いろいろわかってきた 2013.3.30



b0002156_2112796.jpg 先週の今頃は恩納村のホテルのバーで飲んでた頃だなあ、、、なんて考えると切なくなるね。想像以上に余韻が強烈だったためか、参加者のブログやFacebookなど見てても、ほとんどの人が心は沖縄にあり、じゃないですか。そんな中、ピストン高田のブログがかなりいいです。いつもはネガティブなことばかり書いてるけど、沖縄は本人的にも想定外の楽しさだったようで、文章の面白さからも伝わってきます。沖縄シリーズはまだまだ続きそうですね。ちなみに、今日の写真は久高島交流館の女子トイレの洗面台だそうです。栓のチェーンがなぜかハートマークに形どられてて、他のチェーンも同様だったそうなんで、おそらくはスタッフの心意気かと思われ。昨日の写真の斎場御嶽のハートマークと言い、今回の旅には何かと「ハート」が目に付きました。他には韓国から流れてきたであろう、ハート型の風船が海に浮かんでいたりなど。

 ところで、こうやってたくさんの人を引き連れて、いろんなところに行く企画もすっかり板についてきまして、今年も6月にQ州ツアーやると書いたら、数件の問い合わせを頂いています。週明けには正式な受付をスタートしたいと思っています。Q州ツアーについては昨年と同じく6月と8月の二回やりたいと考えていますので、新規の方もどしどしご参加くださいね。もちろんリピートの方も大歓迎ですが、今後ももっともっと楽しくバラエティに富む企画をしたいと思っています。

 とりあえず今年はアイルランドって大きなツアーも予定されています。多少のお金はかかりますが(それでもすべて合わせて30万円以下)、言うまでもなく金額以上の価値、もっと言うと、お金を出しても得られない体験となることは間違いありません。今回の沖縄にしても、何名かの方が言っておられましたが、このツアーだけはどんなにお金を出しても得られない体験ばかりだ、とのこと。それはQ州ツアーも同じこと。確かに「行くだけ」なら同じ場所をトレースすることはできるでしょうが、いつも言うように「どこに行くか」よりも「誰と行くか」の方がはるかに重要。そしてやっぱり、毎回のこと、一番楽しいのはメンバーとの交流だったりするのです。

 なぜ初対面に近いメンバーとの交流がこんなにも楽しいものか。それは「価値観」を共有しているから。そしてその「価値観」を引き付けるのがこのブログです。このブログを読んで「共感」できなければツアーは厳しいでしょう。もちろんすべてに共感する必要もないですが、コアの部分の共感があれば、すごく楽しくなることは間違いない。なのでたとえば、たまたまこのブログを見つけて、久高島の苗さんのことが書かれてあった。苗さんに会いたいのでツアーに参加します、、、なんて人から今まで数名のお問合せ頂きましたが、基本的にお断りしています。実は毎回のことですが、メンバー自体も本当に微細なバランス関係でお集まり頂いてるようなんです。まさに宇宙的シンクロと言えるような。

 なので、今回も何かとそうだったし、ツアーはいつも楽しいこと、そして不思議なことが起こったりします。今回の沖縄に関しては、やはり天気がそうだったでしょう。神性なるカベール岬に立った時、それまで雨風で身体が冷えてどうしようと思ってたところ、南の空から割れるように晴れ間が広がり、世界で最も美しい夕方を演出してくれました。あの時ばかりは鳥肌が立ちました。苗さんのガイドは3時からスタートしたのですが、雨が降っていたので最初は翌日に延期しようかと話あっていました。だけど、私にはどこか「晴れる」なる確信があり、ツアーを決行。それでも雨がやむ気配はなく、そのまま何も覆うもののないカベール岬に着いてしまった。そしてそこで「亀を呼ぶ儀式」が始まったのですが、ある程度見たらもういいと思ってました。だけど、ピストン高田がなかなか見えないと言うので、長引いてしまったのです。だけど、そこで長引かなかったら、カベール岬で天気が変わる場面に立ち会うことはできなかったでしょう。
b0002156_2115453.jpg

 上のがそのときの写真なんですが、この数分後に本当に晴れ間が広がったのですから本当に不思議でした。そしてそこで感じたのが、やっぱり「祝福されてる」ってこと。と同時にやっぱり「大丈夫」だってこともね。もちろんそもそも人は誰一人例外なく「宇宙」からの絶対的な愛によって守られているのですが、そのことを「体験」として共有できたことは意義深いことだと感じています。そして週明けには早いもので4月がスタートするわけですが、それを境に私はもちろん、メンバーの皆さんの人生が劇的に変わっていくような気がしています。「大丈夫」という事実を実感した瞬間、あらゆるビリーフ、カルマが解除され、本来の自分として生きる準備が整うわけですから。

 そう言えば、私は確かに「天気」には恵まれているようです。昨年7月のQ州ツアーでは、二日目の「天岩戸神社」を参拝しているとき、尋常じゃないくらいの大雨が降って、ペンションまでの道でサンダルを買わなければならないほどだった。だけど、その夜のこと。一通り食事を終えてふと外に出てみると、空に天の川が浮かんでいたのです。流れ星もちらほら。夕方の雨は最後の雨で、それを境に梅雨明け宣言となりました。波動が変わった、と感じたものです。とにかく、いつも何かが起こる。そう考えると、毎回毎回いろんなことがあったなあ、、、と振り返るわけです。

 でもまあ、人生がそうですもんね。何かと奇跡の連続。私の人生を振り返ってみてもそう。昨日読み終えた「愛の宇宙方程式」でも同じようなことが書かれてます。著者の保江さん自身がこれまで奇跡としか思えないような人生を歩んでこられ、さらにいろんな場所を旅する中でも、奇跡的な出会いが連続するなど、とにかく人生を最高に楽しんいるに尽きるのです。

 そして人生の奇跡を体感する唯一の方法は「素直」であること、だと思っています。今回の沖縄で、ピストンが苗さんにあーだこーだと言ってるとき、苗さんが一言。

「素直になりなさい」

 なるほど、人生の真理だと思ったものです。「素直」ってのは、余計な観念やビリーフのない状態のこと。祈ったらどうなる、ではなく、ただ祈る。晴れたからそれがどうした、ではなく、晴れてよかった。祝福されてると感謝する。ハートがどうした、ではなく、ハートっていいよね。起こったことに対して、ただ、感謝する。ただ、素直に受け入れ感謝する。その瞬間に宇宙で起こっている、壮大な物語を感じることができるのです。そしてそれは必然の糸によって意図されたシンクロニシティによって紡がれている。

 う~ん、なんだかいろんなことがわかってきた気がします。頭だけでなく、身体を通して。やっぱり旅はいいもんですね。そんなわけで、花粉もなくなったことだし、これから本格的に楽しくなってきたようです。月曜日から4月。今年はどんなことが起こるのだろうか。今日はこの辺で。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-30 23:39 | ■精神世界