5のギャップ 2012.11.27

b0002156_1515626.jpg とりあえず今日は来月のセミナーの準備など済ませました。会場の手配など諸々。さっそく受付開始したところ、「ビリーフチェンジ・グループワークス」の15日大阪が目を離しているすきに9名となり定員オーバー。ただ、当日の会場は延長自由だし、お断りするのも心苦しいので9名でストップとさせて頂きました。その後さらに3名のキャンセル待ちを頂いているので関心の高さがうかがえます。16日名古屋はまだ受付していますが、残り2名ですので希望される方はお早めにお願いします。14日の大阪イブニングは定員28名でまだまだ席がありますのでお待ちしております。ビリーフチェンジのメカニズムを知るのと、公開セッションの様子(ビリーフが変わる瞬間)を見るのにはいいと思います。

 ところで、その先日のセッションですが、参加者の皆さんからたくさん感想を頂いています。その中のお一人のご感想が面白かったので紹介させて頂きます。

---
昨日のビリーフチェンジ、とても感動的でした。まさか皆あんなに号泣するとは思いませんでした。
皆、過去に作られたビリーフで縛られている部分があるんだなと感じました。
ビリーフチェンジを知ってはいたものの、実際に体感してみて、本当の意味が分かりました。
見ているだけでも、息が止まるほど緊張して、とても勉強になりました。
私に子供が出来たら変なビリーフを作らせたくないです。

話しは変わりますが、今日の私、今まで感じたことがないほど、心と身体が軽くてびっくりしました。肩こりがない感覚が分かりました♪
これってビリーフチェンジされてる証拠ですよね!
思ったのですがビリーフチェンジって究極のリラクゼーションですね。

(翌日)

いやー、今日も身体が軽くて、爽快です!
それと聞いてください!
今日の朝、私に奇跡が起きました(笑)
今まで、物心をついた頃から、うつ伏せでしか寝ることが出来なかったのが、今日の朝仰向けになって眠れていたんです!

いつも寝る前に仰向けになるのですが、朝起きると枕に顔を埋めてうつ伏せの状態で目覚めるんです。
でも今日は目覚めた時、天井が見えて、本当にびっくりしました。

凄いです!ビリーフチェンジ!
---


 と言う感じですが、皆さんの感想に共通するのは「身体が軽くなった」ということ。つまり「コリ」がほぐれたってことですね。何度も言ってると思いますが、私が「コリ」と言う言葉を好んで使うのは、「身体」との関連性をイメージしやすいから。普通、「コリ」と言うと肩コリとか腰のコリとか、身体に対して使うことが主ですよね。だけど、この「コリ」の原因はほとんどの場合「心」にあります。会社のオフィスなんかで、隣に苦手な人が座っていたりすると、そっち側の肩がこることがよくあるようですが、これは無意識にその人を避けている反応であると同時に、避けるのは自分の「心」ですから、つまり「心のコリ」がそこにあるからなのです。

 そもそもコリなんてのは、物理的刺激として作りだすのはほとんど不可能で、多くの場合、自分では気付かないストレスなどが蓄積されてコリを作りだしてしまう。そのストレスはまさに「心」のなせるもので、ようは「コリ」に関して心も身体も本来は同じもの。しばしば「心と身体はつながっている」と言われますが、私に言わせると、「心と身体は同じものを別の角度から見たもの」でしかありません。「つながっている」と言うと、じゃあ、つながってないこともあるのか、ってつっこみが可能になりますが、もちろんそんなことはありません。もう一度言いますが、「心」と「身体」は同じものを別の角度から見たものです。

 なので、適切に「身体」をほぐせば「心」がほぐれるわけだし、逆に「心」がほぐれれば「身体」もほぐれます。私は「心」のアプローチが専門であるだけ。そして、今まで「願望実現」に関する話をずっと書いてきましが、その中でも最重要とされることが、「願望実現におけるコリ」の事実です。しばしば願望をイメージすればワクワクする、、、なんて言う人いますが、完全にウソです。確かにイメージした瞬間はワクワクすることもあるでしょうが、ずっとは続けられないはず。セミナーなんかでよく、「一つの願望を一日10回書けば100日後に叶う」なんてことを言いますが、最初はそれを聞いてワクワクするものです。だけど、ほとんどの人が途中でやめてしまいます。一日に1~2分書くだけのことができないのに、イメージし続けることなどできるはずがない。イメージに対してはそれを打ち消すイメージがかぶさり、それは完全に無意識にされるのだから、「書く」という意識的な継続ができない人が、「イメージする」という無意識的な継続などできるはずがない。ちょっと補足しますが、「100日後に叶う」はあくまで概算。正確に言えば、「叶うまで書く」となり、人によっては300日かかる人もいれば、1000日の人もいるでしょう。100日書いてやめて、「100日書いたけど叶いませんでした」と文句言われても知りません。私が言ってるのは、「だいたい100日くらい書けば、叶う可能性が高まる」くらいの話で、日数が重要なのではありません。重要なのは「叶うまで書くこと」なのです。ただ、意図的にやめて忘れることで潜在意識には入りますので、100日でやめるのはいいこと。だけど、「100日書いたけど叶いません」なんて言う時点で、正直なところ、振り出しに戻れです。言わんとすること、わかりますよね。

 話を戻しますが、私が言いたいことは、「願望をイメージしてもワクワクしない」って事実のことで、なぜワクワクしないかは簡単。コリがあるから。「願望」は「変化」です。潜在意識は「変化」を抑制し、現状維持させようとします。それでもなお「変化」を求めるならば、潜在意識の抵抗が「コリ」になって当たり前。つまりワクワクするどころか、願望をイメージするとますますコリがひどくなるのです。通常、セラピーに来られる人は、なんとなく生きにくさを感じている人。それが進んで「うつ」などの病名がつくことはありますが、ようは「普通の生活」をすることに抵抗がある人たちでしょう。そこで起こっているのは、「生きにくい」って状況がある中で、普通に生きようとして、そのギャップが強まっている現象。あえて単純化すると、生きにくさを「マイナス5」として、普通に生きることを「ゼロ」、願望が実現した状態を「プラス5」とします。

 マイナス5の人がゼロになるには「5」のメモリ分ギャップが生じることになる。そのギャップが生きにくさであり、私の言う「コリ」そのものです。一方、ゼロの人が願望実現を目指して「プラス5」になろうとするには、やはり「5」のメモリ分のギャップが生じます。そのギャップがまた「コリ」そのものであり、つまりセラピーで治療を受けるのも、願望実現に向けて頑張るのも、「5のギャップ」が生じる意味では同じこと。コリが生じることでは同じこと。だったらまずはそのコリをほぐすことが重要で、私はそっちのアプローチに関心があるのです。ただ、生きること自体が何らかのコリを共にすることであり、それらのコリをすべて取り除くことがつまり「悟り」です。そっちの話は究極になるので、また追々。

 ビリーフチェンジってのは、結局、生きる上で生じる「大きなコリ」を取り除くことであり、つまり「5のギャップ」の原因を探り当て、それを特殊な手法によって取り除くことが目的なのです。ですので、実際にきちんと取り除くことができれば、当然、身体も軽くなりますし、願望実現に向けてもスムーズに進むようになります。私の場合、一つは「滝行」による身体的アプローチからコリをかなりほぐしました。「滝行」と言っても単に「呼吸」なんですが、呼吸でコリはほぐれます。一方で様々な学びや気づきを通して心理的アプローチからもコリをかなりほぐしたので、それだけ願望実現のスピードも高まるのです。そして私自身のことはある程度、目途がついたので、今度は願望実現や生きること自体に「コリ」を感じている人たちの手助けになるにはどうすればいいかを考え、とりあえず行きついたのが心理セラピーでした。あとはバンバン使って磨きをかけるだけ。一応、今の段階でもかなりの効果が出せることはわかったので、自信を持ってセッションして行こうかと思っています。

 今年のグループワークスはとりあえず名古屋で残り2名となりましたが、来年からは適正価格に戻した上で、本格的に活動をスタートして行こうと思っています。なんせホームページも案内文も作ってない状態ですし、ま、作らずにこのまま口コミだけで広がってもいいかな、とは思っていますが、いずれにせよ来年からはもっと本格的に活動をスタートします。私の場合は基本的にグループワークスがメインで、密室での個人セッションは原則としてしない方針。ただ、いきなりグループセッションもハードルが高い人もいるでしょうから、14日のような「セミナー+公開セッション」の機会も増やしますし、また、グループワークスでも「クライアント」と「オブザーバー」のように、実際にセッションを受ける人と、それを見学するだけの人とをわけることも考えています。そうなると、クライアント枠は限定8名くらい、オブザーバーは部屋のキャパ次第となり、当然料金もわけます。

 あと、ビリーフチェンジの合宿なども開催できればと思っています。ちょっと人里離れた場所で、まるで産まれ変わるかのような儀式を執り行う。やることはビリーフチェンジのグループセッションですが、夜は飲みながら語るなど、そんな楽しい場を開催したいと思っています。できれば男女比は同じくらいにして、さらに独身男女限定なども、特に深い意味はありませんが、その方が盛り上がる感じもしますしね。それからぜんぜん話は変わりますが、来年の企画もそろそろ動き始めていて、3月にはまた沖縄・久高島ツアーをします。Q州ツアーも2回はしますし、9月にはアイルランドも進行しています。伸び伸びになってる本も早く出したいですしね。

 そんなわけで、私自身もいろいろと状況が変わりつつある今日この頃。楽しくなってきました。明日から二週間ほど「滝行」に入りますが、いよいよ寒くなってるだろうなあ。予定としては、11月28日から12月12日まで。13日に家族で大阪に帰省して、14日は夜に大阪セミナー。15日は大阪、16日は名古屋でグループワークス。その後もいろいろあって22日に福岡に戻り、23日から30日まで今年最後の「滝行」に入ることで、年間100日を達成します。寒い時期に集中するのは、私がエムだからでしょうか。それはともかく、良い修行させてもらっています。とりあえず明日からまた頑張りますので、心のアカをすっかり洗い流してから大阪・名古屋の皆さんとお会いしたいと思っています。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【大阪】12月14日(金):「心のコリ」をほぐして願望実現する秘伝セミナー (宇宙となかよし塾特講)

【大阪】12月15日(土):人生を加速させるビリーフチェンジ・グループワークス(満員キャンセル待ち)

【名古屋】12月16日(日):人生を加速させるビリーフチェンジ・グループワークス

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-11-27 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)