宇宙となかよし

katamich.exblog.jp

Qと申します。読んで頂いた皆さんが笑顔になり、ますますパワーアップできるようなブログを目指しています。

「幸せ」になる二つの方法 2012.3.6

 実は今日辺りからじわじわ花粉がやってきたような。Mixiの花粉コミュを見たら、福岡は27日辺りから来たらしいのですが、その頃はまるで平気。雨が降っていたからかな。それでも3年ほど前に比べたらかなりマシです。若干の目のかゆみと鼻水はあるけど、鼻詰まりはないので呼吸は楽ですから。以前は鼻詰まり過ぎて、何食べても味わからない時期とかありましたからね。とにかくこの3月を乗り切ったら春。その前に沖縄があるので、めっちゃ楽しみ~!!

 さて、この3日ほど「婚活」のテーマで書かせて頂きましたが、いろいろ言うことはあるんですが、大切なのは「結婚する気」と「行動」なんですよね。でも、その前に「しようと思えば、できる」って気持ちが大切。女性はよく占いなんかで「私、結婚できますか?」って聞く人いますけど、ま、あまり関係ないですよね。実際、私の周りでも「今年は無理」と言われながらすぐに結婚された人もいれば、「来年します」と言われて、10年以上彼氏なし独身の人もいますから。こんなこと言うと、占い師商売あがったりで申し訳ないですが、でもやっぱり自分次第なんですよね。以前、ブライアン・トレーシーの音声セミナーをよく聞いていたのですが、その中で「幸せ」になる方法は二つしかないと説かれていました。逆のこの二つがなければ、幸せになるのは不可能だとも。その二つってのは、

「すべては自分次第」
「自分が好き」


という生き方をしていること。まず、「すべては自分次第」の対極にあるのが「他人のせい」と「言い訳」です。「自分が幸せでないのは~だからだ」と思い込んでいること。その矛先をしばしば前世・過去生などのスピ的なとこに求める人もいますが、それなどは幸せになれない典型です。フィクションの世界に逃げ込んで、自分自身を見つめようとしない。それは結局、自分のことが好きじゃないことにも通じてるんですよね。

 かなり前の話ですが、コーチングを有料化する以前、「100人コーチング」ってのを実践してたときがあります。確か2006年の秋頃だったと思いますが。今はコーチングも有料化していますので、およそ変な人はいないのですが、あの時は無料でしたので、100人のうち3名ほどは勘弁して欲しいって人もいました。例えばある学生の話。就職活動したいけどできない。どうしたらいいかって相談。そんなのするしかないじゃんってことになるんですが、もう延々とできない理由を言うんです。最後は両親のせいとか言いだして、両親の悪口大会になる。正直、聞いててきつかった。でもまあ、時間が来たので電話を切ったのですが、その一か月後、その本人からメールがきました。

 あの時の30分のコーチングは、なんだか責められてるような気がして、それが辛くて今もまだ動けていない。他の人にはこんな思いをして欲しくないので、コーチングをやめて欲しいって願いでした。悲劇のヒロインになり、できない矛先がこちらに向いてきたわけです。たぶんのその人は、自分の境遇をすべて周りのせいにして生きてるでしょうね。それじゃあ、幸せにはなれないし、会社だって雇いたくないでしょう。恋人にだってしたくない。でもまあ、30分のコーチングを受けて、言い訳の材料ができてよかったじゃないですかね。クレームの長いメール書いてる間は心も落ち着いたでしょうから。

 それ以外には、「会社でイジメにあってて辞めたい、だけど辞めたら生活できない、どうしたらいいか」って相談。この手の相談ってのは、どうしてもあー言えばこー言うになりがちなんですが、案の定、そうでした。私としては「辞める」ことを強く勧めるのですが、生活できなくなると言う。じゃあ、我慢して働けと言うと、「ありえない」と言う。一種のダブルバインド状態ですが、30分の無料コーチングで何か突破口を見出したかったのでしょうか。だけど、そんな人を満足させるには、基本的に「洗脳」くらいしかないでしょう。スピ的な理由を言ってあげるとか。前世のカルマとかなんとか。洗脳側からすれば、格好のターゲットです。

 こんなこと言うと反感買うかもしれませんが、会社でイジメられるのは、確かにイジメる方は悪い。だけど、自分にも「原因」がまったくないわけじゃない。例えばどうでしょう。「笑顔」がないとか。イジメられる人の特徴の一つとして、「表情がない」ってのがあります。話しかけても無表情で素っ気なく返事するだけ。自分から話しかけることはめったにないし、あってもやはり無表情。

 私の知り合いにもいますけどね。職場のおばちゃんたちから嫌われて居心地悪くなって辞めた男が。もっとも、その人とは何年も会ってないのですが、すごくわかる気がします。正直、おばちゃんたちなんて簡単、簡単。ちょっと愛想よくして、おべんちゃらの一つでも言えばいいのですから。その辺、実は私、ちょっと得意。学生時代からそうやって世渡りして、どんだけ恩恵を得たことか。別におばちゃんをバカにしてるわけじゃないですよ。これは誰だってそう。私だって、お世辞と分かってても言われると嬉しい。おばちゃんは特にその傾向があるだけのこと。

 ようするに、無表情で職場の雰囲気を暗くしてるような人は困りもんなのです。イジメって話になると、確かに加害者は悪いです。だけど、その原因はまったく自分にはないとは限らない。なぜならそうやってイジメられる人は、たいていどこ行ってもイジメられるから。自分から変わらなきゃしょうがないですもん。変わりたくないのなら、やっぱり仕事を辞めるしかないし、辞めて新たにスタートすればいい。もし私が、職場などで居心地悪くなったら辞めて別のとこでやり直すでしょうね。よっぽど待遇でもよくない限り、そこで頑張って自分を変えるのも苦しいでしょうから。楽な方に行っていいと思うのです。

 ついでにちょっと職場関係の話続けますが、例えば人間関係でこじれて会社を辞めたとしましょう。そして次の職場に決まって行き始めました。するとどうでしょう。前の職場のキャラクターが、新しい職場にそっくりそのまま移ってないでしょうか。これはサークルなんかでも同じで、私も学生時代など、いくつかの吹奏楽団に所属したことありましたが、「彼は、あのバンドのアイツだな」みたいな役割って必ずあるじゃないですか。職場なんかでも、確かにいい人もいるけど、めちゃくちゃ嫌な奴だっている。その嫌な奴がいるから会社辞めたのに、新しい職場行ったらまた似たようなのがいる。今、これ読みながら大きく頷いたでしょ。

 でも、そんなの考えたら当然。自分が選ぶような職場は、自分のレベルでしかないから。確かに外資系のいい会社とか行ったら、そんな変なレベルの低い人などいないかもしれない。だったら、頑張って行けばいい。だけど、そうじゃなくてそこそこの会社に妥協しながらでも入ったら、似たような奴がいるのは覚悟しないと。結局、自分が変わんなきゃ周りだって変わらないんですよ。それも含めて「すべては自分次第」なわけです。

 この「すべては自分次第」ってのは、言葉だけ拾うと厳しい印象はあります。だけど逆にいえば、「自分」がちょっと変わるだけで、環境なり状況はどうとでも変わるってことでしょ。「すべては他人次第」だったら、それは苦しいじゃないですか。自分ではどうしようもない。自由じゃない。それほど苦しいこともないでしょ、あまり。だけど「すべて」が「自分」に委ねられてるんだったら、どうとでも世界は思うがまま。それこそ幸せな結婚したければ自分次第でできる。お金持ちになりたければ自分次第でできる。

 もちろん「自分次第」なので、それなりに動く必要もあるけど、逆に言えば動けばどうとでもなる。じっとしてても周りは動きませんからねえ。だけど私の経験上もそうだし、いろんな人の話聞いてもそう。動いたら動いただけ、何かが起るんですよね。中でも「人」に関わることで動けばその効果は驚くばかり。一人で毎日10キロ歩いても、それはそれで体重とかは減るだろうけど、誰から一人に連絡するとか、お願いするとかすれば、それでぐわ~!!って変わることありますからね。私なんかもその連続。一本の電話やメールで人生って動くもの。

 とにかく、いいことも悪いことも、すべて自分次第。ってことは、この世の中なんてのも自分の思うがまま。そう思って生きてると、ほんと楽ですねえ。花粉症だって自分次第のこと。そう思うと、花粉が悪者に感じられなくもなり、確かにくしゃみとか鬱陶しいですが、それはそれで生きてる証拠でもあるしね。じゃあ、地震とか災害も「自分次第」なのかって話もあるんですが、確かにそれ自体はどうしようもない。だけど、そうなってしまってからは自分次第。生まれつきイケメンもいればそうでないのもいる。私などもイケメンっていいな~と思うことはあれど、今の自分を受け入れて、その上でどうとでもなること知ってる。なぜなら自分が好きだから。

 私はいつも言ってるのですが、「自分次第」でないことは二つだけあって、それは「死」と「生」のみ。「死」はわかると思いますが「生」ってのは、自分が産まれたこともそうですが、子どもができることもそう。子どもに関しては、望んでもできないこともあれば、望まなくともできることがある。いずれにしてもその「事実」だけは受け入れ、その上で自分次第でこの世を楽しむ。それでいいじゃないかと思います。

 そんなわけで、何かあったら「すべては自分次第、すべては自分次第、すべては自分次第・・・」って呪文のように唱えて次に進みましょうってことかな。ブライアン・トレーシーもそう言ってます。私自身も「すべては自分次第」って言葉に随分と救われたものです。ほんと、しみじみそうやと思います。てところで、また明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【沖縄】3月16日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 沖縄
by katamich | 2012-03-06 23:39 | ■人生哲学
ブログトップ | ログイン