転換期を前にして 2012.2.29

 今日は4年に1回の閏日でしたね。そう言えば前回の閏日のブログはどんなんだったか見てみました。「『超意識』を呼び覚ませ!」ってタイトルで本の紹介などしていました。この「超意識」ってのは私にとってもキーワードですので、4年に1回の貴重な日にシンボリックな言葉を取り上げていたことに感心。そして前段に「29」だから「肉の日」つまり「キン肉マンの日だ!」なんてこと書いてる。進歩がない。どんだけキン肉マン好きやねん、オレ。今は新しいキン肉マンはウェブで読めますが、あの時は週刊プレイボーイで読んでました。「最新号ではロビンマスクがアトランティスという半漁人みたいな悪魔超人に負けたシーンが回顧されてました」なんて書いていますが、そのアトランティスが最新のウェブでも登場してるんですから興奮ですよね。

 そんな話はともかく、今日で2月も終わり。2012年も6分の1が終わりました。3月はイベント目白押し。思えば私が大きく飛躍した年は、毎年がそうではありますが、特に子どもと自著が産まれた2009年は忘れられません。36歳の年男でもありましたが、あの年の3月は私にとって大きな変革の月でした。福岡で隔週のイブニングセミナーをスタートさせ、そして初めての沖縄セミナー。一日セミナーで15名ほど来られました。反応としてはすごく良くて、終了後も皆さん口ぐちに素晴らしいと言って頂き、私も満足でした。そしてその日の懇親会で久高島の真栄田苗さんのことを教えて頂き、翌日、電話するとちょうど空いていたのでガイドをお願いできました。その時は本当に衝撃的な体験をさせて頂き、その日の日記がこちら

 だけど、この日は私にとってもう一つ衝撃的な体験がありました。前日の沖縄セミナーの参加者の一人からメールをもらっていたんのですが、その文面を見てかなり凹みました。ようは「セミナーは最悪でした」という内容。その方が言うには、セミナーの内容そのものと言うより、「NLPセミナーと言いながらNLPの話がなかった」というところが不満だったようです。その後、今の「メルマガ」の前身となったメールを試験的に配信させて頂いて、その時に書いた内容を掲載します(一部略)。配信日は2009年3月19日です。


3月14日に私にとって初の沖縄セミナーを開催させて頂きました。15名もの人にお集まり頂き、集客にご協力頂いた方々には感謝のしようがありません。ありがとうございました。

今回のセミナーはいわゆるコーチングやNLPをされている方も多く、私にとっては今までにない雰囲気でした。皆さま、本当に素晴らしい方たちばかりで、とても密度の濃いセミナーをすることができたと思っています。ちなみに以下のブログにて報告して頂いております。ありがとうございます。

「ココロとカラダとタマシイの学び」 http://happystream.ti-da.net/

「沖縄発 コーチという生き方」 http://eureka.ti-da.net/

「cocoro~こころ~Happyへと~」 http://cocorokira.ti-da.net/

私もこれで「北は北海道から南は沖縄まで」と、堂々と言えるようになりました(笑)

セミナーの翌日は「久高島」に行ってきました。私にとっては2回目なのですが、本当に素晴らしかったです。
五日市剛さんが言われるのですが、

「旅はどこに行くかではなく、誰と行くか、そして誰に案内してもらうか」

を実感した旅になりました。

とりわけセミナー参加者の紹介でご案内頂いた「真栄田苗」さんとの出会いは、私にとって衝撃でした。

(中略) 

大自然はやっぱりいつも私のことを見てくれている。それを実感させてくれる体験でした。感謝します。


ところで、沖縄のセミナーは本当に素晴らしい内容であったと自負しておりますが、その一方、私にとって新たな体験をさせて頂くこともできました。それは何かと言うと「返金」ということです。私のセミナーは内容にご満足頂けない場合、3日以内にお申し出頂ければ全額を返金させて頂くようにしてります。

しかし、今までは返金を求められることはなかったのですが、今回の沖縄セミナーでは初めての返金させて頂きました。その参加者の方は「NLP」にひかれて申し込んだにも関わらず、NLPの内容がなかったので満足できなかった、ということです。

NLPのプラクティショナーコースの経験者だったのですが、確かにコースで扱うようなスキルをバンバン使う内容ではなかったと思います。快く返金に応じながら、ただし、これだけは申し上げました。あのセミナーは間違いなくNLPであると。

それもかなりメタレベルのNLPであると。つまり人間の本質に迫る内容であり、その理解があるなしでNLPのスキルそのものについても違いがでてきます。ですので、NLPを知っている人にとっては、バラバラだったスキルの内容が「点から線、そして面」として理解できるものだし、NLPを知らない人にとっても、人間に対する本質的理解が進み、これからの人生がプラスになるものです。

NLPは様々なスキルによって「感覚」つまり「無意識」を書き換えることができます。ですので、スキルによってバンバンと感覚を変えていくのは、とても心地よいものです。しかしながら、無意識は「現状維持」するという性質があります。つまりスキルによって一時的に感覚が変わったとして、それはすぐに戻ってしまうものです。

確かに「感覚」が変わるのは気持ちがいいです。しかし、本当に大切なことは一時的な感覚の変化ではなく、その人の望ましい方向への根本的な変化なのです。私がNLPを扱う際、常にそのことだけを意識してやっております。

では、どうすれば「根本的変化」を起こすことができるのか。それは2つしかありません。それは、

・強いインパクト
・繰り返し

です。セミナーで得られるのはインパクトです。それによって「感覚」が変わりますが、それ以上に重要なのは「繰り返し」です。何度も繰り返すことによってしか、物事は身につきません。それはNLPのスキルも同じこと。

アメリカのNLP四天王から直接教わり、日本で最もNLPの啓発に貢献している北岡氏は、7年間毎日NLPのスキルを実践してようやく腑に落ちたと言われます。北岡氏ほどの人でもそうなのです。

では、NLPの基本の基本である、「脳は空白を嫌う」の原理を用いて、次のような質問をしてみたいと思います。

・(朝)今日一日、何を与えることができるだろうか?
・(夜)今日一日、何に感謝することができただろか?

答えを導く必要はありません。単純にこの質問をするだけで、人生はがらりと変わります。私は習慣になっています。この質問によって、その日一日は「愛のある生活」ができ、その日を「感謝とともに」終わることができます。この質問の習慣があって、不幸になることは物理的に不可能です。しかし、これもやっぱり「繰り返し」しかないのです。

私がこのレターを配信しようと思ったきっかけもこれです。セミナーに参加頂いた方々が、一回のインパクトで終わるのではなく、忘れた頃にもう一度思い出して頂きたい、そしてよい習慣を繰り返しつけていきたい。でなければ、セミナーの意味がありません。

(中略)

ところで、ある出版編集者の方が、言われていました。返金の申し出があって初めて本物のセミナーになるのだと。つまり、それだけシビアな環境を経験して初めて「プロ」としての資格が与えられるのだと。その意味で、今回の沖縄セミナーはめちゃくちゃ素晴らしい経験をすることができました。

これをお読みの方の中にはセミナー講師や人前に立っていく仕事を目指している人もいると思いますが、「返金」が求められるようなシビアな環境にどんどん身を置いて、そしていざ「返金」が求められたら、決してへこまずテンションをあげて欲しいと思います。へこみそうになったらこのレターを読み直してくださいね(笑)



 このレターは、それまでの時点で私のセミナーに参加された方対象だったので、配信数は300もなかったと思います。だけど、かなりの反響でメールもたくさん頂きました。いい話よりも、やっぱりちょっと陰のある話の方が共感を呼ぶのでしょうか。だけど、こんなのはほんの一例です。調子いいことばかり書いてるようですが、そうじゃないことだってたくさんあります。だけど、今は凹むような体験こそが貴重だと知っているので、プラスに活かせつようにはなっています。

 この時のメールを見たのがセミナー翌日の3月15日で、久高島の宿だったと思います。素晴らしい体験をした直後だっただけに、頂いたメールは特に心に響きました。そしてこれだけが理由じゃないですが、その翌月に予定されていた東京と仙台でのセミナーを区切りとして、いったんセミナーをお休みすることにしました。福岡のイブニングだけはやっていましたが。そしてもっと自分の納得行くものになってから再開しようと決めたのです。

 その再開が9月でした。あるセミナー講師の方から「もしセミナーで食べて行きたいと思うなら、一日15,000円は取れなきゃダメだ」と言われ、今までのほぼ倍である「一日16,000円、二日29,000円」のセミナーを9月に大阪、10月に東京で企画しました。そのセミナーは、、、両会場ともに満員御礼となり、いずれも開催前に締め切る勢いでした。そして12月には著書が出ました。そんなこんなもあり、2009年は本当に飛躍の一年だったと思います。

 そのきっかけとなったのが、やっぱり3月の沖縄だったのではと思っています。今年も沖縄には行きますが、3月にした理由は花粉のシーズンなのと気候がいいのもありますが、私の中の直感が「何かが起る」と言ってきたので、素直に従ったまで。まさに「超意識からのメッセージ」を頂いたから。なので今回、16日に「宇宙となかよし塾in沖縄(←受付中)」を皮切りに、三日間のツアー、プラスオプションを通して、私にとっても人生レベルの「何か」が起ろうとしています。何かはもちろんわかりませんが。

 いよいよ明日から3月。何かが起る。だけど、まずはやるべきことをしっかりやって、一歩一歩足を固めて行きたいと思います。それではまた明日。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【沖縄】3月16日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 沖縄
Commented at 2012-03-01 13:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by OKINAWA at 2012-03-02 03:37 x
沖縄に新たな大陸が浮上するかもしれないそうです。
そのことが書いてあるブログありました。

皆さんが最近以下のブログの意見を真似して掲載してる事が多いみたいです。


「予言者きららのつぶやきブログ」でも超能力を持つ宇宙人の子供アーモン君が出てきます。

http://yogenshakirara.blog59.fc2.com/blog-entry-1.html

去年の東日本大震災のあと、このブログの宇宙人キララさんがその子供のアーモン君と今まで大きな地震を阻止しているらしいのです。
キララさんはUFOで日本上空を飛んでるらしいです。

このブログは難解なんですが、はじめから読むとその凄さがわかるんです。

私は人生が変わりましたよ。


また、これと関連するブログもヤフーにあります。http://blogs.yahoo.co.jp/contact369369/MYBLOG/yblog.html
Commented by katamich at 2012-03-03 09:17
■非公開コメントさん!
ありがとうございます。
確かにそのHNはよくないと思います。。。
Commented by katamich at 2012-03-03 09:18
■OKINAWAさん!
>沖縄に新たな大陸が浮上するかもしれないそうです。
なわけね~だろ!(笑)
by katamich | 2012-02-29 23:39 | ■精神世界 | Comments(4)