宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

こころとからだのコリ 2012.10.6

 滝行4日目。何度も言うように、滝行中は肉、酒、H禁止なんですが、今はどれも欲しないんですよね。Hさえも。これは歳のせいなのか、そうは思いたくもないのだけど、つまり「慣れ」のような気もします。だけど、滝に打たれるのだけはいつまでも慣れません。滝場の気温は15度前後で、真冬に比べるとまだまだ平気なんですが、それでも滝に入る瞬間は緊張しますもんね。それでもなんだかんだと真冬メインでそろそろ9年目の冬を迎えようとしています。我ながらよくやるよなあ。滝もブログも2004年に始めた頃はこんなに長くやるつもりもなかったけど、おそらく10年は普通に突破するだろうし、このまま20年、30年とやっていくんだと思います。滝とブログも30周年を迎える頃は私も61歳。61歳と言うと完全に「爺」と思ってたのだけど、今はそうも感じない。むしろこれからって気もします。88歳までブログ書くこと考えたら、それから四半世紀以上もあるわけで。どんな時代になっているのかなあ。

 ところで今日はお昼に「こころとからだ」の照喜名弘彦さん(ひーこーさん)とランチしました。実に有意義な二時間を過ごさせて頂いたのですが、ちょっと予告しています。正式な日時場所はこれからですが、来年、年明けにでもコラボで合宿ワークをする予定。東京近郊で1泊2日。24名限定。ひーこーさんとはこれまで何度もお会いして、ブログとかも読んでいると、私とは見ている方向、考えていることが面白いほど一致します。私は一応メンタルの専門とすれば、ひーこーさんは完全にフィジカルの専門。

 お気づきと思いますが、最近、私は「コリ」って言葉をよく使います。この1~2年かな。私の言う「コリ」とはもっぱら「潜在意識のコリ」のことを言うのですが、別の人はこれをメンタルブロックと言ったり、心のブレーキと言ったり、さらにはリミッティング・ビリーフと言ったりします。つまりブロックもブレーキもビリーフも同じことなんですが、私は「からだ」との関係性が強調する意味で「コリ」という言葉を使っています。肩こりのコリですが、最近は「心のコリ」という言い方を好んでいます。今、グーグルで「心のコリ」で検索すると、すでにいろなん人が使っているようで、私の専売特許でもないですが、逆に気兼ねなく使えるってことですね。

 結局、身体がこってる人は、心もこってるし、心がこってる人は、身体もこっている。どちらかだけがこってるってことはありません。私も今までメンタルに関する研究をしていく中で、どうしても「からだ」のことを避けずにられなくなって、最近ではセミナーでも「呼吸」や「筋肉」の話をよくするようになっています。テーマは主に「願望実現」なんですが、「願望をイメージすると呼吸が止まる」とよく言っています。そんな話聞いたことない、、、と言われながらも、多くの方には納得して頂けます。私の言い方では、「願望」ってのはつまり「異物」なんです。異物の「異」とは文字通り異なるってことですが、何と異なるのか。それは「現状」と異なるわけです。その意味で「願望」は「現状」から見てどうでしょうか。異なりますよね。つまり「異物」なのです。多くの人は異物を受け入れようとするとき緊張します。緊張するってことは呼吸が止まり、筋肉が硬くなります。筋肉は通常、硬いと弱く、柔らかいと強くなります。

b0002156_18162994.jpg 合気道の藤平 光一さんの本を読んでいたら、「リラックスしているときが最も強い」と当たり前のことが書かれていました。実際、合気道の達人は極限まで力を抜くことで、鋼のように強固な筋肉を作りだすそうです。私も時々、「アホになるワーク」ってのをやるんですが、これは「アホになる」つまり「力を抜く」ことで、どれだけ力が強くなるかを体感して頂くワーク。「力を抜く」ためのコツは、視覚を「周辺」に、聴覚を「外部」に置くことが重要。つまり周辺視野と外部音。禅の三昧もこの状態です。

 スポーツ選手などは顕著なのですが、怪我しやすい人とそうでない人がいますよね。ほとんど怪我しないプロスポーツ選手の代表がイチローと落合でしょうか。あの二人は見るからに力入ってませんものね。逆に怪我しやすい人は、、、数えきれないほどいます。高校やノンプロ時代は大活躍して将来を有望視されながら、その期待にこたえられない人の理由はほぼすべてが怪我じゃないですか。おそらく「実力」そのものは、あの世界だと紙一重だと思うのです。金メダルと銀メダルには実力的な違いってほとんどなく、完全にメンタルの世界だと言われます。スポーツはダイレクトの身体を使うのでわかりやすいですが、ようは怪我するかどうかだし、言い換えると筋肉が強いか弱いかの違い。この場合の強さとは言うまでもなく筋力ではありません。「しなやかさ」とでも言えましょうか、よく喩えられるのが「竹のしなやかさ」です。台風で大木が折れたとしても、竹が折れることはめったにありません。硬いは弱い、柔らかいは強い。まさにその通りであり、これは人間も同じこと。スポーツ選手が顕著ではあれと、これはそれ以外の人もすべて同じなのです。

 ひーこーさんはキネシオロジーの「筋反射」という手法で、筋肉の強さから、メンタルの状態まで見ることができますが、「願望」をイメージした瞬間、ほとんどの人が筋肉は弱くなるそうです。私もひーこーさんほど専門的でないにせよ、筋反射でその辺を確認したことは何度もあります。よくやるのが収入のキャパですが、多くの人にとって最も筋肉が強くなるのは、決して高収入ではなく、今の収入をイメージした状態になります。私もワークでは例えばサブモダリティチェンジなどを使って、収入キャパを広げた上で、ビフォーアフターを確認して頂くことがよくあります。最近はあまりやってませんが。

 つまりもう一度言いますと、「願望」とは「異物」なのです。確かに月収20万円よりも100万円の方がいいですよね。だけど「潜在意識」はつまり「身体(筋肉)」が求めているのはあくまで「現状」であって、どんなに頭で望んでても、身体は正直。「現状」からはみ出るものはすべて排除しようとする。これは収入もそうだし、恋愛、結婚、健康、人間関係、あらゆることに当てはまります。素敵な人と恋愛したいと思ってても、「潜在意識(身体)」がそれを受け入れてなければ、叶うはずありません。

 しかし「潜在意識(身体)」ってのは「過去の情報」をいつまでも保存しておくって性質があり、多くの「情報」は賞味期限が切れて時代遅れになってるにも関わらず、いつまでたってもそれを維持しようとするもの。恋愛についても、確かに過去のある一時期は恋愛、つまり異性を拒絶するのが役に立ったことはあるんですよ。小学1年生のある日、ちょっと身体の大きな女子から意地悪されて泣かされた。さらによってたかって他の女子も意地悪してきた。この瞬間に潜在意識は「女子=危険」と判断して、それ以降、女子を受け付けなくなるのです。だけど、中には優しい女子もいて、また女の先生が優しかったり、女姉妹がいたりすると、「女子=安全」って情報と中和されて、必ずしも女子は危険ってことじゃなくなる。だけど、「女子=安全」って情報を上書きしてくれる体験を経ずに大人になると、ずっと「女子=危険」と身体が反応し続けて、気持ちでは女性とお付き合いしたいし、結婚したいと思っているのだけど、身体が受け付けなくなることがある。極端な例で言うと、普段は立つのに、いざその行為に入ろうとするとふにゃふにゃとかね。笑いごとじゃないんです。Hしたいって願望はあるのに、緊張してできない。まさに「願望(意識)」と「現状(潜在意識)」の間にギャップがあって、このギャップのことを私は「コリ」と呼んでるんです。

 もう一度言いますが、「願望」は「異物」である以上、「願望」をイメージしたり、そのための行動をしようとしたら、「潜在意識」のコリ、つまり「心と身体のコリ」が発動して、呼吸を止め、筋肉を弱め、「願望」を遠ざけよう、遠ざけようとするのです。そこで「願望」を実現する上で重要となるのが、まさに「コリ」をほぐすこと。私は「心のコリ」をほぐします。ひーこーさんは「身体のコリ」をほぐします。アプローチは違うけど、やってることはまったく同じことなんです。私の場合は今まさに「ビリーフチェンジ」の修行をしてるように、さらに「心のコリ」をほぐすお手伝いをしたいと思っているし、もっと言えばこのブログを読むだけで「心のコリ」がほぐれるような記事が書ければと思っています。一方でひーこーさんは「身体のコリ」をほぐすアプローチで、ブログではそのための有益情報を配信しているし、セミナーやセッションでももちろんそうです。さらに最近、ひーこーさんのスキルを家庭で実践できるDVDが発売されました。その名も「疲労革命」。

 「疲労」なんてのはまさに「コリ」ですもんね。仕事で疲れるってのは幻想で、私なんかいくらセミナーしても疲れることないですもんね。ときどき身体が物理的に休め信号を出して発熱することはありますが、一晩寝れば薬なくとも治ります。やっかいなのは慢性疲労です。仕事場に嫌な上司とかいると、そのストレスが積もり積もって肩がこる。マッサージに行ってそのときはスッキリするのだけど、その上司の顔を思い出した瞬間、2秒で元に戻る。これじゃあ何の解決にもならないし、お金がいくらあっても足りません。そもそもマッサージや整体師の中に、私がここで書いたような「心のコリ」のことを意識してる人がどれだけいるのか疑問です。その意味においても、ひーこーさんは「心のコリ」についても完璧に理解された上で「身体のコリ」について具体的な指導をされるので、めちゃくちゃ信頼できるわけです。

 そんなわけで、来年、ちょっと一緒に何かやってみましょうか~って考えてます。楽しく飲むのも目的の一つですけどね。そして今月末の東京セミナーもまさに「心のコリ」がテーマ。「心のコリ」をほぐして「願望」を引き寄せる。力まなくてもいい。もちろん最初は力むことはあっても、最終的には身体の力を抜いて、心身両面の「コリ」をほぐさなければ「願望実現」とかあり得ませんからね。今日のランチでもひーこーさんからいろいろとヒントを頂きました。ますます加速します。ひーこーさんも全国でワークショップされてますので、一度ぜひ行かれるといいと思います。今日はこんなところで。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】10月28日(日):心のコリをほぐして願望を実現する「引き寄せの法則」実践セミナー

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-10-06 23:39 | ■願望実現
ブログトップ | ログイン