過去生のご縁 2011.10.19

 5時起床。ブログをちょこちょこっと更新して6時に家を出ます。今日は昨日に引き続きサチさんご一家とお会いして、滝行にご一緒するのです。確かに一度滝行をしたいとおっしゃっていた気がしますが、まさか本当にすることになるとは。当初は息子の創ちゃんも、、、と言ってましたが、どうやら水を怖がるようで今回はキャンセル。

 今日の滝場は篠栗町の「金剛の滝」で、ご本尊は千手観音菩薩。よくよく考えると、サチさんのご主人のヤンペルさんはチベット仏教徒なわけで、真言宗とは元をたどれば同じ。2500年前にインドで仏教が誕生したわけですが、その後、イスラムなど勢力により衰退しつつある中、バラモン・ヒンズーと融合してできたのが密教であると言われています。ただ、インドではその後、仏教が巻き返すことはなかったのですが、チベットへと受け継がれ、今日のチベット仏教につながっています。

 一方、真言宗(真言密教)はと言うと、インド密教が中国へと受け継がれ発展した後、弘法大師空海がそれらを伝承し日本に持ち帰ったもの。なので、チベット密教と真言密教とは「従兄弟」のような関係か。そして皮肉なことに、インド密教は衰退し、中国における密教も文革以降はほぼ廃絶したのですが、文革の影響を受けないインドのラダックでは伝統的なチベット密教が残され、同様に日本で発展した真言密教も今日にしっかり受け継がれています。

 つまり親元であるインドや中国の密教は衰退しながら、ラダックと日本ではそれぞれチベット密教、真言密教という形で今も信仰されているのです。そんなことがふと考えながら、五体投地で真言宗の千手観音菩薩に礼拝しているヤンペルさんを見て、ちょっと胸が熱くなりました。チベットであろうが、真言宗であろうが、観音様も如来様も元は同じ。一か月前、私はチベットの地で観音様に手を合わせたのと同様、ヤンペルさんは今日、日本の地で同じ観音様に手を合わせる。なんだか熱いじゃないですか。

b0002156_12444624.jpg 滝行はまずは私が一番に入り、その後、ヤンペルさん、サチさんと続きます。写真は滝に打たれるヤンペルさんと、お世話をする導師、見守るサチさんです。私は滝の中で般若心経や真言を唱えるのですが、ヤンペルさんはもちろんチベット密教のマントラ。「滝行」は真言密教における伝統的な修行ですが、ラダックのチベット密教にも似たような修行はあるそうです。まさに今日、来るべくして来た感じがします。

 そう言えばサチさん一家の今回の帰省では、ヤンペルさんの強い希望で広島に寄ってきたそうです。なぜか。ヤンペルさんはしばしば戦闘機に乗る夢を見るそうで、それは原爆とどうやら無関係でないと感じたそうです。そしていざ広島の原爆ドームを見た瞬間、何かの記憶が呼び覚まされ涙が出てきたとのこと。

 あえてここで「過去生」という言葉を出すとすれば、ヤンペルさんはきっと過去生で広島にいたのでしょうか。同様なことがサチさんにもあります。ヤンペルさんの生まれ故郷であるザンスカールに初めて訪れた時、涙が止まらなかったそうです。そしてもし死ぬなら、ザンスカールで死にたいと思うようになり、ヤンペルさん結婚。ヤンペルさんはヤンペルさんで日本人であるサチさんと結婚。しっかりと運命の糸で結ばれているわけです。

 かく言う私もラダックにひかれたこと自体、強い運命を感じています。2004年3月頃にある人から「あなたの前世はチベットのお坊さん」と言われたことで、チベットに強い興味を持ちます。その一年後、会社を辞めて一か月ほど放浪しようと考え、真っ先に候補になったのがチベット。だけど、中国のチベットはどうもピンとこなかったのです。で、調べてるとインドにもチベットがある。しかもそこは中国の文革の影響も受けずに、伝統的なチベット文化が残っている。しかもインド。これは行くしかないってことで、2005年5月に行きました。

 その時のストーリーはブログにも本にも何度も書いていますが、今思うと、そこで「必然」的なまでに悟ってしまい、新たな人生がスタートしました。そして今年、16名ものグループで再びラダックを訪れることになるとは、何度も言いますが「ご縁」としか言いようがないです。

 ちなみにラダックには旅行代理店を営んでいる日本人が三名いらっしゃいます。そのうちの一人がサチさんですが、前回行った2005年は誰もいませんでした。ですので、今回のラダックツアーにしても、当初は日本の旅行会社の手配で行こうと思っていたところ、たまたま見ていたラダックブログにその三名の方が紹介されていたのです。もちろんすべてチェックしたのですが、実際に連絡させて頂いたのはサチさんとこだけ。理由は、、、創ちゃんがいたから。自分の子どもと同じくらいの子どもがブログに登場してたので、それだけの理由でお願いするならここしかないと思ったわけです。

 その後はいろいろ細かい注文を付けさせて頂きながら、そしてすべて柔軟に対応して頂き今回のツアーが実現しました。ま、自分で言うのもなんですが、人数が多い割には、こんなに扱いやすい客もいなかったのではと思います。私が思ってるだけで実際どうかわかりませんが、少なくとも旅行中、旅行後にクレームを言うことはない。なぜなら私のツアーの基本姿勢が「すべて受け入れる」ですからね。食べにくいローカルフードが出てきても感謝。高山病でキツイ思いしても感謝。すべては宇宙の思し召し。だけど、それは人生における基本姿勢でもあります。旅の場合は一時的に人生が凝縮されますので、基本姿勢を試すにはちょうどいいわけです。

 それでまあ、そうやってサチさんご一家とご縁を頂くことができたのですが、帰国後、サチさんたちはゴールデンのテレビに出て、そして今回、福岡では飲み会と滝行。明日は名古屋でメンバーと会うことになってます。しかも東京からも三名が駆けつけて。ほんと、面白い展開です。
 
 あえて再び「過去生」なる言葉を持ち出すとすれば、メンバーもやっぱり過去生でのなんかのご縁があったのかもですね。日本人だけでも1億3千万人以上いる中で集まった16名。そして私自身も滝行やったり、人前で話をしたりするのも、過去生での記憶(情報)とは無関係でないと確信しています。

 そう言えば2005年に行ったインドでは、ブッダガヤで占い師から言われましたもんね。40歳で本物のお坊さんになる、と。その「お坊さん」ってのもきっと過去生からの因縁でしょう。もちろん得度したりってお坊さんではないのでしょうが、例えば今やってるコーチングなんて、横文字使ってますが、伝統的にお坊さんがやってきたことですもん。

 今では社会人経験のあるお坊さんも多いでしょうが、10代から仏門に入って生涯を送る人だって決して少なくない。だけどバリバリの経営者の方だとかの相談に乗ったりするわけです。経営のことはおろか社会のことだってわからないはずの。さらには子育てや男女のことの相談にも乗る。恋愛も結婚したことのないお坊さんが。なぜそんなんことができるかと言うと、やっぱり「人間」を知ってるから。仏教の教えや厳しい修行を通して、誰よりもよく「人間」を学び、そして知ってるから。経営や結婚のことを知らずとも、来る人の疑問や悩みを解決できるわけです。

 私自身も一応社会的には経営者ってことになってますが、従業員を何名も抱えているわけじゃないし、取引先が複雑なわけでもない。それでも最近は経営者、起業家の方のコーチングをすることも増えてきたし、セミナーにもそんな参加者が増えてきた。商工会議所や企業からのオファーも頂くようになってきた。これぞまさに「お坊さん」だと思うのです。インドの占い師が予言したこともあながち間違いじゃない、と言うかほとんどそうなってる。

 会社を辞めてインド帰国後、私はちゃんと食っていけるか心配だったけど、占い師は一応、大丈夫と言った。その通りになってる。今後、何度もインドに来ると思うけど、グループで来ることも多いと言われた。その通りになってる。そして一番インパクトのあった予言が「40歳でお坊さん」ですが、それもいよいよ遠からず実現の方向か。

 いずれにせよ、今回のラダックツアーにしても、単に「行って終わり」ではなく、こうやっていろんなご縁でつながっている。昨日も書いたように、サチさんご一家とはこれからもお付き合いが続くだろうし、ラダックに行く時は毎回お世話になろうと思ってます。そして今日、滝行の後、うどんを食べて南蔵院の大仏を見に行き、3時過ぎの新幹線まで時間があったので、せっかくなのでインドカレーのランチに行きました。ヤンペルさんもちょっとは恋しくなってるだろうし。

 で、その時、時間もたっぷりあったので地図を広げて次回の打ち合わせ。まだいつになるかは決まってませんが、次回はトレッキングをメニューに入れます。今回の日程の中に2泊3日くらいのトレッキング。寝るのはテント。食事も外。そして夜は寝転びながらたっぷり星空を眺めるのです。防寒対策をしっかりした寝袋の中に入って、夜通しでも星空を見ていたい。そのまま寝てもいい。次回はそんなのも入れますので、これまた人生を揺るがす体験になりそうです。

 そして2時半には博多駅でお別れ。また会うと思うので、そんなにセンチにはなりません。でも、創ちゃんは大きくなってるだろうな。ちびQと同い年で。とにかくご縁ってのは面白いものです。ありがとうございました。

今日の話に共感して頂ける方はクリックをお願いします!
↓ ↓

人気blogランキング

【広島】11月12日(土):超意識ワークス1dayセミナー in 広島

【大阪】11月18日(金・夜):宇宙となかよし塾 in 大阪

【名古屋】11月19日(土):超意識ワークス1dayセミナー in 名古屋

【世界】90日間で人生が変わる超意識コーチング(第三期)
Commented by あつしし at 2011-10-20 18:25 x
 お疲れ様です、先日都内にある斉藤一人さんカフェで「最初なんで一人さんは神さまとか前世とか幼稚な事ばっかり言うのかわからなかった」と言った瞬間場が凍りついてしまい、そう言えばこのブログの記事にも実現君は悪口言えない空気があると書いてあったのを思い出しました。まだまだ未熟です。
Commented by katamich at 2011-10-23 10:18
■あつししさん!
そうですね。
by katamich | 2011-10-19 23:39 | ■精神世界 | Comments(2)