食べ物のエネルギー 2012.1.24

 今日からまた「○×行動計画」をスタートさせ、起床時間は3時55分。自分の時間が3時間たっぷりあるのですが、このためには10時前には寝る必要があり。コーチングなどが入ってない日は10時前に寝る習慣を付けていこうと思います。しかし、そうなると寝る前3時間は食べないってのが難しくなる。と言うのも、毎日のルーティンとしては、6時半にツレを迎えに行って、それからご飯の支度。食べ始めるのはだいたい7時半前後。8時に食べ終わったとして、3時間あけると11時になります。もし10時に寝ることを可能にするには、私がご飯を作って7時には食べ終わること。う~ん、、、これはかなり厳しいか。じゃあ、8時に食べ終わるとすれば、とりあえず量を減らしてみようかと。明日からは夕食時は米を控えようと思います。ただし、カレーの時は除く。

 そう言えば以前、何度か夕食時の米抜きをしたことありますが、それだけで一週間で2~3キロは普通に体重が減ってました。まずは再びそれをすること。だけど、米って本当に美味しいんですよね。ちびQは米とみかんが今のところ主食のような感じです。そう言えばしばしば不思議に思うのですが、子どもってどうして果物ばかり好きなんでしょうかね。ご飯を残してお腹いっぱいと言いながら、みかんだけは絶対に食べる。単純に美味しいからなんでしょうが、人間の本来の姿ってのは「果物」で十分なのかもしれませんね。チベットのお坊さんも修行中は大麦とリンゴくらいしか食べてないようで、それでも厳しい修行に耐えることができる。

 この地球上に「食べられるために存在するもの」があるとすれば、それは「果物」しか考えられないでしょう。誰が言ったのかわかりませんが、魚は肉と違って食べられるために存在していると聞いたことがありますが、そんなのとんでもない話。菜食主義の人など、しばしば肉を食べるのは野蛮だとか不自然だとか言いますが、魚については意見のわかれるとこのよう。だけど、実のところ肉も魚もどこで区別されるのかわからない。同じ成分の血だって出るわけだし痛みも感じる。魚だってなにも食べられるために存在してるわけじゃないです。

 じゃあ野菜はどうか。それも実は食べられるためのものじゃない。しばしば「虫食いキャベツ」には農薬がかかっておらず、甘みがあって健康だって神話を聞くことがありますが、キャベツも虫なんかに食われたくなくて、青虫が食い始めると自ら毒性分を出して食い止めるそうです。確かにキャベツが全部食べられることなどなく、私たちが目にする虫食いキャベツは、ほとんどが一センチほどの穴。ですので、本当のところ、虫食いキャベツってのは、自ら出してる毒によって、農薬以上の危険性があるとの話もあります。普通の農薬であれば、葉っぱ一枚めくればいいですし、今の農薬は昔ほど危険ではないと。もし危険であれば、農薬を散布している農家の皆さんは真っ先に病気になりますもんね。

 会社員時代の仕事の関係で、農家や直売所の人にヒアリングに行ったことがあるのですが、あるブドウ園の方は、農薬を使わずに安全で美味しい作物を供給することは不可能だと言われていました。そもそも農薬をイメージだけで危険とみなす消費者の態度こそ問題があるのだと。比較で言えば、先ほどのキャベツの毒もそうですが、それ以前に添加物とかの方がアレルギー反応を起こしやすくて危険。また、今の食物には本来のエネルギーがないと洗脳し、特定のサプリメントばかり飲ませようとする会社もあるようですが、本来、人間ってのは必要な栄養分なりを自らの力で出すようになっていて、外部から安易に摂取し過ぎる方が危険とも聞きます。

 例えば抗ウツ剤などもそう。ウツ病ってのは、脳内ホルモンの分泌が抑制された状況を言うらしく、抗ウツ剤はその分泌を促進させるもの。ですので、本来であれば自分で脳内ホルモンをだすとこなんですが、やむを得ず薬で促進して出している。しかし、それに頼り過ぎると、自分で出す力そのものがなくなり、もっと強い薬を求めるようになる。そうなるとそれは一種の麻薬。それなくして生きていけなくなるし、サプリメント漬の人も決して例外ではありません。

 サプリってのはあくまで「栄養補助食品」であって、本来の食事の代わりになるものではありません。てなこと言うと、「その食事に栄養がないから、それを補助するためにサプリを常用せざるを得ないんです」と反論される人もいるでしょう。しかし、そう言われると私はこう言い返します。ならばエビデンスを示せ、と。つまり「今の食事には栄養がない」ってのは、サプリを売りたい特定の会社が一方的に言うことであって、それを示す客観的な証拠があっての話ではありません。

 実際、サプリとは無縁の生活している人だって山ほどいるわけで、中には不健康な人だっているでしょうが、めちゃくちゃ健康な人だってたくさんいます。私もサプリはほとんどとりませんが、すごく健康です。大切なのは、やはり自らの力。自らのエネルギーなんです。

 食事で言えば、サプリで必要なエネルギーを外部から摂取するよりも、美味しい食事を笑顔で食べる方が、よっぽどエネルギーが充足されます。なので、私もしばしば高いお店で美味しいものを食べるようにしています。美味しい料理と美味しい酒と、楽しい仲間と楽しい会話。それが何よりのエネルギー。もちろん普段の食事もそうです。決して贅沢な食事でなくとも、家族と笑いながら食べる食事以上に美味しいものはこの世にありません。それこそが私にとってのエネルギーの源です。

 なんでこんな話になったんだっけ。そうそう、子どもは果物が好きって話でしたよね。ふと思ったのが、一切の加工も味付けもせずに美味しい食べ物って、果物くらいしかないですもんね。野菜だって生でかじって必ずしも美味しいわけじゃない。キャベツもせめて塩かけて食べたいですし。だけど、みかんはそのまま食べられる。これってすごいことです。

 ただし、日本のみかんはかなり品種改良や努力を重ねて美味しいものになってますが、そのまんま天然のみかんとか決して美味しいわけじゃない。パキスタンを旅行中、みかんを一キロ単位で買って食べてましたが、正直、甘みもないし種だらけて食べにくい。だけど、それが普通なんですよね。と言うか、日本の果物全般的に美味しすぎる。アラブの富豪が、日本のスイカを一個一万円で買って食べてたって話を聞きましたが、お金があればそうするでしょう。私が知る限り、日本はおそらく世界で最も食材の美味しい国です。だけど、それは農家や食べ物に携わる人たちの不断の努力の賜物。やっぱり、感謝しかないわけですよ。

 私は米も肉も魚も野菜もすべて美味しく頂きますが、常に「いただきます」の気持ちを忘れることなく、爆笑しながら食べていこうと思います。だけど、明日から夕食のお米は控えます。炭水化物をちょっと取り過ぎてる反省もありますので、

 ところで今日もメルマガを配信しました。今回は久々に音声セミナーを配布しました。テーマは「目標達成・願望実現の大前提(音声セミナー)」ってことで、先日の講師オーディションのネタを中心に膨らませて30分。まだメルマガをとってない方は、常に最新の記事が読めますのでよかったらどうぞ。

それから金曜日の「宇宙となかよし塾in東京」ですが、もうすぐ満員御礼となります。実は申込数をしっかり把握してないのですが、おそらくあと3~4人だと思います。いや、ほんと、煽ってるわけじゃなく。ちなみに今回は参加者の中に10万部超えのベストセラー作家の方が3名いらっしゃいます。せっかくなのでしゃべってもらうことにしました。決して私から依頼したわけじゃございませんが(笑)、有り難い限りです。きっとすごいお話を聞かせて頂けることでしょう。ただし、主役はあくまで私ですから~!!

 そんなわけで、今日は本当は食べ物の話するつもりなかったのですが、ま、いいか。週末は東京とか熱海とかで、美味しいものを笑顔で頂いてこようと思います。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【東京】1月27日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 東京
by katamich | 2012-01-24 23:39 | ■食