宇宙の流れに完璧に乗る 2012.1.31

 実を言うと、今回の東京出張で、30日月曜日に帰宅するはずだったのです。なんですが、間違えて「31日」で飛行機を予約していて、それに気が付いたのは3週間ほど前でキャンセル料4,000円かかる時期でした。だとすれば、30日月曜日は無理やりにでも用事を作る方がよくて、そこにセミナーエージェンシー訪問と伊藤さん・キャシーさんとの飲み会が入ったのです。「空白」が埋まる原則が見事に活用されています。そしてこの日のことは、今後の私にとっても極めて重要となるものでした。

 昨日は寿司を食い始めたのが19時過ぎ。寿司はゆっくり食べれるので、割とお腹いっぱいになりやすい。しかも美味しい。21時にはもういっぱいになって、あとは23時過ぎまで3人で日本酒を飲みまくっていました。やっぱり日本酒なんですよね。私は全然詳しくないけど、美味しい日本酒は本当に美味しい。だけど場所も大切。九州に住んでいると、酒と言えば焼酎だし、どうも日本酒が美味くない。だけど以前、仕事で新潟に行った時、居酒屋で日本酒を飲んだのですが、ぶったまげました。九州でどんなに美味しい焼酎を飲んでも、これ以上に感動することはない。だけど、米どころ新潟の居酒屋で飲む日本酒は、慣れてないのもあるでしょうが、完全に想像を超える美味しさだったのです。やっぱり「日本酒>焼酎」ってのは真実なのだろうか。

 そう言えば沖縄のオリオンビールもそう。沖縄の甘くて生温かい風を感じながら飲むオリオンはめちゃくちゃ美味いのですが、福岡で飲むとどうにも薄いだけ。泡盛はそこそこ美味いけど、だけど沖縄で飲む泡盛は最高。アイルランドで飲むギネスやウィスキーも最高。以前、スリランカでサトウキビのウィスキーを飲んで、とても美味かったので日本に買って帰ったのだけど、それはもう劇マズでした。やっぱり土地のものは土地で食べたり飲んだりするのでいいのでしょうね。

 そうそう、沖縄と言えば、3月16日(金)に「宇宙となかよし塾in沖縄」を開催します。受付開始してたけど、積極的にアナウンスしてませんでした。もう満員ですかと問合せがありましたが、まだ大丈夫です。だけど今回は定員24名と少なく、すでにたくさんのお申込みを頂いてますので、もうすぐ満員にはなるかもしれません。本当はもっと広い部屋がよかったのですが、すでに空いてなくてですね。「てぃるる」って施設が便利なので、そこしか調べてはいませんが、皆さんの顔見ながらじっくりやるのもいいかな。沖縄でしゃべるのは2年ぶり。旅行では昨年、石垣島に行きましたが、本島も2年ぶりですね。

 で、今回は「宇宙の流れに完璧に乗る方法」ってテーマでお送りしようと思っています。ここ最近、自分でもビックリするくらい加速してまして、完璧に流れに乗ってる感じなんです。例えば今回、30日に帰るはずが、間違えて31日に飛行機取ってしまってて、それがまた、完全に結果オーライになる。もし、金曜日に発って、月曜日に帰るはずだったらどうなっていたか。そもそもこの「月曜日」なる空き日程があったからこそ、出版エージェンシーに企画書を送付できた。お会いしたのは金曜日になりましたが、月曜日は結局、セミナーエージェンシーを訪問し、さらに伊藤さんやキャシーさんと飲むことができた。よくぞおっちょこちょいで間違えたものです。

 それ以外にもいろいろ。そして今後、とんでもない展開が待っていそうで、血が逆流するほどワクワクしています。3月の沖縄ツアーでは、何かまたとんでもないことが起りそうな予感。と言うか、私のツアーっていつもとんでもないことが起るんですよね。みんながみんなじゃないかもしれませんが。今回の熱海でも、人生レベルの出会いがあったと言う人もいたし。とにかくつかんでしまえばいい。終わったことですが、熱海だって、やっぱり迷った人たくさんいたと思うのです。だけど、真っ先に申し込んだ人もいれば、迷いながら行かなかった人だっていたでしょう。中には満員になりながら、キャンセル待ちを飛び越えて来た方もいた。熱海の場合、沖縄やQ州と違って移動がないので、割と人数は増やせたため、最終的にお申込み頂いた方全員に来て頂くことができました。すげ~展開しそうですね~。

 それはそうと、やっぱり宇宙の流れに乗らずして願望実現もあり得ないと実感しています。じゃあ、宇宙の流れに乗るにはどうすればいいのか。その辺の話を沖縄ではたっぷりしたいと思うのですが、ま、一言で言うと、「素直になれ」ってことかな。でも、一言で「素直」って言うけど、これがなかなかね。

 例えば、やりたいことやるって、素直だと思うけど、多くの人が「失敗したらどうしよう」「変に思われたらどうしよう」「カッコ悪いと思われたらどうしよう」「拒絶されたらどうしよう」、、、などと下らない心配して躊躇して、結局やらないってことありますもんね。例えば私がインドツアーを企画したとします。めっちゃ行きたい。だけど、休みが取れるかどうか。まずは聞いてみればいいだけ。時間はあるのだけど金がない。20万ちょい。それだったら親から借りるか、カードでリボ払いか、何とかして行けばいい。返すのはあと。行きたいけど、行ったところで楽しくなかったらどうしよう。そんなの知るか。

 その点で言うと、私は「やりたい」と思ったことはなんとしてでもやる。やったところで死ぬわけじゃない。と言うか、死ぬ日なんて最初から決まってるのだから、何やってもいいのですよ。ほんと。素直ってそういうこと。だけど、もちろん自分の好き勝手していいわけじゃない。なぜ人を殺しちゃダメかの理由として、私は「相手の自由を奪うから」って答えるようにしてるんですが、自分の自由を他人の自由を天秤にかけてはダメ。「自由」を尊重するとは、自分も相手も尊重すること。人を傷つけるってのは、その人の自由を奪うこと。そんなの自由でもなんでもない。

 なので、自分が自由でいたいから、誰かの自由を犠牲にするってのはダメで、本当の自由ってのは自分も他人も自由なもの。私が何かやりたいとか行きたいと思っても、それが誰かの自由を犠牲にするものならやらないし、そもそもやりたくないでしょう。その上で、自分が素直にやりたいと思ったことは、怖れずにやる。この「怖れ」とか「羞恥心」ってのは、「潜在意識」に埋め込まれたプログラムだけど、その奥の「超意識」は自分のやりたいことをしっかり「意識」に指令してるわけで、その声に従って生きることが「宇宙の流れに乗る」ってことなんです。

 そんなわけで、最近の私は宇宙の流れに乗りまくりで、ますます「宇宙となかよし」になってまして、私の周囲もそんな人ばかりになってきています。ですので、沖縄でも「宇宙の流れに乗る」ってことを魂に向けて叫びたいと思っています。いよいよ乗ってきましたわ。オリオンも泡盛も楽しみです。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング
by katamich | 2012-01-31 23:39 | ■精神世界