願望実現のフロー 2012.8.13

 今年のお盆はどこにも行かず、家族3人で過ごしています。ただ、ちびQは保育園を盆休みしてるためずっと家にいるんですが、自室にいるとしばしば「こっち、おいで」と呼びに来ます。そして「やまじこうえんで遊ぼう」です。「やまじこうえん」ってのは自分の布団の上に枕とかクッションとかタオルケットを山のように積み重ねた状態のこと。そして最近流行ってるのが「どすこい、どすこい」です。お相撲さんのように張り手をしてくるのですが、2回に1回は倒れてあげる必要がありますが、あとの1回は持ち上げて倒してあげる。すると喜びます。そんなことを10回以上させられるので、それだけでもいい運動。そんな感じの一日を過ごしながら、いよいよ週末のセミナー資料も完成。6月末の福岡セミナーがベースになってますが、ところどころ変更する感じ。その中で、、、作るとすぐに公開してしまうのが私の悪い癖ですが、「引き寄せの法則」、「願望実現」のメカニズムについて、フロー図にしてみました。
b0002156_16113647.jpg

 この①から⑩までの番号は資料の中で説明しているのですが、出発点は①の「願望」です。もちろん「願望」なんてなくとも、④の「認識」が世界を作っていますので、いずれにしても「引き寄せの法則」は働いてるわけです。ただ、「願望実現」という目的をセットした場合、自分にとって望みの現実を引き寄せる必要があります。そのためには「どうしたいか?」つまり「願望」を最初に持ってくる必要があるのです。私にしても何もせんで勝手に収入が入ってくるわけでもなし、勝手に本の出版ができたのでもなし、勝手にセミナーや講演ができているのでもなし。どっかで何らかの「願望」を持って、時には紙に書き、時には宣言し、時には頑張りってしてる結果として「願望」が「実現」しているのです。もちろん早い遅いはありますが、ここ数年はだいたい自分の思った通りの現実が引き寄せられています。

 セミナーに先だって上の図をちょっとだけ説明しますと、①が「願望」ですよね。それは具体的に言葉にする必要があります。収入いくらとか、恋人が欲しいとか、結婚したいとか。それはあくまで「意識」であり「言葉」の世界です。それに対して、その水面下には「潜在意識」の世界が広がっており、それは「感覚」によって現れるもの。もちろん「言葉」は「感覚」に影響を与えますが、どちらが強いかで言えば、絶対に「感覚」の方が強い。普通であれば。例えば「心臓止めたい」って「言葉」で願ったとしても、「感覚」つまり「身体」のことですが止まることもありません。だって今まで動いてるのだから、そんな「言葉」でちょっと願ったくらいで止まったら大ごと。なぜなら「潜在意識(感覚・身体)」は「安心・安全」を守ることを第一にしているのだから。

 だけど、「意識」で願う願望の「変化」と、「潜在意識」が求める「安心・安全」の間にギャップがあれば、それは「潜在意識のコリ」となって身体に負荷を与えます。その端的な症状が呼吸が止まること。もちろん止まり切ることはなく、呼吸が浅くなる程度ですが、人によって願望をイメージすればするほど息が上がって苦しくなることもあります。それがコリなんですよね。で、「言葉」と「感覚」は「認識」を形成しますので、この「認識」がそれぞれの現実を作っているわけ。そこでです。「言葉」で願った内容の通りを「感覚」が受け入れて、その「認識」がそのまま現実へと反映されれば、イコール願望実現ってなるんですが、そんなに簡単でもない。つまり、どうしてもコリが邪魔しちゃうんですよね。「認識」がコリを経由すると、元の「認識」が180度ゆがめられて現実に反映されることがある。

 例えば「ポルシェが欲しい」って「願望」をスタートさせたとします。これが「意識」であり「言葉」ですよね。その「言葉」は「感覚」に対し何らかの影響を与えます。ポルシェを持っている状態、つまり「変化した状態」の「変化」そのものをもし「安心・安全」でないとすればどうなるか。ここにギャップができ、そして「コリ」が生じてしまう。そしてこのコリは負の働きをもたらすので、「ポルシェが欲しい」と願えば願うほど苦しくなって実現を遠ざけてしまうんです。このメカニズムを知らずに、イメージングしてもアファメーションしても無駄ってこと。すればするほど苦しくなりますからね。

 と言うことは、願望実現において重要なのは「コリ」の処理です。処理方法は二通りあって、一つが無理やり破壊する。つまり、めちゃくちゃ頑張ること。実現に向けて努力しまくること。これはこれですごく効果的。だけど、それでバランスが取れなくなって、時として健康を害したり、人間関係を損なったりすることもある。もちろんスムーズに実現することもありますが、これは通常、「意思」って力であって、よほどの自体においてでないと発動しないことが多いです。例えば家族を守らなければならない、実現しないと命が危ない、実現しなければ恥ずかしくて街歩けない、、、など。最初、潜在意識はものすごく抵抗するのでしょうが、そのうち諦めてくれます。そのとき、コリもしっかりなくなり実現しているって寸法です。

 もう一つ方法はコリをほぐすこと。柔らかくもんであげること。おそらくその方が受け入れやすいと思うし、私自身もそっち方法で願望を実現してきました。では、そのためにはどうすればいいのか、、、ってのがセミナーの主たる内容なんですけど。ただ、どうすればいいかについては、このブログでもずっとずっと何度も書いてきました。例えば、深い呼吸、感謝、許し、紙に書く、忘れる、、、などなど。だけど、ここでもう一つ新しい話をすれば、、、新しくないかもしれませんが、それは「自我」を引っ込めることなんです。エゴと言っていいかもしれない。つまり「自我がなくなれば願望は叶う」ってのが最大の秘訣なんです。

 では、どうすれば「自我」をなくすことができるのか。だって「願望」ってそもそも「自我」じゃないですか。言い換えると「願望がなくなれば願望は叶う」ってことで、それってすでに矛盾してますもんね。「願望」を実現するには、まずは「願望」する必要がある。だけど、その「願望」をなくさなければ実現しない。そこで思い出すのが、かの有名な「バイバイン」におけるこの命題。
b0002156_16115172.jpg

 「このくりまんじゅう、食べるとうまいけどなくなるだろ。食べないとなくならないけど、うまくないだろ。食べてもなくならないようにできないかなあ。」

 これを「願望実現のパラドクス」に当てはめると、

 「この願望、願うとハッキリするけど、自我が出てくるだろ。願わないと自我は出てこないけど、ハッキリしないだろ。願っても自我が出てこないようにできないかなあ。」

 言うまでもなく、

・くりまんじゅう=願望
・食べる=願う
・うまい=ハッキリする
・なくなる=自我が出てくる(⇒叶わない)


と対応します。この場合の「ハッキリする」とは自分の願望が明確になること。願望を明確にしなければ、そもそもその願望が叶ったかどうかもわかりません。願望を明確にすることは、願望実現の大前提です。だけど、明確にすればそこに「自我」が出て来て、叶わないようにするんです。もう一度言いますが「自我」がある状態では願望は叶いません。願望実現とは自我のない状態。それが基本です。

 「食べるとうまいけどなくなる」けど「食べないとなくならないけどうまくない」って当たり前のことであって、「食べてもなくならない」なんてのがそもそも矛盾。だけど、この矛盾を克服したときに、願望が実現されるのもまた真なり。つまり「願望」ってのはそれが「願望」である限り実現しないんですよ。くりまんじゅうは食べたらなくなるように、願えば叶わないんです。願望ってのは、じゃあ、願わなければ叶うのかと言うと、理屈からすればそうだけど、願わないことには始まらないでしょ。なので、ハッキリ言って「願望」って叶わないのです。だってそうじゃないですか。ほとんどの人が叶わなくて悩んでるんでしょ。だから「ザ・シークレット」が世界中で売れるんじゃないですか。「願望」は「願望」である限り叶いません。これが真理です。

 だけど、、、世の中には叶ってる人もいっぱいいます。私もその一人。「バイバイン」のような特効薬があればいいのだけど、あの話の示唆的なのは、あんな安易な特効薬に頼っていたら自分だけでなく周囲まで不幸にしますよってこと。なので「願望実現」についても、唱えるだけであらゆることが実現する呪文もないし、そんなに安易に叶うもんじゃないことは、もう、皆さんご存知のはず。だけど、それでも何かないか、秘密はないか、秘訣はないか、秘伝はないかと探しちゃうんですよね。まさに願望実現難民のように。

 そこで、、、私が真に再現性のある「願望実現」のセオリーを提供したいと思っているのですが、おそらく、上手くはいかないと思います。100人に伝えて100人が実現できる安易なセオリーなどない。だけど、、、やっぱり原則は同じ。願望が実現しないもんだけど、本当は実現する。私は実現すると思っている。このメッセージが、、、100人のうち1人でも伝わればいいな~と思ってブログを書いてる感じかな。そんなとこで、やっぱり安易な「特効薬」はないのだろうけど、少しでも何かのヒントになれば書いた甲斐があると思っています。そんなわけでまた明日。セミナーは大阪が若干名、名古屋は会場が広くなった分、席もまだありますが、懇親会の予約は盆明けの16日にはしないといけないのでお早めにどうぞ。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【大阪】8月18日(土):90日で願望を実現する「引き寄せの法則」実践セミナー

【名古屋】8月19日(日)午前:人生は逆転できる!自己啓発をぶっ飛ばせ!セミナー

【名古屋】8月19日(日)午後:90日で願望を実現する「引き寄せの法則」実践セミナー(半日)

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
Commented by ゆか at 2012-08-14 19:59 x
『願望』が実現するとゆうことを、私は知っている。
と客観的、冷静に(淡々と)思う。ってことでしょうか。
Commented by katamich at 2012-08-14 20:39
■ゆかさん!
いえ、そうでもないです。
Commented by あんかん at 2012-08-15 07:36 x
いつも楽しく拝読させて頂いてます!
ありがとうございますm(_ _)m

私も引き寄せられる体質だと思ってますが、私の場合、引き寄せたいモノを一定の期間(二週間ほど)願い(思い)まくります。

そうすると、その思いをフッと『忘れる』んです(^-^)
別の言い方をすると、『諦める』って事にも繋がる様な気がしますが、とにかくその様な感じでいると、それこそ忘れた頃に引き寄せます。

引き寄せるまでの期間は長く感じますが、私生活で、没頭しながらだと、引き寄せは早くなる様です。

長々失礼しましたm(_ _)m
Commented by ひろみ at 2012-08-15 22:10 x
確かに忘れた頃に願望は叶う。というかそれがもう「願い」とか「欲しい」じゃなくなってる時、いや、欲しい事は欲しいんだけど、そんなgive me!! give me!!状態じゃない時に叶ってるね。
でも、願わないと始まらないし、かといって「忘れる」事も必須じゃないと思うし、これが分かればオレはもう願望(?)入れ食いの狙い撃ちに状態になれる事は分かってるんだよな〜・・・
Commented by katamich at 2012-08-21 19:47
■あんかんさん!
そうですね!
Commented by katamich at 2012-08-21 19:47
■ひろみさん!
なかなか複雑ですね。
by katamich | 2012-08-13 23:39 | ■願望実現 | Comments(6)