コツさえつかめば簡単 2012.7.8

 7月7日に配信したメルマガですが、昨日の日記でご案内したのもあって、一気に50人ほど新規登録頂いています。今度の火曜か水曜辺りに次のメルマガ出しますので、今回の「お金の引き寄せ方」についてはそれまでとなります。バックナンバーも公開しませんので、読まれたい方はお早めに。それから昨日も書いた通り、今回は配信後の解除がゼロなのです。これはメルマガやってる人からすれば脅威に思うはず。現在、メルマガ読者さんは2,710名。本当はもっといらっしゃったのですが、エラーメールが貯まると配信できなくなってしまうので、今まで3回ほどエラーメールを一斉削除したことがありました。ですので、もしもメルマガが急に届かなくなった、、、と思われる方は再度登録してみてください。なにぶん、配信スタンドも万能ではないので、本来エラーじゃないものがエラーに入ることがあるのです。だけど、放置してたら配信できないことも。基本、私から解除することはありませんので、気になったら気軽に再登録してみてください。

 それにしてもそれだけの読者数がありながら、配信後の解除がゼロなのはすごい精読率です。あるメルマガの大御所さんのブログ見ると、最大18万人いたとき、一回の配信で800件の解除があったそうです。母数もでかいですが、解除もすごいですよね。以前私の知人でビジネス用のメルマガをスタートする際、何を血迷ったか読者1,000人をお金で買ったのです。確か10万円近くかかったそうです。私のメルマガは基本的に自分で登録されるか、私の何かのイベントに参加された方しかいらっしゃいません。すごく迷惑なのが、ビジネス交流会などで名刺交換しただけで勝手に登録してくる人。その、勝手にってのは本来違法だそうですが、それでも多いです。確かに読者が増えればそれだけ可能性も広がりますが、勝手にすると印象が悪くなり、それではかえって逆効果。私はそんなことはしませんが、昔は名刺交換どころか読者を「買う」ってこともあったそうです。そりゃ、自分の意思でもないので、配信したら解除されまくりますよね。だけどその方はお金で買ったので、解除されるとかなりダメージ。その結果、、、配信をストップしてしまいました。え??ですよね。お金払っただけで何の意味もない。そんなときは、それこそすべて解除されるまで配信しまくらなきゃですね。ま、その方は私が紹介した方とビジネスを始め、それなりに上手くはいってるようですが。

 そんな話はともかく、今回の記事はかなりヤバいと自分では思っています。もちろん実践ありきですが、簡単に言うと「宇宙バンク(潜在意識)」に「請求書」を出すって秘儀です。その論理、実践法をメルマガに書いたのですが、実は配信後、感謝メールが続々届いているのです。実際に「宇宙バンク」から支払があるかはわからない時期ながら、「請求書」を出すだけで、もうそれが支払われた「気」になるのです。だけど、この「気」が一番重要なんですよね。何事もそうですが、その「気」にさえなれば、その通りの現実が引き寄せられますから。ただし、その「気」の中には一切の「疑い」がないことが重要。時々こんな人がいます。「今度は上手いく『気』がするんですけど、どう思います?」って人に聞く人。おいおい、聞いちゃダメでしょ。それはちょっとでも「疑い」がある証拠じゃないですか。

 「今度会社を辞めて起業しようと思うんですけど、いけますかね?」なんて聞く人、しばしばいますけど、全然ダメ。「疑い」があるうちは時期じゃない。人生において本当に大切なことって、絶対人に聞いちゃダメなんです。もちろん事後報告はいいですよ。「会社辞めて起業、、、したんですけど、何かいい仕事ないですかね?」ならば話も進めようがある。だけど、事前に聞いているようでは、「ダメに決まってるじゃん」って答えるしかないですもん。一応私も会社辞めてフリーで7年やってますが、もし今、会社や役所に勤めてて、自分の「夢」に向かって退職したい、、、なんて言う人がいたら、ま、普通は「そんな『夢』など見ない方がいいですよ」って答えるでしょう。だけど、「もう辞めちゃったんですよね~」って言ってきた人には、「おお~、そうなんだ!おめでとうございます!」って答えるしかない。

 とにかくお金でも起業でも恋人でも結婚でも、どこか「疑い」とか「言い訳」が用意されているようでは、「引き寄せ」は弱いでしょう。こんな「請求書」でお金は引き寄せられるの?って疑っている人もダメでしょう。私はこれで、そしてこのエッセンスで、今までずっと引き寄せてきたのだから、もう疑いようもないですが、そうじゃなかったらやっぱり疑っちゃうのかな。そうか、書いててわかった。「引き寄せの法則」の結果が出ない人の特徴は「疑い」にあるんですね。結局のところ「疑い=言い訳」なわけで、何かを「意図」したところで、その成果に対する「疑い」が消えず、最初からできない「言い訳」を用意している。無意識にも。それじゃあ、引き寄せなんてあるはずがない。

 ただ、ほんとのこと言うと、手段はなんでもいいんでしょうね。要するに「疑い=言い訳」がそこになければ、それは必ず上手くいくのですから。「引き寄せ」のメカニズムなんて、ほんとシンプル。私は「焦点」と「空白」だけで処理しますが、お金ならばお金に「焦点」を当てるのだけど、ただ漠然とした「お金」にはなかなか焦点が当たらないから、具体的に何を買うのか、何を返すのか、など「何」を明確にする。そこでようやく「焦点」が当たり、ではその「何」を満たすためには、そこに「空白」ができていることを発見するんです。

 例えば私は近い将来、マンションなり戸建なり欲しくなったとしましょう。子どもも小学校に上がり、きょうだいも増えた。そこで具体的に3,900万円のマンションに「焦点」を当てるのです。いかにそれが必要なのか、それをしっかりと腑に落とす。その上で、ではどうすれば3,900万円を用意できるのか、そこに「空白」ができるわけです。だけどその「空白」ができたところで、「別に2,000万円でもいいじゃん」とか「賃貸でもいいじゃん」とか「疑い」や「言い訳」を用意してますと、それは真っ先にその「空白」を埋めに行きますので、結果的には3,900万円は手に入らない。むしろそんな「言い訳」を用意せず、3,900万円のマンションが手に入ったら、どんなに楽しいこと、どんなに快適なこと、家族のどんな笑顔が見られるだろうか、、、などいろいろ想像するんです。すると「潜在意識」はその「想像」を満たそうとして、つまりその「想像」が「空白」となって、それを満たそうとするのです。すると、あら不思議、、、気が付けば預金通帳に「3,900万円」が入ってるじゃありませんか。私なんて、そんなことの連続ですよ。
b0002156_1663911.jpg

 「引き寄せの法則」の基本は「焦点」と「空白」にある。これ以上でも以下でもありません。問題は「何に焦点を当てているか」と「何が空白を埋めているか」です。「できる」に焦点を当てるか、「できない」に当てるか。「満足」で空白を埋めるか、「言い訳」で埋めるか。その違いがあるだけで、結局のところ、誰もが何らかの「焦点」と「空白」を持っていて、その方向や質が違うだけのこと。そのメカニズムさえわかれば、「引き寄せ」とかほんと、簡単なんですよ。

 何かを「意図」した。これが「焦点」です。そしてその「意図」が結果へと到達するまで、タイムラグって「空白」ができるのですが、そこに「言い訳」を入れてしまうのか、ワクワクなどの「期待」や「満足」を入れてしまうかで結果が違ってくるのです。もしも何かを「意図(焦点)」した後、そのプロセス、タイムラグにおいて不安や疑いが出そうになったら、そこで気がつくこと。「おっと、きたよ」ってね。その「不安」や「疑い」の波動をちょっと転換して、「どんなに楽しいか」とかの「想像」に変えてしまうのです。それによって「波動」の強さは変わらないけど、方向が180度違ってくるので、そうやってかじ取りをするんですよ。簡単でしょ。

 そんなわけで、楽しく行きましょ、楽しく。コツさえつかめば「引き寄せ」なんて簡単なんですから。それではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【九州】7月21日(土)~23日(月):宇宙となかよしツアー2012(Q州ツアー)(残2名)

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-07-08 23:39 | ■願望実現 | Comments(0)