理想社会 2013.4.17



 え~っと、いくつかご案内から。5月の東京セミナーの受付を一斉に開始させて頂きました。5月17日・18日・19日で詳しくは公式サイトから。それから6月のQ州ツアーもサイトからお申込みできるようにさせて頂きました。メルマガでしかご案内しておらず、今のところ定員の半分ですが、新規の方も多くそれぞれにフレッシュな体験になると思います。日程は6月8日~10日ですが、中日の「6月9日」は私にとってとても大切な日でもあります。私がセミナーデビューしたのは2007年6月9日で、この日から人生が変わり始めました。そう言えば2年後に結婚することになるある男女が最初に出会われたのもその日のこと。もっとも、その日はお互いあまり面識は持たなかったそうですが、人生は面白いものですね。

b0002156_161169.jpg あと、これは内部連絡になりますが、7月6日~8日は「Maoさんと行く出雲ツアー(過去のツアー参加者限定)」を企画しており、狙ったわけじゃないですが、7月7日の「七夕」を挟んでいるのが意味深じゃないですか。七夕と言えば縁結び、縁結びと言えば出雲大社。出雲空港は「出雲縁結び空港」が正式名称みたいですね。ホームページにそう記載されてました。予定でも7月7日に出雲大社に行きますので、「縁結びの二乗」でウォーズマン真っ青の7億パワーですね。ちなみに7億パワーはスキーマン。この辺の知識は重要です。私はこう見えても、日にちとか数字とか、割と気にする方。もっとも、それは自分にとって都合いい場合に限りですが。とりあえず、いつかはツアーに参加したい、、、と考えておられる方は、6月8日~10日のQ州ツアーにてお待ちしています。その日を境に「運」が急上昇することは保障しますので。

 とにかく面白いことがいっぱい。沖縄ツアーの余韻からはすでに抜け出ていますが、そう言えばもう一か月くらい経ちますもんね。この一か月で何が進んだわけじゃないけど、確実にパワーアップしてる実感はありますもん。これからですよ、これから。私自身もまだまだ制限となるビリーフを抱えてて、それがどんどんクリーニングされてる感じ。もちろん日常生活で困る範囲のビリーフはほとんどない自覚はあるけど、例えば「収入上限」なんてのは、キリがないと言えばキリがないけど、私が目指すレベルに達してないと言うことは、これもやはりビリーフなんですよね。ただ、会社は4月決算で、まだ3期とは言うものの、これまでで最高。ここだけの話、そしてもうちょっとだけ経費使えそうなんで、今月中に何かのセミナーでも申し込もうと思ってたら月末にいいのがありました。ビジネス系ですが、しっかり勉強してパワーアップしたいと思います。

 次は第4期になりますが、役員報酬もちょっとだけ上げて、そしてもっともっと稼ぎたいと思います。やっぱり消費税は8%になるのかなあ。3%アップするだけでも、30万円以上は違いますからね。国民の義務とは言え、一方で余計な税金の使い方してると腹立ちます。自分で会社を持つようになって、今まで以上に社会に目が向くようになりました。そして当然ですが、サヨクはクソってことが身にしみます。その話すると熱くなりそうなんで今日はやめときますが、私がマトモと思う人にサヨクがいないのは幸いです。ほんと、民主党がくたばってよかったです。もちろん自民党もいろいろ言いたいことはありますけど、国民もつくづく実感したようです。ほんと、民主党は歴史に名を残すクソ加減でしたから。まだ、主義主張のハッキリしてる共産党の方が許せる、、、と思った時期もあるけど、あれもやっぱりクソですね。天安門事件の首謀者は中国共産党。スターリンやポルポトも共産主義。ミサイルで威嚇する北朝鮮もそう。なのによく「日本共産党」なんて名乗れるな~と不思議に思います。確かにマルクスはいい奴だと思います。断片的にしか資本論は読んでませんが、そう言えば読破した兄貴は昔、かなり左に寄ってましたから、知識人を洗脳するマルクスって、ものすごい宗教家ですよね。あれをまともに読むと、知識人はみんな左に寄るって言われてることもありました。

 ただ、マルクスの言うのは、「資本主義の次に共産主義が来る」ってことであって、ソ連や中国、北朝鮮のように、イデオロギー的に導入するもんじゃないんですよ、ほんとは。その意味では今の北朝鮮とか中国をマルクスが見たら腰抜かすでしょう。「共産党」なんて名乗って欲しくない。マルクスが夢想してたのは、「資本主義」の弁証法的発展形態としての「共産主義」であって、その意味ではイギリスやアメリカが真っ先に自然な形で移行すべきもの。ただ、今では資本主義も限界が来てて、それを補完する上での福祉国家も今や財政破たんによって危うい状態にあります。では、資本主義を超えた理想の体制、理想の国家とは実現しうるのでしょうか。いつかは実現すると思ってますが、そのためには、まだまだ試練が必要なんでしょうね。一説によると、2015年~2017年でこの世界もパラダイムが根本から転換されると言われています。俗に言う70年周期説でもそう。今から70年前はちょうど終戦で、そのまた70年まえは明治維新。私は戦前も江戸も直接知ってるわけじゃないですが、本を読むだけでも、「戦前-戦後」、「江戸-明治」のパラダイムシフトの大きさは驚きを禁じえませんよ。ほんと、価値観が180度変わるんですよ。ただ、そうは言っても、日本人なら日本人の精神性、つまりエートス自体は不変であって、それは今後も変わることはない。

 じゃあ、日本人のエートスって何なのか。「エートス」とは「あり方」と言い換えていいと思いますが、社会学的にはそのまま使われる言葉なので、私もそのように使っています。では、日本人特有の「あり方」って何かと考えたところ、一番に思いつくのが、聖徳太子が言うところの「和」が出てきます。「和」とは何か。それは「空気を読む力」とも言えるけど、やはり根底にあるのは「他人に対する思いやり」かな、と思うのです。もしも日本人のエートスが崩壊するとなったら、それは完全なる利己主義に国民全体が転じたとき。日本は落とした財布が戻ってくる、世界でも類を見ない奇怪な国だと言われることがあります。

二年ほど前、飲んだ帰りに携帯電話を拾ってしまいました。持ち主らしきが鳴らしてるのか、ピカピカ光っています。諸外国だったら、それはそのまま売りに出されるか、または使いまくるか、もっと賢ければデータを盗むかするのでしょうか。だけど、私がそこですぐに思ったのが、当たり前の話ですが、持ち主さん困ってるだろうな~ってこと。ただ、そのとき、10分後に終バスが来るところ。交番に持って行けば確実に乗り遅れる。だけど、ここに放置したら、誰が拾うかわからない。ええい!ってことで、交番に持って行きました。すると、その瞬間、また電話が鳴ってお巡りさんが出たところ、持ち主はすごくホッとして、私の連絡先を教えて欲しいと言ったそうです。御礼をしたいから、と。もちろん教えずにそのまま出たのですが、おかげさまでタクシーで帰る羽目になりました。バスだと800円で帰れるところ、3,000円以上の散財。でも、気分はとてもよかったです。そしてそんな日本人は決して少なくない。

 外国行ったらしばしばビックリしますもんね。2005年に行ったインドでも、暴漢から殴られ、道に迷って途方に暮れてる可哀想な旅行者から、もう、根こそぎお金を取ろうとする旅行会社があるんですから。悪徳と言えばそうだけど、昼間はきっと普通に営業してるんだろうな、と思います。夜間料金50ドル、レシート発行手数料20ドル、頼んでもいないバスのキャンセル料20ドルとか、、、次から次へとお金を奪われるあの悪夢。それでも、ラダックへの飛行機はちゃんと予約してくれてたので(倍の料金を取られましたが)、完全な悪にはなり切れない。だけど、取るものはすべて取る。先進国から途上国への所得移転と彼らは正当化するのだろうけど、困ってる心はわかるでしょ。誰だって。それでも容赦ない。そんなことがよくありました。

 話を戻すと、これから先、世界の価値観ががらりと変わろうと、日本人が思いやりなどの「和」の精神を忘れなければ、これからもずっと大丈夫だと思うし、個人レベルでも心配はないと思います。たとえ世の中が極端な利己主義に走ったり、他人を蹴落として先んじることが是と言い始めても、オレは違う、オレはちゃんとする、お天道様に恥ずかしくない生き方をするんだ、、、と思えば、それは巡り巡って必ず幸福をもたらしてくれるものだと信じています。

 そしてもし、これから先も「自分が幸せ」になる方法があるとすれば、それは一つ。毎日、「他人」の幸せを祈ること。「情けは人の為ならず」と言うように、他人のために尽くすことは、それは自分のために返ってくる。ただ、その法則がいかに絶対だとしても、「自分のために他人の幸せを祈る」だと本末転倒。「自分のために」をどこまで捨てきれるか。もう、神社で自分の幸せを祈るのはやめようと思います。と言うか、私自身はとうの昔にやめてます。もちろん「感謝」はします。だけど、願い事は一切しなくなりました。神社であれ、お寺であれ、教会であれ、モスクであれ、そして大自然であれ、祈りの対象は常に他人。世の中。世界。ちっぽけな自分のために祈る余裕なんてないんです。だけど、です。もしそれを心の底から、完全に徹底するようになれば、自分が幸せにならないことはありえません。

 週末はビリーフチェンジのセッションをしますが、周りで見ている人は、どうぞ、セッションを受けられている人の幸せを祈ってあげてください。その祈りのパワーは、必ずその人のためになり、そして自分にも返ってくるものですから。また、Q州や出雲など、ツアーの中でいろんなパワースポットを訪れますが、そこでも自分の願いは後回し。まずは他人から。それが当たり前の人ばかりのツアーになればいいなと思うし、いや、すでになってる気もします。もちろん、私もまだまだ自己中なところはありますが、それでも昔に比べるとマシです。なので、これからもマシになっていけばいいな、と思います。いきなりよくなることはないけど、ちょっとずつでもマシな人間になればいいな、と思います。そんな人ばかりになるのが、、、まさに資本主義を超えた理想社会じゃないかと思っています。てなところで、明後日から大阪です。

 19日の夜は北岡泰典さんのセミナーに「乱入」し、そこで「公開対談」とさせて頂きますが、テーマな「瞑想、呼吸法、ドラッグ(LSD)密教、バグワン・シュリ・ラジニーシ、滝行、座禅、シャンカラ、空、龍樹、釈迦、ヨーガ、クンダリーニ、セックス、タントラ、ヘミシンク、シャーマン、オウム、死、変性意識、ヴェーダ、涅槃、輪廻転生」など、怪しいワールドを展開できればと思っています。とにかく、いろいろと楽しいです。感謝しかないですね。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
Commented at 2013-04-18 16:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katamich at 2013-04-19 00:33
■非公開コメントさん!
ありがとうございます!
by katamich | 2013-04-17 23:39 | ■精神世界 | Comments(2)