宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

奇跡の沖縄ツアー(番外編) 2012.3.20

 昨日はいつの間にか寝ていて、お開きになったのも覚えていません。起きると共有スペースが片付いていました。朝は例によって日の出前に目が覚めるのですが、ツアー疲れで7時頃まで寝ていました。このアフターの安宿にはツアーメンバーの私入れて男性2名、女性8名が泊っていて、うち4名は早朝からひーこーさんのグループセッションに出かけました。身体のコンディショニングのため。最後の最後までツアーを満喫して頂いて何よりです。今回もつくづく思ったのですが、私ってツアコンかなり向いてるかも、、、って。ただ、私の場合は一般向けではありません。テーマがありますので。結局、私のブログを読んでいて、一定の価値観の共有がなければかなりつらいかもですね。例えば久高島での宿。とてつもなく簡素な宿で、畳に布団を敷いての雑魚寝です。ほとんど初対面に近い人同士でまるで修学旅行。だけど、それがOKなのはまさに「価値観」が近いから。アフターでの「安宿」なども、別に安いから選んだってわけじゃなく、単に面白そうだから。入った時のメンバーの微妙な表情は見逃しませんでしたが、それでも楽しんで頂けるのは「価値観」が近いから。

 この先、この手のツアーをいつまでやるかはわかりませんが、やる限りスタンスは変わらないでしょうね。だけど安くて味のある宿ばかりじゃなくて、今回みたいなリゾートホテルをチョイスすることもある。つまり、コントラストが楽しんですよね。今回、アフターには半分以上の方が参加されましたが、初日は恩納村でのリゾート。二日目は久高島での簡素な宿。三日目は那覇での安宿。いずれも本州では泊ることができません。以前、家族で行った時は那覇と名護でビジネスホテルに泊りましたが、それは本州でもどこでも泊れる。だけど、今回のような沖縄の海に面したリゾートホテル、小さな島の簡易宿舎、街中の安宿なんてのは他所では泊れませんからね。Q州ツアーもそうですが、初日は宿坊、二日目は阿蘇のペンション。これまた「ここだけ」の体験になるわけで、こればかりは一般の旅行会社主催ツアーでもまず味わえないでしょう。

 そう言えばインドでもそうでした。デリーでは安宿街の中の中級ホテルで、日本語のちゃんと通じるところ。ラダックでは宿坊やら民宿やらをリクエスト。よっぽどのオーダーメイドでない限り、まず旅行会社が組み込む宿ではありません。そんな感じの、なかなか団体旅行では味わえない場所なんかを直接人から聞いて探してくる。実は「ネット」はあまり使ってません。人を探すのにネットを使うことはあれど、最終的には地元の人とかそこに詳しい人に聞いてから決定。事前準備の段階でメールはほとんど使わず、電話で細部までしっかり聞いて、さらにリクエストを出す。かなり入念にやってるのですが、実際に企画してみると分かると思います。私がどんなに細かい作業をしていたのか。性格はかなり大雑把で行き当たりばったりのイメージが強いかもしれませんが、結構、細かいところまで詰めてたりするんですよね。だけど、詰め過ぎると面白くないので、ある程度は遊びを作るのもまた意図的に仕組まれたワザ。ほんとですよ(笑)

 そんな感じで、今回の沖縄ツアーは初めてにしては、かなりスムーズで満足度も高いんじゃないかと思います。何よりメンバーが素晴らしかった。一人一人が個性的でありながら、和を乱す人もなく。いつまでも語っていられるほど話も弾む。東京ではさっそく同窓会の日程が組まれそうな感じのよう。私も各地に出没する時は飲み会を開きます。それだけ語りたい話もあるわけでしてね。ただ、最近の飲み会は「寿司屋」にこっています。

 そしてさっそく「Q州ツアー」の日程もほぼ決定しました。6月9日(土)~11日(日)の2泊3日です。内容はいつもの通り、3時間セミナー、滝行、宿坊、勤行、秋元神社、阿蘇、ペンション、輪葉葉、湯布院、その他ですが、毎回、微妙に変わってたりもします。今回も参加費は55,000円。以上の内容をすべて一人でやること考えたら、費用的にもかなりお得でしょう。ちなみに6月9日と言うと、私が初めてセミナーをした日。2007年6月9日も土曜日でしたので、何かが一巡した感じでもあります。私は毎年、この日を「扉」と呼んでいて、何かが始める日として位置付けているので、今度も何かが起りそうです。で、例によってミクシィでちょっとつぶやいたら、定員15名中6名から事前予約を頂きました。またまた伊藤さんも参加予定。私のツアーに参加すると売上が伸びるんだそうです。それはともかく、今度のQ州ツアーもまた正式告知以前に締め切りそうな雰囲気ですので、希望される方はとりあえずメールお待ちしています。

 そんなわけでして、、、夢のような沖縄ツアーから帰ってきました。安宿で10時にロビーに集合し、最後の最後の本解散。やっぱり寂しいよね。東京組は首里城などに行き、福岡大阪組はぶらぶら。私はスタバでブログ更新。そう言えば伊藤さんですが、朝起きてスタバで一人でコーヒー飲んでる時、悟ってしまったようなのです。突然、「あ、これか・・」と来て、思わず笑ってしまいそうになったとか。そうなんですよね。悟りってそんな感じ。人によっては涙を流す人もいるでしょうが、逆に笑いだす人もいる。だってさあ、宇宙ってこんなにシンプルなんだもん。笑わずにはいられないよね。伊藤さんは久高島に来る直前、お祖母さんが96歳で大往生し、ツアーには一日遅れて参加したのですが、行きの飛行機では隣が森三中。交流掲示板の感想をそのまま引用すると、「今になってから、久高島の凄さを実感しつつあります。久高島のことを思い出すと、自分の周囲の空気がガラッと変わって、心地よい雰囲気になるので、何かあるんだなと感じています」とのこと。やっぱり何かあるんでしょう。ま、久高島で起ったこと、苗さんから頂いたメッセージなどについては、明日から書いて行きたいと思いますが、とにかく今回の沖縄ツアーは伝説級となりました。ま、毎回、「伝説級」って言ってるんですけどね。だけどそれは本当の話だから仕方ない。毎回その「伝説」を更新し続けるので、何度も企画している私自身が飽きないのです。

 話を戻しますが、10時に解散してスタバでブログ書いて、市場でお土産(もずく)買って、ランチ食べて空港に向かう時、モノレールで福岡大阪メンバーと偶然合流。そのままチェックインして大阪の人とバイバイ。福岡組3人は同じ飛行機に。飛行機に乗ろうとする時、いきなり雨が降ってきました。おいおい、オレが沖縄を発つ瞬間に雨かよ。ツアーの3日間は、久高島で一瞬だけ演出的に降っただけで、後は快晴だったのに。しかも天気予報は雨だった。オレの晴れ男伝説、、、どこまでも健在だ~!!!!

 とにかくまあ、素晴らしい旅でした。福岡に帰ると花粉が心配だったけど、出ない、出ない、出ない。最寄駅からマスクもせずに20分歩いたのに症状が出ない。よっしゃー!これで花粉シーズンを乗り越えた!これからガンガン活動するぞ~!全国の商工会議所でのセミナー、企業研修、そして本の出版。ガンガン行きます、行きます、行きます!!!ちびQにも元気に再会。うう、オレは世界一ハッピーかもしれない。ますます楽しくなってきました。今回沖縄ツアーに参加された16名の皆さん、ありがとうございました。めちゃくちゃ楽しかったです。またお会いできる日を楽しみにしています。そしてブログの読者さんとも、いつか何かの機会にご一緒できることを楽しみにしています!それではまた明日。ブログはしばらく濃いかも。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【福岡】4月~6月:70日間で人生が変わる願望実現NLPセミナー(第四期)
by katamich | 2012-03-20 23:39 | ■旅・ツアー
ブログトップ | ログイン