ヤバい飲み会 2013.5.1



b0002156_9523782.jpg 今日から5月。今月も一週間の滝行、それから東京セミナー3連続が予定されています。5月の一発目は飲み会、、、と言うか、個人的にいろいろ知りたいこととかあってセッティングしました。日頃よくお会いする方々ではあったのですが、改めて飲むのは珍しいかも。T氏とM氏と三人で。出てきたキーワードは、最近どうですか、ビリーフチェンジ、コーチング、二か月で1400万円、営業、加賀田式、棚田さんの下ネタ、栢野さん、堀江さん、ブログ、結婚、婚活、ぷにゅぷにゅ、熟女AV、世界一ヤバいアダルトサイト、マルチ商法、陰謀論、安倍晋三、麻生太郎、アイルランド、沖縄、太平洋戦争、村上春樹、子作り、谷さん、台本、O谷さん、いちえんさん、テンガ、70年周期説、神田昌典、船井メデイア、オーラない主婦、フィンドホーン、エックハルトトール、インプロ、マネーゲームからの脱出、マトリクス、渡部昇一、昆虫料理の内山さん、マグロ斉藤さん、サクサン、小林よしのり、23歳イケメン童貞、日本酒甘い、開発、アダムタッチ、東条英機、卑弥呼の生まれ変わり、シルクラボ、上祐、リクルート、キバリオン、民主党、大政翼賛会、矢野さん、ミニマム月収100万円、スピリチュアルメンター、玉砕、など。6時半から11時まで語ってました。話題は尽きることがない。

 今日の飲み会は私が呼びかけたのですが、理由は個人的なこと。この週末にセミナーを受けた話をしたと思いますが、後になってからますますその衝撃がボディブローのように伝わってきたのです。そしてずっと胸の中がワサワサワサワサしてて、そのセミナーに少なからず関係ある方をお誘いしたわけです。とにかくすごい話ですよ。2005年に加賀田式DVDを見て以来の「マネービリーフチェンジ」が起こりました。

 加賀田式DVDを見て起こったことは「オレはもう大丈夫(お金には困らない)」で、それは実際その通りになりました。紆余曲折はありましたが、今は「ほぼ安全圏内」に入ったと思います。ただ、今の仕事を続けていく上で、もう一つ大きなビリーフがあることに気づくとともに、それが外れる衝撃を受けたのが週末のセミナーでした。しかし、セミナーを受けただけではどうも消化不良。そこで今回の飲みにお誘いした経緯なのです。

 とにかくも、その週末に受けたセミナーの拡大版と言うか、本編があるのですが、決して安くはないものの、そのセミナーに参加した直後から2か月で100万円の収入を得るのはミニマムで、4~500万円もざらにいるというのです。1,400万円に達した人もいるとか(4,100万円だったかも…記憶不明瞭)。そんな話をたくさん聞き、しかもリアルにそんな人たちを見てしまったのです。しかしその多くは普通の主婦とか先日までサラリーマンだったような人ばかり。例えば、私が、と言っては恐縮ですが、私なら効果的なセミナーを受けて、それを最大限に生かすことは普通のこと。ただ、いろんなセミナーやらを知る限りでは、やっぱりそもそもの「資質」が重要で、極端な話、幼稚園生に100万円のセミナーを聞かせても何の意味もありません。セミナーを受けたから誰でも、、、では決してないのです。アメリカやオーストラリアまでアンソニー・ロビンズのセミナー受けに行った知人を何人も知っていますが、一時的にはハイテンションなのですが、結局、元に戻ってなんら「現実」が変わったように見えないのが大半。本人は参加費に見合った「効果」を否定したくないために「すごかった!」とは言うのですが、具体的には?と聞くこと答えに窮する。セミナーは「参加することに意義がある」のでは決してない。まずはその投資を回収して、人生にドライブをかけるためにあるんです。

 話を戻しますが、週末に受けたセミナーの「本編」となるセミナーに参加された方が次々と、、、高額の収入を手にしている「現実」を目の当たりにし、何度も言うけど、ワサワサワサワサしてたのですよ。おかげさまで今日の飲み会である程度スッキリ。完全にスッキリするには「本編」を受講するしかない、、、と思っているのですが、今の時点で大きなビリーフがあることに気づき、しかもそれがかなり解消されてしまいました。その新たな大きなビリーフとは、、、「自分は稼げても他人は稼げないのではないか」というもの。正確にいうと「資質のない人は稼げないのではないか」ということ。これは私のみならず、ほとんど「当たり前」のように思われてないでしょうか。確かに、幼稚園生に何を教えても意味なしです。しかし、です。セミナーに「参加する」と決めた時点で、決して幼稚園生とは、いや、その他大勢の人たちとは違うのです。つまり、その時点で十分なリソースを持っているのです。

 考えてみればそう。私が初めてセミナーらしいセミナーを受けたのは、2003年12月の武沢さんのセミナー。当時まだサラリーマンで、だけど、どうにかして人生を切り開きたいと悩んでいた時期。参加費は4,000円でした。セミナー内容自体は今思うと割とありきたりな自己啓発。半分くらいは中国ビジネスがどうとかって話でついていけない。だけど一つだけ、「目標設定しましょう」って話だけは持って帰って実行。生れて初めての目標設定でしたが、その中に「ホームページ開設」ってのがあり、予定通り翌年5月に開設。その日記部門はこのブログ。今に至ります。半分は意味わからなくても、一つでも素直に実行したところ人生は切り開かれました。私にそのリソースがあったわけですね。

 ようはこうです。私の中にあったビリーフは「資質がある人にしか効果がない」だったのですが、それが「参加する時点で十分な資質があり、その限り、すべての参加者に効果がある」となったのです。考えてみれば「資質がある人」と考えるのは、主催者として、講師として、単なる弁解と欺瞞に過ぎない。確かにそこに「依存」があれば、お互いにとって利益はない。「自分は何もしたくないですが、稼がせてください」なんてスタンスの人には何やっても効果はありません。なので、まずは「依存」を排除しながら、その網の目をかいくぐってきた人たちは、すでに十分な資質、リソースがあるのです。そのようにビリーフチェンジした今、またも次回のセミナーから大きくジャンプアップしてしまいました。未来のことに対して「してしまいました」は変ですが、すでにそんな感じなのです。

 今日の飲み会はめちゃくちゃ有意義でした。最近は懇親会以外、飲み会のための飲み会にほとんど参加せずでしたが、今日のは万金に値する時間となりました。3分の1は下ネタって説もありますが、それも含めて、実に示唆に富む話題が繰り広げられました。また何かが動き始めました。と同時に、またさらに大きな武器をゲットしました。今年のセミナーはもっぱら「婚活」と「収入」をメインに進めていますが、その効果を高めるような情報に次々と出会っている自分に身震いがします。そんなわけで、5月がスタート。ヤバいですね、これから。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■5月17日(金)/東京/「マネービリーフ」からの解放に向けたミニワークショップ

■5月18日(土)/東京/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション

■5月19日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-05-01 23:39 | ■ビジネス・事業 | Comments(0)