宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

Q州ツアー2012の3(二日酔い、輪葉葉アウト、魚、蕎麦、それから・・・) 2012.6.11

 昨日は3時まで飲んで語ってました。最後は麻井ちゃんにYMさんとで主にビジネスの話。いいね~この雰囲気。今朝は7時半から朝食なので、7時頃には起きて外で新鮮な空気を吸いこみます。思ったほどお酒は残っていません。今日のメインは「輪葉葉」で招き猫をゲットすること。私など今まで4回行ってますが、一度も当選なし。今年から場所が湯布院に変更され、時間も11時から(以前は10時から)の抽選会となります。9時にはチェックアウトして、途中、トイレ休憩をはさみながら湯布院に向かいます。しかし、、、思ったより時間がかかり、ちょっと焦ってきました。ナビに表示される予定時間は11時ちょうどギリギリか。目的地付近でちょっともたもたしましたが、何とか11時には「輪葉葉」に到着、、、と思いきや、我々が到着したと同時に抽選会が始まってしまい、ギリギリアウト~!!!!
b0002156_12323831.jpg

 オーマイガー!と思ったものの、メンバーは口々に「もはや開運に頼る必要なし!」などと言われてて、どうやらクレームに発展することはなさそう。ピースボートじゃないですが、「私は輪葉葉を楽しみに参加したのに、遅刻なんて言語道断!金返せ!」とブチ切れられてもおかしくない、、、いやいや、自分のこと棚にあげといてなんですが、こんなメンバーでよかったです!サイコ~!愛羅武勇OK!(←この動画は私がペンションで熱く語ってた例のね!)

 でもまあ、今回のテーマは「ビリーフチェンジ」と言いましたが、この場合は「メンタルブロックの除去」と同義であって、昨日も書いたように「引き算」の発想なんです。今日なんかは本当に「ギリギリ」で間に合うかどうか。信号一つ越えていたら間に合っていたタイミング。だけど、結果的にはアウト。つまり、「引き算」は本当であって、「キミたちはもはやパワーをプラスする必要はないんだよ、自分らしくあるのだから・・・」とお墨付きを頂いたようなもん。

 いつも言ってると思いますが、本当のところ、赤ちゃんサイコ~!なんです。赤ちゃんは「ただある」だけで何も求められない。赤ちゃんを見てると、誰もが笑顔になり、誰もが癒される。そして元気になる。赤ちゃんこそ最高のパワースポット。なぜ、赤ちゃんがサイコーなのか。それは「神」も同然だから。何の垢も凝りもなく、「ただある」だけで永遠の喜びを感じさせる。私たちのメンバーも、、、昨日の「秋元神社」にて文字通り「神」としての「自分」に立ち戻ることができ、そのことを確認させてくれるような、そんな出来事だったのです。「輪葉葉」のギリギリアウト事件は。恐るべし都合のよい解釈ですが、まんざら間違ってもないでしょ。ゲットしたところで荷物増えるし。だったら行くな、、、なんて言わないでくださいよお。次回はもう少し早くペンションを出たいと思います。ありがとうございます。

 てなわけで、宇宙はいろんなサプライズを用意してくれるもんです。それにしても昨日はかなり飲みすぎたようで、メンバーのほとんどが二日酔いでぼ~っとしています。そのまま湯布院の民芸村に行き、そこでめいめいくつろぎます。伊藤さんがドクターフィッシュに行ったので、メンバーも次々と行きます。メダカみたいな魚が足の角質とかを食べてくれるのです。私もやりました。鯉を小さいくしたサイズの大きな魚にも食べさせましたが、これはかなり抵抗が。ま、やりましたけどね。終わってからもしばらくずっと足が熱かったです。マッサージ効果があったのか、確かに足取りは軽かった。実際ツルツルになってたしね。
b0002156_1233614.jpg

 その後は昨年と同じ「蕎麦」に行きます。昨年は温泉に入るつもりで、とりあえずさっさと蕎麦でも行きましょうか、、、と入ったところ、あまりに美味く、しかも居心地がよかったので、随分長居したのを覚えてます。今年もぜひ、その蕎麦屋に行こうってことで入りました。昨年と同じ二つ盛りを注文。青森県のそば粉100%の手打ち。一口目は何もつけずにそのまま。次はヒマラヤの岩塩で。そしてお好みでつゆに漬け、薬味も適量。すっきり最高の蕎麦です。また行こっと。
b0002156_12331889.jpg

 その後はカフェなど入ってゆっくり過ごします。2時には湯布院を出て福岡方面へ。だんだと帰りが近くなり、切なくなるんですよねえ。でも、車の中でも何かとお話したり、笑ったり、すごく有意義な時間でした。おそらくこの3日間で車に乗ってるのは10時間ほどあったと思いますが、そこで交わされた会話の一つ一つが一生の財産になることもあり、これもまたQ州ツアーの醍醐味の一つだと思っています。3日前まで初対面だった人たちが、一気に価値を共有し、そして生涯の仲間になれる。早くも東京飲み会が16日にあるようだし、大阪や名古屋、福岡でも開催されることでしょう。
 
 テーマはビリーフチェンジ。いつもそうですが、参加者は基本的に「ひとり」です。他のセミナーやツアーで仲良くなっていても、最初は一人です。知っている人はこのブログの著者である私だけ。それでも会ったことはありませんし、聞くところによると、かなり激しい印象もあるらしい。ほんとは全然そんなことないけど。なので参加者の気持ちになると、完全にドキドキだと思うのです。だけど気になる。なんとなく申し込んだはいいけど、当日が近付くとかなりブルーになる。いっそのことキャンセルしようか。だけど、お金は振り込んだし、申し込んどいてわざわざキャンセルするのもアホらしいし。そして半ば後悔の面持ちで福岡空港に集まるんですよ。いつもそれがスタート。

 だけど再び福岡空港で別れる頃には、長年の友人のように名残惜しく、そして再会を誓うのです。私はその一連の心の変化こそがビリーフチェンジだと思っています。結局、人は皆同じ。だけど、一つだけ違うことがある。それは「一歩」を踏み出すかどうか。就職も転職も退職も、恋愛も結婚も離婚も再婚も、すべては「一歩」から。この「一歩」が人生を決めるのです。今回のメンバーは、それこそ初日に紹介したように、それぞれ面白く不思議でそしてパワフル。パワースポットを周るツアーのはず、それぞれが、自分自身が一番のパワースポットであることを知る。例えば他の方も仰ってましたが、ある参加者は1月の熱海に参加され、そのときはなんとなく表情もなく疲れた感じに見えた。だけど、熱海でMaoさんに会ったおかげもあり、とても楽しい二日間となった。その後、私が3月に大阪に帰った際の飲み会にも参加され、そして今回のQ州ツアーにも参加。1月の熱海でお会いしたきりの方も数名いらっしゃったのですが、本当に別人のように笑顔が輝いていたと言います。もちろんご本人の環境の変化もあったのでしょうが、あえて私に都合よく解釈すると、その方の「一歩」が大きく膨らんだ結果のようにも感じました。

 もう一つ、今回強く感じたのは、やっぱり「宇宙」は何かを計画していること。それはしばしば「シンクロニシティ」によって知らされるのですが、初日に書いたように、ものすごい奇跡が起こりました。麻井ちゃんと、放送禁止のIMさん。元いた会社の上司部下。直属の関係で新規事業の立ち上げを共にした。最後は麻井ちゃんの鬼畜のような扱いにてIMさんは去ることになったのですが、それだけ麻井ちゃんは仕事に懸命だっただけのこと。世の中にはパワハラのような下らない上司もいますが、彼の人間を知ると、そんなのでは決してない。いつも一生懸命なだけ。それはIMさんもよく知っていたこと。それを証拠に、IMさんが今勤めている会社では、そのときの経験がめちゃくちゃ役に立ってるとのことで、しばしばふと、「麻井専務にはお世話になったな~、いつかお礼言いたいな~」とか思うこともあり、とのこと。一方で麻井ちゃんは麻井ちゃんで、「あのときは随分言い過ぎたな~」と振り返ることもあり。

 それがこんな場で「再会」するなんて、どんな宇宙のはからいでしょうか。麻井ちゃんも今はその会社を辞めていますが、二人の部下を預かってスタートした新規事業も今では200名の大所帯に。しかもその事業で初めて成約したのは、IMさんのテレアポだったとのこと。IMさんがいなかったら、、、とは言いませんが、だけど「何かある」のは感じます。一週間前、「仕事で遅れます」と連絡を受けたとき、私としては「7月もするので、またの機会に」と返事したにもかかわらず、本人は初日の夜遅くにタクシーで合流したいと言うのです。私はいいですが、滝行もできないし、IMさんがそれでいいなら、、、と受け入れました。それがこんな意味をもたらそうとは。。。

 結局、麻井ちゃんもIMさんも、心の奥底に残っていたシコリをきちんと解消し、最後の方は「せんむ~」とかって頭どつきそうな勢いになっていました。このことを私なりに解釈すれば、まず、麻井ちゃんは9月から本格的に事業をスタートさせるわけですが、当然、従業員を雇うこともあるでしょう。そのとき、「言い過ぎると去っていく」なるビリーフがあったらどうなるでしょう。実際はそうでなくとも、それが何らかのブレーキとなり、事業の発展に支障が出る可能性もあります。だけど、IMさんは後々に「感謝」するようになっていた。つまり、言い過ぎたところで、それが純粋な思いでさえあれば、一時的な問題はあったにせよ、必ず通じるのです。最後はハッピーになるのです。なので、9月からの事業も本気で純粋な思いで取り組めば、それは絶対に通じるもの。ブレーキをかける必要もない。ガンガンやっていいじゃないか、ガンガンやるべきじゃないか!

 そしてこれは私にとっても大いなる「気づき」でした。先日のブログで、自分はガンガンやることに躊躇を感じることがある、と書きました。しかしそれは自分のことばかり考えているから。もしもクライアントのため、お客さんのため、仕事のためであるならば、ガンガンやらないことは失礼なこと。純粋に本気であれば、態度はおのずとガンガンになるし、それが信念となって相手に伝わるもの。今月末に某商工会議所で営業セミナーをするのですが、もう、躊躇なくガンガンやっていいのです。しかし、それはあくまで参加される経営者のため。自分を守るためとか、自分をカッコ良く見せるためではありません。

 今回のお二人の再会劇は、私にとっても大いなる気づきをもたらすものでした。そしてそのことは、私以外のメンバーの皆さんもそれぞれが何かを感じ取ることになったのでしょう。何よりこのような確率論的にはあり得ないシンクロが、、、メンバー全員に「宇宙」を感じさせ、だから「大丈夫」なんだと実感を得ることになったのです。やっぱり「大いなる意思」は働いている。これが真実なのです。

 あ、そうそう、そのIMさんがどんなタイミングで申し込んできたのか、今、確認できました。このド天然ぶりを披露させて頂きたいと思います。おそらくは3月21日の「自然に心を開く 2012.3.21」という記事の最後、「てなわけで、久高島シリーズはまだ続くかもしれませんが、6月9日のQ州ツアーもすでに定員の半分が埋まりました。まだ先の話なんですが、正式告知前に満員の可能性がありますので希望者は早めにご連絡ください。ではまた明日。ありがとうございました。」という文章を見て申し込まれたのだと思います。この記事をアップしたのは、22日の午後でしたがIMさんが申し込まれたのは22日の21時18分。以下がそのときのメールです。

■タイトル
Q州ツアー参加希望

■メッセージ
6月9日からのQ州ツアーに是非参加させて下さい。

 
 これだけ。自己紹介もなにもなし。用件のみの直球ストレート。こりゃ、麻井ちゃん、苦労したはず。キョリも空気も何もなし。もっとも、たまたまテレビで「久高島」の特集見て、何だろって検索して私のブログにヒットしただけのこと、空気も読みようがないですが。この段階では麻井ちゃん参加の話もまったく書いてないし、本当に「直感」だけで動いてるんですね。一事が万事そうなんでしょう。だけど、、、「大物」であることは間違いなし。これだけ「直感」で動く人も珍しく、実際その先に元上司がいたのですから、その直感は正しかったわけです。

 私も近々名古屋での仕事を引き寄せようと思いますが、そのとき、飲み会を呼びかけます。私のセミナーに参加された方はぜひおいで下さい。IMさん、見た目はすごく美人だし、普通そうにも見えるのですが、まさに「直感」の塊なので一見の価値はあります。ホントの話、私も刺激受けました。私も見習いたい、、、などと言うと、麻井ちゃんから「それだけはやめた方が・・・」と言われそうですけどね。だけどですね、こんな人も世の中にはいるってことを是非シェアしたかったのです。本人にその自覚はないと思いますが、間違いなく「宇宙」の流れに乗っている人。実のところ、ちょっとツライ話も耳にしたのですが、それも含めてすべては「宇宙」なんだと思います。

 てなわけで、一同は福岡空港に戻り、そこでいったん解散。その後、博多駅近くの居酒屋で5時から「Q州ツアー打ち上げ」がスタート。ピースボートの友人との約束がある麻井ちゃん以外は全員参加。飛行機の時間もあるので、ちらほら帰って行き、最後は地元組、宿泊組が残り10時半まで盛り上がっていました。翌日、ちょっとだけ続きがありますが、これにて2泊3日のQ州ツアーが幕を閉じました。そして今年は7月21日~23日にもやりますので、希望者はフォームからどうぞ。それではまた。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】6月30日(土):90日で願望を実現する「引き寄せの法則」セミナー

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング(残7名)
by katamich | 2012-06-11 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン