宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

何が起こるか楽しみ♪ 2013.4.30



 今日で4月も終わり。振り返ると、まず、ちびQが幼稚園に入園。一週間の滝行。上祐さん。福岡の婚活セッション。大阪では婚活のマネー。あとはいろいろ。充実度は70%かな。いつもより本はたくさん読んだかな。一日一冊に近いペース。歴史、小説、ビジネス書くらいですが、つくづく、スピリチュアル本って読まなくなったな~。あと、エックハルト・トールさんの「アウェイクニング 今、ここに目覚める」ってDVDを見始めたのだけど、すみません、猛烈に睡魔が襲ってきました。何とか30分は見たのですが、まだ見切ってません。もしかしたら、あのDVDは「情報」を入手するとかではなく、見ること自体に「悟り」のような体験があるんじゃないか、なんて思ってしまいます。きっとそうでしょう。残りも頑張って見ようと思います。いや、頑張らずに見ます。

 でも、正直なところ苦手だなあ。「ニュー・アース」は近所の図書館にあって、今まで5回くらい借りたのだけど、いまだに10ページ以上読めない。実を言うと「神との対話」も読めない。「バシャール」も読めない。いろんな人がネットで紹介している以上の内容は知りません。だけど、ディーパック・チョプラの本はスラスラ読める。何が違うのだろう。もしかしたら書いてる文化的背景が関係してるのかな。チョプラ博士はインド。トール氏はドイツ・アメリカ。ま、いいか。どっちでも。そもそも本を読む大きな動機に「旅」があると思っています。つまり知らない世界を体験すること。

 昨日紹介した「永遠の0」は戦時中の日本空軍の世界。村上春樹は村上春樹の世界があります。ビジネス書は望ましい将来イメージの世界。スピリチュアルも同様。そう考えるとわかります。エックハルト・トールの本は「真実」過ぎて「旅」の実感がないから。DVDを最初の30分だけ見たのですが、今のところ普通のことしか語られていない。あとからサプライズがあるのかもしれないけど、ないかもしれない。だけど、これが真実の人生かもしれません。その一方で、「旅」に大切なのは「サプライズ」です。その点、村上春樹はサプライズは少ないけど、「世界」が濃厚だから読んでしまう。私は旅行記も好きなんですが、そのままズバリですもんね。特に好きなのは小田実の「何でもみてやろう」ですが、これは50年前のバックパッカーの「世界」がのぞけます。

 そう言えばリアルに旅好きな人って、読書家が非常に多い。昔、バックパッカーしてるときも、新しい日本人と会うと「何か本持ってませんか?」があいさつのようになっていた。時間があるからもあるけど、そもそも本を読むのが好きじゃなきゃ旅などしてませんものね。本を読むと実際に世界が見たくなる。「永遠の0」を読んで知覧に行きたくなったし、藤原新也を読むとインドやアイルランドに行きたくなる。村上春樹の「もし僕らのことばがウィスキーであったなら」を読んだけど、やっぱりアイルランドに行きたくなってしまった。

 そうそう、9月のアイルランドなんだけど、もしかしたらレンタカーで行き当たりばったり、になりそうな方向。参加者が10名以下ならレンタカーで、それ以上ならツアーを組む形だけど、そもそもの私のイメージはレンタカーでした。1999年に自転車でアイルランドを一周(ベルファストからダブリンまで反時計回りだけど)したんだけど、それをレンタカーでトレースするように旅をしたかった。これはずっと前から言ってたこと。グーグルマップで移動時間をいろいろ測ってると、大きな都市間はだいたい2時間くらい。寄り道しても3時間とすると、一昨年のインドと比べるとはるかに移動距離は少ない。交通事情もさほど悪くないだろうし、海外の観光客がレンタカーで旅するのも割と一般的なようです。う~ん、、、いい感じです。

 もしレンタカーになったら、ホテル(B&B)もネットで予約します。なんて便利な世の中になったんだ。もちろん一人旅ならばすべて行き当たりばったりでいいのだけど、グループになるとそうはいかない。だから代理店に手配してもらうのが一般的だったけど、今はネットで飛行機、車、宿をすべておさえることができるんです。宿もホームページ持ってるとこが多いし、そうでなくともブッキングサイトにたくさん登録されています。場合によっては英語メールでやり取りになったとしても、それくらいは大丈夫ですから。

b0002156_1581626.jpg 9月20日の夜に成田発。翌朝早朝にUAEのアブダビに到着。そっからは車をチャーターしてドバイ半日ツアー、そして夜は砂漠でディナーと一泊。ベドウィンになったつもりで、満点の星空に抱かれながら寝る。最高。翌日はまた車でアブダビに戻り、ホテルで休憩してから夜中のフライト。翌朝、ダブりに到着してレンタカーで西へ。めっちゃ疲れてると思うから、早めに宿へ。夜はパブですね。アイルランドやイギリスは朝食がとにかく充実しています。そこで腹いっぱい食べて昼は軽くファーストフードに寄る感じ。夜はレストランかパブ。そしてギネスとアイリッシュウィスキー。食べて飲んでばかりですが、景色や音楽も最高。いたるところに妖精がいて、一説によると、素直で純粋な人にしか見えないそうです。あとはUFOですね。

 とにかくもですね、「旅」もやっぱりサプライズです。私のツアーは何かとサプライズ率が高い気がします。と言うか、旅に予定調和はないんですけどね。場所が違えば人も違う。天気だって気温だって違う。時として予想外のことがたくさん起こる。そんなとき、何を感じるかと言うと、やっぱり「宇宙の意思」ですよね。私はこれまでいろんなツアーをしてきました。熱海3回、Q州たくさん、インド2回、もっと前は清崎のペンションってのもありました。それから沖縄2回でこれは毎年恒例になる予定。そしてアイルランド。ちなみにNLPの北岡氏とバリ島ツアーって予定もにわかに浮上しています。いずれにおいても、何かが起こる。そこにあるのは「宇宙の意思」で、そのメッセージを受け取ることができれば、その瞬間から人生は大きく加速します。

 まず、直近として6月8日~10日の「Q州ツアー」がありますが、とりあえず今回も行く場所は決まっていますが、何が起こるかは未知数。そしてとにかくこの三日間で重要なのは、メッセージを受け取ること。主催者である私も毎回、何らかのメッセージを受けて前進しています。そのためのマインドセットを初日の宿坊でやってしまい、そっから滝行。翌日は秋元神社と阿蘇、ペンション。三日目は輪葉葉と湯布院。とにかくその三日間で何かがやってきます。二日目の夜はペンションでビリーフチェンジセッションもしますので、文字通り、生まれ変わりの「扉」をくぐってしまうことになるでしょう。

 そんなわけで、なんだかとりとめない日記になりましたが、明日から5月。一年で一番いい季節かもしれませんね。私も大きく飛躍できる5月にしたいと思います。とにかくも、何が起こるか楽しみ。楽しみにしてると、本当に楽しいことが引き寄せられる。夜寝るときに「あ~、今日も楽しかったな~、明日も楽しみだな~」と胸をポカポカさせると、翌日はその通りのことが起こりますので、ぜひ、忘れずに実践してみてくださいね。私なんかそんなことばかりしてるので、やっぱり、楽しいことばかりやてきますもんね。それでは、来月もまた楽しみだな~。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■5月17日(金)/東京/「マネービリーフ」からの解放に向けたミニワークショップ

■5月18日(土)/東京/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション

■5月19日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-04-30 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン