神レベルで生きることにしました 2013.4.20



b0002156_97508.jpg 昨日の日記は言うまでもなく「手抜き」で失礼いたしました。そこまでして毎日更新するのか。します。しなかったら自分が気持ち悪いので、もはや強迫観念でしょうか。もちろん困ってはいませんが。昨日は北岡氏のワークで「公開対談」。宇宙が誕生した138億年のアンカリングを超えるんだ、、、などと力説されておられました(写真は138億年前の宇宙‐正確にはビッグバンから38万年後の宇宙)。私は今、40歳ですが、アンカリング、つまりプログラムはこの40年でインプットされたもの。無意識的な学習と言っていいですが、それがなければ生きていくことはできません。今、コーヒーを飲んでますが、コーヒーの効用、飲み方、安全性(危険性)などがアンカーされてるから飲んでるわけであって、そのような無数のアンカーがなければ一つ一つが最初からやり直し。非常に便利な機能である一方で、幼い頃に虐待などされていたら、人間は怖いものだとアンカリングされる。つまり、便利な反面、生き辛さ生み出す原因でもあります。

 それが埋まれてから40年間のアンカリングですが、それ以前に人間に本能や遺伝子のプログラムあり、それ自体が人間特有のアンカリングとも言えます。それはさらに他の哺乳類、両生類、爬虫類、鳥類、魚類、昆虫、植物、鉱物、火、水、地、空にまでさかのぼり、地球上の存在はすべて45億年のアンカリングがある。さらにさらに全宇宙、つまり138億年のアンカリングを今、まさに私も、あなたも持っているわけです。北岡氏のNLPはその138億年を超えるためにある、、、と主張されていました。しかも真顔で。それでないと意味がない、と。
 
 恐ろしい発想。つまり、全宇宙のアンカリングを超えるとは、、、「神」になること。ただ、よくよく考えると、これは実に当たり前のことかもしれません。つまり、自らの「神性」に気づくことであり、自らが「神」としての人生を歩む。完全なる「悟り」の境地。「悟り」とは何か。それは138年のアンカーを解除することである。また一つ、新たな定義が誕生しました。

 と言うわけで、なごやかに「公開対談」が流れていきました。ところどころ極めてマニアックで難解な話題に踏み込みながらも。もっとも、私の役割はある意味、「翻訳」のような立場で、私自身が何かを主張するようなことは基本的になし。それが今回の役目だとの自負はありましたので、いずれにせよ、またどっかでさせて頂くかもしれません。その後は希望者で懇親会。閉店後はさらに希望者でバーへ。ウィスキーを二杯飲み、その後もマクドナルドでコーヒー。終電の時間などとっくに過ぎてるので、いろいろと濃い話をしながら、新大阪から上本町までタクシーで。そんな感じだったので、ヘロヘロになり懇親が手抜きになったのです。ただ、あの手の更新をするのは、たいてい「隠し文字」がありますので、そのメッセージを見られた瞬間から、それが138億年のアンカリングをさらに上書きしますので、おめでとうございます。

 そして今日は「マネービリーフ」の一日ワークショップ。ビリーフのチェック。ビリーフからの解放。ビリーフチェンジ。潜在意識に願望をインプットする。などの柱であっという間の一日だったと思います。途中で実際の「ビリーフチェンジセッション」を公開で見て頂いたのですが、私の直感って当たるなあ、と思いました。最初の自己紹介で、「この方が今日はセッションに当たりそうだな・・・」と思った通りの方。実のところ、セッションはいつもいつもセオリー通りにきちんと進むとは限りません。何が出てくるかわからないので。だけど、前回の東京もそうでしたが、今日も「セオリー」の通りにきちんと着地することができ、皆さんにもビリーフの成り立ちと変化をしっかり見て頂くことができました。

 それにしても、、、今日も何名かリピーターさんが来られてたのですが、その数名からすごく興味深いことを言って頂けました。ビリーフチェンジのセッションに入る前に、全員の方にいくつかのビリーフを「数値化」して頂くワークをするのですが、例えば前回12月に数値化された方は、その間、セッションも受けられたし、いろいろある中で改めて数値化してみたところ、前回よりも軒並み制限ビリーフの数値が低下してるとのこと。さらに別の方は沖縄ツアーに参加されたのですが、ツアー直前の数値と今回の数値はまた大きく変化していると。そうやってある程度客観的に調べるとわかるものです。

 数値が下がるとは、、、ビリーフ、つまり「アンカー」が外れることを意味します。何らかの形で生き辛さを生み出すアンカーが外れるのです。もちろんすべて外れることは不可能。便利なアンカーもたくさんありますし、死するまでアンカーから完全に解放されることはありません。しかし、余分なアンカー(ビリーフ、コリ)が一つ一つ外れていくと、より生きやすくなるのはもちろんのこと、願望も叶うし、お金も増える。恋愛も成就する。楽しいこと尽くめです。そして死して肉体から離れることによって、ようやくすべてのアンカーから解放されるのですが、、、実はそうでなかった。45億年の地球のアンカー、そして138億年の宇宙のアンカーがある。もしもビリーフチェンジを究極まで突き詰めると、それは宇宙からの解放。つまり「神」になってしまう。いいじゃないですか。神の視点で、神として生きて行こうじゃないですか。私もこれからは138億年のレベルで生きて行こうと思うのでありました。明日は婚活セッションで、また138億年のレベルでセッションさせて頂こうかと思います。ありがとうございました。 

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■5月17日(金)/東京/「マネービリーフ」からの解放に向けたミニワークショップ

■5月18日(土)/東京/「マネービリーフ」から解放されて豊かさを広げるグループセッション

■5月19日(日)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-04-20 23:39 | ■精神世界