人生前のめりでいこうや! 2013.2.3

 昨日のワークは一応5時に終わり、6時半から夕食になるのですが、案の定、女性群の大半は部屋でずっとしゃべっていたようです。男性群も尽きることなくしゃべりながらも、風呂にも入りたいのでいい加減で切り上げたのですが、女性はやっぱりしゃべり出すと止まらないんですね。今回の合宿ワークは確かにリピーターさんが多いは多いのですが、それぞれは初対面の人が大半。さらに部屋割りはくじ引きで完全シャッフルしたので、ほとんどが初対面だったはず。それでも瞬時に打ち解けられるのは「価値観」のなせる流れでしょう。これがもし私じゃない、いわゆるオーソドックスなスピ系主催者だったら、おそらく部屋では「私の守護天使様は…」なんって話で盛り上がるところなんでしょうか。

 そして夕食タイムはとにかく量が多い。酒の量も多い。ベロベロになったまま女性群は「女性限定ワーク」で女性ホルモン活性化、男たちは下ネタ、、、ではなく熱い話。キン肉マンの話も。女性群もワークが終わってから何名か語りに合流しましたが、私は12時にはダウン。その後も2時、3時まで語っていた方もいたようです。温泉も24時間入れるので、最高でした。翌朝はそれぞれ起きて朝食。朝風呂にも行き、10時までゆっくりしてから再びワークです。昨日のワークが「準備編」とすれば、今日のは「実践編」。そしてあっという間に夕方4時の終了時間がやってきたのですが、結論から言うと、私の予想をはるかに上回る素晴らしいワークでした。こういう言い方は問題があるかもしれませんが、正直、今回のワークに参加するのとしないのとでは、その後の人生がまったく別物になるくらいのインパクトがありました。
b0002156_135750100.jpg

 今回のワークの出発点は「願望をイメージすると力が弱まる」という、世間一般のセミナーでは決して言わないような「真実」におかれています。もう一度言いますね。世間一般のセミナーでは、願望をイメージするとワクワクするとか、エネルギーに満ちあふれるとか言われますが、9割以上はウソです。例えば「ビジョンボード(宝の地図)」のような願望実現手法がよくありますが、9割は「ビジョンボード」のビジョンが叶う前に撤去してしまいます。もちろんきちんとした計画と実践が伴う限りは「ビジョンボード」も効果的なのですが、「『ビジョンボード』を作るだけで、何もしなくても願望が引き寄せられる」のような言い方は完全にウソです。10億円の金塊の写真を地図に貼って、本当にこれまでと変わらない生活をしながらその金塊が引き寄せられた、なんて人がいたら教えてください。それは極端な例かもしれませんが、一時的にテンションが上がるだけの「ビジョンボード」など何の意味もないどころか、逆にエネルギーが吸い取られてしまいます。

 そのことにある日気が付いたのだけど、それはまだ漠然とした感覚的なものでした。だけど、それと同じことをスポーツトレーナーとして数千人ものクライアントを見てきた、つまり「身体の専門家」であるひーこーさんこと照喜名弘彦さんも認識していました。これが今回のワークのベースであり、そして願望実現の真実があるのです。そこで具体的にどのような形で力が弱まるのか、さらに願望をイメージしても力が弱まらなくすることは可能か、可能であればどうすればいいのか、、、その辺のことを「からだ」の側面から徹底的に理解・実践するのが今回の趣旨。私自身、そのベースの共通認識だけは持ちながら、どんなワークにあるのかは当日のお楽しみとなっていました。だけど、ワークの内容ついては全面的に信頼していましたが、終わってみると、その信頼をはるかに超えたもの凄い内容だったのです。

 まずは絶対に真似できないポイントとして、願望をイメージした際、「どの部分」の力が抜けるのかを、一人ひとり指摘してもらうこと。こればかりは経験量の世界。どんなに理屈を学んでも、実際に量稽古を積まずしては絶対にわからないこと。では、なぜ「その部分」の力が抜けるのかと言うと、力を抜くことによって、「変化」を抑制しようとする働きから。「願望」とは「変化」そのものです。変化しようとする際、潜在意識は「変化=未知=危険」と察してそれを抑制しようと働きます。それを「心のブレーキ」とか「制限ビリーフ」なんて言い方をしますが、ダイレクトに「身体」に反応している。私はそれらを総称して「コリ」と呼んでるのですが、「心のコリ」は「身体のコリ」でもあり、とりわけ、「身体の特定の部分」にコリが集中してしまう。ここをメジャーポイントと呼んでいるのですが、つまりメジャーポイントとは「願望を実現しようとする際、特に抑制反応が強く働く部位」のこと。ただし、メジャーポイントは変化を抑制すると言っても、それは自分を憎んで抑制してるのではなく、完全に逆。「変わると危険だよ」って、ま、過保護と言えば過保護ですが、自分のことを思ってブレーキかけてるのは間違いない。

 昔、亡き祖母は生前、私が外に出かけるたびに「変な奴、相手なったらアカンで」と言うのが口癖でした。だけど、これは孫のことを心から心配してのことで、100%の愛です。だけど、もし仮に祖母が今でも100歳くらいで生きたとしても、40歳になる私がちょっと外に出るたびに同じことを言うんだろうと思います。もっとも、普通は祖母が何を言おうと、自分のしたいようにするわけですが、中には祖母だったり両親だったり、その人の言うことをきかなければ命にかかわるようなことがあれば、それが100%の愛であったとしても、言うことをきいてしまうもの。そのような存在が私たちの身体の中にあちこち埋め込まれてると思ってください。

 では、とりあえずその中心となる部位、つまりメジャーポイントがわかったところで、どうすればいいか。「結婚したい」と願ったところで、身体がそれを抑制します。もちろんそれは「結婚=変化」であるゆえに、100%の愛でそれを阻止しているが本質。もし、この抑制力を推進力に変えることができるとすれば、、、それがまさに「ビリーフチェンジ」なのです。ですので、今回のワークは私がメンタルの側面から「ビリーフチェンジ」をするのと同じことを、フィジカルからやっているようなもの。もちろんどちらが優れているでもなく、人にもよるし、程度の差はあれど、どちらも必要と言えば必要。今回は「身体」からビリーフチェンジする方法を学んだわけで、実際、身体と対話するだけで、大粒の涙を流されている方もいらっしゃいました。

 もう一つ面白い話。と言うか、そこが私にとっての最大ヒットだったんですが、身体のある部分を鍛えることで「前のめり」になる方法。願望をイメージすると力が抜けるのですが、その際、共通して起こる反応はどうしても腰が引けてしまうこと。「結婚したい」と言いながら、腰は引けている。「月収100万円になるぞ」と言いながら、腰は引けている。できることに対しては必ず前のめり、できないことに対しては必ず腰砕け。それはメンタルでありながら、同時に身体の問題でもある。では、そんなときはどうすればいいか。身体を鍛えておけばいいのです。身体を鍛えると言っても、重いバーベルを持ち上げるとかか、フルマラソン走れるとか、腹筋を六つに割るとか、そんな話ではなく、要は一点。「前のめり」になるような筋肉を鍛えればいいのです。その鍛える方法があれです。知りたい方はぜひひーこーさんのワークやセッションを受けられるといいでしょう。

 とまあ、こんな風に勿体ぶっても申し訳ないので言いますと、「前のめり」になる筋肉とは腸腰筋のことで、そのためのトレーニングとはスクワット。ただし、、、スクワットと言っても正しいやり方でなければ意味ありません。膝に負担をかけるようなものではないし、また、呼吸も大切。回数をする必要もなく、一回の質を高めることが重要。ひーこーさんの指導の下、全員で正しい方法でスクワットをしました。私も10回ちょいだったと思いますが、驚きでした。明らかに身体は変わり、視線も上がり、心まで強くなったようなのです。

 とある脳科学者の話によると、「創造性」とは「意欲」と「経験」の積に等しいとのこと。若者には「意欲」があるけども、どうしても「経験」が乏しい。知識もない。逆に年配の人は「経験」は豊富だけど、年とともに「意欲」が薄れていく。その「意欲」とは「やる気」だったり「積極性」だったりする。と言うことは、「意欲」のある年寄は最強ってこと。逆に「意欲」のない若者は終わってますね。で、その衰えゆく「意欲」とですね、「筋力」とはどうしても無関係とは思えない。特にイスとベッドの生活に慣れてしまうと、「前のめり」を生み出す腸腰筋が衰えてします。だからと言って、いきなり和室生活に切り替えるのも、何かと面倒でしょう。だったら、正しいやり方でスクワットをすればいい。一日10回程度であっても、一回一回の質が高ければそれでOK。

 人は願望をイメージすると力が弱まります。そのとき、恐怖を感じて腰砕けになる。だから前に進めない。もし仮に、恐怖をものともしない「前のめり」の筋肉が鍛えてあればどうなるか。恐怖を受け入れらえるようになる、つまり「願望」に対して「前のめり」の姿勢を保つことができるんです。実際、数回のきちんとしたスクワットをやっただけで、「何でもできそうな気がする~!!!」の状態になりました。もしこれを毎日続けてるとどうなるか。「できそうな気がする」ではなく、「やりたいこと何でもできるぞ~!!!!!」になること間違いないし。今回は私自身もすごく勉強になること多かったですが、このスクワット一点を取ってみても、参加費の10倍以上の価値はあったと思います。

b0002156_1358747.jpg それにしても楽しかった。とにかく、笑った笑った笑った。特にフィリピン(マニラ)からわざわざきたおっしー、、、いるだけで笑った。彼は2月1日に帰国して、その晩の私のセミナーに参加し、2~3日と熱海に参加、4日にまたマニラに帰るんだと。その行動自体が笑える。もちろんそれだけじゃなく、今回のメンバーも本当に最高でした。ひーこーさんさえよければ来年もまたやります。同じ場所で。ほんと、あらゆる面で大成功でした。

 4時にワークが終わり、4時半に送迎バスで熱海駅へ。そこできちんと解散。東京組はさらに品川でアフター。熱い語らいが続行。11時にはお開きにしたのだけど、ひーこーさん含む男性3名はそこからラーメン&カラオケに。私も誘われましたが、さすがに疲れと眠気がピークに達してしまいまして、何だかんだと主催者は大変なんです。全体コーディネートで実は神経ピリピリ。だけど、この手のイベントも回を重ねるごとに要領よくなってきた気はします。来月は沖縄がありますが、今度もまた20名の大所帯。なんとかなるでしょ~。ちなみに右の写真はカラオケの男性陣。勝手に持ってきましたが、のけぞって熱唱する姿に「人生前のめり」を感じます。素晴らしい。またお会いしましょう。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】2月23日(土):「心のコリ」をほぐして願望を実現する「引き寄せの法則」実践セミナー
by katamich | 2013-02-03 23:39 | ■願望実現