シュールストレミング試食会 2004.9.4

b0002156_2225273.jpg 今日は仲良しの4人で昼は海でバーベQ。夕方から、待望の「シュールストレミング試食会」を開催しました。これは私の衝動的な思いつきによって実現しました。これは、昔からテレビなどで「世界一臭い食べ物」として紹介されており、いつか食べてみたいと思っていたところ、ネットで購入できることを知り、早速、スウェーデンの販売店にアクセスして注文しました。いい時代になったものです。

 試食会には4人の他、H紳士、だんな、じゅんちゃん、きょうちゃん、そしてゲッツが集まりました。6時に春日公園に集合なのですが、皆さん、きちんと時間に間に合って試食会への意気込みが感じられます。

b0002156_2232637.jpg 数々のホームページでも試食会の模様が公開されており、そこでは雨合羽や水中眼鏡などおよそ「食べる」行為に相応しくないものが用意されていました。そこで我々も、とりあえず雨合羽と水中眼鏡だけは用意してのぞみました。

 缶詰は一週間ほど前に届いており、すでにブツは発酵して爆発寸前にまでパンパンに膨れ上がっています。入刀はもちろん私です。雨合羽を着て、ブツをビニールでくるみ、缶きりを挿入します。思いっきり、刃を差し込むと、「ぷしゅ」っと勢いのよい音がして、私は反射的に退いてしまいました。まだ臭いません。気を取り直して、ゆっくりと刃を入れていきます。ぷ~ん。突然、すごい臭いが鼻を直撃しました。おっえっ~。。。

b0002156_2263328.jpg 何とか缶の蓋を開けると、ブクブクとマグマのようにあわが噴出しています。周りからも、おえ~、と悲鳴が聞こえます。どこからともなく蝿がたかってきました。

 まずは、私が食すのですが、かなり発酵が進んでしまい、「魚の形」がほとんど見られません。箸で摘み上げると、それはほとんど「魚の骨」でした。私は柔らかければ、魚の骨はOKなので、勢いよく口の中に放り込みました。しょっぱい!!。味が先にきたのですが、次の瞬間、口の中から鼻腔にかけてもの凄い臭気が襲い掛かってきました。おっえ~~、ぺっぺっぺ~~。反射的に吐き出してしまいました。一同大爆笑です。

b0002156_2241613.jpg 次に挑戦するのは、ダンディ坂野似のゲッツです。水質調査などの仕事で日頃から臭さには慣れていると豪語したので大いに期待が持てるところです。するとどうでしょう。以外にも平気そうな顔で口に放り込むではありませんか。さすがに美味しくはないとのことですが、吐き出した私に比べるともの凄く「男」を見せてくれました。ゲッツ、かっこい~。

b0002156_2244131.jpg その後も、H紳士、K氏、だんな、と男性軍が食した後、はぎ、ワカ、じゅんちゃんも次々挑戦しました。さすがに3歳のきょうちゃんは近づきませんでしたが。

b0002156_225299.jpg 食べた皆の評を列挙すると、「ドブ」、「下水」、「ブルーになる臭い」、「死んだザリガニを水槽に一週間放置した臭い」、「温泉を凝縮した臭い」、「うんこ」、「人間性を捨てたくなる臭い」、「野獣」、「この世のあらゆる臭さを総括した臭い」、「拷問」とさんざんな評価。ちなみにゲッツの情報によると、『小泉武夫(日本の発酵学の権威)先生らが臭気測定器で臭そうな食品の臭さの強さを測定したところ納豆が382、くさやが468、焼いたくさやが1277、ふなずしが470なのに対し、開缶直後のシュールストレミングは8110と強烈である』、とのこと。

 しかしその一方、「ありえる臭い」との声も。確かに臭いことは臭いけど、生まれて初めて嗅ぐような未知の臭いではなく、昔どっかで嗅いだことがあるような懐かしい感じもしました。

b0002156_2251928.jpg とりあえず、きょうちゃんを除いて一巡した後、言い出しっぺの私と水質屋ゲッツはもう一度挑戦することに。私は最初よりは小さな塊を食したのですが、ゲッツはなんと少しでも大きなものを探して食していました。意外といけるといわんばかりに。しばらく談笑した後、さあ撤収という段階になって、最後にもう一度食すことに。今度はゲッツがフランスパンに汁をつけて食べ始めました。結構たっぷりと浸して、口にしたのですが、もだえながらも、中和するためかフランスパンを次々に口に放り込み飲み込んでしまいました。私も負けてはいられません。ゲッツよりはちょっと小さめにフランスパンをちぎって口に放り込みました。やっぱり臭気が直撃して、ゲッツの真似をしてフランスパンを口に詰め込んだのですが、逆に飲み込めなくなってしまい、臭いから逃れられず、またしても吐き出してしまいました。一同爆笑です。

 最後は、公園の溝に捨てさせていただきました。ごちそうさまでした。

 さて、今回、シュールストレミングという世にも珍しい食べ物に挑戦したわけですが、人はなぜこのような「臭い」食べ物を好んで食べるのでしょうか。シュールに限らず、日本にも納豆ははじめ、くさやや鮒寿司など臭い食べ物が存在しています。そして、臭い食べ物に限って「中毒的」になるものです。納豆なんかは必ず毎朝食べないと一日が始まらないという人も少なくありません。

 私はこれらに共通する臭い(いわゆる発酵臭、腐敗臭)に「人間」の本来臭を感じとることが出来ます。人間というものは本来的に「臭い生き物」です。3日間シャワーを浴びなければ誰だって臭くなります。そして究極的にその臭さは「死」に近づく臭いとなります。つまり、「死」に向かっている「人間」にとって、「臭い」とは最後に達する本質的な現象だと言えるのです。

 普通、人は「臭い」を退けます。それは、「インセスト」や「カニバリズム」と同様、「同一化」に対する禁忌に似たものがあります。つまり、「生としての人間」と「死としての人間」の同一化を、「臭い」という反応によって、いったんは退けるのです。しかし、「臭い」は人間そのものである以上、それを取り込んでしまったら最後、次は「同化」の方向に走り、結果として中毒状態を引き起こすのではないでしょうか。

 私は、シュールストレミングという究極的な「臭さ」を食することによって、人間の本質に近づけた気がします。また一つ、悟りを啓けたことに感謝したいと思います。

 それにしてもあの臭いがまだ続いています。缶は持って帰ってきているので、嗅ぎたい人はどうぞおっしゃってくださいな。
Commented by ゲッツ at 2004-09-06 00:05 x
お誉めのコメント(?)有難うございます。ゲッツです。
さすがに開缶時の悪臭には参りましたが、鼻がバカ(嗅覚疲労)になると多少食す勇気が出てきたもので・・・。
お味はと言うと、幼少時に食べた祖父お手製の「うるか」(鮎の内臓を塩漬けにした塩辛のようなもの)に似ていたような気がします。
このシュールストレミングの臭いもやはり「食べ物」のにおいなのでしょうか、私は持ち帰ったごみ袋の臭いを一人で「臭い!」と叫びつつも、何度も嗅ぎ直してしまいました。ヤミツキになってしまったかも・・・。
昨日は貴重な体験をさせて頂き、どうも有り難うございました。


Commented by カナヤマ at 2006-02-09 22:27 x
トラックバックありがとうございました。ブログを読んでみるといろんな人が挑戦しているみたいですね。ワタクシも北の大地で開缶して見たいと思います。その前に通販で手に入れなければ。
Commented by katamich at 2006-02-10 07:35
こちらこそどうもありがとうございました。
通販では確かに入手できるのですが、発行して魚の形がなくなっているのを送られる傾向があるようです。
by katamich | 2004-09-05 10:50 | ■食 | Comments(3)