以内に100万円が目標。では「動機」は。とりあえず生活でしょ。月収30万円であればまずは生活できます。イラスト一枚3万円だとすれば10枚書けばクリア。一週間に2~3枚。100日毎日描いたこともあるから、そんなのは朝飯前。問題は営業。だけど、そもそも自分はそうやってフリーランスで生活できるにふさわしいのかどうか。そこで「ビリーフチェンジ」です。ただ、彼の場合はアイルランドに行くので大丈夫でしょう。行けば、の話ですが。彼は34歳にして海外に出たことがない。それをぶち破るのだから、それだけで潜在意識がグラグラ。しかもアラブの砂漠で寝る。アイルランドで車の運転もする。断崖絶壁に立つ。妖精に合う。UFOと接見する。もし希望であれば、ツアー中に私のセッション(無料)を受ければ完璧です。
 
 次に「戦略」ですが、ようは「しぼる」ってこと。一言でイラストと言っても、商業用、オタク向けでも違うし、商業用としてもどんな業界かでまた違うでしょう。そこは本人のリソースがハッキリすればすぐに見つかる。と言うか、周りが決めることだってありますからね。彼は先日、ドラム缶に絵を描いていましたが、それを見た通りがかりの社長さんが、「うちでもたのむよ!」みたいに声をかけてくれたらしい。ドラム缶や看板に直にペインティングできる人って、そんなに多くないのだと。であれば、それだけで一つの絞り込みになりますよね。

 次は「プランニング」ですが、営業と作業のバランスを取りながら、顧客の満足度を満たしつつ、さらに紹介を頂きながら販路を広げていく。そして「行動」は計画通りにやって行けばいいし、それが定着すれば習慣となる。そして気が付けば、、、月収100万円を超えてた~となり、それがさらに継続するのです。安定、安定。全然問題ないですね。

 そしてこういうことって、ある程度の人ならばできること。ただ、目標を掲げて叫ぶだけじゃなし。かと言って戦略ばかり練っても意味がない。ものには順番があります。加賀田式セールスだって、「アプローチ、人間関係、必要性、商品説明、(テスト)クロージング」という鉄壁の順番があるように、物事にはすべて手順があり、それを効率化させるアルゴリズムがあるのです。それを知らずして夢ばかり見ても、目が覚めることはありません。満月に通帳をかざしてもそれは一夜の夢。宝くじを買っても、発表までが夢の世界。できれば覚めたくない。だからまた買う。その繰り返し。

 だけど、きちんとやることやれば、目が覚めても眠る必要もなし。それが「啓蒙」であり、「光明」であり、「無明の煩悩」から解放された状態。どうせならその方がいいでしょ。と言うわけで「何か」をすれば、必ず「何か」は得られるのだから、これからもガンガンに動きまくろうと思います。楽しみです。ありがとうございました。
 
今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■5月17日(金)/東京/「マネービリーフ」からの解放に向けたミニワークショップ

■5月18日(土)/東京/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション

■5月19日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
Commented by Qさんファン at 2013-05-09 07:40 x
>それを真に受けてヤフオクからDVD落とした人
自分もその一人ですが、ビジネス系の教材でしかも海賊版なんて最高にクールですよね。
加賀田先生やそのお弟子さんの本も買って勉強しましたが、正直自分には合わない部分が多いと思いました。
でも、仕事についての重要なマインドや人間心理など、多くのことを学ぶことができました。
金額としては大きくないですが、十分自己投資になったので、紹介してくださったQさんには感謝しております。

>「あんなの書くな!」なんて苦情
個人の無料ブログで何の問題も無い記事にそんなこと言うなんて、野暮ですなぁ。
Commented by katamich at 2013-05-10 11:23
■Qさんファンさん!
まあ、あれでばっちり合う人の方がおかしいとは思います(笑)
いいとこどりすればいいだけで、わざわざ文句言わんでもいいだろうとは思いますけどね。
ま、そんな人は悪い部分ばかり目が向く習性があるので、生きてて損だと思います。
ところで、Qさんファンさんはフェイスブックされてないんですか?
Commented at 2013-05-10 12:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katamich at 2013-05-13 22:17
■非公開コメントさん!
了解しました。
by katamich | 2013-05-07 23:39 | ■願望実現 | Comments(4)