宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

一日に16回やってくるもの 2012.6.3

 今日は滝に行ってきました。先日の水曜日に行ったとき、滝の後、原因不明の鼻炎となり、翌日の病院でアレルギーと診断。あの辺の何かの草が問題だと思ってたけど、今日はどうもなかった。もっとも、何かあってもこないだもらった薬飲めばいいと思ってたので楽勝楽勝。先日も言いましたが、やっぱり薬で治るのは薬で治した方がいいね。来年の花粉シーズンが楽しみです。薬でどれくらい症状が治まるものか人体実験でもあります。

 てなこと書くと、副作用だのマヤズムだの気にされる人もいるでしょうが、知人の医者に言わせると、(マヤズムはともかく)副作用こそ免疫力で抑えればいいとのこと。この考え方はすごく腑に落ちます。中村天風が当時の不治の病を治しに海外行脚した際、ロンドンの「神経療法」のセミナーにて「病いを治す秘訣」を教わったそうです。その秘訣とは「病を忘れる」ことだそうな。ただ、天風はその人に「忘れたくても、忘れられないから困ってる」と文句言いに行ったのですが、らちがあかずにドア蹴って去ったとのこと。だけど今なら、「病を忘れるには、、、病院に行って治すことだ!」って言えそうですね。もちろん病院で治らない(治りにくい)病気もたくさんあるし、一概には言えないでしょうが、やっぱ薬で治るのは薬で治した方がいいですよね。

 たぶん来年言うこと決まってると思うのです。「薬で花粉症がこんなに楽になるんやったら、何で今まで行かなかったねん!」って。シーズンの一ヶ月くらいは、ほぼ毎日ブログにも花粉のこと書いてますもんね。そりゃ忘れられんでしょう。確かに花粉症くらいで大事には至らないでしょうが、だけど今年はくしゃみで喉の炎症を引き起こしたので、沖縄セミナーが二日続けばやばかったです。きっと来年の3月は商工会議所等で予算を使うのに飛び入りでセミナーがたくさん入りそうですが、そのときくしゃみや鼻水状態じゃきついですもんね。うん、来年は絶対に病院に行こう。そう決心させるために、こないだの水曜日は謎の鼻炎にかかったのでしょう。世の中はうまくできてます。

 そう言えば私って、いつの間にか悩まなくなりました。もちろんミクロにはいろいろありますよ。花粉症もそうだし、セミナーの集客などもいつも悩みどころ。だけど、そんなミクロな悩みが出てくると必ずする質問ああるのです。それは、

「この状態はオレに対してどんなハッピーな演出をしてくれるのだろうか?」

って質問。つまり、最終的には「ええようになる」わけで、そのプロセスにおいていろんな問題がハッピーエンドに向けて演出してくれてるんです。何かヤバくなっても「これは何かあるぜ!」と即座に思ってしまうし、そして後からその辺がすべて種明かしされていきます。

 今回のアレルギーもそうだけど、花粉っぽい症状で病院に行くなど生まれて初めてですよ。ツレからも「珍しい~」とか言われたり、それが花粉シーズンだったら普通に放置してたでしょう。だけど、今に時期なので原因究明しないと気持ち悪くて行ったのですが、行って鼻を洗浄して薬を飲むだけでほぼ100%回復するなんて、この治り方に驚いちまったのです。

 要するに簡単に治るものは簡単に治せばいい。風邪なんかも薬で症状を抑えておけばいいのです。そのうち勝手に治るから。アカンのは薬を飲んだらもう終わりみたいな洗脳されて、いつまでもキツい思いして自然治癒させようとすること。それが好きならいいけど、周りには迷惑かけない方がいいよね。

 実は世の中にはいろんな「魔法」があると思っています。その「魔法」の一つが薬。その「魔法」を開発するのに、ものすごい科学の積み重ねがあったのですが、今は千円程度でその魔法を手にすることができます。もちろんよく効く魔法には副作用もあるでしょう。だけど、そんな副作用にこそが免疫の出番じゃないですかね。つまり、普段から免疫力を上げておくのは、病気にならないためもあるけど、いざなったところで薬の効きを良くして副作用にやられない身体を作ること。

 その意味じゃステロイドなどもそうですが、確かに副作用の強い薬なのは良く知られています。私はほとんど頼ることがありませんが、例えばアトピーの人たちにとってはあれこそ魔法じゃないですか。サプリやレメディで治すことにこだわる人もいますけど、プラシーボで効く人もいるにはいますが、放置しとくと大変なことだってありますからね。私の知る範囲でアトピーを完治させた人の話によると、医師の指示に従って、一時的に集中してステロイド投与して治したんだそうです。症状はとりあえずやっつける。その上で副作用対策をする。もちろんメンタルヘルスで治ることもあるでしょうが、それに頼りっきりもマズい。一番よくないのは、ステロイドは毒だとか言って中途半端にさせること。医者のすることに素人が口出ししてはいけません。どうしてもお節介焼きたければホメオパシーにしてください。ナイチンゲールも言うように、レメディなんてただの飴なんだから無害。だけど、薬を否定するのだけはやめてくださいね。

 それから、前も書いたと思いますが、私の知人で突発性難聴になった人がいるのですが、その方は初期にステロイド投与して完治させました。しいし、この病気はとても厄介で、発生後1~2週間でステロイド投与すると完治率が8割以上(とその人の話)ですが、放置してると一生治らなくなるんだとか。それを知っててもヒーリングやサプリに頼りたければいいですが、知らずに放置してるとえらいことなります。とにかく何か変だと思ったら病院です。病院こそ魔法の宝庫ですから。

 その一方で、私自身も実は「魔法使い」を目指していますし、最近は私の魔法もよく効くようになってきました。それはどんな「魔法」かと言うと、「通訳」という魔法です。五日市剛さんは「魔法の言葉」で、マツダミヒロさんは「魔法の質問」と言いますが、それはぜんぜん間違ってないです。本当にたった一つの言葉や質問で人生が逆転することもあるのですから。で、ここまでが前振り。今日はちょっと変な話します。観音様の話です。

 「観音経」ってお経があるのですが、般若心経よりはずっと長いですが、覚えたり写経するには何とか大丈夫な範囲の長さ。般若心経は「空」の思想を説くもので、かなり抽象的で難しい内容であるのに対し、「観音経」は「念彼観音力と唱えると観音様が助けにきますよ~」って内容。ただそれだけ。で、その観音様なんですが、実は一日に16回来ているようなんです。つまり90分に一回。大学の講義の多くは90分ですが、それと関係あるかどうかはわかりません。だけど、90分に一回、必ず自分のとこに観音様が来られるのです。

 その「観音様」の正体がまさに「直感」です。90分とは普通の人が集中して自我を発動させていられる限度の時間。だから、大学の講義は90分なのか。自我が発動している間は基本的に直感は眠っています。しかし、自我がちょっと疲れて休んだ瞬間にそう、直感が降りてくるのです。私はそれを「魔法の瞬間」と呼んでいます。

 先日の水曜の話に戻りますが、その夜、めちゃくちゃな鼻炎が襲ってきて、ずっとずっと「何でやねん、何でやねん」と叫び続けていました。それは鼻炎の原因もそうですが、そもそもその意味がわからない。だけど、その鼻炎は私に何かを訴えよう訴えようとしているのです。それで、何でやねん、何でやねん、と言っていたのですが、その答えが直感的にふと降りてきた瞬間、そのメッセージがまさに「病院に行け」でした。それは翌日木曜日の3時過ぎにやってきました。そして病院に行って鼻を洗浄。薬をもらいます。

 そして翌日は早朝からコーチング。夜はミニセミナー。大成功でした。つまり「魔法の瞬間」にやってきたメッセージの本意は「こだわるな!」だったのです。今年もまた花粉症の季節、「潜在意識で治す」とか言ってこだわっていました。沖縄で一時的に花粉から逃れたものの、帰って最初の滝行にてまたぶり返します。実のところ4月半ばまでは普通に続きました。それでも私は病院に行かなかったのです。苦しいのに。

 だけどもし来年3月、いつものように花粉症でも病院に行かずにいたらどうなっていたか。きっとセミナーとかできなかったんじゃないかな。今年の3月も沖縄で「宇宙となかよし塾」した後、喉の炎症にしゃべりが加わって、翌日のツアーからしゃべりがめちゃくちゃ苦しかったのはメンバーはよくご存じのはず。なんとか4日で回復したものの、福岡に戻るとまたも再発。もう、はよ病院行けって。

 そして先日。またまた鼻炎。わけわからん。それも滝で。翌日にようやく病院行ったのですが、今日の昼、またまた「魔法の瞬間」にメッセージが来て、「滝に行け」と。ちょうどツレの友達とかが来ていて、私も多少は話に加わったりしてたのですが、お客さんがいながら突然、滝。これも変な話。だけど、今日の滝ではまったく鼻炎が来ませんでした。ほらね。こだわりを捨てればよかったのです。

 「こだわり」とは心の「こわばり」のこと。「こわばり」とは緊張のことで、つまりは「こだわり」とは心を緊張させること。それじゃあ、よくはならんでしょ。もっとリラックス、リラックス。そしてその「こだわり(心のこわばり)」がなくなったらどうなったか。お仕事がたくさん入ってきました。不思議なくらい。ここでも、やっぱり、だったのです。

 90分に一回、観音様がやってくる。つまり直感が降りてくる。その瞬間、「魔法の瞬間」に立ち会うと、人生はどんどん加速していきます。週末はいよいよQ州ツアー。今回も面白いメンバーがたくさんですが、このツアー中、おそらく40回くらいは観音様がやってくると思うので、メンバーの方はその瞬間を逃さないように。それは他のメンバーの言葉とか、小鳥のさえずり、蛇などから教えてもらえます。私は昨年、秋元神社でトカゲに教えてもらいました。「オマエはビジネス系に進みなさい」と。するとその一週間後、広島商工会議所から講演の依頼を頂き、今に続くわけです。今回のメンバーの方はメモをお忘れなく。モバイルでもいいですが、何かひらいめいたらすぐにメモること。私に話してよければ是非お話ください。私は観音様の「通訳」も兼ねていますので。
  
b0002156_16201752.jpg と、ようやくここで「通訳」の話がでてきましたね。さっき「魔法」の話をしてて、唐突に「通訳」って言葉がでて「???」となったと思いますが、そういうことです。観音様から受け取ったメッセージは、よかったらみんなでシェアし合いましょうね。車の中でも飲みながらでも。ちなみに初日に泊まる「明石寺宿坊」のご本尊は千手観音、滝行をする「金剛の滝」も同じ千手観音です。なかなか面白くなってきたでしょ。90分に一回、必ず観音様来ますけど、それがより身近に感じられるツアーになることは間違いなし。

 そんな感じで、今日も行き当たりばったりのブログになりましたが、いやあ、読んでおわかりと思いますが、まったく何も考えずに書いてるんですよね。毎日。たぶん観音様が書かせてるんだと思います。また明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【世界】目標を確実に達成する行動強化コーチング
by katamich | 2012-06-03 23:39 | ■精神世界
ブログトップ | ログイン