無意識の目 2012.6.29

 5時からコーチング、そして写経。日中は明日のセミナー資料の作成に費やし、書き始めてから5時間で一応完成しました。16ページもの大作。本当はまだ多かったのですが、これでも減らしました。「一日」のセミナーの分量としては、これを全部やるとかなり大変。前半は「引き寄せの法則」の基礎編、後半は実践編です。どうしようかな。書こうかな。「今日の話はブログで読みました」と言われるの嫌がるくせに、何でもかんでも書いてしまうのが悪い癖かも。だけど、自分の説明の整理の上でも書きましょう。「引き寄せの法則」の基礎編の一部をセミナーに先だって公開します。

 つまり、「引き寄せの法則」とは何かってことだけど、何度も言うように、「思い通りの現実を引き寄せる秘密」ってのは間違いではないものの、それ以前、「目の前の現実はすべて自分が引き寄せた結果である」ということ。その理解なくして、イメージングしようが、アファメーションしようが、宝の地図作ろうが、紙に書こうが無駄。以前、職活動中の無職の方が、「引き寄せの法則」を知ったことで就活やめて仕事引き寄せます、、、なんて言ってるの聞きましたが、それは単に怠惰なだけでしょ。就活なんてのは、自分を会社に営業すること。その人がヘッドハンティングされるほどの売りがあるならまだしも、そうでなければ頑張って営業するしかない。「引き寄せの法則」を怠惰のカムフラージュに使ったところで、実際に引き寄せられるのは「怠惰な現実」です。怠惰な人を雇いたがる会社があるでしょうか。つまり、「怠惰な現実」が引き寄せられるとは、どっからも雇われないことを意味するのです。自分で事業をするのは、もっと大変ですけどね。

 あと、ずっと前のことだけど、いつか「願いが100万倍叶う日」ってのがあって、それは宇宙のスペクタルがどうとかこうとか。ただ、それはネガティブな想念も100万倍叶うので、その日だけはポジティブに過ごしましょうってこと。2006年頃だったかな。私はその日、ちょっと思いつきで半日ほど「無料コーチング」をしたのですが、その中に「会社に行くとネガティブになるので、今日は休みました」なる人がいらっしゃいました。その人、どんだけ会社に対してネガティブやねん、、、と思いました。だけど、翌日は行かなくちゃならないんでしょ。100万倍かどうとかはともかく、その日は「休む」という「行動」によって思いっきりネガティブな過ごす方しちゃったじゃないですか。とは、そのときは言いませんでしたけどね。

 それから別の話ですが、こんなこと言う人がいました。本人に悪気はないのでしょうが、「Qさんには障害のある子ども産まれるのが似合いますよね」って。最初、「え??」ってなったのですが、どうやら小林正観さんがそうであって、そこからいろんなメッセージを発してるのだから、私もそうなるべきと言うのです。もちろんそれは私の発信力への敬意があって、大変な現実を発信してるいと多くの人が勇気付けられるってことらしいのです。だけど、そのとき思ったけど言いませんでした。それ、あなたがそうなりますよ、と。潜在意識に主語はないので、私に対する期待であっても、イメージングしているのはご本人です。別に障害があろうがなかろうが関係ないのですが、親心としてはない方がいい。もしも、障害のある子ども持つことが人生の修行だとすれば、その人だって修行する道が用意されているかもしれない。なんてことを言うと、めちゃめちゃ気にするだろうから、言いませんでした。

 何を言いたいのか。つまり、人には「意識の目」と「無意識の目」があって、就活の場合は「就活しないで仕事を引き寄せる」は意識の目。だけど同時に、無意識の目は「怠惰な現実」を見ているのです。実現するのはどっちでしょう。言うまでもないですよね。100万倍の話については、「会社を休んでポジティブに過ごす」は意識の目。だけど同時に、無意識の目は「会社はネガティブ」ってことを見ているのです。障害云々は「発信力のある人が苦労すべき」は意識の目。だけど同時に、無意識の目は「障害のある子を育てている自分のイメージ」を見ているのです。もちろん「意識の目=無意識の目」と言う場合もあり、私はそれを「願望実現」とか、狭義の意味での「引き寄せの法則」と呼んだりするのですが、多くの人は「意識の目」と「無意識の目」が一致していません。

 そして「意識の目」がどうであれ、私たちの現実は100%、「無意識の目」によって見た世界です。そこでセミナーの資料より、次のイラストを見てください。
b0002156_810091.jpg

 ワードをPDFにしてプリントスクリーンをJpegにしただけなんで、画像が悪くてすいません。だけどまあ、セミナー資料(売りもの)なので、この辺で勘弁してください。上の絵は、私たちはこの世界を「フィルター」を通して見ていますよ、ってことを意味しています。私たちは世界を「ありのまま」でなど見ていません。赤ちゃんや一部の脳に障害を負った人は、そのように見ているでしょうが、数年に及ぶ「体験・経験」を有する大人や自我の発達した子どもは、「ありのまま」の世界など見ていません。すべてその人の「体験・経験」に基づくフィルターを通して見てるのです。
  
 犬の例ばかりで恐縮ですが、犬は犬です。それ以上でも以下でもないのですが、人にとっては犬は「可愛い」と感じる人もいれば、「怖い」と感じる人もいる。その「可愛い」と「怖い」の違いはどこから来るのか。それはその人の体験です。犬が癒しや友達と思って過ごしてきた人は「可愛い」と感じるでしょうが、犬にかまれた経験があるなど、危険に目にあった人は「怖い」と感じるでしょう。そこで「犬=可愛い」と「犬=怖い」なるフィルターができて、それを通して「犬」を見ているのです。私たちにはそのような固有のフィルターを無限に持っているのですが、ほとんどの場合、それは「意識」されません。つまり「無意識の目」によって見ているのです。

b0002156_8103342.jpg ちなみに明日のセミナーでもワークするのですが、「無意識の目」を段階的に取り払う方法があって、それがこの図。これはブログに書いたかな。自分に制限を加える「無意識の目」つまり制限ビリーフ(思い込み)は通常、左脳後頭部に蓄積されているようです。それを左脳前頭部に移動させると、ビリーフに対する冷静な判断が加わります。NLPのメタモデルなどは、それを言語的に可能にしたスキームですが、人は考えるときに前頭部を抑えますが、それも冷静たるためのポーズです。面白いのはそこから。さらにそれを右脳前頭部に移動させると、そこに直感やひらめきが加わり、最後に右脳後頭部に着地させると、私はそれを「悟り」と呼んでいるのですが、フィルター(無意識の目)がすべて除去された「ありのまま」の世界が現れます。しかもそれは割と簡単だったりします。元ネタはアプライドキネシオロジーです。

 それはともかくとして、私たちはいずれにせよ「無意識の目」なるフィルターを通して世界を見ている過ぎず、そこには70億人いれば70億通りの世界が存在しているのです。私たちはフィルター、つまり無意識的な「認識」よって世界を見ており、その見える範囲のことを広義の意味での「引き寄せの」と呼んでいるのです。意図しようがしまいが、私たちは無意識的に「認識」している範囲しか見えませんし、引き寄せません。逆に言えば、そうやって見ている世界がすべてに「引き寄せの法則」が働いているのです。ちなみにここでの「認識」とは私は「関心×能力」によって定義しています。上の図では「穴(関心)」と「レンズ(能力)」ってしてますが、私たちは無意識に開けた「穴」を通して、そこにはめた固有の度数にある「レンズ」を通して世の中を見ているのです。

 そこでもしも望ましい現実を引き寄せたければ、一つはフィルターの「穴」を増やせばいい、広げればいい。そして「レンズ」の度数上げればいい。月収30万円の人と、100万円の人とは「穴」と「レンズ」が違います。30万の人が100万円にしたければ、100万円の人のフィルターを借りるも良しですが、いずれにせよ自分のフィルターの「穴」を変えなければならない。そして「レンズ」の度数を上げなければならない。それによって100万円の人の世界が見えるようになり、自ずとその現実が「引き寄せ」られるのです。ついでに言うと、図の下にある地球儀みたいな三つの絵は、それぞれ固有の「世界」を意味します。地球上にはこんな「世界」が70億通りあって、何一つ同じものはないんですよ。面白いですね。

 てな感じで、またまたセミナーでしゃべることをブログに書いてしまいました。この程度のことなら無料ブログにふさわしいと思う人も多いでしょうが、だけどまあ、情報の価値は人それぞれですからね。確かにセミナーではこの基礎編を元に「実践編」が加わり、どうやって「穴」を増やしたり広げたりできるのか、どうやって「レンズ」の度数を上げるのかってことを、ワークを通してやるのですが、明日来られるに人は、せめてそこから参加費の9,800円とご自身の時給分くらいは元取って欲しいと思います。ただし、今、これを読んでなんとなくわかったのでセミナー、キャンセルします、、、はご遠慮くださいね(^^;

 ああ、また手の打ちを明かしてしまった。だけど「実践編」は書きませんよ、、、と言いながら、ブログにちょくちょく書いたりしてるので、「今日の話はブログで読みました」なるクレームをまた頂くとすれば、それはつらいなあ。書いたらクレーム、書かなければそもそも人が集まらない。だとすれば出し惜しみか。それはできない性格。この性格を直せば、もっとマーケティングも上手になるのかも。「情報」としてはほとんどブログに出しているので、結局のところ「エネルギーを感じに来てください」なることしか言えなくなってすいません。とにかく明日は楽しくセミナーしたいと思います。最終的に27名もの皆さんに来て頂くことに。遠くは東京、沖縄などからも。ありがとうございます。2012年上半期最後に日。楽しくまいりましょう。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【九州】7月21日(土)~23日(月):宇宙となかよしツアー2012(Q州ツアー)(残3名)

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-06-29 23:39 | ■願望実現