よっしゃ 2011.11.18

 エキサイトブログに「予約配信」の機能がついたので、さっそくやってみます。これが配信された頃は、「宇宙となかよし塾」の懇親会の時間でしょうか。人数が多いので懇親会の呼びかけは公にはしてませんが、きっとそんな流れの人もいるでしょうから、一応、お店の予約はしていました。あと、先ほどメルマガを配信させて頂きました。「警告」ってタイトルですが、アーカイブには残しにくい内容です。

 ところで、オカンといろいろ話をしていて、なるほどな~って思ったことがあります。実はうちの家系って、、、ほとんどお金に困ったことがないのです。もちろんめちゃくちゃ裕福ってわけではありませんし、三人も息子がいたら家計もそれなりに大変だったはず。おまけに三人とも大学・大学院に進んでいたりして。だけど、なんとかやり繰りできたみたいだし、私の兄と弟も何だかんだと安定してます。そして一番不安定なはずの私も、なんとかやってます。

 これはうちの母方の祖母の時代からそうだったと。祖父が病気で医療費がめちゃくちゃかかるようになった時、なぜか祖母は喫茶店をもらってそれが繁盛。当時で月に30万かかる医療費をしっかり払えていたそうです。そのまた先祖も和菓子屋とかでそれなりに裕福だったそうですが、連帯保証人になって砂糖の権利を手放すことがあったとか。ですので、うちの代々の遺言は「保証人にだけはなるな」ってことで、それだけ「お金」に対してはシビアな家系なのかもしれません。

 ですので、なるべくなら安定した会社などに入るのが理想で、父は私学の教員で、兄と弟も一応安定した仕事でありながら、私だけは違う人生を歩んでいたようです。まあ、こんな不安定な立場もないわけで、何もかも自分でやらなきゃなりませんもの。だけど、どこか不安がないのです。

 この不安のなさを説明するのは難しいのですが、一つには亡き祖母の存在があります。祖父の医療費がかかる時に喫茶店で稼いだように、何となく「稼ぎの神様」が付いてる気がするのです。だけど、それはあくまで「必要な範囲」において。ものすごい贅沢はさせてくれないけど、困らない程度に必要なお金はきちんとやってくる。

 どっかでも書いたと思いますが、会社を辞めてから今までの間、なんどか財政ピンチになったことがあります。そんな時どうするか。実は祖母に頼んでたのです。きっと、おばあちゃんならなんとかしてくれる。とにかく、表ヅラは怖いほど気の強い祖母でした。孫に何かあろうことなら、相手がヤクザであろうが、マフィアであろうが、平気で刺し違えるほどの勢いがありました。ほんと。だからもし、孫が「金に困ってる」と泣きついたら、きっとどうにかしてくれる。そんな安心感があるのです。

 祖母がもし生きていたら、間違いなく「よっしゃ」と言い、通帳ごと渡してくれるとこでしょう。だけど、私が大学生の頃に亡くなりました。なんだけど、私の中では永遠に「おばあちゃん」が生きていて、困った時はどうにかしてくれると信じてるんです。しかも今はあの世にいるんだから、なおさらやってくれるでしょう。

 そんな突拍子もない「安心感」みたいなのがあって、確かに今までずっと助けられてきてます。不思議なことの連続ですもん。ぶっちゃけ、自分の実力なんて100分の1もないと思ってます。なんかね、「自分でやった!」って気がしないのです。すべてにおいて。生活に困った時なども、「おばあちゃん、助けて~」って言うと、どこからともなく「よっしゃ」と聞こえてきて(気がして)、本当に助かるんですよ。そんなことの連続。だけど、めちゃくちゃ贅沢もさせてくれない。それはそれでいいけど。でも、たまには贅沢もさせてね、おばあちゃん。と言うか、今はひ孫のちびQに夢中やと思います。ちびQは泣いたり笑ったりすると、小鼻の横にちょっと皺が入るのですが、これが出るのはおばあちゃんだけ。その部分だけは、確実に遺伝子を受け継いでます。

 なので、まあ、大丈夫かな。これからも。「よっしゃ」って聞こえてきますからね。最後は神頼みもいいけど、私はおばあちゃん頼み。だけど、同じこと。自分の力なんてしれてるんで、やることはしっかりやった上で、あとは何か大いなる存在に身を任せてみればいい。それが私にとっては、おばあちゃんってこと。その方がイメージしやすいですから。大天使ラファエルとか不動明王なんかよりも。

 大阪に帰るといつもそんなことを思い出させます。そろそろ家を出ます。6時半から「宇宙となかよし塾」ですが、これがアップされてる頃はもう終わって飲んでる頃かな。一応22時にセットします。明日は名古屋。こちらも最後まで受付してますので、「行こう!」とピンと来た方はフォームからお申込み頂いてもいいし、お電話(080-3374-2769)でも構いません。今回、このパソコンは持ち歩かないので、時間があればネットカフェでアップしますが、とりあえず日曜日には再び実家に帰って、月曜日に福岡に戻ります。そんなわけで、行ってきま~す!ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング


【東京】12月17日(土):超意識ワークス1dayセミナー in 東京

【札幌】12月18日(日):超意識ワークス1dayセミナー in 札幌

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)
Commented by ちき at 2011-11-19 13:14 x
大阪塾、初めて参加しました。得るものが無かったわけではありませんが、初めに、「今日の話を準備していません」と言われたのは、はっきり言ってショックでした。私は教育関係の仕事をしていますが、1回100分の授業をするのに、300分、400分準備をしてやっていますので・・・それに、最後に参加している人に振って話させるというのも手抜きに思えました。これで1人から3000円も取れるのですね。
Commented by at 2011-11-19 15:31 x
こんにちは。大阪塾で最後に握手してもらったSです。
私は昨日初めてセミナーに参加させて頂いたのですが本当に楽しかったですし、為になりました。満足です。ありがとうございました。
シャーリー・マクレーンというアメリカの大女優も講演会の時、話す内容は一切用意せず、その場のお客様の空気やその日の天気、雰囲気などを身体で感じて、話す内容が降りてくるのを待つということです。昨日のQさんはいい加減な気持ちではなく、意識的にアドリブでやるというパターンだったと思います。
セミナーの内容はブログで読んだものも多々ありましたが、文字で読むのと実際Qさんの声で聞くのとは違って全く飽きませんでしたし、また意味が分からなかったことも明確になり良かったです。
お祖母様の話は私の場合は祖父で、Qさんと全く同じで笑いました。いつも問いかけると「大丈夫、大丈夫、安心せい」と言ってくれます。
伝えたいことは山ほどありますが、コメントですのでお礼まで。
また参加させて頂きます。名古屋楽しんで下さい!

Commented by katamich at 2011-11-23 14:49
■ちきさん!
ありがとうございます。お言葉ですが、100分の授業に400分の準備は少なすぎませんか。私なら2000分は費やします。それから、私一人で最後までしゃべる方が遥かに楽です。
Commented by katamich at 2011-11-23 14:52
■ふさん!
ありがとうございます。ようするに楽譜を用意するかしないかの話。実はこの世に、完全なアドリブってのは存在しなくて、楽譜のないジャズも、実はその裏でめちゃくちゃ地道な練習が重ねられてて、本番でその練習をすべて忘れることでいい演奏になるもの。ぜひまたお会いしましょう!
by katamich | 2011-11-18 22:00 | ■精神世界 | Comments(4)