宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

機が熟してきたぞ 2012.11.6

b0002156_14512173.jpg 右の写真は今日のたくちゃん。今朝の気温は14度。1日が一番寒かったですが、この調子だと、まだまだ大丈夫。満行は15日木曜日で翌日からまた東京です。今はとにかく週末10日のビリーフチェンジワークに向けて準備をするのみ。テキストをそのまま吹きこんで、自分の声のそれを聞きまくる。そしてひたすらイメトレ。10日のワークは原則的に私のセミナー参加者に限定させて頂いており、実際のセッション枠は埋まっている状態。なので、それ以外の方はオブザーバーということになるのですが、ただ見るだけでなく、今回は私なりの工夫を加えています。そして今後のワークも同様の手順で進めるつもりですが、私は「体験」と同様に「理解」にとても重きを置いています。つまりビリーフチェンジのメカニズムに対する理解。

 ビリーフ(信念・思い込み)が変わることの効果は自分自身が体験を通して知っており、今までどうにかしてそれを再現できないかと研究を続けてきました。その中にNLPがあり、そこで示される手順通りに何度かやってみたことがあり、セミナーでも何度か試したことがあります。しかし、正直なところ、さほど効果が確認できない。これは私の力量の低さもあったのでしょうが、名のあるNLPトレーナーが行うのを見てもどこか釈然としない。ビリーフが変わるってのは、人生が変わると同義。繰り返し言うように、私はそれを「体験」を通して実感してきた。だけど、セミナーやセッションでどんな名のあるトレーナーがやったところで、肝心の受講生の人生がほとんど変わっていない。早い話、ビリーフが変わって収入がどれだけあがるか、ビリーフが変わって恋愛や結婚できるようになるか。肝心なのはここであって、単に「ビリーフが変わった~!」と大騒ぎするだけで、現実は何も変わらない、、、なんて人をこれまでたくさん見てきました。

 その点に関して言うと、私が主催するツアーの方が変化のインパクトは大きい。特に最近の「Q州ツアー」は何度も開催してきて、回を重ねるごとに参加者の人生が好転してきている実感があります。もちろん全員が全員でないにせよ、Q州ツアーを境にいろんなことが起こるようになったなどの話はよく聞きます。顕著なのが彼氏・彼女ができた、転職できた、収入が上がったなどの話。私が関心あるのはあくまで「結果」です。ビリーフが変わった、、、そのものが結果ではなく、その先の現実的な変化にしか興味がありません。ですので、Q州ツアーや沖縄、インドツアーなども、確かにそれ自体が楽しいものですが、私はさらに欲張ってそれ以降の人生がどんだけ楽しくなるかにも大きく期待しています。もちろん大きく変化しなければならない、、、と言うわけではなく、それぞれの人が、それぞれの気づきを持って帰ればいいと思ってますので、その意味でツアー関係は失敗がありません。

 ツアーがなぜに人生を変える力を持つのか。それは徹底した「非日常」にあるから。それは場所だけなく、集まる人からしてそう。考えても見れば、多くの参加者は最初は一人。福岡空港に集合したときは、誰も知り合いがいないのです。かろうじて私のブログを読んでいる程度で、私と直接の面識があるわけでもない。だけど、そんな状況から濃厚な2泊3日を過ごすわけで、これまでの日常の「感覚」がその間は解体してしまう。そして、これは私も自信があるのですが、このブログを読んで共感して頂ける人は、スピリチュアルな部分はありながらも地に足が着いて、そして何より前向き。そんな人同士がお互いを認め合い、そして語り合う中で見えてくる自分がいる。確かにツアーから帰るとしばらくは放心状態になるのだけど、そこから新たな人生が始まる感じ。これもある意味、これまでの自分と決別し、新たな人生へと踏み進める「儀式」のようなものなのです。

 昨日も書いたように、セミナーやセッション自体が「儀式」のようなもので、それは古来の宗教儀式にも匹敵するもののはず。単なるアミューズメントではなく、人生を変えうる「儀式」がそこにある。私はこの「儀式」をとても大切にする人間。本を読んでも確かにいろんな気づきや理解は得られますが、頭だけでなく「身体」を通した儀式がときには重要となる。それが「旅」であり、私が考える「セミナー」や「セッション」なんです。なので、繰り返し言いますが、「儀式」である以上、その後、いかに人生が好転するかがとても重要だと考えるのです。その意味で言うと、Q州ツアーや沖縄ツアーは私の中ではほぼ完成されています。なので、来年も3月には沖縄、そして夏には二回ほどQ州ツアーを開催しようと思っていますが、今もなお求められています。そしてセミナーです。

 確かに私がこれまでやってきたセミナーで劇的な変化をもたらした人も少なからずいます。だけど、そうじゃない人だって確実にいる。変化して人は、その後も連絡してくれたり、顔出してくれたりするけども、そうじゃない人はどうなのかわからない。だけど、私はセミナーを自分の天職のように考えている以上、これからも続け、そして高めていく必要があるのです。そこであちこち冷やかしも含めて探して出会ったのが、今回の棚田式ビリーフチェンジでした。ただ、この手法をひも解き、周辺分野にも視線を広げて行くと、例えば交流分析だったり、再決断療法だったり、当然のことながらベースはいろいろあって、私自身にとっても馴染みある分野もある。そこから組み立てたものであるとすれば、、、すぐにでも実践できるのではないか。それが今週末10日に開催する福岡でのグループワークの第一弾なのです。不思議なことに、先日、関東の某商工会議所のセミナーは人数が所定に達さずに中止になりながら、今回のグループワークは募集してすぐに集まった。これもまた何かの導きだと思うのですが、やっぱり私が求めていたものである証拠なのでしょう。

 話を戻しますが、10日は実際のセッションだけでなく、オブザーバーになる方に対しても何かをお持ち帰り頂けるような「結果」を用意しています。その一つがビリーフチェンジのメカニズムの理解です。なぜ願望が実現しないのか。それは何度も言うように、実現を妨げる「心のコリ」があるから。これをビリーフやブロック、ブレーキと言ったりするのですが、「心のコリ」をほぐせば簡単に願望は実現するメカニズムがあります。余談ですが、棚田先生は願望に対する「心のコリ」がほとんどない感じ。なぜなら、何をやっても、何を言っても自然だから。棚田先生は常に前人未到を目指していて、例えば今は、病院や薬で治らなかったような病気に対して、心理療法でいかにして治癒させるかに最大の関心を持っているようですが、話聞いてて普通にやっちゃいそうな気がするんですよね。私もその分野には興味はあるものの、現段階では命や身体に関わることなので、簡単には扱えない。だけど、願望実現や望ましい人生へと転換させることについては、どん底から這い上がってきて私自身の「経験」からもの言えることは多い。その一つのキーポイントがまさに「心のコリ」をほぐす、外すという発想なのです。

 「コリ」という言葉が示す通り、それは「身体」と深く結び付いていながら、同時に「心」と切り離すことはできません。身体のアプローチから言えば、私は一つ、滝行でコリをほぐしています。だけど、滝行の本質は「呼吸」にこそあり、決して我慢大会や寒さ比べではありません。結論から言うと、「コリ」をほぐす一番の秘訣は「呼吸」にありで、私はその手段としてたまたま滝行をやっているだけのこと。確かに滝行は呼吸と向き合い、それを調整する上で強烈な場の力が働きますが、それと同じ効果を室内でやろうと思えばできること。その辺に関しては私自身もより良い方法を提供できればと思うのですが、少なくとも私は「滝行」によってそのことを実体験しており、だからこそ言えることだってあるのです。

 例えば今週10日にいきなりグループワークをやりますが、実際の講座はまだ終わっていないし、他の受講生は勉強会や練習会で何度も実践を重ねてから実際にワークに入るようです。だけど私にはそのような機会もないし(福岡だから)、何より早くやりたくて仕方ない。普通だったらやることに対して大きなストレスがあって、思ってもやらない人が大半だと思いますが、私はやる。なぜなら思ってそれを実現することに対する「心のコリ」が少ないから。確かに今は緊張していますが、セッションが始まったら逆にリラックスして、いろんなアイデアが勝手に出てきそうな気もするのです。とにかくやってみなければわからないし、やってみるしかない。だけど、そう思って実践できるようになったのも、普段から「心のコリ」がほぐれているから。だけど、女の子をナンパしろと言われるとコリが邪魔しますが、今はナンパする必要もないので別に問題はないです。だけどもしその必要が生じてしまえば、コリをほぐすための何かをする必要があり、当然、ほぐれるとは思いますが、必要ない段階では放置しててもOK 。

 結局、セミナーにしてもセラピーにしても、それを受ける理由がなければ意味ないし、効果だってない。私がほぐしたいコリはまずは収入上限。これについては、月収1000万円になるとかなりコリが発動しますが、100万円なら大丈夫。200万円はまだ微妙。だけど、コツはわかってるので、そのうち200万円くらいには普通に到達するでしょう。となると、単純計算して年収(年商)2400万円。私はあまり物欲がないので、年間400万円も使わないと思うので、2~3年で現金でマイホームが買えます。それは会社の資産にすればいいわけで。今はこんな計算(皮算用)も公が見るブログで平気で書けちゃいますが、昔は決してそんなことなかった。とりあえずそうやってマイホームを買った後は子どもの教育費かな。そんで、出張の際はスカイマークやエアアジアを使わずに、当日にあいてる飛行機に乗る感覚がいいですね。こんなことも書いてると実現するから面白いです。

 で、その収入上限についてですが、5月に受けた棚田先生のオープンセッションで見事に外れてしまい、今もなお右肩上がりに上昇中なんです。最近、ビリーフチェンジセッションを受けたら「モテ期」が到来すると周囲では話題なのですが、「稼ぎ期」のブームも巻き起こしたいところです。その意味じゃ、私の関心もビリーフチェンジによって「モテ期」と「稼ぎ期」に突入してもらうこと。生憎と「モテ期」については私自身はあまり関係ないですが、、、と言いながら、モテるのは別に異性でなくてもいいし(変な意味じゃなくて)、そもそも恋愛や肉体になる必要もなく、人間としてモテることはとても大切なこと。その意味では、そっちの「モテ期」にも突入している実感はありますね。

 話が脱線しまくってますが、コリをほぐす身体的アプローチの要が「呼吸」です。その一方で心理的アプローチも重要で、それが今、習っているビリーフチェンジセラピー。その第一回お披露目会がいよいよ10日に行われるのです。セッションを受けられる人はもちろん、オブザーバーの方にとっても新たな人生の幕開けとなるような「結果」を持って帰って頂きたいと思っています。そのための資料も用意しており(独自資料)、通常のセミナーにオープンセッションが加わった形が今後のデフォルトとなる気がします。今度東京でやる20日の「宇宙となかよし塾」ではセッションはしませんが、メカニズムの理解を徹底し大いなる気づきを持って帰ってもらいますが、24日・25日はガチンコのセッションをさせて頂きます。

 いよいよ機が熟してきました。10日はどんなことになるのか私も楽しみです。これからまた10日に向けて準備に入りたいと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】11月20日(火):「心のコリ」をほぐして願望実現する秘伝セミナー (宇宙となかよし塾特講)

【東京】11月24日(土):人生を加速させるビリーフチェンジ・グループワークス1
【東京】11月25日(日):人生を加速させるビリーフチェンジ・グループワークス2

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-11-06 23:39 | ■セミナー・研修・講演
ブログトップ | ログイン