ビリーフのレベル 2012.10.1

 今日は土曜日のセミナー参加者さんからたくさんのご感想を頂きました。と同時に、すでに奇跡が起こったなどのご報告も頂きました。「引き寄せの法則」ってのは長い目で見て発動しているか判断できるようなものですが、しばしば「即」ってこともあるようです。以前私は「100万円」に焦点を当てて、いわゆる天使にお願いしたことがあります。するとその10秒後にそれにつながる連絡がやってきました。今回の東京セミナーでも、以前メルマガで公開していた「潜在意識への請求書」を前日に書いたところ、ほぼ即日、その通りの金額を手にしたとのご報告を頂きました。「天使へのお願い」も「潜在意識への請求書」もやってることは同じ。さらに言えば「願えば叶う」のと同じ。しかし世の中には願っても叶わないのが普通って人の方が多い。

 その違いはどこにあるかと言うと、その願いに対して「本気」かどうかに尽きるのでしょう。私はしばしばコーチングなどでも、クライアントの願望はコミットに対して、「それは『本気』ですか?」と聞くことがあります。答えは「イエス」か「ノー」しかなく、イエスと即答できない答えはすべて「ノー」と言えるのですが、この質問に対して心から「イエス」と言える人はそんなに多くはありません。「叶えばいいけど、、、叶わなくてもいいかな」とのレベルだと実現は難しいかもしれません。結局のところ、「願望実現」の極意とは「本当に叶えたい願望を見つけること」に尽きるのでしょう。ただ、この「本当に」もなかなか厄介で、心の底からは「本気」でないけども、他人との比較や世間体等から、なんとなく「本気」と錯覚しているような場合も多い。そしてその「本気の願望」を一発で見つけるのはそんなに簡単でもない。だけどやってみることで探りを入れることはできます。いろいろやる中で「これかな?」ってのがあったら、もしかしたらそれかもしれませんが、違うかもしれません。そんなときこそ「それを『本気』ですか?」と聞いてみるといい。

 このとき、躊躇なく「本気です」と答えられたら、それはきっと叶う願望なんでしょう。そしてこの「願望」にも二通りあって、それはよく言われる通り「NEEDS」と「WANTS」です。大きく前者はマイナスをゼロにするような願望であるのに対し、後者はゼロをプラスにする願望と言えるでしょう。お金を返さなければならない、仕事を見つけなきゃならない、、、なんてのは生命にもかかわるので完全にNEEDSですが、世界100カ国周りたい、100万部のベストセラーを書きたい、、、なんてのは自分の夢にかかわることでWANTSとなります。だけど、どちらにしても「願望」に強い意思がなければ叶いません。本気でなければ叶いません。そして本気でさえあれば、それは叶います。

 つまるところ「本気」で生きるかどうかのような気もします。そして同じ人生なら「本気」の方が楽しいし感動できる。「本気になれない・・・」って悩む人もいるかもしれないけど、それ自体が「本気」ってことでもあるし、悩むうちは悩んでいいと思うのです。悩みのない人生に本気もありませんからね。ところで「悩み」と言うと、昨日の話の続きでもありますが、世の中、「お金」と「恋愛」に対する悩みは尽きないようです。昨日の記事にも「ふと想う...なぜ、人はお金と結婚にビリーフを強く持つのだろうか。そこに巣食う恐れはどこから生まれてくるのか。」とのコメントを頂いていますが、この二つほど「ビリーフ」が関わることもありませんから。これは断言して言えるのですが、「お金」なんかは完全にビリーフとイコールです。お金に対する罪悪感や羞恥心があると、それを引き寄せることなど土台無理です。

 人間の意識レベルを測る「パワーか、フォースか」によると、最も波動の低い感情が「羞恥心」。それから「罪悪感」、「無感動」、「深い悲しみ」、「恐怖」、「欲望」、「怒り」、「プライド」が続きます。ただし、「恐怖」~「プライド」は時として生きるエネルギーとなることもあり、人生において必要な場面もゼロではありません。恐怖が危険を避けるのだし、欲望が達成の動機になるのだし、怒りが悪を退治するのだし、プライドが向上心を刺激することがある。もちろんそれらはどちらかと言うと「死」に近い感情で、好ましいものではありません。しかし、それ以下の感情はもっと破壊的。「深い悲しみ」は意欲をそぎ、「無感動」は自力で生きる力を奪われ、さらに「罪悪感」は自分を痛めつけるようになります。そして「羞恥心」ですが、言うなれば「生きていることが恥ずかしい」との破壊的なビリーフに結び付き、限りなく「死」に近い感情にあるわけです。実際、古来より「死刑」の次の重罰として、罪人に「羞恥心」を受け付けることがありました。市中引き回しなどは、自分は恥ずかしい奴だということを町じゅうの人間にさらされること。島流しなどもそう。そうやって「生きていることが恥ずかしい」という感情を徹底的に罪人に植え付け、文字通り「生き恥」をかかせるのです。

 言うまでもなく、これらの感情はすべて「ビリーフ」です。特に「羞恥心」はあらゆる破壊的ビリーフの元となる感情であり、これがコアに根付いていると、人生のあらゆる局面において失敗や絶望が続くようになります。幼少期における性的虐待などはその典型で、こちらにも書かれてある通り、「性的虐待によって人生の早い時期から「恥」の意識が植え付けられると、心理的セラピーによって解決されない限り、生涯にわたって性格は歪んだままです」という事態になりかねません。ビリーフチェンジセラピーにおいては、「羞恥心」、「罪悪感」、「無感動」、「深い悲しみ」の感情を真っ先に取り除く必要があり、とりわけ「お金」と「恋愛」については、次のようなビリーフに代弁されると考えます。

b0002156_14434225.jpg「お金を持つことが恥ずかしい」
「恋愛することが恥ずかしい」

「お金を持つことに罪悪感がある」
「恋愛することに罪悪感がある」

「お金があっても何も感じない」
「恋愛しても何も感じない」

「お金を持つと悲しくなる」
「恋愛すること悲しくなる」


 例えば上のスクリプトを音読してみるとどうでしょう。もしいずれかに「ビビッ」と感じたら、そのビリーフを持っている可能性が高いので、早いところ取り除く必要があります。ついでにもう少し続けて見ましょうか。ちなみに右の表はそれぞれの感情レベルです。

「お金を持つことが怖い」
「恋愛をするのが怖い」

「お金にとにかく飢えている」
「恋愛にとにかく飢えている」

「お金を持つと腹が立つ」
「恋愛をすると腹が立つ」

「お金はプライドを満たす(プライドでお金儲けする)」
「恋愛はプライドを満たす(プライドで恋愛する)」


 ここまでが「お金」と「恋愛」に対するネガティブなビリーフとなります。これ以降は、

「お金が私を勇気づける」
「恋愛が私を勇気づける」

「お金はあってもなくても大丈夫(中立)」
「恋愛はしてもしなくても大丈夫(中立)」


などから、最終的には「お金は悟りだ」、「恋愛は悟りだ」まで高まるわけです。で、いわゆるお金に恵まれた人は「勇気」から上で、それ以下は恵まれてない人に分類されます。「お金を持つことが恥ずかしい」にビビッくる人はかなりヤバいわけですが、そこまでの人はネットなども見れない状況でしょうから、このブログを読んでいる限りはまずいないでしょう。だけど、私自身も改めて気が付いたのですが、「プライド」あたりでちょっと来るんですよね。恋愛については、すでに結婚してるし、さして新たな恋愛をしたいとは思わないので、かなり高いラインにあるとは思うのですが、お金はどうかなあ。結構、売上とかにこだわる部分があって、「あってもなくても大丈夫」は頭では理解できても、なかったらおそらく困ると思うし。

 ただ、この「レベル」ってのは200が平均になるので、その意味では私は平均よりちょっとしたくらいかも。まだま「お金」に対する制限ビリーフはあるようです。キャッシュでマイホーム買ったり、ファーストクラスで海外行く状況でないことからも、実際もそうですしね。

 今、こんな感じで「パワーか、フォースか」を援用してビリーフを整理してみたのですが、これはこれで面白い切り口かもしれません。棚田式だと24のビリーフに分けるのですが、それはそれとしてきちんと押さえて、私のオリジナルとして、特に「お金」と「恋愛」については、このレベル分けを適応してもいいかもと思いました。そして今、改めて自分自身を「お金」のレベルに当てはめてみると、確かに「プライド」あたりで前後する感じはあるのですが、「勇気」や「中立」にもピンとくるとこがあるので、これを整理するだけでも、微妙にビリーフチェンジできた感があります。なかなか面白いですね。

 そんな感じで、これからしばらくは「ビリーフ」の話が続くと思うし、私が目指している「読むだけでビリーフチェンジできる記事」がひょっとしたら現れるかも、、、と感じています。棚田式もきちんと学んできますが、ブログに書くのはその紹介などではなく、そこから離陸した「自分の言葉」を書くスタンス。借り物の言葉など面白くないですからね。そうそう、昨日の記事で11月24日・25日に東京でビリーフチェンジのセミナーするかも~ってつぶやいたら、早くも「予約します」ってメールを頂きました。いえいえ、まだ何も決まってないし、開催するかどうかも含めて詳細はこれから。だけど、「予約します」ってメールを頂いたこと自体が「前兆」とも考えられるので、きっとすると思います。会場も予約しちゃいましたもの。ただ、セミナー自体の予約は受け付けてませんので、正式に決まり次第アナウンスさせて頂きます。まだ1か月以上後になると思いますが。ですが、10月28日の「引き寄せの法則」のセミナーは決定です。2~3日中にアナウンスさせて頂きますね。そんなわけで、この手の話はこれからどんどん深まりますので、どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
Commented by bcl-rei at 2012-10-02 16:56 x
先日のセミナーではお世話になりました
私の考えでは
お金があれば愛の実践ができる、人を喜ばす事ができる
自己訓練、能力開発で自分のスキルアップ出来る
それにより先生のようにコーチングで人を救えるようになれる
一生食っていけるお金があれば
・一生ボランティア活動に専念できる
・被災地等に無い物資を寄付する事ができる
私はお金は「愛の象徴」だと考えております
Commented by katamich at 2012-10-02 17:24
■bcl-rei さん!
先日はありがとうございました!
ほんと、おっしゃる通りだと思います!
Commented by くれよん at 2012-10-03 09:27 x
この一覧すごいプレゼントですね!
さすがQ先生。気づきをありがとうございます。
私は、例えばお金に関しては「黄色」の時もあれば「ピンク」の時もあって色々です。
「ピンク」で安定できるとさらに幸せですね。
ありがとうございます。
Commented by katamich at 2012-10-03 15:59
■くれよんさん!
ただ、この場合は、黄色があれば基本は黄色だと思うのです。ピンクは理想だけど、ビリーフレベルで黄色があればまずはそれかな、と。私の場合もまさにそう。
Commented by くれよん at 2012-10-03 17:25 x
なるほど!おっしゃるとおりです。すっきりしました!
いつもありがとうございます!
Commented by katamich at 2012-10-04 13:31
■くれよんさん!
はーい!
by katamich | 2012-10-01 23:39 | ■願望実現 | Comments(6)