ツアーの話とか 2012.3.23

 油断してたらまた花粉が襲ってきました。終わったと思ったのに~。沖縄ツアーで「花粉症にはヨーグルト(LG21)がいい」と聞いたので、来年に備えて早速試してみたいと思います。その方は見事に治ったそうな。てなこと書くと、「花粉症には〇〇がいいですよ」って情報をこれまでのたくさん頂いてきて、中にはマルチビジネスの商品なんかもね。一日数千円もするサプリを一年も飲んでられんて。それやったら1~2か月の花粉症くらい我慢しますぜ。ヨーグルトは嫌いじゃないので、そっちがいいかな。LG21はヨーグルトにしては高いけど、毎日、飲んだとこで月に3千円程度。ヨーグルトはその他にもいろいろいいことがあるみたい。骨粗鬆症になるなんて言う人もいますけど、S出版の健康本は売ってナンボなんで話し半分ですね。

 だけどまあ、高いから効く、安いと効かないなんてこともなく、スーパーのヨーグルト程度でも完全に体質改善する人もいますからね。最終的には心の持ちようとも言えますが、私的には安くて美味しいのが一番です。ま、それはそうとですね、沖縄の話。まだまだしたい気分で、ネタもたくさんあるし、インスピレーションもハンパない。私が連日、熱く久高島の話をするもんだから、「苗さんの連絡先教えてください」なるメールも頂きます。それについては、やっぱり個人の携帯だし、面識もない方には遠慮させてください。面識があったとしても、「いつか行くのでとりえあえず・・」的なのもすいません。久高島交流館など公的なとこに問合せるのはいいと思いますが、私個人が気軽にお伝えするには、苗さんにご迷惑のことも考えないといけません。以前、ある著名な方に対して苗さんの連絡先を教えたことはありましたが、その方は鳥居祐一さんの紹介だったし、すでにツアーも組んでましたからね。

 ちなみに今、その方のブログを見ると、私と同じようにパワースポット・スピリチュアルスポットのツアーなどを開催されてて、興味で見てみました。バリ島の3泊4日のツアーが28,000円とかで良心的だな~と思ってたら、桁が違ってました。280,000円。もちろん現地までの飛行機は自己負担です。ま、その方はそれだけの人物なので、それでもすぐに満員にはなるようで。だけど、それと比べると、、、私のツアーってどうでしょう。例えば昨年のインド。ラダック滞在66,000円、デリー滞在10,000円、参加費12,000円ぽっきり。しかもそれは9日間。ラダックでは宿、移動、食事、観光すべて込み。飛行機とビザ合わせても20万円いくかどうか。私も一応参加費頂いてますが、日当が出るどころか赤字。そして沖縄ツアー、Q州ツアーはどちらも55,000円。ちなみに以前、私が参加したビジョンクエストのセミナーなんかもひどかったですよ。2泊3日で10万円。朝夕2回とランチ弁当付。初日に講師の話(面白くない)がちょっとあって、それ以外はビジョンクエストなので初日の夜中0時から12時間はボーっとするだけ。そのツアーに70人ほど来てましたからね、知名度はやっぱり大切です。

 それから、6月のQ州ツアーですが、すでに満席になってしまいました。そして驚くべきは、15名中新規は3名のみ。ほとんどがインド、Q州、沖縄、熱海のリピーターさんなんです。さらに言うと、昨年のQ州ツアー参加者は女性に関しては100%のリピート率。男性もほとんどと言っていい率。2年前からそうかも。ちょっと嫌らしい話をさせてください。これは私の悪いとこでもあり、一部には「素直でよろしい」と評価されてる面でもある。Q州ツアーの走りは2006年9月の滝行合宿から。翌年9月は滝行・あんでるせん。2泊3日が始まったのは2008年。だけどその時は無料でした。もちろん実費は発生しますが、遠くから来て頂いて申し訳ないと思いながらガソリン代などは私が負担してたり。つまり3日間フルに動いて赤字が発生するシステムだったのです。だけど、参加者の皆さんにはとても喜んで頂き、「これからも毎年参加します!」と言われながら感動のフィナーレを迎えました。

 ただ、これは長く続けられないシステムですよね。私だって生活があるし、「喜んで頂ける」だけのモチベーションだけで赤字イベントを続けるほどの篤志家でもなし。ですので、翌年から有料化したのですが、無料でやっていた時代の参加者のリピート率はほぼ0%。この2~3年は完全に0%です。ま、その気持ちもすごくわかります。今まで無料だったのに対して、ほぼ同じサービスにお金は出しにくいですもんね。そしてここだけの話(をブログでするのもなんですが・・)、有料化に対して以前の参加者から「それはちょっと違うんじゃないか」とお叱りを受けたりも。で、そう言われると私も気弱になるんです。

 だけど、ある事件をきっかけに、もう割り切ってやることを決意。続けるには相応の費用も頂くし、仲間内で呼びかけあってやるのもダメ。ブログの読者さんでツアーに参加したい人もたくさんいるのだから、私自身もきちんと日当を残す形でオープンに開催する。するとそれに価値を感じる方々にご参加頂き、それまで以上に楽しいツアーになる。実際、ほとんどの方にリピートして頂けるようにもなります。

 これらの教訓から言えることは、「価値あるものに対しては対価を頂くことへの怖れを捨てよ」ってこと。正直、自分のセミナーやツアーはすごい価値があると思ってるからこそやっている。価値がないと思うようなら私自身の誠実さがそれを許さない。だけど、本当にそう思ってるなら「無料」は絶対にしてはならない。自分を安く見積もるのもダメ。それは先ほど言った無料ツアーのように続けることが不可能となり、それは自分だけじゃなく参加希望者に対してもデメリットしかないでしょう。お金を払いたくないなら買わない。買いたいならお金を払う。これがまっとうな世の中であって、良い人気どりして何でも無料で提供するのはご法度なんです。

 だけどねえ、私がそうだったように、人からお金を取るって最初はすごく恐怖なんですよね。特にセミナーとかツアーなんてのは、形があるわけでもないし、価値なんてあってないようなものだし。でも、そのあってないようなものに「価値」を付けるのもまた「お金」なんですよね。以前、無料で講演をした時、参加希望者から「子連れでもいいですか?」と聞かれたことがあります。それも幼稚園生とか。私の話を幼稚園生が楽しめるはずないのに、無料だからいいだろう、、、と思われてしまう。そうなんですよね。何だかんだと言って、私たちは「無料」には「価値」がないものと条件付けされてるんです。無料のセミナーすると、かなりのドタキャンをくらってしまうし、有料でも振込をしてない人はかなりの割合で無断キャンセルをするもの。最初から参加する気ないのかもしれませんが、最近は満員になることも多いので、無断キャンセルは誰かが参加する機会と私自身の利益を奪ってしまうもの。行けなくなるのはしょうがないですが、その時でも「一本のメール」だけで他人の機会と利益を奪わなくて済むわけです。電話でもいいし。そのことに思いが回らない、その手間を惜しむような人は「価値」をまともに考えることができないんでしょうね。私なら、絶対に雇いたくないし、一緒に飲みに行きたくもないタイプです。

 話がそれてきた、と言うか、今日は何かのテーマにもとづいて書いてるわけじゃないし、あ、それはいつもか。でも、あまりネガティブな話するのもよくないので、これ以上言いたいことはストップしておきます。ま、とにかくですね、「価値」を付けるのは他人の評価ではありますが、それを具体化するのは自分自身ってこと。他人がいくら価値があると言っても、それに値段を付けなければ、その価値は具体化されません。具体化されなければ、それはいつか無価値に向かってしまいます。なので、セミナーとか、コンサルとか、コーチとか、手作りとか、いわゆる「形」が見えにくいサービスを提供している人は、もしそれに本当に価値があると思っているなら、値段を付けることを決して怖れてはなりません。もし本当に価値があるのなら、それに値段を付けないのはむしろ罪です。あるべき価値を市場から消すわけですから。

 そんなわけで、最近のツアーは満員続きでありがたいものです。実際、主催者である私自身が毎回毎回楽しくなるもんですから、飽きないんですよね。とりあえず6月のQ州ツアーは満員(キャンセル待ち)になりましたが、8月か9月にも開催したいと思いながら、実は家庭の事情もありまだわかりません。今回の沖縄ツアーの参加者から「Qさんはこれからビジネスセミナーとかでブレイクしそうな勢いですが、ツアーは続けてくださいね」と言われましたが、はい、続けますよ~。だからと言って280,000円は取れませんが、ま、今ぐらいかちょっとずつ値上げする程度でしょう。数千円単位で。沖縄・久高島は来年もするかも。苗さんがいらっしゃる限り。私自身が花粉から逃げたいって気持ちも大きいですが、ヨーグルト効果がどうなるか。

 ちなみにアイルランドツアーのリクエストも多いんですよね。いろいろ調べてたら、なかなか面白いことができそうです。成田からダブリンまでの航空券が10万~15万くらい。ですが、その中身は私がカスタマイズ。ミニバスを借り切って(運転手つき)、宿はユースホステルでメンバーで部屋を貸し切り。朝食は尽きますが、ランチは適当。ディナーはみんなでスーパーで買い出しして、キッチンで調理。料理得意な人がいらっしゃればいいな~。夕食後は毎日パブか部屋語り。そんなプランが5泊6日で6万円くらいで可能。人数次第でもあるけど。ユーラシアの東が日本なら西はアイルランド。特に好きなのがディングル半島って西に尽き出たとこ。写真家・藤原新也の小説に「ディングルの入江」ってのがあります。そしてこれが1999年に行った時の写真。
b0002156_1971862.jpg

 アイルランドは夏しか行ったことないですが、天気は一定しません。こっちは晴れだけど、あっちは土砂降りだったり。そして夕焼けがハンパなく美しい。。。ちなみにこの写真は当時の私。人生で一番痩せてる時ですわ。
b0002156_1974053.jpg

 そんなわけで、アイルランドツアーも必ずやります。2~3年のうちに。たぶん、トータルで280,000円は超えないと思います。しつこくてごめんなさい。ではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】4月~6月:70日間で人生が変わる願望実現NLPセミナー(第四期)
by katamich | 2012-03-23 23:39 | ■旅・ツアー