奇跡の三日目! 2013.3.25



 三日目です。昨日は寝たのが3時過ぎ。さすがに5時に起きられず、お日様が登るまで寝ていました。8時から朝食。それぞれめいめい食事して島を散策。自転車に乗ったり、徒歩で海岸や礼拝所に行ったり。天気も素晴らしくいい。私はブログ更新。
b0002156_10184952.jpg

 さて、いよいよですね、、、寂しい時間が近づいてきました。11時のフェリーに乗り、久高島を離れます。ジェットコースターのような高速船に乗り、本当に到着。3台のレンタカーに乗り込み、首里城公園の駐車場へ。今回は総勢21名。最初は多すぎるかな~と思ったけど、何の問題もありませんでした。移動の伴うツアーは8台乗りワゴン2台の16名が限度と思っていましたが、キャンセル待ちが4名、5名と増えてしまい、その分プレッシャーが。何とか増やせないものかと各所に確認の上、増員決定。最終的にキャンセル待ちゼロの状態で開催させて頂くことができました。そしてふたを開けてみると、誰一人として欠けてはならないベストメンバーだったことがわかります。

b0002156_10192733.jpg それにしても盛り上がりました。大半が「初対面」だったと思うのですが、大昔から仲良しだったかのような雰囲気。いつも笑い声が響いており、だからこそ、、、この瞬間を迎えるのが辛いのです。首里城公園の地下の一角に集まり、「解散」を迎えます。このままあっさり散らばることはあり得なく、いつまでも手を取り合って別れを惜しむ姿が。でも、ツアーはこれで終わりましたが、仲間としての付き合いは始まったばかり。来週、、、東京ではさっそく集まりがあるようです。

 今回の男性参加者は5名でしたが(私含む)、とにかくキャラが立っていた。ピストン高田やMaoさん、ヒガシくんはこのブログにも何度か登場してると思いますが、もう一名、青森から高級スコッチを手に参加されたコーヤさんは、私自身がファンだったのもあり、沖縄ツアーでの再会を本当に楽しみにしていました。そして案の定でした。他のメンバーも一気にコーヤさんのファンに。男が惚れる男。女性からモテないはずはない。今後はコーヤさんの東京出張のたびに飲み会が開催されることでしょう。そしてコーヤさん、次はアイルランドです!

 とにかく本当にいい旅だった。こんなすごいツアーは世界中どこ探してもないと自負したい気持ちを許して欲しいほど素晴らしい3日間でした。そして別れを惜しみつつ、中には涙ぐむ方もいらっしゃいながら、、、だけど、仲間としての付き合い始まったばかりです。そしてもう一つ。今回のツアーに参加された方は、、、これからどんどん「いいこと」が起こり始めます。そしてさっそくその「いいこと」が起こりました。

 ツアー解散後、21名中13名でオプションツアーに入ります。レンタカーを返すまでの道で南部をちょっと探索する。昨年は「平和記念公園」でしたが、今年は「ガンガラーの谷」に行きました。17,000年前に生きていた「湊川人」が発掘されたことで知られる現場。今では立派な観光コースになっています。

 そのツアーに入る直前、メンバーの一人が何やら涙ぐんでいます。電話で素晴らしい知らせを受けたとのこと。今回の沖縄ツアーにはずっと参加したいと思いながら、ようやく今年に参加できる運びになったのですが、その方にはちょっとした心配事があったようです。そんな気持ちで参加していいものか。楽しめるだろうか。そんな迷いもありながら、それでも自分の気持ちを優先して参加。そして三日目の今、その「心配事」がゼロになる知らせを電話で受けたとのこと。もちろんそのこととツアーとは何の関係もありません。だけど、あえて「引き寄せの法則」から説明すると、やはり、ハッピーな波動にはハッピーな現実を引き寄せるのです。沖縄ツアーに参加することを遠慮して、変わらぬ現実にただモヤモヤしてても何も始まりません。何も産みだしません。その「心配事」の現実がどうなろうと、自分のしたいことを優先してただ楽しむ。楽しいこと我慢してもしなくても、現実を動かすことができないならば、だったら楽しいことした方がいい。

 「心配事・悩みがあるのに楽しんではいけない」、、、なる気持ちも立派なビリーフであり、そうである以上、「楽しい」なる現実が引き寄せられることはありません。もちろん今回のケースはたまたまタイミングが合っただけの話で、そこに関連性を見つけることはできませんが、それでも「楽しい」を優先した事実もまた事実です。「楽しんではいけない」なるビリーフから完全に解放されたら、残るのは「楽しむ」ことだけ。そして今回はたまたま心配事が消えたのでしょうが、これは私たちに一つの「象徴」を見せてくれたと思っています。その方にとっては最高の出来事だったでしょうが、それは他のメンバーも同じこと。これからますます「いいこと」が起こることを期待させる、最高のギフトだったのです。沖縄の久高島のエネルギーなどと言わずとも、ただ、最高に楽しい時間を過ごすことができた。それは「潜在意識」にしっかりと刻み込まれて、これから先も楽しいことがどんどん起こり続ける。そんな確信をしています。

 そしてもう一つ。レンタカーを返して那覇の国際通りに向かいます。7時に待ち合わせて飲み会。その待ち合わせのとき、またしても涙ぐんでいるメンバーが。つい先ほどメールをチェックしたら、数年来の希望が叶った知らせを受けたと言うのです。何度も言いますが、そのことと今回のツアーとは何の関係もありません。だけど、一日に二回も「奇跡」を見た事実は、宇宙レベルから大きなギフトを私たちに与えてくれたとしか思えないし、少なくとも私はそう思っています。なのでもう一度言います。これから先、どんどん「いいこと」が起こることでしょう。こんなハッピーな気持ちをしっかりと身体に刻み込み、自宅に戻ってからは多少の「抜け殻・廃人」を味わいつつも、だからこそ何か新しい展開が期待できるのです。

 それにしても楽しかった。すでに「来年も参加します!」なる声もあり、もちろん来年はどうなるかわからないながらも、多分するだろうなあ。そして次回も久高島に「お礼参り」をしなければならないので、私はまず「本を産む」ことに注力して、今回のテーマである「産み出す」ことをしっかり果たしたいと思っています。いよいよ新しい展開です。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■4月13日(土)/福岡/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション

■4月20日(土)/大阪/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■4月21日(日)/大阪/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション
by katamich | 2013-03-25 23:39 | ■旅・ツアー