キューピー参上! 2013.3.4



 今日は昼から外出をしてたのですが、ビックリするくらい花粉の症状がありません。花粉症を意識してから間違いなく初めて。こんなに楽なのは。やっぱり薬のおかげなんかなあ。今飲んでる薬は漢方薬。シーズンだけでも毎日飲むには、できるだけナチュラルな方がいいですもんね。昨年は3月中旬に沖縄に行ったのですが、もちろん沖縄には花粉はないものの、沖縄に着いた日はグズグズでした。それまでの花粉で鼻や喉の粘膜がやられてて、その日の「宇宙となかよし塾」ではかろうじてしゃべれたものの、翌日のツアー初日は夕食後に真っ先にダウンしてましたもんね。

 とにかく今回もまたものすごいツアーになりそうな予感。全国各地から20名もの様々な個性の方が集まり、とにかく熱い三日間になることでしょう。今回は私以外面識ないであろう人は8名。お一人で来られるのはなかなか緊張だと思うのですが、ま、いつものこと、空港に集まった瞬間に打ち解けるのは目に見えています。とにかく楽しみですね。それから個人的に宣言します。まずは、今週中に原稿を某プロデューサーに提出します。それから3月6日から7日間の滝行をします。花粉の季節は引き気味だったけど、これだけ症状がないのだからやってしまおう、ってことで。1月に21日行をやって以来なので、いよいよ春の訪れを感じる滝行になるのかな、と思います。

 さて、今日もビリーフの話をしたいと思います。何度も言うように、私なんかまさに「思い込み」だけでここまでやってきたわけで、私以上に「思い込み」つまり「ビリーフ」の力を体感する人間もいないと思っています。週末は久々に公開講座に参加して棚田先生ともお会いしたのですが、そう言えば、と思う話がありました。それは「ビリーフが変われば人間関係が変わる」なる話。うん、確かにそうなんですよ。昨年はまたかなり人間関係が変わった実感があるのですが、それまで長くお付き合いしてた人とご縁がなくなったり、逆にお会いしてまだ数か月なのに、もう何年も知り合いかのようなご縁に発展していたりなど。特に顕著に変わったな~と思うのが、3月から8月くらいまで。まず、3月の沖縄で大きなシフトがあり、5月に棚田先生の公開セッションを受け、さらに二回のQ州ツアー。

 その結果、今どうなってるかと言うと、人間関係が実にスッキリした感じなのです。しばしば、ビリーフを変えるセミナーなどに参加すると、その日から「ビビビビ~~~~!!!!」と劇的な変化が起こることを期待する節があるのだけど、私の実感から言って、本当に変わるとき、それはない。感覚的に表現すると、「え?え?え?え?」とか、「あ、そうか」とか、「は~い、はい」みたいな感じかな。「ビビビビ~~~~」ってのは、確かにセミナー運営者としてはオイシイと思いますよ。短期に体感があると、それだけ反応も大きく、リピーターが定着しやすくありますし。だけど、急激な変化ってのは、元に戻りやすいんですよね。典型が某メガセミナー。かなり以前、マイミクさんがそのセミナーに参加したようで、その日の日記はとにかくすごかった。異常なまでのハイテンション。だけど、それは三日と持たなかったようです。当然ではありますが。

 本当に変わるときってのは、実は静かな変化。むしろ後から気が付くような。一つお話しましょう。昨年、熱海で「婚活ワークス」なる合宿セミナーをしました。Maoさんが講師で私はプロデューサー。そこに参加された一人の女性は、そのとき、「あ、そうか」なる気づきがあったそうです。その半年後、ある男性と出会い、この春にご結婚されました。本当の変化って実は静かなもんなんですよね。劇的な体感があるものは、多くの場合、単なる「催眠」だったりします。催眠により「変わる感覚」をつかむのはいいと思いますが、「催眠」は多くの場合、「睡眠」によってほどけるものですから。

 また、あるコンサルタントから聞いた話。その方は前は保険の営業マンでした。完全歩合制であり、とにかく成績が上がらずにほとんど収入がない月もあったそうです。そんなとき、なんかのセミナーに参加して奮起するのですが、翌日には元通り。そんなことが続いたある日、たった数千円の給与明細を前にファミレスで一人寂しく食事をしていたそうです。これじゃあダメだ、これじゃあダメだ。どうする。よし、変わろう。だけど、明日になったらまた戻ってるかもしれない。だけど、変わろう。明日が来た。うん、昨日の気持ちはまだ続いてる。その日から数か月後にその方の月収は一億円を超えました。業界では有名な方ですが、その話を聞いて、「あ、ビリーフチェンジしたんだ」と感じました。

 私のケースでの最初のビリーフチェンジは加賀田DVDを見た6時間後。私の場合はちょっと大げさに「この通りにやれば!!!!」とテンションが上がったのですが、その上がった状態がその後もずっと続きました。その結果、2週間後に収入が入り今に至ります。人によってチェンジの状態は違えども、その状態がずっと続くことが本当の「変化」です。そして更なるシグナルがあるとすれば、例えば人間関係が変わるのもそうですが、今までやらなかったようなことをやってしまっている、などもあります。

 私がやってるビリーフチェンジセラピーも、確かにセッションでは大粒の涙が出ることもありますが、いきなり激変するようなことはありません。ただ、制限となるビリーフが取れると、胸のつっかえが取れたり、呼吸が楽になったりすることがあるので、懇親会の席でいつも以上にしゃべったりすることはよく見かけます。普段おとなしい人ほどよくしゃべるようになります。そしてそれはとても自然な姿。

 人には個性がありますので、よくしゃべる人、そうでない人はいます。だけど、人は誰もが「表現」する存在であり、表現するために産まれてきたと言っても過言ではない。しかし、本来すべき「表現」を自ら抑えてしまっているケースがよくあります。一言で言えば、胸のつっかえですが、それがまさにビリーフ、私の言葉で言う「コリ」なんです。何度も言うように、ビリーフを変えることで「別人格」を作るわけではありません。「表現者」としての本来の姿に戻るために、そのつっかえ、つまりコリを取ることが最大にして唯一の目的。コリの取れる瞬間がまさに、「あ、そうか」なのです。

 私の場合もこれまで何度もビリーフチェンジをしてきたのですが、実際のセッションでは昨年5月の棚田先生による10分間の公開セッション。これだけ短いのも珍しいのですが、短いほどの効果は高いは事実。私の場合は「不一致感」がコリを作っていたのですが、そのことに気が付くだけでコリが取れて、その時のテーマは収入だったのですが、それからもずっと右肩上がり。今年は当然、最高の売上を更新することでしょう。ちなみにセッションから10日もならないうちに、まとまったお金も入ってきました。それも「臨時」ではない収入として。

 とにかくも、本当の「変化」とは自分ではなかなか気が付くにくいもの。そこに「劇的」を期待しているとなおさら。だけどもし、「あ、そうか」レベルの変化があれば、それは本物と思ってもいいです。私はこれまでツアーをやってて面白いのは、最初、空港とかで集合する際、初めての人は例外なくゴチゴチになっています。事前の交流掲示板で自己紹介をしておいても緊張するもの。それは私にもよく伝わります。だけど、2日なり3日のツアーを通して、当初のゴチゴチが完全に取れて、最後は空港で解散するのがいつも名残惜しいもの。それもまた「コリ」が取れた瞬間と言ってもいいでしょう。

 そうか、私は結局、コリを取る活動をしたいのだな。インプットとかインストールとかいうと、自分にないものを外から持ってくるイメージがありますが、そんなの「潜在意識(身体)」が受け入れるはずありません。外にあるものは異物ですから。だけど、最初は異物と思えても、それを「受け入れる準備」ができればすんなりと入ってくれます。その「受け入れる準備」がまさにコリを取ることなのです。望ましいイメージを取り入れようにも、どうしてもコリが邪魔してしまう。

 そして「結婚」ですよ。結婚もまた人によっては異物でしかない場合があります。理由はいろいろありますが、「結婚は危険だよ」ってビリーフがそれ。ただ、制度的な話はともかく、結婚がなければ人類は存続しないので、そもそも危険はなずはありません。だけど、どういう因果なのか、結婚を危険視、異物視するようなコリができちゃうと、それを望んだところでどうしても排除してしまうのです。あえて「自然」なる言葉を使わしてもらいますが、人間にとって「結婚」することは「自然」なこと。だけど、人によってはそれを「不自然」たらしめてしまうものがある。

 どうでもいい話ですが、私の弟は独身です。たぶん。36歳くらいやったかな。本人が結婚したいと思ってるかどうかわかりませんが、そのコリを作ったのは間違いなく私。巨大財閥系企業で技術職やってるので、収入もかなりいいはず。性格もいい。京大修士卒なので頭もいいし、小さい頃は美少年だったので、産まれてくる子どももたぶん可愛いはず。うちのチビらには負けるだろうけどね。誰かコリをほぐしてやってくれ~とか思うのですが、大きなお世話ですかね。それはともかく、私はこの手の話をするとき、基本的に女性に向けて書いてるのですが、こう言っちゃなんですが希望だらけです。収入が高くて真面目なんだけど、同じく結婚に対する「コリ」があって、なかなか進まない男性が世の中にはゴロゴロいます。ビジネス系セミナーとかでも、そんな男性とよく出会います。お互いコリがある同士ですから、それぞれのコリが外れれば、そのままマッチングすればハッピーじゃないですかね。

b0002156_2184854.jpg マジでやろうかな。ビリーフチェンジセラピー込の婚活パーティ主催とか。実際、私のセミナーやツアーに参加された人同士で結婚まで進まれる方も増えてきましたので、私ってそういうキューピー的な役割がどうもある気がするんです。とりあえず近々、ラ○ワゴンで周るQ州ツアーもしたかいも。男性の参加者がもっと増えてくれればなあ。何が言いたいかと言うとですね、これからアラフォー結婚全盛期に入るってことですよ。マジで。

 「引き寄せの法則」とは、私流の言い方にすれば、「認識の法則」です。「認識」とは「言葉+感覚」であり、「関心×能力」って方程式にあるので、その辺の理屈がわかれば、願望とか次々に叶います。その辺は今書いてる本で詳しく説明してるのですが、とりあえずセミナーでも説明しますので、直近は3月17日の「マネービリーフ」までどうぞ。22日の沖縄の「宇宙塾」でもその辺の話しようと思います。と、プロモートもさせて頂きながら、「結婚」にしてもですね、「いい人いないかな~」ではなく、「いい人はすでにいるんだけど、たまたま私がたまたま『認識』してないだけなので、もうちょっと視点をずらせば現れる前兆にあるのよ」って言い換えればいいのです。まずは。結局、「いい人いない」ってのもビリーフですからね。「いい人」はいます。単に「認識」してないだけの話で。なので、もし「いい人いない」って口癖があったら直ちに改めること。それでは「認識」は変わりませんから。「いい人」はいるけど、まだ出会ってないだけなんです。

 と言うわけで、眠たくなると何書いてるかわからなくなるので今日はこの辺で。しばらく「結婚」と「お金」のビリーフとか引き寄せとかの話を続けたいと思います。また明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

■3月16日(土)/東京/一歩前進する婚活・恋活ビリーフチェンジ極秘セッション(女性限定)

■3月17日(日)/東京/「マネービリーフ」から解放されて思い通りの豊かさを受け取るセミナー

■3月22日(金)/沖縄/宇宙となかよし塾
by katamich | 2013-03-04 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)