何度も言うけど書いたら叶う 2012.9.23

たくちゃんが昨日はほとんどウンコをしてなかった反動で、本日、豪快なまでの大量ウンコをしました。ちびQもそうだったけど、溜める癖があるのかしら。思えばあまり写真を載せてませんが、ちびQの赤ちゃんときと瓜二つになってます。「裏側」ではちょこちょこっと載せてます。産まれた直後は多呼吸でぜーぜーいってたけど、きちんと落ち着いて楽しく暮らしてます。成長が楽しみだなあ。いつか一緒にインドでも行きたいねえ。どんな子に育つことやら。お父さんも頑張ります。


そんなわけで今日も、やっぱりやることたくさんあるのに、思わず「旅」のサイトとかブログを読んでしまってました。今日はたまたま検索で見つけたこちらにハマっていました。ぜんぜん世界一周じゃないけど、裸族の村とか変なとこ行ったりとても興味深い。人生を楽しんでいらっしゃるなあ。オレも楽しもお。で、今日はまた一か月振りにメルマガ配信。タイトルは「あるお金持ちから聞いた引き寄せ体質の話」って実話でして、ごくごく簡単なことなんですが、これを理解し実践している人は極めて少ない。だけど、このことを知れば間違いなくお金から好かれるでしょう。私も知ってはいるのだけど、まだまだ実践できてないとこがあって反省することも多いです。今なら最新マガジンが読めますので、購読されてない方はよかったらご登録ください。結局、「引き寄せの法則」ってのは「波動の法則」であり、「波動」とは何かと言われるとそれは「感覚」のこと。「感覚」はつまり「身体」であり「潜在意識」のこと。潜在意識がお金を引き寄せると言われると、自己啓発的にはなるほどと思わせるのでしょうが、これはもっと正確に言えば、「引き寄せる感覚になれ」ってこと。


では「引き寄せる感覚」とは何かと言われると、まずは逆を考えて欲しい。「引き寄せない感覚」とは何か。それは特徴的には「しかめっ面」で「呼吸が浅い状態」です。お金を払ったり受け取ったりするとき、呼吸が浅くなる。これが引き寄せない感覚。無意識にお金を拒絶する感覚。そこで「引き寄せる感覚」とは何かですが、その逆。笑顔だったり、ワクワクだったり。そして感謝だったり。これは「お金」に限ったことではなく、恋人とか健康とか、あらゆる「引き寄せ」の基本となります。一言で言うとリラックスした感覚に尽きるわけです。そう言えば昨日のブログで「私の人生、Qさんのブログと出逢って、かなーり面白くなりましたよ! 少し前に、100の未来日記を書き終わりましたが、書いた願望がカンタンに叶いました! ありがとうございました!」というコメントを頂きました。ありがとうございます。


私がセオリーとして「引き寄せの法則」を伝える際、まずは「紙に書くこと」をおススメしています。イメージングやアファメーションは実はもろ刃の剣。確かにきちんと「お金持ち」になるイメージができるのであれば、それはすごく効果的です。だけど、意図的にそうイメージしようと試みたところで、実際に「お金持ち」じゃない人は、まず間違いなくそれを打ち消すイメージが邪魔しに来ます。そしてほとんどの場合、その邪魔しに来た反対のイメージが実現するわけです。


例えば「お金持ちになりました」とイメージングなりアファメーションしたとしましょう。だけど、実際にそうでない段階であれば、「お金持ちになりました、、、でもウソなんだよな」って無意識の打ち消しが追従します。これは当たり前の話。「お金持ちになりました」は「意識」で、「でもウソなんだよな」は「無意識」であり、通常、「意識:無意識」は「1:2万」もの力の差があるとも言われます。と言うことは、これはすごく恐ろしいこと。つまり「お金持ちになりました」と願望すればするほど、その2万倍もの力でそれが打ち消され、ますます貧乏の方向に加速するのです。だけど、それもまた「潜在意識」は受け入れませんので(現状を維持するため)、それ以上に貧乏にならないよう、「身体」に制御をかけて「願望」を捨てさせようとします。願えば願うほど叶うのでもなく、むしろ願えば願うほど遠ざかるものですが、それもまた不都合なので潜在意識がブレーキをかける。それによって「願望」それ自体を遠ざけるようになり、結果的には願望が実現しないままになるんです。


そのような「無意識の打ち消し」を極力まで避けられるのが「紙に書くこと」です。確かに最初は抵抗があるもんです。現状にない「願望」を書くわけですから、潜在意識は反発して当然。だけど、書いたことはイメージや言葉と違って残ります。「お金持ちになりました」と書いたところで、変な小人さんが「でもウソなんだよな」と書いたりはしません。書いたものは書いたものとして、しっかりとインクに残されます。たとえ無意識がその文言自体に抵抗を覚えたとしても、書いたことは残ります。これが重要なのです。そして90日または100日でも、その書かれた「文言(願望)」を見たり書いたり音読したりすることで、潜在意識は必死で抵抗しようとはしますが、そのうち麻痺してきて抵抗を諦めます。その瞬間に「願望」が「感覚(身体・潜在意識)」にスーッと入って、忘れたことに叶ってる、、、という状態になるのです。


やり方は細かく言えばいろいろあります。だけど、何よりもまずは「書くこと」が基本です。その辺りのことを29日のセミナーでは実践するのですが、とりあえずやってみましょうってこと。体感を伴う最もパワフルな方法で「願望実現」のきっかけを作ること。それが目的です。そして一度でも、そしてある程度、願望が叶うことを「意識」で実感できれば、そのまま「願いは叶う」というビリーフを受け入れることになり、その後はだいたいのことが叶うようになります。「願いは叶う」と思う人、「願いは叶わない」と思う人、その差は大きいです。ここでもし素直に選べるのであれば、私は「願いは叶う」と思う人になりたいし、そんな人とこれからもお付き合いしていきたいと思うのです。


そして私自身の目下の目標としては、まずは2冊目を出版し、10万部を突破すること。そして5年以内には著書の合計が40万部を突破すること。この「40万部」については、2006年秋の段階でなぜか「紙に書いたこと」なんですよね。44歳時を目標として。そう言えば44歳は人生逆転のポイントとも言われますので、その辺とも整合してるのかな。で、年商2,000万~3,000万くらいになり、ちびQが小学生になるまでには現金でマイホームを購入。私の場合、あと5年は銀行ローンも組めないでしょうから、すべて現金で買うしかなくなるわけです。で、子どもたちにはなるべくいい教育の機会を与えて、私は今まで通り毎日ブログを書いて、セミナーや講演をしながら、そして著書も次々と出版。一回20万~30万の講演を年間100回やるだけで年商はそのまま2,000万~3,000万になるので、イメージもばっちりです。それは近々身に付ける「必殺技」で可能となるでしょう。


b0002156_14312527.jpgで、残りの200日以上は何をしているのか。もちろん年間100日の滝行もやっているでしょうし、何よりもやはり「旅」です。旅のブログ読んでると、ますますその思いが強くなり。今年はさっそくシンガポール・マレーシアに行きますが、まずは子どもが小さいうちは年間10日前後くらいで海外一人旅をする。そして子どもも全員が小学校に上がり、ある程度手もかからなくなったら、続けて一か月くらいで海外一人旅。それくらいあればいろんなとこに行けそうです。もし今すぐ一か月の自由が与えられたら東欧(中欧)に行きますね。フィンランドのヘルシンキまでまず飛んで、そっからバルト三国を南下。すべて陸路でポーランドからチェコ、スロヴァキア、オーストリア、ハンガリー、クロアチア、ボスニア、モンテネグロ、アルバニア、マケドニア、そしてギリシャへ。アテネからヘルシンキに飛んで、そのまま帰国です。合計13カ国。あ、一か月じゃ足りないかな。でもまあ、そうやって旅しながら、もちろんノートパソコンは携帯していつでもどこでもブログ(宇宙となかよし)を更新。その頃、世界はどうなってるかわかりませんが、ネット環境などはるかによくなってるでしょうね。ワイファイなんて概念もなくなり、どこ行っても普通にネットにつながる。それも高速で。あ、でももしかしたらその頃は「宇宙」に行ってるかも。宇宙からブログ更新。それも決して「妄想」ではない、大きな願望です。


そんなわけで、久々にダラダラと「願望」を綴ってしまいましたが、これまで何度も言ってきた通り、書いたことは叶うんですよね。特にブログに書いたことは振り返ってみるとほとんど叶っている。1997年に世界一周したとき、もうこれで旅行は十分だと言いながら、数か月もしないうちに行きたくてウズウズし始める。結局、その翌年夏にアイルランド・マレーシアに行ってしまったのですが、さらにその翌年はカンボジア。会社員になってからも、有休をとってはちょくちょく海外逃亡。そしていつか、、、フリーランスで行きたいときに行ける状況になればと「妄想」しながらも、今はほとんど実現してますからね。もちろん子どもが小さいとかの制限はありますが、私とて小さな子どもを残して一か月も放浪はしたくないですが、10日くらいならできるようになってる。それが来月のシンガポール・マレーシアです。6年前にベトナムに行って以来の独り旅。子どもが産まれてからは完全に初めて。なんだかんだと願ったこと、そして書いたことが次々と実現してるのであります。まだまだ実現したいと思います。ありがとうございました。


Commented by yutarou at 2012-09-25 22:20 x
いつも面白い内容ですっかりこちらのファンです!

聞きたいですが、何もやる気起きない時ってどうしたらいいんでしょうか。
例えばいったん座ったらまじで動きたくない、仕事から帰ったら疲れもあるけど、食事した後は部屋で横になるかネットしてたら寝る時間です。
読みたい本ばっかたまって結局読まないみたいな、そんな繰り返しです。
こんな怠け者みたいな生活やめたいんですが、こういう願望も書いていいんでしょうか。
あと人の欠点ばかり目につく、欠点ばかり気になるというのも直したい。
そういうのは書くより、カウンセリングとかでしょうか?
Commented by katamich at 2012-09-25 23:51
■yutarouさん!
そんな生活を本当に辞めたいのなら簡単です。
仕事辞めて放浪の旅にでればいいです。
一年ほど日本に帰らず、インドとかアフリカとかを旅すればいい。
100万もあれば十分ですよ。
100万円のセミナーに参加するよりよっぽどいい。
だけど、そうは言うものの、仕事もあるし、とか理由はたくさん出てくるでしょう。
そうである限り、本当にやめたいとは思ってない証拠です。
いいんじゃないでしょうか。それはそれで一つの人生ですから♪
Commented by Rika☆彡 at 2012-09-26 07:13 x
未来日記、面白そうですね。早速、始めてみました。
ちょっと抵抗のある人は、もうちょっとで叶いそうな事から書き始めてみると、きっと色々と叶えたい事が出てくると想います。
Commented by yutarou at 2012-09-26 08:30 x
ありがとうございます。
本気で変えたくないのかもしれないですね、
だって仕事が、とかだってしんどいから、とか言い訳並べるのは簡単ですが、そっから実際変わる為に動かなきゃですね。
まずは、ダラダラするのを意識的にやめるとこから始めます。
ためになる内容ありがとうございます!
Commented by katamich at 2012-09-28 09:31
■Rika☆彡さん!
ありがとうございます。
Commented by katamich at 2012-09-28 09:32
■yutarouさん!
そういうことですね!
by katamich | 2012-09-23 23:39 | ■願望実現 | Comments(6)